パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

ステーキ・洋食

ソイブッカオのRock Factoryで、焦げ目たっぷりのフリカデレを

投稿日:

ソイブッカオのど真ん中、ソイハニーとの交差点近くにあるRock Factory(ロックファクトリー)。
夜は生バンドが演奏するライブバー。
昼間は、ドイツ系レストランとなっている。

ナイトスポット閉鎖命令時に営業形態をめぐって少々トラブルもあったようだし、パンデミック中は閉鎖している期間もあったが、現在は昼も夜も絶賛営業中。
昼間のレストランでドイツ料理を食べてみた。

SPONSOR LINK

Rock Facatory

昼間は普通のレストラン。

Rock Factoryのフリカデレ (1)

照明設備の整ったステージも昼間はお休み。
夜は爆音で生バンドが演奏しており、ソイブッカオを通っていると嫌でも耳に入ってくる。

Rock Factoryのフリカデレ (4)

店内にテーブルは多くて、小綺麗に整っている。

ソイブッカオの往来を眺めながら、食事を取れる。店内喫煙可能。

Rock Factoryのフリカデレ (5)

向かい側はサイアムサワディーホテルだ。まだ閉鎖中。

ドイツ料理メニュー
Rock Factoryのフリカデレ (2)

Mega Schnitzel 199バーツ
Frikadellen 159バーツ
Bratwurst 159バーツ

他にもドイツ式ブレックファーストなどがある。
タイ料理も一通り揃っている。

Rock Factoryのフリカデレ (3)

ドリンクはビールが60バーツ、ソフトドリンクが40バーツなど。
おそらく夜間のライブバー営業時はハッピーアワーから外れて通常価格になるものと思われる。

フリカデレ

目当てはフリカデレ。
Frikadellenと表記してあるが、これはドイツ語の複数形だろう。単数だとFrikadelle.
日本ではフリカデレと呼ぶのが一般的みたい。
ドイツ版ハンバーグないしミートボールみたいな料理。
いや、そもそも、このフリカデレが先にあって、その後ハンバーグステーキが誕生したのか。
まあ歴史はともかく、ハンバーグそっくりな料理である。

ハンバーグ好きとしては、フリカデレを見かけるたびに、食べたくなってしまう。
159バーツは少々お高いが、複数形ハンバーグの魅力には逆らえなかった。
フリカデレのサンドイッチなら99バーツだ。

Rock Factoryのフリカデレ (7)

ドリンクはコーラで。40バーツ。

こちらがフリカデレ。

Rock Factoryのフリカデレ (6)

フリカデレが2個、それにサラダと山盛りのマッシュポテト。
マッシュポテトは作り置きで冷蔵庫に保存していたようで、けっこう冷たかった。味は良かったし量も多い。

さて、フリカデレ。
日本のハンバーグよりも焦げ目たっぷり。

Rock Factoryのフリカデレ (8)

小さく見えるが、分厚さはしっかり。
中には肉がぎっしり。

日本のハンバーグほど柔らかくはなく、やっぱりミートボールに近い。
肉汁あふれるジューシーさはないが、これはこれで肉の旨味が堪能できる。

ソースは付いておらず、卓上の調味料セットで自分で味付け。
下味はちゃんとついていて、ケチャップをつけるだけでも十分おいしく食べられる。

熱々のハンバーグとちょっと冷えたマッシュポテトの組み合わせがいい。
ちょうどお腹が膨れる量。
ハンバーグへの欲求も満たされた。

パタヤでハンバーグが食べたくなったら、洋食屋でフリカデレを探すといい。

あと、フリカデレとよく似た料理に、リソールがある。
リソールもほとんどハンバーグと同じもので、巨大ミートボールといった感じだ。

リソールのおすすめは、ソイブッカオ脇道にある隠れ洋食屋。

ソイブッカオに隠れ洋食屋あり。リソールとヴィーナーシュニッツェルがうまい。

ここのリソールは、ロックファクトリーのフリカデレによく似ている。
隠れ洋食屋は現在も営業継続中。

ソイ8のセイラーバーレストランのリソールもけっこういけるが、ボリュームは少なめ。

ファラン飯で芋まつり。ジャケットポテト、リソール、フライドポテトとクリームスピナッチ、ソーセージにザワークラウト。

地図

ソイブッカオのど真ん中といえる立地。
営業時間は不明だが、朝から夕方まではレストラン営業、夜はライブバーとなる。

ちなみに、Rock Factoryに変わる前は、Rich Barというデンマーク系レストラン兼バーだった。

関連記事:Rich Barでデンマーク式サンドイッチブレックファースト

まとめ

Rock Factoryの料理は少しだけ高めの印象。ソフトドリンクもちょっと高い。
フリカデレの味と量は値段相応で食べて損はしないレベル。日本で食べることを思えば安いかなといったところ。
いやまあ日本だったらファミレスでハンバーグを頼めばいいだけだが、焼き加減とか味付けとかは、やっぱりフリカデレと日本のハンバーグとでは異なる。
ソイブッカオの雑然とした空気を感じながら、こんがりと焼けたハンバーグを食べるのがいいのだ。

SPONSOR LINK

-ステーキ・洋食

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.