*

パスポートやビザの証明写真は、日本のコンビニでネットプリントすれば200円。

公開日: : プチ情報・便利帳


海外旅行好きなら、何かと証明写真は必要となってきますね。
パスポート申請、ビザ申請、国際免許申請などなど。

駅前にあるような自動撮影のスピード証明写真なら、1回600円とか800円とかそれなりのお値段。

スピード証明写真

ちなみに、タイにある写真屋さんではいくらか?
パタヤのソイブッカオにある写真屋で、ビザ用の証明写真が4枚100バーツ。今の為替レートだと370円くらい。一枚あたり92円くらい。
ただし、タイの写真屋さんは、いちおう写真スタジオになっていて、それなりに丁寧に撮影してくれる。

ジョムティエンイミグレーション横にあるビザ代行業者に頼むと、1枚50バーツ。これは高いわりに、アイフォンで撮影するだけという手抜きさ。非推奨。

今回紹介するのは、日本のコンビニで簡単にプリントして200円というサービス。

SPONSOR LINK

ピクチャン

ピクチャン
ピクチャン (2)
http://pic-chan.net/c/

このサービスを使えば、1シート写真3枚で200円。一枚あたり66円。
ただし、国際免許証サイズだと2枚で200円。それでも1枚100円。
けっこう安いね。

ピクチャン (5)

ピクチャンの使い方

特に事前登録は必要なし。

まずは、写真の準備。
撮影は自分で行う。
スマフォでもデジカメでもオッケー。
背景は無地である必要があるので、白い壁とかドアとかをバックに撮影しましょう。
トリミングは後でできます。
駅前や駅中にあるようなスピード写真は、シャッターチャンスが限られている。
が、これは自分のタイミングで好きなだけ撮影できる。ベストショットを目指しましょう。

画像が用意できたら、ピクチャンのサイトへ。
http://pic-chan.net/c/

欲しい証明写真のサイズを選択

ピクチャン (4)

サイズ例 タテ×ヨコ

運転免許証:3×2.5
パスポート:4.5×3.5
タイのビザ:4.5×3.5
国際免許証:5×4

パスポート写真の詳しいサイズは、こちらで確認のほどを。意外と厳しいです。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/passport/ic_photo.html

国際免許も厳しいです。
大阪府のサイトが詳しいので参考に。
http://www.police.pref.osaka.jp/08tetsuduki/menkyo/kokugai/

タイのビザ申請用写真サイズは、けっこういい加減。
多少のサイズ違いは多めに見てもらえるかな。

国際免許証サイズの見本がこんな感じ
ピクチャン (3)

次に写真をアップロード

位置合わせ、拡大縮小、トリミングしてサイズを整える
ちゃんと見本の枠線が表示されるので、意外と簡単です。

メールアドレスを登録

すると、プリント予約番号が発行されます。
登録したメールアドレス宛と、ピクチャンのサイトでも確認できます。
有効期限は7日間です。

ピクチャン (1)

この時点では、まだ料金は発生していません。

ついで、お近くのコンビニへ
セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルK、サンクス。
マルチコピー機がある店舗に限ります。

プリント内容を確認して、料金を投入します。200円はここで発生。
あとは、できあがりを待つだけ。

ご注意事項
パスポートや自動車免許の申請では余白や写り具合の影響で利用できないこともございますので、
あらかじめご了承のうえご購入ください。

とのこと。
前述のとおり、タイのビザはかなり緩いですが、日本のパスポート写真などはかなり厳しいです。
きちんとトリミングしましょう。

写真スタジオで撮影した綺麗な写真のデジタルデータがあれば、このサービスで安価に焼き増し可能。

まとめ

単なる申請用の写真なら、なるべく安くすませましょう。
どうせ回収されるだけなんで。

パスポートや免許証など、この先5年も10年も使い続けるものなので、こだわりがある人は日本の写真スタジオで撮影したほうがいいかも。
特にこだわりのない人は、ピクチャンで安価にどうぞ。

SPONSOR LINK

関連記事

フーターズパタヤ (1)

HOOTERS PATTAYA フーターズパタヤ店は、本日12月31日午後4時オープン

数日前に、今年中のオープンは無理だろと伝えたフーターズパタヤ店。 わたしの見通しが甘かった

記事を読む

スクリーンショット_030616_073717_AM

本日朝10時からスクートがプロモ開始。バンコクまで8000円。

何かというとプロモーションばかりやっている印象のLCC、スクート(SCOOT)。 今回のプ

記事を読む

Image

いつの間に?グーグル翻訳が発音アルファベット打ちでタイ語変換できるようになっていた

いつもお世話になっているグーグル翻訳。 タイ語が少しは話せるけど、タイ文字の読み書

記事を読む

パタヤのエアアジア窓口 (3)

エアアジアなどのLCC航空券は、直接予約よりHISのほうが安いことがある

次回のタイ訪問へ向けて航空券を探していると、エアアジアもスクートもすでに安いチケットが見当たらな

記事を読む

Tree town (4)

ソイブッカオの空き地に登場したTREE TOWNは、まだまだ開発途上

ソイブッカオの真ん中あたり、バンコク銀行北側の空き地にTREE TOWNという、飲み屋コンプレッ

記事を読む

image

【一般発売開始】エアアジアのBIG SALE開催中。バンコク往復19120円など。

AIRASIA(エアアジア)が、BIG SALEを開催している。 メンバー限定で優先アクセ

記事を読む

KIXエアポートラウンジ (12)

関西国際空港「KIXエアポートラウンジ」は意外と使える。しかもJCBゴールドなら2時間無料。

関空の一般エリアにあるKIXエアポートラウンジを利用してみた。 ここは、チェックイン前に時間を

記事を読む

ソイエキサイト脇道食堂 (6)

ソイエキサイト脇道の食堂は日本語メニューあり。味良し、使い勝手良し。

ソイブッカオの裏道をぶらぶら歩いていると、わりと入りやすそうな食堂がある。 以前から見かけては

記事を読む

関空ANA免税店 (1)

成田や関空内のANA免税店ならタバコも10%割引。さらにマイレージも追加でたまる。ANA、ユナイテッド、アシアナ、エバー航空、エアチャイナ限定。

関空の北ウィング先端駅近くにあるANAの免税店で、タバコを購入。 ユナイテッドマイレージプラス

記事を読む

フランドリア (1)

ブッカオ沿いにあるムーガタが食べられるベルギーレストラン。でも、ムーカタよりもイサーン料理をどうぞ。

ソイブッカオ近辺で、ムーガタが食べられる店はほとんど見当たらない。 サードロードやパタヤタイま

記事を読む

アドステア

Comment

  1. 鈴木 より:

    自分も普通二輪免許ですが、国際免許を取得してパタヤでT-MAXという500ccのバイクをレンタルして乗っていました。
    バイク屋のおっちゃんが言うには問題ないそうです。というか免許が無くても貸してくれるところなので、どこまでわかってるかは不明です。

    もし警察に捕まって国際免許と日本の免許見比べて「普二」の文字を見つけて「400ccまででしょ」って言われたら、ちょっと笑っちゃうかもしれません。
    絶対にないでしょうけど。

    あと、地域限定のナンバー(?)があるのか、バイク屋独自の規定かはわかりませんでしたが、原則としてパタヤから出るなと言われたので、宝の持ち腐れでした。まあ、遠出するつもりはなかったのでいいんですけど、サメット島などには行けないってことですね。

    パタヤで大きいバイクは目立ちますね現地のタイ人やファランに何度か声かけられました。

    • pattayan night より:

      レンタルバイクは免許の確認すらありませんね。いい加減なもんです。
      国際免許証の英語の説明では、二輪車の排気量制限はありませんね。たぶん、バイクなら何でも乗れそうです。
      パタヤでは大型バイクに乗っているファランを見かけます。しかも革ジャン着て。
      そんなバイク乗りファランに教えてもらったんですが、タイ北部やイサーンのツーリングは自然豊かでとても楽しいらしいです。行ってみたいですね。

アドステア

Walking street201702
パタヤラストナイト。じゃんけんに勝ったらショート1500Bでいいというゴーゴー嬢をペイバー。

沈没日記12 (11からの続き) 早くもパタヤラストナイトだ。

Navin mansion2 (12)
パタヤ長期滞在向けサービスアパートメント、ナビンマンション2宿泊レポート

ナビンマンション2は、日本人には定番のサービスアパートメント。

Book of Philipin pub (2)
おもしくて一気読み。「フィリピンパブ嬢の社会学」中島弘象。

最近各所で高評価の新書、「フィリピンパブ嬢の社会学」(中島弘象)を購入

Yak statue
パタヤ復帰後はカラオケ嬢と付かず離れずで。ノーブンブンライフも悪くない。

沈没日記11 (10からの続き) バンコクからパタヤへ シーロム

The haven breakfast the works (3)
パタヤ最強かも。THE HAVENのブレックファースト100バーツ。

パタヤのブレックファーストシリーズはまだまだ続く。 いったい、パ

→もっと見る

PAGE TOP ↑