*

ちょっと珍しいタイの果物、ガトォーン(グラトーン、サントル)。

公開日: : グルメレポート

日本ではあまり食べる機会がないであろう果物を食べてみた。

ガトォーン

ガトォーン (2)

クラトーンもしくはグラトーンとするのが正しいかもしれないが、タイ人の発音は「ガトォーン」に聞こえる。
特に日本名はない。
サントル(santol、もしくはsentul)と呼ぶみたい。

ちなみに、タイ語から直接グーグル翻訳にかけると、sentulと表示された。

このサントル、Wikipediaによれば、熱帯果樹の一つ。
原産は、インドシナやマレー半島のようだ。
フィリピンでも一般的に食べられているみたい。

今回、わたしも初めて知った。
たまたまタイ人が購入しており、ご相伴にあずかった次第だ。

ガトォーンは、タイの移動フルーツ屋台で簡単に買える。
一個30バーツと、タイのフルーツとしては、何気に高い。日本円で110円くらい。

こんな外見
フルーツ屋台のガトォーン

梨に似ていなくもない。
屋台の人が、一番外の皮を剥いてくれる。

次に全体的に切れ目をたくさん入れる。決してリンゴのように切り分けたりしない。

あとは、自分で分けて食べるか、そのままガブリと食らいつくようだ。

ガトォーン (1)

なんとなくタマネっぽい。
白い果肉の雰囲気は、ちょっとマンゴスチン(マンクーッ)に似ているかな。

マンゴスチン
マンクーット (1)

ガトォーンは、中の皮ごと食べることができるけど、この皮はかなり酸っぱい。
わたしは吐き出しそうになってしまった。

で、白い果肉のお味は…

マンゴスチンをさらに柔らかくして甘みも抑えめにした感じで、特にまずくもなく、美味しくもなくといった、実に中途半端なものだった。
ふわふわしつつも弾力のある不思議な食感が珍しいといえば珍しいけど。

種が入っており、その周辺だけ、甘いかなあといった程度。

う~ん、実に微妙だなあ。

ジャムやお菓子にして食べるとおいしいみたいなんだけどね。

購入したタイ人は、例によって唐辛子と砂糖をまぶして食べていた。

ガトォーン (3)

ばらした上で、あとから唐辛子と砂糖を放り込んでいた。
たしかにこれなら、皮ごと食べても酸っぱさは軽減されるだろう。

まあ、このまま食べるんだったら、断然マンゴスチンを選びます。
費用対効果も断然マンゴスチンのほうが上ですな。

激しく推奨はしませんが、タイでちょっと珍しい果物が食べてみたい人は、このガトォーン、どうぞお試しあれ。
保存が難しいようで、生で食べられるのは現地限定ですよ。

SPONSOR LINK

関連記事

49バーツポークステーキ (2)

サードロードの新しいステーキ屋は、49バーツぽっきり。Steak Khun Chay。

サードロードのソイボンコット(ソイ18/1)入り口近くに新しいステーキ屋がオープンしている。

記事を読む

ジョークプットモーメニュー (5)

熱々の土鍋で食べるジョークがうまい。しかもシーフードカオトム味。ジョークプットモー。

ジョークといえば、タイ版のおかゆ。 米粒の形がなくなるまでに煮込んである。 元をたどれば中国

記事を読む

LKメトロ屋台5

ソイLKメトロ入り口のおすすめバミー屋台

LKメトロ、ソイダイアナ側の入り口にある屋台。 ちょうど不動産屋の目の前を間借りして営

記事を読む

パタヤカンのバミー屋 (3)

パタヤカンソイ14屋台のバミーヘン(汁なしラーメン)うまし

バミーとは中華麺のことで、通常はスープに入れて食べる。要するにラーメンだ。 注文の際はバミーと

記事を読む

RETOXGAMEONブレックファースト (3)

RETOX GAME ON@ソイハニーのブレックファースト95バーツ。肉厚ベーコンと本格的ソーセージがうまい。

パタヤのファランな朝食シリーズ RETOXは、ソイレンキーにあるスポーツバーだ。 ここの

記事を読む

カオカームー (3)

ワットチャイ向かい側の屋台群でカオカームーを食べる。とろとろの豚足がうまい。

ワットチャイ前屋台通り 夜になると、パタヤタイ通りの路上で営業を開始する屋台群がある。

記事を読む

アンヘレスのぶっかけ飯チキンカレー (1)

アンヘレスでも、ぶっかけ飯を喰らう。チキンカレーで60ペソ。

東南アジアの安いローカル食事といえば、ぶっかけ飯である。 これはタイでもカンボジアでもフィリピ

記事を読む

蓮の実 (1)

珍味?タイの屋台で売られている蓮の実を生で食べてみた。パックブア。

タイでは、いろんな野菜や果物が屋台で売られている。 トラックに満載された果物が売られていること

記事を読む

しゃぶし (1)

Shabushiは359バーツで寿司としゃぶしゃぶ食べ放題の店。シャブシ。

oishi系列店であるShabushi。 看板には「しゃぶしゃぶの寿司」と掲げている。

記事を読む

カオカームー (2)

サードロードの中華屋台でカオカームー。豚の豚足煮込みご飯。

以前から少し気になっていたサードロードにある屋台。 大きな中華スタイルの寸胴が置い

記事を読む

アドステア

アドステア

magic-food-park-donmuang-airport-5
ドンムアン空港第3のフードコート、MAGIC FOOD PARK。

なにかと物価の高いドンムアン空港にあって安い食事どころといえば、マ

therme-cafe
テーメーカフェでさくっと連れ出してタイの最後を締めくくる

沈没日記35 バンコクのホテルにチェックインを済ませて、スクンビ

miami-hotel-bangkok-22
バンコク創業50年の歴史の重みを噛みしめろ。マイアミホテル宿泊レポート。

1965年。時はまさにベトナム戦争の真っ只中。東南アジアは混沌の極

no image
パタヤからバンコクへ無難かつ王道の方法で移動

パタヤ沈没日記34 すべてをクリアーにして、日本へ戻る。

カラオケ嬢とママー1
出所してきたカラオケ嬢と再会。一晩を過ごす。

パタヤ沈没日記33 パタヤ最終日の本当に最後の最後。 明日

→もっと見る

PAGE TOP ↑