パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

空港やバス関連

マイレージプラスの特典航空券を使ってタイ航空でバンコクへ

投稿日:

いつもLCCばかりだが、ひさしぶりにタイ国際航空で関空からバンコクへ飛ぶことにした。
なぜなら、マイレージがいつの間にか貯まっていたからである。
手数料だけでバンコクへ行ける。
マイレージ様様である。

なお、わたしが利用しているのは、ユナイテッド航空のマイレージプラス。
クレジットカードはJCB。
そこで、MileagePlus JCBカード使っている。ゴールドカードだ。

MileagePlusJCBゴールドカード

ゴールドカードにすると、ショッピング1000円あたり15マイルが付与される。還元率は高く、ショッピングメインでもマイルは貯まりやすい。

年会費はかかるが、ゴールドだと海外旅行保険の補償額も大きいしなにかと安心。
あと、関空内でカードラウンジも使える。

SPONSOR LINK



マイレージプラス特典航空券購入方法

今年からユナイテッド航空マイレージプラスの特典航空券に必要なマイル数に変更があった。
以前は、日本とバンコクなら往復45,000マイルと固定されていたが、変動制へ。
時期によって必要マイルが異なる仕様となった。

マイレージプラス特典航空券購入 (1)

12月の忙しい時期で検索してみると、タイ航空直行便なら片道23,500マイルとの表示。
それに手数料が4,290円。
この手数料も日程や便によって異なる。

改悪ともいえる変更だが、日程や経由便によっては、以前より低いマイレージや手数料で特典航空券の予約が可能なこともある。
また、直前予約でも別途手数料が不要になったのは改善といえる。

今回は往復ではなく片道で購入。
レガシーキャリアで片道購入できるのもマイレージ特典の魅力の一つ。

クレジットカードで手数料を支払い、予約は完了。
24時間以内に、登録したメールアドレス宛にEチケットと領収書が送られてくる。

マイレージプラス特典航空券購入 (4)

またマイレージプラスのホームページでも予約確認はできる。

ただし、マイレージプラスでの予約番号と、タイ航空での予約番号は別物。
搭乗関連の手続きは、タイ航空の予約番号で行う。

予約クラス、機内預け荷物、座席指定は?

予約クラスを確認するとX(エックス)となっていた。

預け荷物は、30kgまで無料。個数制限はないようで、合計30kgまで。

マイレージプラス特典航空券購入 (2)

プロモーションなどで買える一番安いクラスだと、受託手荷物は20kgまでに制限されている。

LCCでは預け荷物は問答無用で有料。
日本からバンコクへのフライトだと数千円はかかる。
せっかく無料だし、今回はスーツケースを使っていろいろタイに持ち込むことにした。

なお、タイ航空の機内持ち込み手荷物は、大きなバッグが7kgとPCなどが入ったサイドバッグが1.5kgまで。
これはすべてのクラスで同じ。

座席指定はユナイテッド航空ではできないとの表示。

マイレージプラス特典航空券購入 (3)

そこで、タイ航空航空のホームページで予約番号を入力して座席指定してみる。

が、すでに座席は指定済み。どうやら自動で振り当てられているようだ。
しかも座席変更も不可。
まあ、しょうがない。

TG623便搭乗記

ひさびさのTG利用にちょっと胸が躍る。
午前8時半には関空に到着した。TG623便の出発予定時刻が午前11時。
2時間半前の到着となる。

搭乗手続き

関空のTGカウンターはD。

関空バンコクタイ国際航空搭乗記 (1)

チェックインカウンターはがらがらだった。
ほとんど順番待ちなし。
これは搭乗率が低そうだと思ったが、実際にはほぼ満席だった。

マイレージ特典で購入した航空券だがチェックインは他と変わらない。
基本、パスポートを提示するだけ。
マイレージカードや購入時に使ったクレジットカードの提示は不要だった。

あらかじめ座席指定してあってもチェックインカウンターで変更可能。

TGではエグジットやバルクヘッド席が有料となっているが、マイレージ特典で購入したクラスだと無料変更オッケーだった。

タイ航空優先座席指定有料 (1)

関連記事:タイ国際航空(TG)の非常口席バルクヘッド席の座席指定が有料化になっていた。ただしクラスによっては無料。

スーツケースを預けて、チェックインは終了。
機内持ち込み手荷物の計量は無し。

すっきりしたところで、朝食へ。
機内食にありつけるまではあと4時間ほどありそう。

すき家で朝定食。

関空バンコクタイ国際航空搭乗記 (12)

パタヤにもすき家はあるけれど、この朝定食はたぶんやっていない。
普段はこういった和風な朝食はほぼ食べないけれど、たまにはいいものだ。

免税店とカードラウンジ

保安検査、出国審査を抜けて、制限エリアへ。

まず、ANA系列の免税店でいつものようにタバコを購入。10%割引のうえ、マイレージも特別加算される。
タバコ以外の免税品も同様だ。

関連記事:成田や関空内のANA免税店ならタバコも10%割引。さらにマイレージも追加でたまる。

まだまだ搭乗時間は先。
クレジットカードメンバーラウンジで時間をつぶすことにする。

向かったのは、CARD MEMBERS LOUNGE 六甲。

関空クレジットカードラウンジ六甲 (1)

クレジットカードの種類やグレードによって無料で利用できるラウンジだ。
わたしの持っているJCBゴールドならもちろん無料。

関空クレジットカードラウンジ六甲 (2)

営業時間は、午前7時半から午後10時半まで。
深夜便利用時には使えないのが残念。

ここ最近はけっこう混み合っていて、グループで入るとなかなか席が確保できない。

ラウンジ内では、無料のソフトドリンク、お菓子、新聞などが置いてある。
食事は無いし、アルコール類は有料。
はっきりいって、航空会社系のラウンジに比べると、かなりしょぼい。
でも、ちょっとした時間つぶし程度なら特に問題ない。
搭乗口前の普通の席で待つよりはよほどいい。

関空クレジットカードラウンジ六甲 (3)

ここの揚げせんべいはすごく好き。

ラウンジ専用の無料Wi-Fiとコンセントも完備。
時間つぶしとスマホの充電にあてる。

店内禁煙。
以前は、中央駅付近にスモーキングラウンジ金剛というのがあったが、そこも禁煙となってしまった。
ただ、金剛のほうが空いているし、外の景色も見える。
タイ航空の搭乗口からは少し離れているが、時間が余っているなら、金剛に行ったほうがいいかも。

搭乗

搭乗開始が遅れて、午前11時過ぎにようやく機内へ向かう。

関空バンコクタイ国際航空搭乗記 (3)

ひさびさのTGはいいなあ。

関空バンコクタイ国際航空搭乗記 (2)

カラフルなシート配色がなつかしい。

関空バンコクタイ国際航空搭乗記 (5)

エグジットシートに座り、足を伸ばして離陸を待つ。

午前11時25分、定刻より遅れてテイクオフ。

SPONSOR LINK

機内サービス

LCCばかりの身にとって、機内サービスを無料で受けられるのがレガシーキャリアの嬉しいポイント。
タイまでのフライトはせいぜい5時間から6時間。別に何も食べてなくても問題ないけれど、やっぱり機内食はありがたい。

まずは、おつまみとドリンク。

関空バンコクタイ国際航空搭乗記 (6)

ビールは遠慮しておきオレンジジュースで。

日本時間の12時35分、続いて機内食が配膳された。
ちょうどお腹が空いてきた時間だ。
チキンかフィッシュだそうで、チキンを選択。

関空バンコクタイ国際航空搭乗記 (7)

スパイシーチキンと言っていたが、なんのことはないガパオライスだった。

関空バンコクタイ国際航空搭乗記 (8)

あとは、蕎麦、ヤム、パン、スイーツなど、和洋泰の合作。
ご飯物とパンというミスマッチだたが、機内食だとなぜかどちらも食べられてしまう不思議。
味と量には満足。

座席の下にコンセントあり。

結局機内サービスの映画を見るよりも、ダウンロードしておいたアマゾンプライムビデオを見る。
だって、一度見始めたウォーキング・デッドがやめられないんだもの。
飛行機の中では、海外連続ドラマものが暇つぶしとしては最高かも。

日本時間の午後4時35分、タイ時間の2時35分にアイスクリーム。

関空バンコクタイ国際航空搭乗記 (9)

ひさびさに日本のアイスを食べた。うまい。
このあたりで体と意識をタイ時間に切り替えておく。

到着

陸地が見えてきた。

関空バンコクタイ国際航空搭乗記 (10)

着陸が近づく。

タイ時間の午後3時15分頃、無事にランディング。
フライト所要時間は、5時間45分だった。

関空バンコクタイ国際航空搭乗記 (4)

機外に出たのが、午後3時35分。
無事に入国を果たす。

スワンナプーム空港の喫煙所

スワンナプーム空港ターミナルビル建物内は全面禁煙のまま。

が、到着フロア(2階)の7番ゲート前に喫煙所が設置されている。

スワンナプーム空港喫煙所 (3)

植木で囲われたエリアだ。

スワンナプーム空港喫煙所 (1)

ここはきちんとした喫煙スペースなので堂々と吸える。

見下ろすと、パタヤ行きエアポートバスのチケット売り場(1階)。

スワンナプーム空港喫煙所 (2)

チケット売り場を出て、左の方に延々進むと、別の喫煙所がある。
1階までおりたなら、そっちを使ったほうがいい。

関連記事:ドンムアンからロットゥーでスワンナプームへ、さらにエアポートバスでパタヤへ移動する方法

長旅のあとの一服はうまい。
今回はパタヤへ直接向かわずに、バンコク市内で一泊することにする。
あとはバンコク市内へ移動。
これにておしまい。

まとめ

実に快適なフライトだった。
やっぱりTGはいい。
フライト中、まったく苦痛を感じなかった。
実際のフライト時間はほとんど変わらないはずだが、LCCに比べると、時間の経つのが明らかに早い。
おつまみや機内食がいいクッションとなって、時間を忘れさせてくれるのだろう。

マイレージをためておくと、このような快適なフライトが手数料だけで利用できる。

とはいえ、今回の手数料が4,290円。

LCCの大型プロモーションだと片道8000円程度で購入できることがある。
むろん、座席しても機内食も預け荷物も別途有料だが、単に移動手段と割り切ると、LCCでも充分。

正直、一昔前に比べると、マイレージをためる利点は少なくなってきたと思う。
LCCは便数が多いし料金も安い。
かりにマイレージを貯めても、特典航空券に必要なマイル数が増加。それなのに特典枠が少なく、希望のフライトが取れないことも多い。
タイ航空のプロモーションで安く購入したチケットでは、ろくにマイレージが加算されず、なかなか貯まらない。
だったら、フライトで稼げるマイレージは気にせず、LCCでさらに安く飛んだほうがいいのではないか。
せいぜい、ショッピングでマイレージをためるだけ。

というわけで、これからもせこせことマイレージをためておき、日程や荷物の量などを考慮しつつ、LCCとレガシーキャリアをうまく使い分けていこうと思う。

SPONSOR LINK

-空港やバス関連

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.