パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

フードコート・市場

センタン地下に新フードコート BEACH EATS登場。シンガポールチキンライスを食べる。

投稿日:


セントラルフェスティバルパタヤビーチ、通称センタン地下で続いていた改装工事が一段落。
新しいフードコートがオープンしている。
名称は、BEACH EATS(ビーチイーツ)

センタン地下フードコート Beach Eats (2)

改装前に営業していたフードコートとは別物。
元々あったフードコートはすでにビーチ寄りに移転済みだ。

関連記事:センタン地下フードコートが移転。2種盛りカオマンガイがうまかった。

SPONSOR LINK



BEACH EATS

センタン地下フードコート Beach Eats (1)

BEACH EATSの基本的な作りは以前にフードコートとさほど変わっていない。
中央と壁沿いに店舗が並ぶ。

テーブルなどはすべて新調されている。

センタン地下フードコート Beach Eats (3)

ちょっとかわった椅子とテーブルもある。

センタン地下フードコート Beach Eats (4)

ビーチを意識した意匠となっている。

各店舗のメニューをさっと眺めるだけで、明らかに高級路線狙いだとわかる。

センタン地下フードコート Beach Eats (7)

カオカームー79バーツ

センタン地下フードコート Beach Eats (8)

ホイトート90バーツ

センタン地下フードコート Beach Eats (9)

カオソーイ165バーツ。カオソーイ好きとしては食べたいところだが、さすがに高すぎ。

洋食あり。

センタン地下フードコート Beach Eats (10)

センタン地下フードコート Beach Eats (11)

日本料理屋もあり。FUKUDEN IZAKAYAという店名らしい。

センタン地下フードコート Beach Eats (12)

カウンターには寿司ネタが並ぶ。

センタン地下フードコート Beach Eats (17)

メニュー
センタン地下フードコート Beach Eats (13)

センタン地下フードコート Beach Eats (14)

センタン地下フードコート Beach Eats (15)

和牛丼が380バーツ。
チャーシュー醤油ラーメンが140バーツ。
カツカレーが140バーツ。

センタン地下フードコート Beach Eats (16)

冷やし中華120バーツ。
冷麺60バーツ。

味はわからないが、カツカレーと冷やし中華はまずまずお得なような気がしないでもない。
寿司とかは食べたいとは思わないけれど。

SPONSOR LINK

カオマンガイ

金額を見てスルーしようかとも思ったが、せっかくなんで、なにか食べていくことに。
で、結局、比較的安いカオマンガイとなる。

センタン地下フードコート Beach Eats (18)

それでも65バーツ。
市中屋台価格が40ないし50バーツなので、やはり割高。

ただ、ここのカオマンガイは、シグネイチャーシンガポールチキンライスというのがメニュー名で、いわゆる海南鶏飯系列。

ご飯と鶏肉は別皿。

センタン地下フードコート Beach Eats (20)

鶏肉は、皮と脂身が多めだが、柔らかくておいしい。

センタン地下フードコート Beach Eats (21)

タレは自分で好きなものを好きなだけ選べる。

センタン地下フードコート Beach Eats (6)

タイのカオマンガイの辛いタレよりも、醤油系のタレにすり潰したニンニクを入れるとすごくうまかった。
蒸し鶏と醤油系のタレのコンビネーションはおすすめだ。

ご飯はやや薄味。
付け合せのスープは、味がすっかすか。ただの白湯みたい。

肉と醤油ダレはおすすめできるけれど、ご飯とスープはいまいち。

蒸し鶏とフライドチキンがどちらも乗ったカオマンガイ2種盛り(95バーツ)がうまそうな気がする。

センタン地下フードコート Beach Eats (19)

 

なお、支払いは先にプリペイドカードを購入するシステム。

センタン地下フードコート Beach Eats (22)

好きな額を指定して購入しておき、残高はあとで返金してもらえる。

センタン地下フードコート Beach Eats (5)

どうやら、WeChatやtrue money walletでも、そのまま料理代金の支払いができるようだ。詳細不明。

CENTRAL FOOD HALL

フードコートとは別扱いだが、スーパーマーケット併設のCENTRAL FOOD HALLも新調されている。

センタン地下フードコート Central Food Hall (1)

カウンターにおいしそうな惣菜がずらり。量り売りとなっている。

センタン地下フードコート Central Food Hall (2)

テイクアウトもできるし、カウンター席やテーブル席で食べることもできる。
ここは注文してから現金で払うシステム。
基本、高そう。

まとめ

セントラルフェスティバルパタヤビーチ センタン

センタンの立地は最高である。
わたしもかつてはここのフードコートを散々利用してきた。
でも、さすがにこの高級路線では再訪はほぼない。あってもカツカレーを試してみたいだけ。
ただ、高級路線だけに客足は今ひとつのような雰囲気で、空席を探すのに苦労せずにすみそうだ。
うるさい団体客も減少しているような気がした。
少しくらい高くてもいい、でもフードコートで気軽に食事がしたいという人には向いているかも。

SPONSOR LINK

-フードコート・市場

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.