*

キーキアットなパタヤの日常。食っちゃ寝していると豚になるぞ。

24日目

アーハン・キーキアット

コヨーテさんの起床時間がさらに遅くなった。
もう午後3時を過ぎているのに、まだ起きてこない。
わたしは朝食を済ませているものの、空腹は限界に。

ベッドに横たわる体を揺さぶって、買い出しに行くことを告げる。
寝ぼけまなこで「うーん、ギンアライディー(何食べようかなあ)」と考えるコヨーテさん。
結局、答えは出ずにまた眠り込んでしまった。

しょうがないので、何も考えずに外出。
空腹のあまり考える気力がない。
しかも容赦無い日差しと気温。
もう駄目だ。
脳みそが溶け始めている。

ソイチャイヤプーン

今日はまだソイチャイヤプーン入り口の屋台が営業中だった。
ご飯も残っている。

ソイチャイヤプーン入り口の屋台

アオアライ(何にする?)」
と、屋台のおばちゃんに聞かれたが、わたしの思考能力は残っていない。

ふと口に出た料理名は、「ガパオムーサップカイダーオドゥアイ

一皿40バーツと、お値打ち価格。
目玉焼きがついて、40バーツは安いよね。

ソイチャイヤプーン入り口屋台のガパオ

そんなわけで、ガパオを二皿購入して、帰宅。

コヨーテさんを起こして、ようやく昼食となった。
またガパオなのと、ちょっと呆れ気味のコヨーテさん。
ブーブー言うな。きみがちゃんと考えないからいけないんだ。

ガパオムーは、別名「怠け者の食事」とも呼ぶそうな。
タイ語なら、アーハン・キーキアットでいいのかな。

キーキアット=怠け者、めんどくさがり

つまり、食堂に入ってメニューを見て考えるのすら面倒になり、反射的に「ガパオムー」とオーダーしてしまうからキーキアットだと。
先ほどのわたしとまったく同じパターン。

で、ガパオを食べてから、何もせずに眠るのが、キーキアットの典型的な行動パターンだとコヨーテさんは言う。
ギンギンノンノン(食っちゃ寝食っちゃ寝)」こそキーキットだそうな。

「日本では食べてすぐ寝ると牛になるって言うんだ。食っちゃ寝はよくないぞ」と警告すると、

タイでは、牛になるとは言わずに、豚になると言うのよ」とコヨーテさん。

そして、ガパオを食べ終わると、またベッドに戻って、豚になるコヨーテさんなのでありました。

おい、ほんとに太るぞ。

返事は、「マイキットディークワー

マイ=(否定)
キット=考える
ディー=良い
クワー=より(英語でいうmore)

考えないほうがいい=余計なことは考えるな

現在の体重は40キロくらいらしいんで、とりあえずはオッケーか。
太ってから考えればいいや。
今を大切に。

パタヤでの運動とは

ようやく6時ころに再び起きだすコヨーテさん。

では、カロリー消費行動といきますか。

激しくブンブン。
毎日同じ相手との行為なんで、なかなかイケない。
時間がかかる。
わたしも消耗した。

でも、パタヤでの運動といえば、これしかない。
散歩もしないし、ジムにも行かない、キーキアットなパタヤ沈没生活。
腹筋だけは鍛えられているような気がする。
が、それ以上の暴飲暴食で無駄骨。ビールとタイ飯で腹が出るのは防ぎようがない。

コヨーテさんは、わたしの部屋で化粧をして、ご出勤。
化粧道具一式まで部屋に置きっぱなしだ。
もう他の女を連れ込むことなど不可能となってしまった。

まあ、いいか。
太らないように、深夜まできっちりダンスでエクササイズしてねえ。

いつものパタヤバービア

コヨーテさんを職場に送ってから、わたしは部屋でPC作業。
で、夜遅くなってから、外出。
だいたい昼飯が3時とか4時なんで、晩飯も当然遅くなる。
10時くらいにならないと腹が減らないのだ。

サードロードの中華屋台でカオカームーを食べる。
豚になる前に、豚足を食べておく。

カオカームー (1)

腹を満たしてから、バービアへ。

もう特に書くこともない。
いつものようにバービアでビールとビリヤードなのだ。

キーキアットなんで、移動も億劫だ。
バービアやゴーゴーの新規開拓も面倒くさい。
どうせ、夜中になるとコヨーテさんがやって来るし。

この日は、バービアのつまみもなし。

生ぬるい空気に満たされたパタヤに沈没してしまうと、人間誰もが堕落してしまい、キーキアットとなってしまう。
動く気力がうせてしまうのだ。
人間をダメにする魅力にあふれたパタヤ。
底なし沼のように男を引きずり込んでしまう。
困ったものだ。

深夜、例によって、仕事終わりのコヨーテさんが部屋へやって来て、この日はおしまい。
代わり映えのない日常となってきた。
ぶう。


関連記事

エアアジア機体ドンムアン空港

さらばパタヤ、さらばコヨーテ嬢。また会う日まで。

30日目最終日 パタヤ最終日の朝 本日がパタヤ滞在30日目。 帰国の日だ。 予定通り、朝

記事を読む

エレクトリックブルー1

サードロード捜索からウォーキングへ。エレクトリックブルー初入店。新店情報あれこれ。

11日目 サードロードの出会い系酒場? 夜10時ころ、ようやく外出。 サードロードをひたすら歩

記事を読む

名無し食堂のラートナー (1)

コヨーテ嬢とラートナー。ぶっかけ三昧の昼下がりの情事。

(注意。当記事にはダジャレと暗喩に擬した大人向けの表現が含まれております。タイ料理を検索して訪問され

記事を読む

夜のパタヤビーチ (1)

イサーン姉弟たちと夜のパタヤビーチでプチ宴会。最後はクイジャップ屋台でしめる。

25日目 肉欲とサロン コヨーテさんの起床は例によって午後3時ころ。 昼過ぎにメーバーン(家政

記事を読む

スパーガール1

ウォーキングウォーキング、スーパーガールを見学してきた。最後はLKメトロへ。

2日目つづき。夜の部。 パタヤの夜といえば、ウォーキングストリート。 価格上昇と緊縮財政事情

記事を読む

食事

滞在ラスト2日前に最後のブンブン。あとは最後の挨拶まわり。

28日目 一人の朝食 起床。 パタヤ滞在残り2日。 あさっての午前中にはパタヤからドンムアン

記事を読む

スワンナプーム空港バスターミナル

またしてもパタヤ沈没はじまる

パタヤ沈没日記2015年5月~6月はじめに 約2ヶ月のインターバルを置いて、またもやパタヤ沈没がや

記事を読む

シーシャ

パタヤ到着後、コヨーテ嬢を呼び出しブンブンへ。夜はいつものバービアめぐり。

1日目 パタヤに午前中到着。 連絡しておいた定宿にチェックイン。部屋を用意してくれていた。

記事を読む

ソイチャイヤプーン入り口のカオカームー屋台2

本日の食費は70バーツ。ブッカオ市場のぶっかけ飯と屋台のカオカームー。

10日目 最後までパタヤに残っていた友人も無事に帰国への途についた。 これで、またパ

記事を読む

ソムタムタイガイヤーンカノムジン

前半戦終了。タイガールと食べるソムタムとガイヤーンとカノムジンがたまらなく美味い。

15日目 パタヤ滞在も15日目となる。 これで予定の半分が経過したことになる。 今のと

記事を読む

アドステア

Comment

  1. 猫大好きパパ より:

    キーキアット。。いいじゃないですか^^パタヤなんですから^^
    むしろキーキアットになりに行くみたいなw
    しかし。。お嬢は完全に住み着いてますねww
    連れ込んでたらどうなるんだろ・・・w

    • pattayan night より:

      連れ込みは不可ですね。たぶん、えらいことになります。おお、こわ。

  2. ひろ より:

    初コメントさせて頂きます。

    ソイボンコットの59バーツステーキ屋を道なりに徒歩だと10分程度だと思いますが、更に安い39バーツステーキ屋の看板を見かけました。

    ご参考になれば幸いです。

    • pattayan night より:

      ひろさん、コメントありがとうございます。
      39バーツは安いですねえ。
      ボンコットをスクンビット方面へひたすら進んでいけば、市場のような屋台群とイサーンレストランもありますよね。
      今度、行ってみます。

  3. サライ より:

    コヨーテ嬢と半同棲生活且つ半メンダー生活となれば、そろそろバイクが必要なのではないてわすか?先日カオノイのバイク屋でレンタル月極1990Bの看板が出ていました。ブアカオ相場だと3000B位ですから相当安いと思います。
    以前は私もバイクの運転を頑なに拒んできてましたが、いざ所有すると至極便利で、今ではバイクのないパタヤ生活は考えられません。

    • pattayan night より:

      いやあ、バイクの必要性はひしひしと痛感しております。バイタク代がバカになりません、ほんとに。
      アパートへ一緒に行って、また店まで一緒に行くと、バイタク二人分で、百数十バーツかかります。あっという間にバイクレンタル代を越えてしまいます。
      月1990バーツは安いですね。どこかで一日69バーツの看板を見かけたんですが、どこだったか忘れてしまいました。
      日本でも元々バイク乗りで、パタヤでも乗ってたんですが、やめてしまいました。目の前で酔っぱらいファランやタイ人が事故って意識不明になっている現場に何度か遭遇したもんで、イヤになりました。
      でも、次回はバイクを借りるつもりです。今回は免許証の用意もしていないんでパスです。見つかっても罰金400バーツなんですけどね。

  4. サライ より:

    頻繁に訪タイされているようなので、思い切ってタイでバイクの免許を取得してみるのも良いと思います。ノービザや観光ビザの場合でも取得可能で、個人で動けば総額800B程度だったかと。二年目以降の更新は簡単な手続きと200〜300B程度だったと思います。
    免許があると、パスポート代わりの身分証になるし、公共施設でタイ人料金(タイ在住者扱いだになる?)が適用されたり、メリットもあります。

    • pattayan night より:

      パタヤの知人の免許証を見せてもらいました。そろそろ、自分でも取得しようかなと考えています。
      公共施設の外国人価格免除は難しいとは言ってましたね。それでも、持っておく価値はあると思います。

アドステア

magic-food-park-donmuang-airport-5
ドンムアン空港第3のフードコート、MAGIC FOOD PARK。

なにかと物価の高いドンムアン空港にあって安い食事どころといえば、マ

therme-cafe
テーメーカフェでさくっと連れ出してタイの最後を締めくくる

沈没日記35 バンコクのホテルにチェックインを済ませて、スクンビ

miami-hotel-bangkok-22
バンコク創業50年の歴史の重みを噛みしめろ。マイアミホテル宿泊レポート。

1965年。時はまさにベトナム戦争の真っ只中。東南アジアは混沌の極

no image
パタヤからバンコクへ無難かつ王道の方法で移動

パタヤ沈没日記34 すべてをクリアーにして、日本へ戻る。

カラオケ嬢とママー1
出所してきたカラオケ嬢と再会。一晩を過ごす。

パタヤ沈没日記33 パタヤ最終日の本当に最後の最後。 明日

→もっと見る

PAGE TOP ↑