*

ソイチャイヤプーン入り口の屋台が安くてうまい。鶏の内蔵とタケノコのガパオ、イワシ入りカオパットなど。


タイ・パタヤでの節約生活には欠かせない屋台。
でも、どうせなら安くておいしい屋台で食事したいもの。
レストランに当たり外れがあるように、屋台にも当たり外れがあり、値段も微妙に違ってくる。

今回紹介する屋台は、味も値段も当たりだと思う。
何種類か料理を試してみたが、どれも美味しい。しかも微妙に安い。
ちょっと変わった具材のものも食べたてみたので、中級レベルのタイ料理ファンもどうぞ。

SPONSOR LINK

場所と地図

チャイヤプーン入り口の屋台 (2)

場所は、ソイチャイヤプーンのブッカオ側の入り口にある。
といってもピンと来ない人もいるかもしれない。
地図をどうぞ。

地図

角を曲がってすぐのところにバイク屋台が出ている。
以前は固定屋台だったような気もするが、いつの間にか配置換えになったようだ。

隣はケバブ屋とバイタク待機所。

外見
チャイヤプーン入り口の屋台 (1)

営業時間は午前中から材料とご飯がなくなるまで。
先日、昼3時に訪れると、「フィニッシュです、ミスター」と言われて、買えないことがあった。
ご飯がなくなったそうだ。

また、日や時間帯によっては、別の屋台が出現していることがある。
間違えないように。

おばさんが調理担当で、おじさんがバイクで出前に応じているようだ。

以下、実際に購入して食べたものを紹介していこう。

ガパオムーサップカイダーオ

チャイヤプーン屋台のガパオ

おなじみのガパオムー。
豚ミンチ肉のホーリーバジル炒めの目玉焼きのせだ。
正確には、「パッガパオムーサップカイダーオドゥアイ」と注文するのがいいのだろうけど、「ガパオムーカイダーオ」だけでも通じる。
ガパオでの豚肉は、ミンチ肉を使うのが常道だからだ。
普通の豚肉を使ってほしい場合は、「ムーシン」と言えばいいらしいとタイ人に教えてもらった。ただ実際には注文したことがないので本当かどうかは不明。

ここのガパオ、普通にうまい。
炒め方も調味料のあんばいもバッチリ。
大定番のガパオでこの味なら他の料理も期待できよう。

値段がはっきりしない。
後述する野菜炒めと同時に購入して、合計80バーツだった。
野菜炒めが35バーツだとすると、ガパオが45バーツとなる。
目玉焼きをつけて、45バーツなら安い。
まあ、50バーツが相場なんで、たった5バーツの違いだけど、その心遣いが嬉しいじゃないか。

ガパオクルンナイガイノーマイドーン

チャイヤプーン入り口屋台のガパオクルンナイガイノーマンドーン

続いてもガパオ。
でも、料理名が長くてややこしくなってきた。

注文したのはタイ人なので、わたしもすべては把握していない。

クルンナイガイで、鶏の内蔵のことだと思われる。
肝臓やらいくつかの種類が使われている。
ノーマイが、たけのこ。
ドーンはよくわからない。

さしずめ、「鳥の内臓とタケノコのガパオ」といったところか。

これも、うまい。
鳥の内臓は臭みも少なくて食べやすい。なんの部位かはわからないが、コリコリした食感がうまかった。
タケノコは、まあ日本人なら普通に好きでしょ。問題なし。
味付けは、ガパオなんで、安定感抜群。
ちょっと変わったガパオが食べてみたい人は、ぜひ注文してみてほしい。

お値段40バーツ。

パットパックルアンミット

チャイヤプーン屋台のパットパックルアンミット

野菜炒め。
特に具材は指定しなかったが、豚肉が入っていた。
この豚肉の量がけっこう多めで嬉しい。
野菜と豚肉の相性が抜群だ。
味付けもいい感じ。決して濃い過ぎず、あっさりし過ぎてもいない。
バクバク食える。
野菜とキノコと豚肉好きの人はぜひどうぞ。

値段がはっきりしないけど、おそらく35バーツ。安い。

カオパットプラーカポン

チャイヤプーン入り口屋台のカオパットプラーカポン (1)

最後は、カオパット。
大定番の焼き飯だ。

ただ、具材をちょっと変わったものにしてみた。
注文したのはタイ人。

最初、「パーカポン」と聞こえて、何のことやらさっぱりわからなかった。
パーは、要するに「プラー」、魚のことだ。
で、カポンは、「缶詰」のこと。クラポンとも表記できるけど、実際の発音はカポンに近い。

何度説明されてもよくわからなかったので、最後にはグーグル画像検索でイワシ(ニシン)の缶詰を見せられた。
英語で「sardine サーディン」かとたずねると、イエスだと言う。

これで納得。

すなわち、「魚の缶詰入りのカオパット」というわけだ。

ごはんをほじくり返すと、オイルサーディンが現れる。

チャイヤプーン入り口屋台のカオパットプラーカポン (2)

おお、普通にイワシですな。
身もぶっとい。
缶詰だけにちょっと濃厚な味。
でも、意外とカオパットによく合う。

ここの屋台のカオパット自体が、普通においしい。
ご飯の炒め加減も文句なし。
これは、思わぬ収穫だった。
お値段40バーツ。

タイ料理本に載っていないような具材のメニューはタイ人に聞かないと注文しようがない。
この記事を読んだ人は、もう大丈夫。
「カオパットプラーカポン」と「ガパオクルンナイガイノーマイドーン」を注文してみましょう。

まとめ

数ある屋台の中でも、アタリの屋台であることは間違いないと思います。
定番のガパオとカオパットがおいしいので、屋台初心者の人でも満足できるでしょう。
しかも安い。
タイ料理中級者は、ちょっと変わった具材のものを試してほしい。
わたしも日々勉強中。

この屋台、いつも注文多数でにぎわっており、昼飯をお求めの際はお早めにどうぞ。

(スペシャルサンクス:読者ケンタローさん)

SPONSOR LINK

関連記事

フーターズパタヤフードメニュー (3)

フーターズパタヤ店(Hooters Pattaya)を訪問してみた

2016年1月16日に無事にグランドオープンを迎えたフーターズ・パタヤ店。 突貫工事が心配されたが

記事を読む

stir-fried-squid-with-salted-egg-yolk-with-rice-1

タイのセブンイレブンの新商品、イカのプーパッポンカリー弁当がうまい

タイのセブンイレブンでは、独自の弁当を各種販売している。 定番のカオパット(焼き飯)やらガパオ

記事を読む

NHKおとなの基礎英語

新年度。NHK「おとなの基礎英語」で旅行英会話を習おう。タイ旅行にも役立つよ、たぶん。

タイをはじめ、海外旅行の際にどうしても必要なのが外国語。 特に英語は欠かせない。 もっと

記事を読む

jasmin-israel-restaurant-4

イスラエル料理レストラン「JASMINE」のブレックファースト125バーツ

ソイブッカオの南側には、なぜかは知らないが、イスラエル系の店やゲストハウスが多い。 この旅

記事を読む

tuktuk-noodle-soup-2

トゥクトゥク屋台のクイジャップユアンを年越しうどんがわりにした

年が明けても、年越しそばは食べられずじまい。 いや、関西人のわたしとしては、そばよりもうどんが

記事を読む

フーターズパタヤ (4)

【追記あり】パタヤのフーターズ(Hooters)の工事進捗状況。ぎりぎり年内に間に合った模様。

(追記あります。ぎりぎり年内に間に合った模様) 日本でも人気のフーターズ。 満を持し

記事を読む

ホーモック屋台

ホーモックプラーは、ちまき風の蒸し魚。プラーサワイとプラーチョン(雷魚)。

ちまきのような料理が並ぶ屋台。 パタヤの街角では、ちょこちょこと見かける。 タイ

記事を読む

ジョムティエンナイトマーケット (2)

ジョムティエンのナイトマーケットは、シーフードからファラン飯まで何でも揃う屋台街

ジョムティエンのビーチロードを走行していると、ナイトマーケットに遭遇した。 こんな場所があった

記事を読む

ラーメンチャンピオンのカツライス (2)

ラーメンチャンピオンでカオムートートと注文するとカツライスが出てきた

カツ丼が食べたくなった。 海外滞在中でも日本食へのこだわりは、ほとんどない。 これまで海

記事を読む

クィティアオ屋の煮込み豚肉

ソイレンキーの新しいクィティアオ屋は、薬膳スープと煮込み肉が名物。(追記)

パタヤ滞在中の友人二人と昼食を取りに行くことになった。 タイラーメンが食べたいとのリクエスト。

記事を読む

アドステア

Comment

  1. 猫大好きパパ より:

    美味しそうw
    滞在中の昼飯は結局2日ともにエキサイトのお店で食しましたw
    う~んパタヤ。。タイ語も英語もできないと楽しさ9割減ですね^^;
    次回訪タイまでになんとか会話できるようにしないとww(アプリとか無理^^;)
    本ブログのおかげで地理もだいたい解りながら散策できました^^
    何よりも一番悩むご飯wおお助かりでした^^
    感謝です^^これからも愛読させていただきます^^ひきつづきパタヤ生活エンジョイして下さい^^

    • pattayan night より:

      パタヤは、英語とタイ語を覚えればかなり楽しくなりますよ。まあ、なんちゃって英語とスマイルで何とかなりますけどね。
      食事情報が役に立ったようで何よりです。更新の励みになります。
      これからもご愛読よろしくお願いします。

  2. 幻のまんまの釣り師 より:

    1か月間の修行?を終えて、無事帰国しました、
    梅雨入りしたとはいえ、日本はまだ涼しい、

    今回の私の情報は「ソムタン」屋台、
    ヤム・ウンセンもやっています、
    イリコの唐揚げ?の様な物が入っています、
    「プリック・ヌン」で本当に唐辛子1本で作ってくれます、
    私は「マイペッ、マイアロイ」派ですが、
    コンタイの様には行きません、
    味はいいと思います、値段は若干高めの40B、

    場所はブッカオからソイ・ナームケンを3Rdまで出て右折、セブン、クイティアオ屋台、ファーマシー、コンタイラーナーハーン、この食堂が10時から4時までで、
    その後から出る屋台なんです、

    ウンセン・スキ・ヘン(春雨)情報や、
    サバ・トート(サバの唐揚げ)、ちょっと辛めの、
    酢味噌で頂く、3Rd近辺、アパートは安いしいい所ですね、バイクか自転車があれば、の話ですが、、、

    • pattayan night より:

      食情報ありがとうございます。
      サードロードのその辺りの屋台は以前から気になっています。
      サードロードまで行くと、地元民に人気の安くてうまい店が多いですよね。
      滞在中に調査に向かいたいと思います。

  3. 志摩 より:

    はじめまして
    私もタイ料理が好きでちょくちょく覗かせて頂いてます。
    post内に出てきた ノーマイドーン。
    ドーンは発酵させて酸っぱくなった物全般に使うタイ語と認識してます。
    マカームドーン等、タイ料理の酸味付けにナムマナオを使わずマカームドーンを使用したりします。
    私もブッカオが日常の行動範囲なので、とても参考になってます。ブログ更新がんばってください。

    • pattayan night より:

      情報ありがとうございます。
      なるほど、ドーンは、そういう意味だったのですね。
      タケノコ自体に味付けしていたんでしょうね。タケノコ、美味しかったです。
      タイ料理やタイ語はわからないことが山ほどありますんで、また情報があれば教えて下さいませ。

アドステア

Soi Kophai Chicken noodle soup (6)
特濃スープのクイティアオガイ@ソイコーパイ

腹を空かせてソイコーパイを走っていると、赤く目立つ看板を発見。

The Bay Pattaya (3)
ノースパタヤの新ショッピングモール、The Bay。完成すれどテナント入らず。

ノースパタヤ、ビーチロードソイ5に新しいショッピングモールが完成し

Buakhao paradise pattaya room (8)
Buakhao Paradiseのブレックファーストとゲストハウス部屋内部見学レポート

ソイブッカオの南側に、昨年後半くらいからだろうか、Buakhao

COYOTE bar (2)
ソイブッカオの新しいコヨーテバー、COYOTE訪問レポート

ソイブッカオのスクーターズバーの真横に新しいコヨーテバーができている。

Walking street
深夜4時、18歳バービア嬢が部屋にやって来てブンブン

沈没日記15 夜遊びパターンは、20歳コヨーテ嬢と18歳バービア

→もっと見る

PAGE TOP ↑