*

サードロードの中華屋台でカオカームー。豚の豚足煮込みご飯。


サードロードのカオカームー中華屋台 (5)

以前から少し気になっていたサードロードにある屋台。

大きな中華スタイルの寸胴が置いてある。
カオカームーだ。

サードロードのカオカームー中華屋台 (2)

屋台に貼られたメニューには、タイ語の他、英語と中国語が併記してある。
さらに写真付きで、実にわかりやすい。

サードロードのカオカームー中華屋台 (3)

サードロードのカオカームー中華屋台 (4)

詳しくメニューを見てみると、カームーのほか、クイッティオやムーデーンも置いてあるようだ。
ラーメンとカームー中心なんで、中華屋台と呼んでさしつかえないだろう。

カオマンガイもメニューの載っているが、すでに鶏肉の姿は見えない。
訪れたのが夜10時過ぎだったので、そろそろ閉店の時間なのかな。
ムーデーンもほとんど残っていなかった。

ここは、中華らしくカオカームーにしてみよう。

SPONSOR LINK

カオカームー

カオ=ご飯
カー=足
ムー豚

直訳すれば、豚足ご飯。

豚足といっても、沖縄料理のてびちみたいに、豚の足の先端部分がそのまま出てくるわけではない。
漢方薬やスパイスなどを混ぜたスープでトロトロになるまで煮込んだ豚足をスライスした状態で提供してくれる。

茶色い皮部分とコラーゲンたっぷりなのは豚足ならでは。

できあがりがこんな感じ。

カオカームー (1)

追加で、ゆで卵(カイトム)を注文した。
スープもつく。

最終的なセット内容は、こうなった。

カオカームー (2)

カームーは、漢方薬を使っており、その匂いは独特だ。
苦手な人は、とことん苦手だろう。
でも、食べてみると、それほど臭みもなく、とろとろに煮こまれた豚足が実にうまい。
もちろんコラーゲンたっぷりなんで、濃厚そのもの。

豚肉をそのまま食べてもいいけど、ソースをかけたほうがより旨味が増す。
上記写真でいうと、右上の小さな壺に入ったソースだ。
辛みと甘味が混在しており、煮込み豚足の味を引き立てる。

付け合せの漬物みたいな野菜も、意外とクセがある。特に色の濃いほうの野菜。
わたしはあまり好きじゃないかな。
箸休め程度にしか食べない。

付属のスープは、あっさりめ。
濃厚な豚足には、これくらいがちょうどいい。

トータル60バーツ。
ゆで卵が10バーツとすると、カオカームーが50バーツか。
若干、高いかな。

味はそこそこ良かったんで、他のメニューを試したい店だ。

その他のメニュー

従業員はまかない飯で「イエンターフォー」をおいしそうに食べていた。
他の客も、イエンターフォーを注文。

イエンターフォーは、紅腐乳麺とも呼ばれて、ピンク色をしたスープが特徴だ。
この店のメニューには「Yen Ta Fo Noodle」と書かれてある。中国語はちょっと漢字変換できないけど、「酉良豆腐粉」。

あと、気になるのは、ワンタンスープ。
メニューには、「Dumpling Pork Soup」「餃子猪湯」と書いてある。
写真で見ると巨大なワンタンが入っており、そのうち食べてみたい一品。

時間があれば、また食べに来よう。
サードロードのローカル屋台なのに、英語と中国語併記のメニューがあるのはありがたい。

場所は、サードロードのソイ21入り口近く。セブンイレブン前で営業している。

サードロードのカオカームー中華屋台 (6)

地図

サードロードのソイ21は、わかりやすく言うと、PPボディマッサージのあるソイですな。
バイタク運転手には、「ソイPPマッサー」で通じるはずだ。

ブッカオ側のソイ入り口からサードロードの屋台までは歩いて5分くらい。
ソンテウ派でも何とか移動できる範囲内。

営業時間は不明。
夜10時過ぎには食材がなくなりかけていたので、なるべく早めにどうぞ。

パタヤのカオカームー店

カオカームーの専門店は、パタヤにはそれほど多くないかも。
中華レストランには置いてある。

匂いが独特なので、近づけばすぐにわかる。

一番手軽なのは、セントラルフェスティバル地下のフードコート(FOOD PARK)。
目印の寸胴は、ここでも健在。

フードコート中華飯

実際に食べたカオカームー
カオカームー

が、正直、それほどおいしくない。
あまりおすすめはしないけれど、気軽に食べられるのは便利。
見本が置いてあるんで、指差しで簡単に注文できる。

パタヤタイのワットチャイモンコーン周辺にカオカームー専門の屋台がちらほらと出ている。
ここでは一度も食べたことがない。ただ、この辺りは屋台激戦区なんで、それほどマズイものは提供されないはず。

一度は食べたいカオカームーのご紹介でした。

SPONSOR LINK

関連記事

カオピヤック (1)

カオピヤック。ラオス版のクイジャプ、フォー、クイティアオ、もしくはうどん。

アジアといえば麺料理である。 日本、中国、タイ、ベトナム、いたるところで麺料理を食べることがで

記事を読む

カイピン (3)

カイピン-殻付きの串焼き卵

屋台でちょこちょこ見かける変わった卵をご紹介。 鶏の卵に味をつけて、殻ごと焼いたもの。

記事を読む

ブッカオ名無し食堂のガパオムー

【定点観測】ブッカオ名無し食堂のガパオムーサップ

ソイブッカオの中ほど、LKメトロ近くにある食堂。 毎度おなじみブッカオの名無し食堂だ。

記事を読む

ドンムアンからパタヤバス (17)

ドンムアン空港からバスを乗り継いでパタヤへ行く方法。バンコク市内への行き方も。

エアアジアXによる日本(成田と関空)とバンコクを結ぶ直行便を利用。 到着はスワンナプー

記事を読む

pattaya-3rd-road-restaurant-omelet-2

サードロードのタイ飯食堂は、上品な味付けでおすすめ。ガパオがうまい。

ふと立ち寄ったサードロードの食堂。 ローカル食堂なんだろうけど、雰囲気は明るくて、どこかおしゃ

記事を読む

パタヤタイのムーデーン屋台

山盛り焼き豚が目印。パタヤタイのバミーナームとカオムーデーン屋台。

今回紹介するのは、屋台グルメ好きのブログ読者さんから情報をいただいたお店。 なんでもカオムーデ

記事を読む

3BBlogo

シムロックされた日本のiPhoneをタイの3BB Wi-Fiにつなげてみた

友人K氏は、現地タイの携帯電話を利用している。これはスマートフォンではなく、いわゆる

記事を読む

カイカーオ (1)

タイのゆで卵あれこれ。カイトム、カイケム、カイヨーマー、カイカーオ。

ゆで卵が好きだ。 ご飯と食べるもよし、パンと食べるもよし、カレーに入れるもよし、ラーメンに

記事を読む

ブッカオ常設市場のナムトックムー (2)

ブッカオ常設市場のナムトックムー屋台

ソイブッカオ北側にある、ブッカオ市場。 ブッカオとパタヤタイ交差点近くに火曜日と金曜日限定で開

記事を読む

ステーキ屋ガオライサイサームポークチョップ

ローカルだけど本格派!サードロードの新しいステーキ屋はポークチョップ69バーツ、ステーキ定食55バーツ

パタヤ・サードロードに新しいステーキ屋を見つけた。 ステーキ定食が55バーツから食

記事を読む

アドステア

Comment

  1. 麺大好き より:

    おはようございます!

    カオカームー大好きです。話題ありがとうございます。
    バンコクのスクインビットソイ8に昼間だけ出てる屋台とか、エカマイのパタヤ行きのバスを待つ間の中の食堂で食べます。

    パタヤでは美味しいところを見つけられなかったので参考になります。

    大阪だと豚足煮込みの文化が根付いていて本当に旨いの(酒の肴)が食えるところがあるんですが、東京では、、、

    でも、すみません、、、、本体の八角の香りもたまらんですし、あの漬物が大好きです。塩っぱいけど旨味の薄い高菜漬けみたいで飯が進みます。
    スーパーやコンビニにも置いてあるので、お土産にして日本でも目玉焼きライス+ニョクマムに添えて食べます。もしかして違う漬物?

    • pattayan night より:

      パタヤは、中華系の食べ物が少ないような気がします。やっぱり華僑が少ないんでしょうか。
      バンコクのほうが、おいしいカームーにありつけるかと思います。
      あの漬物、高菜なんですかね。わたしは、ちょっと苦手なんで、あまり詳しくないです、すいません。

  2. 猫大好きパパ より:

    豚足も色々な食べ方あるものですねぇ。。私は家で食べる時は圧力鍋で30分程加圧した後塩コショウで軽くあぶって食べてますね^^あの蹄ごとかぶりつくのがなんか気に入ってますwビールのアテにも最高ですからw

    • pattayan night より:

      おお、その食べ方もあっさりしていておいしそうですね。
      タイのカームーは、ちょっと匂いが独特ですが、これはこれでおいしいですよ。

  3. 芽きゃべつ より:

    カオカムー あの八角の独特の臭い最初は嫌いでしたが 臭いが気に成らなくなると 不思議に食べられるようになり、カオカムーも抵抗なく美味しいです。
     ソイ6の移動屋台 前夜の仕事疲れと肌へのコラーゲンの補給で昼の早い時間からオジちゃんが出前に忙しく動いています、女性に人気?
     最近ブログに地図が添付されていて便利になりましたね。
    私の様なパタヤ初心者には地理も判らなくて 大変に助かります。

    • pattayan night より:

      あれ、八角って言うんですね、はじめて知りました。確かに、最初は臭くて抵抗がありますよね。店に近づくのもイヤなくらいです。
      実際に食べると、それほど臭みが気にならないのが不思議です。店の周囲は、相変わらず臭いんですがね。
      カオカームー移動屋台は、たまに出没していますが、数は少ないです。コラーゲンが女性に人気なのは、万国共通ですね。
      タイ人は「コラージェン、コラージェン」と言って、化粧品買ったり、ビタミン剤みたいなの飲んでますね。本当に効果があるのかは、微妙ですが。

  4. sho より:

    初めまして。
    いつも楽しく拝見しています。
    私もパタヤがメインで貧乏旅行なので、屋台やバービア情報などとても参考になります。
    8月22日から5泊の予定で7回目の訪タイしますので、ご都合が合えばパタヤで一杯やりませんか。

    • pattayan night より:

      返信が遅れてすいません。
      いつもご愛読ありがとうございます。
      8月はまだ未定なんで、当ブログを引き続きチェックしておいてくださいませ。

  5. ケン より:

    本当おもしろブログで最高ですねw

    • pattayan night より:

      いえいえ、これからもご愛読よろしくお願いします。

アドステア

pheromon-club
ウォーキングストリート新規OPENゴーゴー、フェロモンクラブとバイパス訪問レポート

パタヤを一ヶ月ほど留守している間に、新しいゴーゴーバーが2軒オープンし

walking-street-201612
2016年12月タイ、バンコク・パタヤ夜遊びスポットの現状

ここ数日間、バンコクとパタヤの夜遊びの現状を調査してきた。 国王

pattaya
約100日のアジア周遊旅行とパタヤ沈没生活の出費報告書

香港からスタートして、パタヤ沈没でゴールした今回の旅行。 全日程

nana-to-donmuang-airport-4
日本帰国と3ヶ月に渡る長期海外旅行の振り返り。そしてまたパタヤへ。

沈没日記36最終回 帰国日である。 エアアジア便で日本

magic-food-park-donmuang-airport-5
ドンムアン空港第3のフードコート、MAGIC FOOD PARK。

なにかと物価の高いドンムアン空港にあって安い食事どころといえば、マ

→もっと見る

PAGE TOP ↑