*

サードロードの中華屋台でカオカームー。豚の豚足煮込みご飯。


サードロードのカオカームー中華屋台 (5)

以前から少し気になっていたサードロードにある屋台。

大きな中華スタイルの寸胴が置いてある。
カオカームーだ。

サードロードのカオカームー中華屋台 (2)

屋台に貼られたメニューには、タイ語の他、英語と中国語が併記してある。
さらに写真付きで、実にわかりやすい。

サードロードのカオカームー中華屋台 (3)

サードロードのカオカームー中華屋台 (4)

詳しくメニューを見てみると、カームーのほか、クイッティオやムーデーンも置いてあるようだ。
ラーメンとカームー中心なんで、中華屋台と呼んでさしつかえないだろう。

カオマンガイもメニューの載っているが、すでに鶏肉の姿は見えない。
訪れたのが夜10時過ぎだったので、そろそろ閉店の時間なのかな。
ムーデーンもほとんど残っていなかった。

ここは、中華らしくカオカームーにしてみよう。

SPONSOR LINK

カオカームー

カオ=ご飯
カー=足
ムー豚

直訳すれば、豚足ご飯。

豚足といっても、沖縄料理のてびちみたいに、豚の足の先端部分がそのまま出てくるわけではない。
漢方薬やスパイスなどを混ぜたスープでトロトロになるまで煮込んだ豚足をスライスした状態で提供してくれる。

茶色い皮部分とコラーゲンたっぷりなのは豚足ならでは。

できあがりがこんな感じ。

カオカームー (1)

追加で、ゆで卵(カイトム)を注文した。
スープもつく。

最終的なセット内容は、こうなった。

カオカームー (2)

カームーは、漢方薬を使っており、その匂いは独特だ。
苦手な人は、とことん苦手だろう。
でも、食べてみると、それほど臭みもなく、とろとろに煮こまれた豚足が実にうまい。
もちろんコラーゲンたっぷりなんで、濃厚そのもの。

豚肉をそのまま食べてもいいけど、ソースをかけたほうがより旨味が増す。
上記写真でいうと、右上の小さな壺に入ったソースだ。
辛みと甘味が混在しており、煮込み豚足の味を引き立てる。

付け合せの漬物みたいな野菜も、意外とクセがある。特に色の濃いほうの野菜。
わたしはあまり好きじゃないかな。
箸休め程度にしか食べない。

付属のスープは、あっさりめ。
濃厚な豚足には、これくらいがちょうどいい。

トータル60バーツ。
ゆで卵が10バーツとすると、カオカームーが50バーツか。
若干、高いかな。

味はそこそこ良かったんで、他のメニューを試したい店だ。

その他のメニュー

従業員はまかない飯で「イエンターフォー」をおいしそうに食べていた。
他の客も、イエンターフォーを注文。

イエンターフォーは、紅腐乳麺とも呼ばれて、ピンク色をしたスープが特徴だ。
この店のメニューには「Yen Ta Fo Noodle」と書かれてある。中国語はちょっと漢字変換できないけど、「酉良豆腐粉」。

あと、気になるのは、ワンタンスープ。
メニューには、「Dumpling Pork Soup」「餃子猪湯」と書いてある。
写真で見ると巨大なワンタンが入っており、そのうち食べてみたい一品。

時間があれば、また食べに来よう。
サードロードのローカル屋台なのに、英語と中国語併記のメニューがあるのはありがたい。

場所は、サードロードのソイ21入り口近く。セブンイレブン前で営業している。

サードロードのカオカームー中華屋台 (6)

地図

サードロードのソイ21は、わかりやすく言うと、PPボディマッサージのあるソイですな。
バイタク運転手には、「ソイPPマッサー」で通じるはずだ。

ブッカオ側のソイ入り口からサードロードの屋台までは歩いて5分くらい。
ソンテウ派でも何とか移動できる範囲内。

営業時間は不明。
夜10時過ぎには食材がなくなりかけていたので、なるべく早めにどうぞ。

パタヤのカオカームー店

カオカームーの専門店は、パタヤにはそれほど多くないかも。
中華レストランには置いてある。

匂いが独特なので、近づけばすぐにわかる。

一番手軽なのは、セントラルフェスティバル地下のフードコート(FOOD PARK)。
目印の寸胴は、ここでも健在。

フードコート中華飯

実際に食べたカオカームー
カオカームー

が、正直、それほどおいしくない。
あまりおすすめはしないけれど、気軽に食べられるのは便利。
見本が置いてあるんで、指差しで簡単に注文できる。

パタヤタイのワットチャイモンコーン周辺にカオカームー専門の屋台がちらほらと出ている。
ここでは一度も食べたことがない。ただ、この辺りは屋台激戦区なんで、それほどマズイものは提供されないはず。

一度は食べたいカオカームーのご紹介でした。

SPONSOR LINK

関連記事

クイチャーイ (3)

クイチャーイは揚げニラ饅頭。他の味もあるよ。タイの変わった屋台お菓子シリーズ。

少し変わった屋台を発見した。 ガラスケース内に、饅頭のようなものが陳列してある。大

記事を読む

ドンムアン空港エアアジア (3)

バンコク発関空行きエアアジア便が2016年3月よりフライト時間変更。終電に間に合うよ。

タイから帰国する便をいろいろと調べているうちに気づいたのだが、来年のエアアジアのタイムスケジ

記事を読む

THE SWAN Breakfast (10)

カンバーランドソーセージ入りイングリッシュブレックファースト。THE SWAN@ソイヤマト

ソイヤマトとは、ビーチロードのソイ13/1のこと。 ソイの中に「YAMATO」という日

記事を読む

ドリーステーキフィッシュステーキ (1)

ソイユメの新しいステーキ屋でドリーフィッシュステーキを食べる。79バーツ。

ここしばらくマイブームとなっているパタヤのローカルステーキ屋探し。 いやあ、60バーツほどでス

記事を読む

RETOXGAMEONブレックファースト (3)

RETOX GAME ON@ソイハニーのブレックファースト95バーツ。肉厚ベーコンと本格的ソーセージがうまい。

パタヤのファランな朝食シリーズ RETOXは、ソイレンキーにあるスポーツバーだ。 ここの

記事を読む

タイのお菓子屋台 のベビースターラーメンもどき

タイの乾き物お菓子屋台。ごぼうチップスとベビースターラーメンもどき。

タイの屋台文化は、お菓子にも及んでいる。 タイ菓子、ケーキ、クレープ、まんじゅう、かき氷、

記事を読む

Aspire R3-131T-A14D (4)

Acer Aspire R3-131T-A14D/W使用実感レビュー。海外旅行・海外ノマド向けノートパソコンなのか?

2ヶ月にわたるタイ旅行で使っていたノートパソコンがこちら。 Acer Aspire

記事を読む

パタヤカンのバミー屋 (3)

パタヤカンソイ14屋台のバミーヘン(汁なしラーメン)うまし

バミーとは中華麺のことで、通常はスープに入れて食べる。要するにラーメンだ。 注文の際はバミーと

記事を読む

小鳥の丸焼き (3)

小鳥(うずら)の丸焼き実食レポート。ノッククラダーヤーン。

バービアでのすぐ近くに屋台が通りかかった。 最近、ブッカオからセカンドロード方面でよく見かける

記事を読む

decolgen-3

タイの薬局で買える風邪薬、Decolgenは強力

12月に入り、夜間はめっきり気温が下がってきたタイ、パタヤ。 先日、油断してエアコンを付けっぱ

記事を読む

アドステア

Comment

  1. 麺大好き より:

    おはようございます!

    カオカームー大好きです。話題ありがとうございます。
    バンコクのスクインビットソイ8に昼間だけ出てる屋台とか、エカマイのパタヤ行きのバスを待つ間の中の食堂で食べます。

    パタヤでは美味しいところを見つけられなかったので参考になります。

    大阪だと豚足煮込みの文化が根付いていて本当に旨いの(酒の肴)が食えるところがあるんですが、東京では、、、

    でも、すみません、、、、本体の八角の香りもたまらんですし、あの漬物が大好きです。塩っぱいけど旨味の薄い高菜漬けみたいで飯が進みます。
    スーパーやコンビニにも置いてあるので、お土産にして日本でも目玉焼きライス+ニョクマムに添えて食べます。もしかして違う漬物?

    • pattayan night より:

      パタヤは、中華系の食べ物が少ないような気がします。やっぱり華僑が少ないんでしょうか。
      バンコクのほうが、おいしいカームーにありつけるかと思います。
      あの漬物、高菜なんですかね。わたしは、ちょっと苦手なんで、あまり詳しくないです、すいません。

  2. 猫大好きパパ より:

    豚足も色々な食べ方あるものですねぇ。。私は家で食べる時は圧力鍋で30分程加圧した後塩コショウで軽くあぶって食べてますね^^あの蹄ごとかぶりつくのがなんか気に入ってますwビールのアテにも最高ですからw

    • pattayan night より:

      おお、その食べ方もあっさりしていておいしそうですね。
      タイのカームーは、ちょっと匂いが独特ですが、これはこれでおいしいですよ。

  3. 芽きゃべつ より:

    カオカムー あの八角の独特の臭い最初は嫌いでしたが 臭いが気に成らなくなると 不思議に食べられるようになり、カオカムーも抵抗なく美味しいです。
     ソイ6の移動屋台 前夜の仕事疲れと肌へのコラーゲンの補給で昼の早い時間からオジちゃんが出前に忙しく動いています、女性に人気?
     最近ブログに地図が添付されていて便利になりましたね。
    私の様なパタヤ初心者には地理も判らなくて 大変に助かります。

    • pattayan night より:

      あれ、八角って言うんですね、はじめて知りました。確かに、最初は臭くて抵抗がありますよね。店に近づくのもイヤなくらいです。
      実際に食べると、それほど臭みが気にならないのが不思議です。店の周囲は、相変わらず臭いんですがね。
      カオカームー移動屋台は、たまに出没していますが、数は少ないです。コラーゲンが女性に人気なのは、万国共通ですね。
      タイ人は「コラージェン、コラージェン」と言って、化粧品買ったり、ビタミン剤みたいなの飲んでますね。本当に効果があるのかは、微妙ですが。

  4. sho より:

    初めまして。
    いつも楽しく拝見しています。
    私もパタヤがメインで貧乏旅行なので、屋台やバービア情報などとても参考になります。
    8月22日から5泊の予定で7回目の訪タイしますので、ご都合が合えばパタヤで一杯やりませんか。

    • pattayan night より:

      返信が遅れてすいません。
      いつもご愛読ありがとうございます。
      8月はまだ未定なんで、当ブログを引き続きチェックしておいてくださいませ。

  5. ケン より:

    本当おもしろブログで最高ですねw

    • pattayan night より:

      いえいえ、これからもご愛読よろしくお願いします。

アドステア

KIX to CLARK (15)
同日乗り継ぎで関空から香港経由でクラーク(アンヘレス)まで飛んでみた

アンヘレスの最寄り空港であるクラーク国際空港まで日本からの直行便は

The cube hostel Silom (1)
シーロムにあるモダンなゲストハウス、ザキューブホステルに泊まってみて感じるバンコク宿事情の変遷

シーロムといえば、バンコクの一等地だ。 オフィスビルが立ち並ぶ一

Sala daeng khao soi (1)
サラデーンのローカルフードコートでカオソーイ

シーロムにあるTHE CUBE HOSTELに泊まっていた時のこと

Pattaya Sign
出費報告と日本帰国時あれこれ。性病検査は忘れずに。

沈没日記15(おまけ) あまり意味はないですが、恒例の出費報告を

Airasia Dongmueang Kiosk (2)
日本帰国。ドンムアン空港エアアジアの自動チェックイン機を使ってカウンターをスルーしてみた。

沈没日記14(最終回) 本日は日本へ帰国するだけ。 起

→もっと見る

PAGE TOP ↑