*

サードロードソイ19屋台のイエンターフォーとカオムーデーンをお持ち帰り

公開日: : グルメレポート


タイの屋台では、ご飯物だけでなく、麺類の持帰りも可能。
熱々のスープをビニール袋に入れてくれる。麺とトッピングは、スープとは別の袋。
もちろん、各種薬味も別々の袋に入っている。
汁を入れる丼は、リクエストすれば用意してくれる。
なんという贅沢仕様。資源の無駄遣いともいう。

SPONSOR LINK

サードロードソイ19の屋台

サードロードのカオカームーイエンターフォー屋台 (1)

今回の買い出し先は、サードロード沿い、ソイ19入り口近くのセブンイレブン前にある屋台。
ここは以前、カオカームー(豚足ご飯)を紹介した。

カオカームー (2)
サードロードの中華屋台でカオカームー。豚の豚足煮込みご飯。

数カ月ぶりに訪問してみると、メニューを一新して、見やすくなっている。前と変わらずタイ語英語中国語併記で、日本人なら直感的に何の料理かわかるだろう。

サードロードのカオカームーイエンターフォー屋台 (2)

今回はイエンターフォーとカオムーデーンをお持ち帰りで注文してみた。

イエンターフォー

イエンターフォー (1)

これは、別々の袋に入ったスープと麺と具をどばどばと放り込んだ直後の写真。
あとは自分でほぐしていく。さらに調味料も入れれば完成だ。

イエンターフォーとは、クイティアオの一種。
麺はセンヤイ(太麺)を選択。麺の大盛り(ピセーッ)にしてある。
ターフォーとは、豆腐のこと。発音が少々難しいが、タァホゥォーみたいな感じで通じるかな。余計わかりづらいか。

ピンク色のスープが特徴的だ。
ちょっと酸味があるが、けっこういける。
具は、揚げ豆腐やルークチン(つみれ)、豚の血を固めたもの、野菜など。
このスープには、センヤイがよく合うと思う。
イェンターフォー好きのタイ人も、スープがおいしいと褒めていた。

イエンターフォー (2)

見た目が強烈なんでついつい敬遠しがちだけど、街角のクイティアオ屋でピンク色のスープを見かけたら、頼んでみて欲しい。意外とうまい。スープと太麺と揚げ豆腐がいい感じに合うんだよねえ。

ブッカオ周辺なら、LKメトロ入り口のバミー屋台に置いてある。メニュー表1番。
バミー屋台
ソイLKメトロ入り口のおすすめバミー屋台

あと、名無し食堂の隣のクイティアオ屋にも置いてあるよ。

クィティアオイエンタフォー
ブッカオ名無し食堂横のクィティアオがうまい。激辛トムヤムスープがおすすめ。

カオムーデーン

カオムーデーンお持ち帰り (2)

カオムーデーンお持ち帰り (1)

焼き豚ご飯。
これは、ダメだね。
まず、明らかに見た目がしょぼい。焼き豚が細切れすぎる。量も少ないし。
タレは甘ったるくて、どうしようもない。中華系ソーセージの味は、激しく好みが分かれるところだが、わたしはダメかな。
結局、ご飯を完食できなかった。
失敗。

カオムーデーンなら、パタヤタイのサードロード近くにある屋台がそこそこおいしかった。
パタヤタイのカオムーデーン1 (2)
山盛り焼き豚が目印。パタヤタイのバミーナームとカオムーデン屋台。

 

以前食べたカオカームーは、まずまずおいしかったんだけどなあ。

どうやら、このソイ19屋台ではイェンターフォーを注文するのが正解のようだ。もしくは、カオカームーか。
夜7時くらいに訪れたが、ほぼ満席の状態で、持ち帰り客も数人待っていた。人気のある屋台だ。
カオマンガイやバミーも置いてるよ。
今回のイエンターフォー大盛りとカオムーデーンで合計90バーツだった。おそらくタマダー(普通盛り)が40で、ピセーッ(大盛り)すると10バーツアップ。

 

しかし、麺類を持ち帰って部屋で食べるのは、どうにも変な感じだ。
残り汁を始末するのも面倒だし。

あと、カオムーデーンに付属しているスープを入れる容器がなくて困った。
無理やり蓋の部分をお椀にしてみた。
カオムーデーンお持ち帰りのスープ

汁物の料理は、やっぱり屋台で食べるほうがいい。

SPONSOR LINK

関連記事

ホーモックガイ (3)

天秤屋台で購入したホーモックガイサイピー。鶏肉のバナナ葉っぱ包み蒸し。

タイの街角では、いまだに天秤をかついで行商する人がいる。 パタヤでも、ちょこちょこ見かける。

記事を読む

バレンタインズの朝食 (2)

バレンタインゲストハウスのブレックファスト@ソイレンキー。ミディアムサイズで109バーツ。

パタヤのファランな朝食シリーズです。 今回は、ソイレンキーにあるValentines GUES

記事を読む

フーターズパタヤフードメニュー (3)

フーターズパタヤ店(Hooters Pattaya)を訪問してみた

2016年1月16日に無事にグランドオープンを迎えたフーターズ・パタヤ店。 突貫工事が心配されたが

記事を読む

パタヤタイのクィティアオ屋 (6)

パタヤタイ、トゥッコム裏手のクイティアオ屋

今回のパタヤローカルグルメレポートはパタヤタイにあるクィティアオ屋。 ここも読者さんからいただ

記事を読む

しゃぶし (1)

Shabushiは359バーツで寿司としゃぶしゃぶ食べ放題の店。シャブシ。

oishi系列店であるShabushi。 看板には「しゃぶしゃぶの寿司」と掲げている。

記事を読む

10-bahts-fried-chicken-4

ソイブッカオの10バーツ唐揚げ屋台、ガイトートナコンナヨック

恒例のパタヤ10バーツ唐揚げ屋台シリーズ。 これまで何店舗か紹介してきたが、灯台下暗しとでも言

記事を読む

イエンターフォー (1)

イエンターフォーのうまいクイティアオ屋@パタヤタイ・ソイ16

イエンターフォーは、クイティアオのスープの一種。 ピンク色のスープが特徴的だ。 紅腐乳(タオ

記事を読む

バミーナム1

ブッカオのおすすめバミーとカオムーデーン屋台

バミーナム ブッカオの南端近くにある屋台のバミー。 焼き豚(ムーデーン)とワ

記事を読む

ジョークプットモーメニュー (5)

熱々の土鍋で食べるジョークがうまい。しかもシーフードカオトム味。ジョークプットモー。

ジョークといえば、タイ版のおかゆ。 米粒の形がなくなるまでに煮込んである。 元をたどれば中国

記事を読む

カレーパフ屋台 (1)

屋台のカレーパフうまし。パイナップル、ムーヨーとか味もいろいろ。

パタヤの街角でたまたま見かけたこちらの屋台。 巨大餃子ではなくて、パフってやつだ。

記事を読む

アドステア

アドステア

Chicken steak kai gata
パタヤタイの39バーツステーキ屋再訪。ポークカツとカイガタと白身魚フライ。

おそらくパタヤ最安値であろう39バーツステーキ屋がパタヤタイのスク

Thaniya street (2)
タニヤの日本カラオケ遊びふたたび

沈没日記2 ほんの10日ほど前に、はじめて遊んだタニヤの日本カラ

Nantra Silom hotel (13)
パッポン・タニヤ近くの格安ホテル、ナントラ シーロム ホテル (Nantra Silom Hotel)宿泊レポート

シーロムのソイ8にあるナントラシーロムホテルに泊まってみた。 B

Airasia KIX (4)
急遽タイへ行く理由とシーロム滞在

沈没日記1 はじめに 2017年2月の沈没日記の開始とする。

D CLUB (3)
WSの新規開店ゴーゴーバー、D CLUB訪問レポート

ウォーキングストリートに新しいゴーゴーバーができていた。

→もっと見る

PAGE TOP ↑