*

サードロードソイ19屋台のイエンターフォーとカオムーデーンをお持ち帰り

公開日: : グルメレポート


タイの屋台では、ご飯物だけでなく、麺類の持帰りも可能。
熱々のスープをビニール袋に入れてくれる。麺とトッピングは、スープとは別の袋。
もちろん、各種薬味も別々の袋に入っている。
汁を入れる丼は、リクエストすれば用意してくれる。
なんという贅沢仕様。資源の無駄遣いともいう。

SPONSOR LINK

サードロードソイ19の屋台

サードロードのカオカームーイエンターフォー屋台 (1)

今回の買い出し先は、サードロード沿い、ソイ19入り口近くのセブンイレブン前にある屋台。
ここは以前、カオカームー(豚足ご飯)を紹介した。

カオカームー (2)
サードロードの中華屋台でカオカームー。豚の豚足煮込みご飯。

数カ月ぶりに訪問してみると、メニューを一新して、見やすくなっている。前と変わらずタイ語英語中国語併記で、日本人なら直感的に何の料理かわかるだろう。

サードロードのカオカームーイエンターフォー屋台 (2)

今回はイエンターフォーとカオムーデーンをお持ち帰りで注文してみた。

イエンターフォー

イエンターフォー (1)

これは、別々の袋に入ったスープと麺と具をどばどばと放り込んだ直後の写真。
あとは自分でほぐしていく。さらに調味料も入れれば完成だ。

イエンターフォーとは、クイティアオの一種。
麺はセンヤイ(太麺)を選択。麺の大盛り(ピセーッ)にしてある。
ターフォーとは、豆腐のこと。発音が少々難しいが、タァホゥォーみたいな感じで通じるかな。余計わかりづらいか。

ピンク色のスープが特徴的だ。
ちょっと酸味があるが、けっこういける。
具は、揚げ豆腐やルークチン(つみれ)、豚の血を固めたもの、野菜など。
このスープには、センヤイがよく合うと思う。
イェンターフォー好きのタイ人も、スープがおいしいと褒めていた。

イエンターフォー (2)

見た目が強烈なんでついつい敬遠しがちだけど、街角のクイティアオ屋でピンク色のスープを見かけたら、頼んでみて欲しい。意外とうまい。スープと太麺と揚げ豆腐がいい感じに合うんだよねえ。

ブッカオ周辺なら、LKメトロ入り口のバミー屋台に置いてある。メニュー表1番。
バミー屋台
ソイLKメトロ入り口のおすすめバミー屋台

あと、名無し食堂の隣のクイティアオ屋にも置いてあるよ。

クィティアオイエンタフォー
ブッカオ名無し食堂横のクィティアオがうまい。激辛トムヤムスープがおすすめ。

カオムーデーン

カオムーデーンお持ち帰り (2)

カオムーデーンお持ち帰り (1)

焼き豚ご飯。
これは、ダメだね。
まず、明らかに見た目がしょぼい。焼き豚が細切れすぎる。量も少ないし。
タレは甘ったるくて、どうしようもない。中華系ソーセージの味は、激しく好みが分かれるところだが、わたしはダメかな。
結局、ご飯を完食できなかった。
失敗。

カオムーデーンなら、パタヤタイのサードロード近くにある屋台がそこそこおいしかった。
パタヤタイのカオムーデーン1 (2)
山盛り焼き豚が目印。パタヤタイのバミーナームとカオムーデン屋台。

 

以前食べたカオカームーは、まずまずおいしかったんだけどなあ。

どうやら、このソイ19屋台ではイェンターフォーを注文するのが正解のようだ。もしくは、カオカームーか。
夜7時くらいに訪れたが、ほぼ満席の状態で、持ち帰り客も数人待っていた。人気のある屋台だ。
カオマンガイやバミーも置いてるよ。
今回のイエンターフォー大盛りとカオムーデーンで合計90バーツだった。おそらくタマダー(普通盛り)が40で、ピセーッ(大盛り)すると10バーツアップ。

 

しかし、麺類を持ち帰って部屋で食べるのは、どうにも変な感じだ。
残り汁を始末するのも面倒だし。

あと、カオムーデーンに付属しているスープを入れる容器がなくて困った。
無理やり蓋の部分をお椀にしてみた。
カオムーデーンお持ち帰りのスープ

汁物の料理は、やっぱり屋台で食べるほうがいい。

SPONSOR LINK

関連記事

ソイカオタローの踏切 (2)

パタヤの踏切とソイカオタロー市場の焼き鳥

ソイカオタローの踏み切り スクンビットからパタヤダークサイドのソイカオタロー方面へ進ん

記事を読む

カイパロー・ムーパロー (1)

カイパローは、タイ版の豚の角煮と煮玉子。ソイメイドインタイランドの食堂でぶっかけ飯30バーツ。

ソイメイドタイランドで飲んでいると、小腹がすいてきた。 近くに食堂がある。 そこで軽くテイク

記事を読む

小鳥の丸焼き (3)

小鳥(うずら)の丸焼き実食レポート。ノッククラダーヤーン。

バービアでのすぐ近くに屋台が通りかかった。 最近、ブッカオからセカンドロード方面でよく見かける

記事を読む

Terminal 21 Pier 21 (5)

バンコクターミナル21のフードコードでナムトックコームーヤーンを食べる

バンコク・スクンビットにある巨大ショッピングモール・ターミナル21。 都会のど真ん

記事を読む

ホーモックガイ (3)

天秤屋台で購入したホーモックガイサイピー。鶏肉のバナナ葉っぱ包み蒸し。

タイの街角では、いまだに天秤をかついで行商する人がいる。 パタヤでも、ちょこちょこ見かける。

記事を読む

カオパットトムヤムマハーサムット (3)

カオパットトムヤムタレー。シーフード入りトムヤム味の焼き飯。

サードロードにあるシーフード満載のトムヤムクイティアオで有名となった「マハーサムット」。

記事を読む

ヤム屋台 (1)

タイのサラダはヤム。屋台のヤムタレーは具材がよりどりみどり。

タイでは、あまりサラダを食べない。ここでいうサラダとは、日本や欧米で普通に食べられている新鮮な生

記事を読む

タイのお菓子屋台 のベビースターラーメンもどき

タイの乾き物お菓子屋台。ごぼうチップスとベビースターラーメンもどき。

タイの屋台文化は、お菓子にも及んでいる。 タイ菓子、ケーキ、クレープ、まんじゅう、かき氷、

記事を読む

kebab-soi-lengkee-2

ソイレンキーの新しいトルコケバブ50バーツ。チキンサンドイッチがおすすめ。

ソイダイアナからソイレンキーにかけては、ケバブ屋台が乱立しており、さながらケバブ銀座の様相を呈し

記事を読む

ドリーステーキフィッシュステーキ (1)

ソイユメの新しいステーキ屋でドリーフィッシュステーキを食べる。79バーツ。

ここしばらくマイブームとなっているパタヤのローカルステーキ屋探し。 いやあ、60バーツほどでス

記事を読む

アドステア

アドステア

Airasia Dongmueang Kiosk (2)
日本帰国。ドンムアン空港エアアジアの自動チェックイン機を使ってカウンターをスルーしてみた。

沈没日記14(最終回) 本日は日本へ帰国するだけ。 起

Thaniya karaoke lady
最後はタニヤ嬢とブンブンしておしまい

沈没日記13 (12からのつづき) じゃんけんに勝利してゴーゴ

スクリーンショット_032317_055159_PM
GWにも年末年始にも。サプライス(Surprice)の5000円割引きクーポン配布中。

格安航空券販売のSurprice(サプライス)が、恒例の割引きクー

Walking street201702
パタヤラストナイト。じゃんけんに勝ったらショート1500Bでいいというゴーゴー嬢をペイバー。

沈没日記12 (11からの続き) 早くもパタヤラストナイトだ。

Navin mansion2 (12)
パタヤ長期滞在向けサービスアパートメント、ナビンマンション2宿泊レポート

ナビンマンション2は、日本人には定番のサービスアパートメント。

→もっと見る

PAGE TOP ↑