*

【追記】ブッカオ名無し食堂横のクィティアオがうまい。激辛トムヤムスープがおすすめ。

公開日: : 最終更新日:2015/09/26 グルメレポート


最近、とんとご無沙汰になったブッカオ名無し食堂。
その2軒隣に、以前からクィティアオ屋がオープンしている。
ここのクィティアオのトムヤムスープがおいしかったので紹介したい。

開店前の店構え
名無し食堂近くのクィティアオ屋 (1)

夜の営業中の様子
名無し食堂近くのクィティアオ屋

店頭ガラスケース
名無し食堂横のクィティアオ屋追加 (3)

内部
名無し食堂横のクィティアオ屋追加 (2)

位置関係
名無し食堂近くのクィティアオ屋 (2)

手前が名無し食堂。その横にゴールドショップがあり、さらにその隣がクィティアオ屋となる。

地図

わたしの知る限り、この場所は改装したりオーナーが変わったりと、二転三転している。
2年ほど前、おそらくは以前のオーナーだった時代に、クィティアオを食べたことがある。
その時のクィティアオが異常なほどまずかったのを鮮烈に覚えている。
一緒に食べたタイ人も、「マイアロイ」と言って、半分以上残していた。
わたしも同様で、麺を半分ほど残してしまった。後にも先にも、これだけの麺を残したクィティアオはここだけ。
それ以来、この場所は敬遠していた。

が、どうやらオーナーが変わったようで、いつ見てもタイ人で繁盛している。
LKメトロで働いているタイ人のすすめで、わたしも食べてみた。

訪れたのは深夜3時半頃。
仕事終わりのLKメトロの人たちでテーブルはほぼ満席。
流行っている。

スープはトムヤムがおすすめと聞いていたので、迷わずトムヤムをオーダー。
麺は、バミーがよかったが、たまたまなのかバミーを置いていない。そこでママー(インスタント麺)にした。
センミー、センレック、センヤーイは、もちろん置いてあった。

(追記)
その後、再訪した時にはバミーが置いてあった。夜遅かったせいでバミーが品切れになっただけのようだ。

ママートムヤムが40バーツ。
センミーだと35バーツ。
バミーも35バーツ。

その他に、紅色スープのイェンタフォーも置いてある。

タイ語のみだがメニューが貼ってある。
名無し食堂横のクィティアオ屋追加 (1)

35バーツが基本のようだ。安い。

これは、あまり辛くしないでくれと注文したわたし用のトムヤム。
名無し食堂近くのクィティアオ (1)

こちらは、タイ人仕様の標準的なトムヤムにさらに辛子を投入して食べ終わった時のスープ。
名無し食堂近くのクィティアオ (3)

すごい色になっている。差は歴然だ。

食べている最中の色の違いがこちら。
名無し食堂近くのクィティアオ (4)

でも、やっぱりローカル仕様のほうがうまいはずだ。
実際にちょっと味見させてもらったが、やっぱり辛い。でもおいしい。
辛さに耐性がある人は、ぜひともローカル仕様のトムヤムに挑戦してほしい。

具は、ルークチンと豚ミンチと薄いチャーシュー、それにカマボコ。
あと、タップ(肝臓)も入っているが、これは正直まずかった。
チャーシューはそこそこイケる。

名無し食堂近くのクィティアオ (2)

辛口スープとママー麺がほどよく絡み合い、かなりうまい。量もかなり多い。
なるほど、ローカルタイ人の間でも人気になるはずだ。

この手のローカルに人気の店はサードロード方面に多い。
バイクで乗り付けてタイ人が食べに来る。
ブッカオ沿いでローカルに人気のあるクィティアオ屋は珍しい。

ソイLKメトロのソイダイアナ側入り口のバミー屋台は、とてもすっきりして飲みやすいスープだが、こちらのトムヤムスープは強烈である。
どちらもおいしい。
タイ料理らしい激辛ラーメンが食べたい人は、名無し食堂横のクィティアオ屋へどうぞ。

おすすめは、ママートムヤム。具材は、特に指定しなければ、豚肉(ムー)入りとなるはずだ。
「ママートムヤム」とだけ注文すれば通じるだろう。

(追記)
再訪時に、バミートムヤムを注文した。辛さの指定はなし。

名無し食堂横クィティアオ屋追加バミー (1)

デフォルトで入っている唐辛子の量が多い。
かなり辛めの味付けだが、スープのうまさは実感できる。多くの日本人には、ナンプラーや砂糖などの味付けの必要はないかも。そのままでも充分おいしい。

名無し食堂横クィティアオ屋追加バミー (2)

具材はママートムヤムと同じ。
ママー麺に比べると、バミーは麺の量が少し少なめ。がっつり食べたいなら大盛り(ピセーッ)と注文しましょう。
並盛り35バーツ。大盛り45バーツ。

個人的にはバミーが好きなので、「バミートムヤム」もしくは「ママートムヤム」がおすすめだが、麺はお好みでどうぞ。
タイ人の注文を見ていると、スープは、イエンタホーも人気のようだった。

例によって店の名前は知らない。タイ人に聞いても知らないと答える。場所で覚えましょう。

営業時間はとてもアバウト。
昼から開いていることもあれば、平気で数日間閉まっていることもある。

どうやら、夜9頃からのオープンが基本のようだ。
開店日は、夜中までやっている。

ソイLKメトロで遊んだあとは、激辛トムヤムラーメンでしめましょう。

SPONSOR LINK

関連記事

ビーチクラブ前カオマンガイ (3)

ウォーキングストリート、ビーチクラブ前屋台のカオマンガイとバミーナム

ウォーキングストリートの目抜き通り沿いには、かなり高めの観光客向けレストランばかり。 ローカル

記事を読む

カイヨーマー

カイヨーマー(ピータン)入りのジョークを食べよう

ジョークといえば、タイのおかゆ。 米粒の形がなくなるほど、どろどろに煮込まれている。

記事を読む

chiangmai-restaurant-pattaya-8

パタヤのチェンマイ料理レストランでカオソーイを食べる。あと、深夜食堂とたこ焼き情報。

パタヤでカオソーイを食べるシリーズ第3段。 今回は正統派のチェンマイ料理レストランへ。

記事を読む

小鳥の丸焼き屋台 (2)

小鳥の丸焼き、ノックヤーン屋台

変わり種のタイ屋台料理シリーズ。 バービア群でかわった屋台を発見した。 何やら棒

記事を読む

フライデイFRYDEY最新 (1)

FRYDAYのフィッシュアンドチップスが値上げ。110バーツへ。でもうまい。

当ブログで何度か登場しているフィッシュアンドチップスの名店「FRYDAY フライデイ」

記事を読む

豚串屋台 (1)

昼間のソイLKメトロに出ている豚串屋台とインスタント味噌汁

LKメトロの豚串屋台 昼間のソイLKメトロには、屋台が出没している。 夜の時間帯は屋台進入禁

記事を読む

クールハウスのアメリカンブレックファースト (8)

COOL HOUSEのアメリカンブレックファースト75バーツ

COOL HOUSEは、パタヤカンのビーチそば、先日紹介したPSボーリングプラザ(旧トッ

記事を読む

ムーガタアーイー (13)

ハリウッド近くにあるシーフード食べ放題ムーガタ屋、アーイー

タイでは定番のムーガタ。 ムーガタとは、ジンギスカンのような鉄板鍋で肉を焼いたり、野菜を煮込ん

記事を読む

パタヤタイバミーナム (2)

バミーギアオは、ワンタン入りバミーナム@パタヤタイソイ18

最近、ちょこちょこと夜食を取りに行っているのが、パタヤタイとサードロード交差点近くにあるバミー屋

記事を読む

15バーツわんこクイティアオルア (2)

パタヤにあるアユタヤボートヌードルは15バーツわんこクイティアオ。濃厚で辛めのスープがしびれる。

パタヤタイのトゥッコム裏、1杯10バーツで食べられるクイティアオルアは以前に紹介した。 まさに

記事を読む

アドステア

Comment

  1. soidianakk より:

    こんばん。 さきほどクイッティアオ屋にいってきましたが、9時オープンでした。 残念です。。。また後でいこうと思います。 今日もlkにいきますか?

    • pattayan night より:

      夜、通りかかると、開いてましたね。たまに昼からも営業しているんですが、ほとんどは夜からみたいです。
      ちなみに、昨晩はLK一軒だけ入りました。

      • soidianakk より:

        昨日行けなかったので、今からチャレンジしてきます(^_^)

  2. Silver Bullet より:

    このお店、そんなに美味しい店だったんですね
    食べてみれば良かったなあ

    ちなみに、ほぼ三食、名無し食堂で食べてますw
    レオの大瓶呑みながら、ご飯ものとパッタイ食べて150バーツ、安いですよねえ

    そういや、私、名無し食堂が閉まってるところ見たことないんですが、これは何時頃撮られた写真なのでしょうか?
    シルバーウィーク中の土曜日も、閉店4時までバカラに居て帰りに寄りましたが、開いてましたよ、確か5時前だったと思います。

    • pattayan night より:

      この閉店時の写真は横のクィティアオ屋のものですよ。
      名無し食堂は、わたしの知る限り、ソンクラーンなど特別期間をのぞいて、毎日24時間営業です。おそろしい食堂ですね。

アドステア

COYOTE bar (2)
ソイブッカオの新しいコヨーテバー、COYOTE訪問レポート

ソイブッカオのスクーターズバーの真横に新しいコヨーテバーができている。

Walking street
深夜4時、18歳バービア嬢が部屋にやって来てブンブン

沈没日記15 夜遊びパターンは、20歳コヨーテ嬢と18歳バービア

soi BJ (1)
ウォーキングストリート、ソイBJ屋台の10バーツ唐揚げ

ウォーキングストリートのソイBJに屋台が集結するようになった。

sensations
【昨晩のウォーキングストリート】エアポートクラブとセンセーションズ

調べごとがあり、数日ぶりに夜のウォーキングストリートを訪れた。

camel toe pattaya (1)
ソイコーパイのジェントルマンラウンジ、 The Camel Toe(キャメルトゥー)訪問レポート

ソイコーパイにあるジェントルマンラウンジ、The Camel Toe(

→もっと見る

PAGE TOP ↑