ご飯もの(カオマンガイ・カオカームーなど)

ソイボンコットのローストダック屋 ホーンテーペットヤーン。鴨肉以外もうまい。

投稿日:2020年12月2日 更新日:

ソイボンコットに新しいローストダックの店ができている。
タイ語でペットヤーン。
ペットは、鴨ないしアヒルのこと。タイ語では鴨とアヒルの区別はない。
ローストダックの他にも、豚肉と鶏肉もある。
いくつか食べてみたが、どれも当たり。
特にカオナーペットはうまい。

広告



ホーンテーペットヤーン

看板には、Roasted duckの文字とおいしそうな写真。

タイ語で、ฮ่องเต้เป็ดย่างไฮโซと書いてある。ホーンテーペットヤーンハイソー。
調べてみると、Hongtehというバンコク発のフランチャイズ店のようだ。ハイソのローストダックとなるのか。
ただ、パタヤでは他に見かけたことがない。
まあ、あまり気にせず、まずは食べる。

たぶんオープンしてまだ2,3ヶ月ほど。
店内はいたってローカルな普通の食堂。特にきれいで清潔なわけではないが、汚くもない。
無料の水あり。

メニュー

メインはやはりローストダック。単品オーダーもできる。
ムーデーンやムークロップ、それに醤油味のガイヤーンもある。
それぞれの肉をご飯に乗せるか、麺に乗せて食べるのが基本。
ローストダック乗せが50バーツ、豚と鶏肉乗せが45バーツといったところ。

メニュー裏面にも少し料理あり。

焼きそばと炒飯はタイ料理というより中華系のようだ。
それにガパオもある。

カオナーペット

まずはローストダックといえば、大定番のカオナーペットで。50バーツ
甘めのタレが特徴の鴨肉のせご飯となる。
野菜とスープも付く。

ここのローストダックは、まず見た目がいい。
皮がたっぷりで、身も多め。
やっぱりローストダックといえば、皮が一番大事。
でも身もしっかり柔らかい。

ソースは、醤油ベースで甘さは控えめ。日本人好みの味といえる。
カオナーペットでは、紅生姜付きの店も多いが、ここは野菜のみ。
甘ったるいソースの口直しとして紅生姜が有効だが、ここのソースなら口直しは野菜だけで充分だ。

うまかった。
これで50バーツで食べてきたカオナーペットの鴨肉としてはトップクラスだ。

バミーペット

続いてもローストダックで。
今回は麺の上にのせてみる。つまり、バミーペットだ。
バミーペットだと、通常は汁なしで提供されることがほとんど。
この店でも、ナム(汁あり)とヘン(汁なし)を選ばずとも、汁なしで運ばれてきた。

ローストダックがたっぷりのっていて、ソースもかかっている。
スープ付き。
あとは、好みで唐辛子や砂糖など調味料を加え、スープで水分を足してやってもいい。
でも、元々のソースがうまいから、そのまま食べても普通においしい。

麺は、一般的なクイティアオ屋のバミーよりも細め。
中華系バミー屋の細麺タイプだ。玉子麺というより、普通のラーメンに近い。
ローストダックと麺の相性がいい。
これもうまいなあ。

ガパオペット

鴨肉を使ったガパオが、ガパオペット。
好物で、鴨肉が置いてある店では頼むことが多い。

ここのガパオペットは、鴨肉はもちろんのこと、野菜もたくさん入っている。
辛さはかなりのもの。
ローストダックをそのままガパオに流用しているようで、味はばっちり。
そこにガパオの葉の香りと強烈な辛さが加わり、一気に昇天できる。

ただ、個人的は野菜の多いガパオはあまり好きではない。
肉、ガパオの葉、あとはせいぜい玉ねぎ少々でいい。
鴨肉と味付けは好き。
目玉焼き付きで70バーツ。

Rice BBQ Combination

次に、鴨肉以外も食べたくなった。
そこで一挙に課題解決のため、BBQコンビネーションにした。
肉の盛り合わせご飯だ。75バーツ。

スープ付き。
ご飯の上にはゆで卵がのっている。

見よ、この大量の肉どもを。

左から、ムークロップ、ムーデーン、ガイヤーンと並ぶ。
右端の肉は、鴨のもも肉か。メニュー写真には掲載されてないんで、おまけで付けてくれただけかも。

どの肉も柔らかくてジューシー。
味付けもいい。
ムーデーンもソース無しでそのまま食べられる。
鶏肉はガイヤーンと呼んでいいのか知らないけれど、醤油ベースの味付けでこれまたうまい。

この店は、鴨肉以外でもいける。
満腹必至。ボリューム満点の逸品。
これで75バーツなら文句はない。

地図と営業時間

ソイボンコットをパタヤタイ方面に進んだところ。
ソイブッカオから歩いて行くなら、ソイレンキーからサードロードを越えて、ボンコットのソイ3(ソイバッファロー)に入ってまっすぐ突き抜けると近い。LKメトロから歩いて10分ちょっとほど。歩いて行けない距離ではない。
店の向かいにはセブンイレブン、隣のレンタルバイクは月1500バーツからとなっている。

営業時間は、午前11時半から午後11時40分まで。
まあ、このあたりは大まかなタイ時間なんで、あまり気にしないこと。
定休日は月曜日。

まとめ

おすすめは、やっぱりローストダックをご飯にのせたカオナーペットだ。
この価格帯としてはこれまでで一番うまくてお得だと思った。
豚肉と鶏肉もいい。
この価格を維持しつつ、ぜひとも長続きしてほしい店だ。
ローストダック好きなら一度訪れてほしい。

(追記)
その後、閉店。

広告

-ご飯もの(カオマンガイ・カオカームーなど)

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.