*

イエンターフォーのうまいクイティアオ屋@パタヤタイ・ソイ16


イエンターフォーは、クイティアオのスープの一種。
ピンク色のスープが特徴的だ。
紅腐乳(タオフージー)という独特のタレをかける。
やや酸味が強いが、慣れてくるとけっこういける。

パタヤ在住のタイ人にイエンターフォーの旨い店はどこかと聞いてみると、パタヤタイのクイティアオ屋を紹介してもらった。

SPONSOR LINK



パタヤタイのクイティアオ屋

場所
パタヤタイ・ソイ16入り口付近。パタヤタイの道路沿いにある。

地図

パタヤタイのソイ16は別名ソイボンコット。
角にはセブンイレブンと10バーツ唐揚げ屋がある。
そこからほんの少しだけスクンビット方面に歩いたところ。せいぜい30秒くらい。
パタヤタイには乗り合いソンテウが走っており、徒歩ソンテウ派でも容易に訪問可能。

外観
パタヤタイのイエンターフォーがうまいクイティアオ屋 (3)

店の名前は不明。
歩道上にもテーブルが並んでいて、そこそこ繁盛しているようだ。

厨房
パタヤタイのイエンターフォーがうまいクイティアオ屋 (2)

紅腐乳に入った容器が目立つ。これは期待ができるぞ。

店内の様子
パタヤタイのイエンターフォーがうまいクイティアオ屋 (1)

メニュー
イエンターフォークイティアオ屋のメニュー

タイ語のみ。
クイティアオの他には、カオトムなどのご飯系も置いてあるそうな。
クイティアオは50バーツです。

今回はもちろん、イエンターフォーを注文。
麺は、センヤーイ(極太麺)。イエンターフォーの場合、特に麺を指定しなければ、自動的にセンヤーイになるかな。イエンターフォーにはセンヤーイがよく合うんで。
具材の指定はしなかった。お店の人におまかせで。
つまり今回の注文は「イエンターフォー センヤーイ」と告げただけ。簡単ですね。
男性店員はとても礼儀正しい。返事はいつも「カッポン」だ。

無料の水あり。
セルフサービスでどうぞ。

イエンターフォー

イエンターフォー (1)

おお、麺の上に、たっぷりと紅腐乳(タオフージー)がかかっている。
他のクイティアオ屋では、スープと紅腐乳を混ぜた状態で持ってくることがあるが、ここは自分でかき混ぜるスタイルだ。

かき混ぜるとこうなる
イエンターフォー (2)

具だくさんでなかなかおいしそう。

スープがうまい。
イエンターフォーは酸っぱくて辛いイメージだが、ここのスープはわりとマイルド。
でもしっかり味が出ている。
臭みもない。

この店を教えてくれたタイ人も、普段クイティアオを食べるときは唐辛子や酢などの調味料をたっぷりかけるけど、ここのイエンターフォーはそのまま食べるのが一番おいしいと力説していた。
まさにその通り。
何も加えず食べるのが一番おいしいと思う。

センヤーイとスープがよく合うなあ。
あと、自家製っぽい練り物(はんぺんみたいなやつ)もおいしい。何種類か入っている。
ルアット(血を固めたゼリーみたいなもの)は臭みがなくて食べやすい。
白キクラゲも悪くない。
ただ、野菜の量がちょっと多いかな。芯が固いんで、これはあんまり好きじゃない。

具が多いんで、ラーメンというより、スープ料理を食べている感じかな。
いやあ、これはいける。

イエンターフォー完食

というわけで、野菜以外は完食しました。
白いどんぶりがピンク色に染まっていますな。

まとめ

見た目で遠慮しがちなイエンターフォーだけど、ぜひとも一度ご賞味あれ。
ここのイエンターフォーは間違いなくおいしいです。
麺の量は少なめなんで、大盛り(ピセーッ)で注文したほうがいいかも。
少食のわたしでも物足りなかったんで、帰り道に10バーツ唐揚げを買い食いしてしまった。
(何なら、唐揚げをクイティアオ屋に持ち込んでもいいかな。たぶん持ち込みオッケーでしょう。)

関連記事:一盛り10バーツ!唐辛子唐揚げ!パタヤタイとソイボンコット交差点にある唐揚げ(ガイトート)屋台

クイティアオ屋の営業時間は夕方から深夜まで。

蛇足ながら、イエンターフォーの発音の仕方をタイ人に教えてもらった。

イエンは、冷たいの「イエン」。イエンというより、イェンと一気に発音。
ターは、目の「ター」でいいそうだ。この時に自分の目を指しながら発音すべし。
最後のフォーは、英語の「4(Four)」でオッケーらしい。もちろん、指を4本立てるべし。
もちろん単なるダジャレなんだけど、タイ人は愛嬌たっぷりにジェスチャー付きでオーダーするとか何とか。
ためしにやってみてね。

SPONSOR LINK

関連記事

Prajanban foods (12)

カオトムプラジャンバンは、いつも安定したおいしさ。カエルも食べてみたよ。

日本から友人がパタヤへ遊びに来たら、必ず立ち寄るタイ料理レストランがある。 それがカオトムプラ

記事を読む

バーンイサーンムアンヨットのチムチュム

プロンポン近くのイサーン料理レストラン、バーンイサーンムアンヨット

バンコク在住の友人に連れて行ってもらったイサーン料理レストランがこちら。 バーンイ

記事を読む

jasmin-israel-restaurant-4

イスラエル料理レストラン「JASMINE」のブレックファースト125バーツ

ソイブッカオの南側には、なぜかは知らないが、イスラエル系の店やゲストハウスが多い。 この旅

記事を読む

イーノENO (1)

タイのコンビニで買える胃腸薬、ENO FRUIT SALT(イーノフルーツソルト)は6秒で効く?

調味料が多く、油っこいタイ料理は胃腸に負担がかかるもの。 さらに連日連夜飲み歩きしていると、さ

記事を読む

豚串屋台 (1)

昼間のソイLKメトロに出ている豚串屋台とインスタント味噌汁

LKメトロの豚串屋台 昼間のソイLKメトロには、屋台が出没している。 夜の時間帯は屋台進入禁

記事を読む

Tesco lotus south pattaya (5)

テスコロータスのフードコートのカオパットベーコンがおいしい

カオパットとは、タイの焼き飯のこと。 カオがご飯、パットが炒める。まさに炒飯である。

記事を読む

カシコーン横のクィティアオバミー1

ソイブッカオのカシコーン銀行横にあるクイティアオ屋

タイでは、あまりにもポピュラーなクィティアオ。 もちろん昼間に食べるクィティアオもいいけど、深

記事を読む

カオチー屋台 (3)

カオチーは、ラオス名物フランスパンサンドイッチ。あふれかえるパクチーが魅力だよ。

ラオスは元フランス領。フランスのパンといえば、フランスパン(バゲット)。 バゲットをサ

記事を読む

ブッカオ名無し食堂のガパオムー

【定点観測】ブッカオ名無し食堂のガパオムーサップ

ソイブッカオの中ほど、LKメトロ近くにある食堂。 毎度おなじみブッカオの名無し食堂だ。

記事を読む

小鳥の丸焼き (3)

小鳥(うずら)の丸焼き実食レポート。ノッククラダーヤーン。

バービアでのすぐ近くに屋台が通りかかった。 最近、ブッカオからセカンドロード方面でよく見かける

記事を読む

アドステア

アドステア

ソイ6 soi 6
大喧嘩したのにロング1000バーツでいいからペイバーしてと懇願するバービア嬢をお持ち帰り

パタヤ沈没日記3 ソイブッカオのバービアの話である。 21歳の

R-con bar restaurant breakfast ブレックファースト (6)
R-con Barのイングリッシュブレックファースト120バーツ

ソイブッカオ北側のクランクコーナーに建つのがRコンレジデンスホテル

ソイ8 Soi 8
ソイブッカオ20歳新人バービア嬢を仕事終わりに部屋へ召喚

パタヤ沈没日記2 元ゴーゴー嬢との関係は継続しつつ、日々のバーめ

求刑死刑
「求刑死刑 竹澤恒男」 バンクワン刑務所の実態とは?

なにかと話題になっている本を読んでみた。 「求刑死刑

ドンムアン空港エアアジア (3)
エアアジア増便。大阪・バンコク便が1日2往復へ。ハイシーズン限定。

関空とバンコク・ドンムアン空港を結ぶエアアジアXの直行便が1日2便

→もっと見る


PAGE TOP ↑