*

イエンターフォーのうまいクイティアオ屋@パタヤタイ・ソイ16


イエンターフォーは、クイティアオのスープの一種。
ピンク色のスープが特徴的だ。
紅腐乳(タオフージー)という独特のタレをかける。
やや酸味が強いが、慣れてくるとけっこういける。

パタヤ在住のタイ人にイエンターフォーの旨い店はどこかと聞いてみると、パタヤタイのクイティアオ屋を紹介してもらった。

SPONSOR LINK

パタヤタイのクイティアオ屋

場所
パタヤタイ・ソイ16入り口付近。パタヤタイの道路沿いにある。

地図

パタヤタイのソイ16は別名ソイボンコット。
角にはセブンイレブンと10バーツ唐揚げ屋がある。
そこからほんの少しだけスクンビット方面に歩いたところ。せいぜい30秒くらい。
パタヤタイには乗り合いソンテウが走っており、徒歩ソンテウ派でも容易に訪問可能。

外観
パタヤタイのイエンターフォーがうまいクイティアオ屋 (3)

店の名前は不明。
歩道上にもテーブルが並んでいて、そこそこ繁盛しているようだ。

厨房
パタヤタイのイエンターフォーがうまいクイティアオ屋 (2)

紅腐乳に入った容器が目立つ。これは期待ができるぞ。

店内の様子
パタヤタイのイエンターフォーがうまいクイティアオ屋 (1)

メニュー
イエンターフォークイティアオ屋のメニュー

タイ語のみ。
クイティアオの他には、カオトムなどのご飯系も置いてあるそうな。
クイティアオは50バーツです。

今回はもちろん、イエンターフォーを注文。
麺は、センヤーイ(極太麺)。イエンターフォーの場合、特に麺を指定しなければ、自動的にセンヤーイになるかな。イエンターフォーにはセンヤーイがよく合うんで。
具材の指定はしなかった。お店の人におまかせで。
つまり今回の注文は「イエンターフォー センヤーイ」と告げただけ。簡単ですね。
男性店員はとても礼儀正しい。返事はいつも「カッポン」だ。

無料の水あり。
セルフサービスでどうぞ。

イエンターフォー

イエンターフォー (1)

おお、麺の上に、たっぷりと紅腐乳(タオフージー)がかかっている。
他のクイティアオ屋では、スープと紅腐乳を混ぜた状態で持ってくることがあるが、ここは自分でかき混ぜるスタイルだ。

かき混ぜるとこうなる
イエンターフォー (2)

具だくさんでなかなかおいしそう。

スープがうまい。
イエンターフォーは酸っぱくて辛いイメージだが、ここのスープはわりとマイルド。
でもしっかり味が出ている。
臭みもない。

この店を教えてくれたタイ人も、普段クイティアオを食べるときは唐辛子や酢などの調味料をたっぷりかけるけど、ここのイエンターフォーはそのまま食べるのが一番おいしいと力説していた。
まさにその通り。
何も加えず食べるのが一番おいしいと思う。

センヤーイとスープがよく合うなあ。
あと、自家製っぽい練り物(はんぺんみたいなやつ)もおいしい。何種類か入っている。
ルアット(血を固めたゼリーみたいなもの)は臭みがなくて食べやすい。
白キクラゲも悪くない。
ただ、野菜の量がちょっと多いかな。芯が固いんで、これはあんまり好きじゃない。

具が多いんで、ラーメンというより、スープ料理を食べている感じかな。
いやあ、これはいける。

イエンターフォー完食

というわけで、野菜以外は完食しました。
白いどんぶりがピンク色に染まっていますな。

まとめ

見た目で遠慮しがちなイエンターフォーだけど、ぜひとも一度ご賞味あれ。
ここのイエンターフォーは間違いなくおいしいです。
麺の量は少なめなんで、大盛り(ピセーッ)で注文したほうがいいかも。
少食のわたしでも物足りなかったんで、帰り道に10バーツ唐揚げを買い食いしてしまった。
(何なら、唐揚げをクイティアオ屋に持ち込んでもいいかな。たぶん持ち込みオッケーでしょう。)

関連記事:一盛り10バーツ!唐辛子唐揚げ!パタヤタイとソイボンコット交差点にある唐揚げ(ガイトート)屋台

クイティアオ屋の営業時間は夕方から深夜まで。

蛇足ながら、イエンターフォーの発音の仕方をタイ人に教えてもらった。

イエンは、冷たいの「イエン」。イエンというより、イェンと一気に発音。
ターは、目の「ター」。この時に自分の目を指しながら発音すべし。
最後のフォーは、英語の「4(Four)」でオッケーらしい。もちろん、指を4本立てるべし。
もちろん単なるダジャレなんだけど、タイ人は愛嬌たっぷりにジェスチャー付きでオーダーするとか何とか。
ためしにやってみてね。

SPONSOR LINK

関連記事

10バーツクイティアオルア食後

トゥッコム裏にある10バーツわんこクイティアオルア。あなたは何杯食べられる?

以前、バイクで通りかかった時に気になっていた10バーツの看板が掲げられたクイティアオ屋。

記事を読む

ブッカオステーキ屋看板

【2017年追記あり】ブッカオ・ソイPPの49バーツステーキ屋のBBQリブは意外と本格的でうまかった

当パタヤ沈没日記の読者ならお気付きのように、わたしのパタヤでの食生活は基本的にタイ料理、それもロ

記事を読む

パタヤタイのムーデーン屋台

山盛り焼き豚が目印。パタヤタイのバミーナームとカオムーデーン屋台。

今回紹介するのは、屋台グルメ好きのブログ読者さんから情報をいただいたお店。 なんでもカオムーデ

記事を読む

ヌアヤーン

カオトムプラジャンバンのヌアヤーンがうまい。ヤムプーマーやクンパオもいける。

パタヤカンのフードランド斜め向かい側にあるレストラン、カオトムプラジャンバン。

記事を読む

BBQ moogata soi bongkot (5)

ソイボンコット2軒目の食べ放題ムーガタ屋は、189バーツ

以前、ソイボンコットにある食べ放題ムーガタ屋を紹介した。 139バーツという破格値であった。

記事を読む

パタヤヒル展望台カフェ (6)

パタヤヒル展望台にある絶景カフェ。パタヤ湾を眺めながらコーヒーとチョコトーストを。

パタヤヒル(プラタムナック)の頂上にある展望台。 ここからパタヤ湾を一望することができる。

記事を読む

Asoke noodle soup (4)

手作りルークチンが名物。アソーク・スクンビットソイ19のクイティアオ屋。

宿泊しているサムズロッジとBTSアソーク駅の間にクイティアオ屋を見つけた。 大きな教会(Gra

記事を読む

ソイボンコットのコームーステーキ (1)

ソイボンコットのステーキ屋で、豚の喉肉ステーキを食べる。コームーヤーン。

以前取り上げた、ソイボンコットにある59バーツステーキ屋。 値段のわりにボリュームもあ

記事を読む

モーファイ (1)

タイ料理のモーファイ(火鍋)は、大盛りの激辛トムヤムラーメンだった

以前、ワンタンスープで紹介したサードロードの屋台。 ここの売りは、モーファイ(火鍋)のようなん

記事を読む

ムーカタニンジャパタヤタイ店 (4)

パタヤの食べ放題ムーカタ屋、ニンジャ。行き方と食べ方など。

食べ放題のムーカタレストラン、ニンジャへ行くことになった。 場所は、サウスパタヤ店。 ブ

記事を読む

アドステア

アドステア

LK metro (1)
GW直前のパタヤ。ソイLKメトロのゴーゴーバーめぐり。

いよいよゴールデンウイークが目前。 少しずつだが、パタヤにも日本人の

Bar beer
父親のバービアで息子がペイバー。ファラン親子のバービア物語。

沈没日記2 パタヤ2日目。 食事はソイニュープラザで 昼飯は

Bakadin (13)
バーカディンは、パタヤタイのムーガタとチムチュムとイサーン料理の店。1と2があるよ。

パタヤタイにあるムーガタとチムチュムのオープンレストランへ行ってき

Huawei P9 lite (4)
SIMフリースマホはこれで決まりでしょ、HUAWEI P9 LITE。タイでもばっちり4Gが使えます。

日本を出発する直前に、新しいスマートフォンに買い替えた。 以前使

FRYDAY breakfast (6)
FRYDAYがブレックファーストを始めた。昼2時からなのに朝食とはこれいかに。

当ブログで頻繁に登場するFRYDAY。 ソイニュープラザにあるフ

→もっと見る

PAGE TOP ↑