パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

フィリピン・アンヘレス関連

アンヘレスのゴーゴーで朝食バーファインを

投稿日:

一大歓楽街であるアンヘレスのウォーキングストリートだが、意外と朝は早い。

アンヘレスのウォーキングストリート、午前10時ころの様子がこちら。

アンヘレスのウォーキングストリート walking street (2)

ほとんど通行人はいないし、店が開いているようにも見えない。
が、奥の方に進んだり、一歩裏手に入ると、すでに動き出している。
そう、アンヘレスでは午前中から遊ぶことができるのだ。

Shobu(勝負)

アンヘレスのゴーゴーバー 勝負 SHOBU

店名は日本語だし飾り付けも日本を意識しているが、別に日本人オーナーというわけではないようだ。

場所はウォーキングストリートの裏側。
以前、Tropixというバーがあった場所だ。

午前10時にはすでに営業していた。

前方に横長のステージがあって10人ほどが立っている。
立っているだけで踊ってはいない。
衣装もほぼ私服姿。

韓国人らしき客が数組座っていた。
朝早いねえ。

席について、コーラをオーダー。120ペソ。

すると、ママさんがやってきて一言。

ブレックファーストいかがですか?

一瞬、本当にブレックファーストがオーダーできるのかと勘違いしてしまった。
わたしがきょとんとしていると、ステージ上を示すママさん。
なるほど、朝にバーファインするからブレックファーストと言っているのか。
おもしろい。

あらためてじっくりとステージ上に並んだ食材を吟味してみたが、まったく食指が動かない。
こればっかりは趣味と好みなんでしょうがあるまい。

ちなみにブレックファースト代は3000ペソとのこと。
少々お高いようで。

Bad boy(バッドボーイ)

アンヘレスのゴーゴーバー bad boy バッドボーイ

続いてのブレックファースト品評会は、ウォーキングストリート内にあるバッドボーイへ。
午前10時半頃の入店だが、店内は客がたくさん。
中にはビールを飲んでいる人もいるが、ほとんどがコーヒーや紅茶を飲んでいるようだ。

アイスティをオーダー。100ペソ。
少々甘ったるいがよろしい。よりブレックファーストっぽくなった。

ステージには文字通り女があふれている。ステージに乗り切れない女は通路に降りてきている。
平均レベルは明らかに勝負よりも上に見えた。衣装はやはり単なる私服姿。せいぜい、ちょっと露出度が高めのドレスを着ているくらい。
数は多いけれど次々召喚されていくため、どんどんと減っていく。
おそらくすでに何人も連れ出されているのだろう。

開店時間が10時だと思われるので開店即バーファインが流れのようだ。
多くが韓国人客。動きが早い。

ママさんに聞いたところ、バーファインは2500ペソ。
日本円で5000円ちょっと。
ブレックファーストバーファインとしてはまずまずお手頃価格かと。

その他のブレックファーストバーファイン店

ウォーキングストリート内の有名所では、Cos play(コスプレイ)、Leopard(レオパルド)なども朝から営業している。
たぶん、午前11時くらいから。

アンヘレスCOSPLAY

コスプレイは人気あり。
たしかにレベル高めだ。

また、ウォーキングストリートを出たところのフィールズアベニュー沿いにもオープンしている店がある。
SOYA(ソヤ、小夜)だ。

アンヘレスのゴーゴーバー ソヤ SOYA

いずれもバーファインは2500前後と思われる。

さらにいえば、フレンドシップのクラークトンホテル横に並ぶ韓国系バーも午前中から営業開始。
たぶん11時くらいから。

アンヘレスのフレンドシップゴーゴーバー ローディーズ Roadie

こちらもバーファインは2500前後。
ただし、ウォーキングストリート以上に熾烈な争奪戦必至。早いもの勝ち&予約必須の世界なんで、ゆっくりと品定めしている余裕はないかも。

意地でもブレックファーストバーファインにありつきたいなら、まずは10時オープンのバッドボーイと勝負をのぞく。
で、コスプレイとレオパルドものぞいてから、駄目だと思ったら、すぐにクラークトンホテル横まで移動という流れが良さそう。

まとめ

午前中オープンの店でも、夜の部と同じく、バーファインにはショートとロングの区別がない。
ただ、実際にはショートが多いようだ。
これは相手次第。
うまくやれば夕方くらいまではいてくれそう。ブレックファーストのおかわり可能。
相性とタイミング次第では翌朝までの超ロングもオッケーかも。

朝から営業しているアンヘレスのゴーゴー。
いろいろと夜に働けない事情を抱えた女性たちにとっては、格好の職場。
朝でも夜でもいつでも遊びたい客にとっても都合がいい。

まあ、個人的にはそこまでがつがつとブレックファーストを食べたいとは思わない。
のんびり食べたいじゃないの、朝食くらい。

でもせっかくのアンヘレスだ。
ブレックファーストの準備をしてくれているのなら、それに乗っかるのも一興。
朝から元気に溢れている人はブレックファーストバーファインをどうぞ。

パタヤで綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2019年(12月6日更新)


-フィリピン・アンヘレス関連

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.