パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

ジェントルマンズクラブ

ソイボンコットの新しいジェントルマンズクラブ、BABYLON(バビロン)訪問レポート

投稿日:

ソイボンコットに新しいジェントルマンクラブがオープンした。
場所は、以前ベルベットクラブというジェントルマンズクラブがあったところ
Babylon(バビロン)と名前を変えて、新たに登場した。

Babylon Gentlemen's Club

看板
Babylon バビロンジェントルマンズクラブ (3)

ローカルな店舗が並ぶ中にいきなりジェントルマンズクラブがある。
とはいえ、そんなに目立つ外観ではなく、気をつけていないと通り過ぎてしまいがち。

店構え
Babylon バビロンジェントルマンズクラブ (1)

外から中はまったく見えない。
同じくソイボンコットにあるCLUB4とは違いドアはロックされていない。勝手に入ればいいだけ。
が、少々入りづらい雰囲気はある。
まあ気にせずに入ろう。

店内はわりと広め。
ベルベットクラブ時代に訪れたことがあるけれど遠い記憶の彼方。
たぶん内装は改装してあると思うが確信なし。
入って左にドリンクカウンター席。
すぐ右手にソファーがあって、ここは女性陣の待機場所。
さらに中央に長細いカウンター型テーブルがあり、壁際に小さめのテーブル席が並ぶ。

4月末にオープンしたばかりだという。
すごく綺麗。
この手の店は照明が暗いところが多いが、ここは明るめ。かなり見やすい。

出勤していた女性は6人ほど。
あとママさんとキャッシャー。

20代から30代のラインナップ。
意外と若い女性もいる。
ジェントルマンズクラブにしても平均年齢低めかも。
意外と侮りがたい。

コーラ50バーツ。
レディドリンクはテキーラが130バーツと良心的価格。

遊び方は至って簡単。
席に座ると、基本的に女性陣が売り込みにくる。
売り込みにこない場合は、自分から待機場所へ出向いて、席に呼んでもいい。

あとはドリンクをおごってコミュニケーションをはかる。
お互い興が乗ってきたら、部屋へ行けばいいだけ。

部屋代というバーファインが300バーツ。
ショートのチップは女次第ということだが、基本1,000バーツ。
合計で1,300バーツ。
パタヤの鉄板価格を維持している。

地図

営業時間は、午後3時から12時くらいまで

ソイブッカオからは徒歩10分ほどだが、炎天下の中を歩くのはかなりつらいと思う。

ここまで来たら、クラブ4長屋もついでものぞくのがいいだろう。Babylonからクラブ4までは徒歩5分ほどだ。

クラブ4長屋

関連記事:クラブ4と007訪問レポート。場所、行き方、遊び方など。
関連記事:ソイボンコットの新しいジェントルマンズクラブ、ALIA CLUB(アリアクラブ)訪問レポート
関連記事:【新店レポ】CLUB SINは、ソイボンコットCLUB4隣の新しいジェントルマンズクラブ
関連記事:日本を意識したジェントルマンズクラブ、J CLUB訪問レポート。
関連記事:パイレーツ(Pirates)。ボンコットにある新規オープンのショートタイムバー、ジェントルマンズクラブ。

クラブ4長屋のほうはソファーでのサービスが特徴的なショートタイムバーという雰囲気だが、Babylonはいたって普通のジェントルマンズクラブ。
アングラな雰囲気はほとんどない。
まあ、最終的にやることは同じだし、細かい区別などどうでもいい。
行けばわかること。

レンタルバイクがあれば楽勝ではしご可能だが、なくてもバイタクと徒歩で制覇はできる。
昼間の遊びとして候補に加えてみるべし。

パタヤで綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2019年(5月2日更新)


-ジェントルマンズクラブ

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.