パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

カフェ・コーヒー グルメレポート

ソイブッカオ常設市場のカフェアマゾンと35バーツコーヒー屋台

投稿日:

ソイブッカオ常設市場内で工事中だったCafe Amazonが昨日7月15日に無事グランドオープンした。
その模様と、カフェアマゾンのすぐ隣にあるカフェ屋台もあわせて紹介。

SPONSOR LINK



Cafe Amazonブッカオ市場店

7月14日グランドオープン。

カフェアマゾンソイブッカオ常設市場店 (1)

場所は、ソイブッカオ北側にある常設市場入口付近。

ブッカオマーケット地図

元々はケバブ屋台とかが並んでいたところに、店舗を作っている。
ちなみに、ケバブ屋台は少し奥に移転して営業継続。

関連記事:炙りチーズ入りのケバブがうまいドネルケバブ屋@ブッカオ常設市場

カフェアマゾンのぼり
カフェアマゾンソイブッカオ常設市場店 (6)

営業時間は、午前6時から午後9時まで。
朝6時って早いなあ。

店内はそれほど広くない。
手前側にテーブル席がちょっとだけ。
あとはカウンター席が並ぶ。

カフェアマゾンソイブッカオ常設市場店 (3)

もちろんエアコンはばっちり効いている。

注文はカウンターで。

カフェアマゾンソイブッカオ常設市場店 (2)

ホットが35バーツ、アイスが50バーツから。
パタヤ他店と価格は同じのようだ。

関連記事:タイの定番カフェ、Cafe Amazon(カフェアマゾン)

グランドオープンということでスタッフの数は多い。無駄に多い。実際にまともに動いているのは2,3人。

アイスカプチーノをオーダー。55バーツ。

カフェアマゾンソイブッカオ常設市場店 (4)

安定した味です。
エアコンの効いた店内で、座りながらゆっくりコーヒーが飲めることを考えると、まあ無難な価格設定かと。
ただ、今はグランドオープン期間中で店内がちょっとざわついていて、まったりしにくい雰囲気。
そのうち落ち着くだろうけど。

35バーツコーヒー屋台

カフェアマゾンも悪くないけれど、実は、市場内にあるコーヒー屋台のほうがおすすめ。

この屋台。

ブッカオ常設市場コーヒー屋台 (1)

ブッカオ常設市場コーヒー屋台 (2)

市場に入ってすぐのところだ。

アマゾンのカウンター席からも見える。

カフェアマゾンソイブッカオ常設市場店 (5)

小さな屋台で、テーブルが1個だけ。あとカウンター席がちょっと。
店名は、たぶん、JO COFFEE。

基本、35バーツ。

ブッカオ常設市場コーヒー屋台 (2)

ローカルコーヒー屋台としては、ちょっと高いくらい。

ここでもアイスカプチーノで。

ブッカオ常設市場コーヒー屋台 (1)

はい。しっかりと苦味もあって、それでいて甘さは控えめ。味はしっかりしている。
好みはあろうが、カフェアマゾンよりも好き。
どうやら人気があるようで、タイ人が続々と買いに来ている。
持ち帰りメインだが、テーブルやカウンターで飲むこともできる。

まとめ

エアコンの効いた店内で無難においしいコーヒーを飲むならカフェアマゾン。
外は蒸し暑いけど、安くておいしいコーヒーを飲むなら、屋台で。

さらに安いコーヒーを飲むなら、CHA PAYOMが近くにある。こちらは25バーツ。

関連記事:CHA PAYOM(チャーパヨム)はどれでも1杯25バーツのカフェ。抹茶ミルクがおすすめ。

お好みで使い分けましょう
個人的にはアイスカプチーノを飲むなら、市場内の35バーツ屋台です。

SPONSOR LINK

-カフェ・コーヒー, グルメレポート

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.