*

CHA PAYOM(チャーパヨム)はどれでも1杯25バーツのカフェ。抹茶ミルクがおすすめ。

公開日: : グルメレポート


タイ全土でフランチャイズ展開している路上カフェー店が、CHA PAYOMだ。
読み方は、たぶん、チャーパヨムでしょう。チャパヨムでもいいかも。
今回いろいろとタイ各地を廻ってきたが、各地方都市でいくつも見かけた。増殖中の模様。
どれでも1杯25バーツで、味もそこそこ。おすすめの路上カフェです。

SPONSOR LINK

CHA PAYOM

chapayom-3

緑が目印。

chapayompattaya-2

名物は、チャーキアオだ。キアオは緑の意味。チャーは、もちろん、お茶のこと。つまり、緑茶だ。
でも実際に使われているのは、抹茶かも。
まあ、緑茶なのか抹茶なのかはっきりしないけど、タイ人にとってはどちらもチャーキアオとなる。

最初は、タイ南部のハジャイ駅前ロビンソンデパート1階にあるチャーパヨムで購入した。
大人気で5人くらい並んで買えた。
注文は「チャーキアオ」と告げるだけでオッケーだ。

煮立てた抹茶に、ミルクと砂糖とコンデンスミルクを混ぜて作る。これぞ、タイ式のお茶の飲み方。紅茶でも同じだ。

できあがり
cha-payom-ice-green-tea

別のチャーパヨムでも同じできばえ
chapayom-2

ほのかな苦味と、けっこうな甘さが混在していて、なんとも言えない味わい。
抹茶に練乳なんてとお思いの人も多いでしょうが、意外といけるんだ、これが。
わたしは好きですね。

パタヤのCHA PAYOM

パタヤにもいくつか店舗がある。
わたしが確認したのは、ソイブッカオ店とハーバーパタヤ店。

ソイブッカオ店は、ブッカオ北側のカシコーン銀行前にある。貸本屋の店先で営業している

地図

ブッカオのチャーパヨム外観
chapayompattaya-4

英語メニューあり
chapayompattaya-1

どれでも25バーツだ。
ひっきりなしに客が来るので、ここパタヤでも人気のようだ。

アイスコーヒーもそこそこおいしい。

chapayompattaya-3

注文は、「カフェイエン」とどうぞ。
タイのアイスコーヒーらしく、やっぱり練乳入りだが、移動屋台のカフェイエン(通常20バーツ)のものより、若干甘さは控えめ。まあ、甘いけど。

テーブルとイスが置いてあって、その場で飲むこともできる。
タイの暑い昼下がり、苦くてあま~い抹茶ミルクで一息つきましょう。

SPONSOR LINK

関連記事

フードランド前カオマンガイ (2)

パタヤで一番おいしいと評判のカオマンガイ屋は、むしろスープが絶品だった@フードランド前

当方、パタヤへ通い始めて8年くらい。 ここ数年は一年の3分の1から半分くらいをパタヤで過ごして

記事を読む

パタヤタイカオマンガイ (1)

ブッカオとサウスパタヤ交差点にあるカオマンガイ屋台の鶏肉が肉厚かつジューシーでおいしかった。

ソイブッカオとサウスパタヤロード(パタヤタイ)の交差点にあるカオマンガイ屋台に行ってみた

記事を読む

vietnam-noodle-soup-kuijap-4

腓骨と鶏足入りクイジャップユアンは、デカいどんぶりで50バーツ@パタヤサードロード

クイジャップユアンとは、ベトナム式の米麺を使った麺料理のこと。フォーとは違う。 ラオスでは

記事を読む

ソイレンキー入り口カオマンガイ (2)

朝からやっているカオマンガイ屋@ソイレンキー入り口

ソイLKメトロ周辺ならびにソイブッカオ沿いで、朝や昼間にカオマンガイが食べられる店は意外と少ない

記事を読む

ブッカオ沿いイサーン屋台 (1)

ソイブッカオ沿いの新しい屋台群のイサーン料理屋。トムセーブがうまい。コームーヤーンもあるよ。

ソイブッカオの通り沿いに新しい固定屋台群ができている。 場所は、LKメトロから行くなら、北へ向

記事を読む

Kaiten回転の焼肉としゃぶしゃぶ (9)

焼肉とシーフードとしゃぶしゃぶ食べ放題のKAITEN(回転)@セントラルフェスティバルパタヤ

日本からパタヤへ遊びに来た友人たちとセントラルフェスティバルパタヤで食事。 いつも

記事を読む

FRYDAYのフィッシュバーガー (2)

FRYDAYのフィッシュバーガー&チップス、99バーツ

以前紹介したフィッシュ・アンド・チップスの名店「FRYDAY」。 場所は、ソイニュープラザ内で

記事を読む

ムーカタニンジャパタヤタイ店 (4)

パタヤの食べ放題ムーカタ屋、ニンジャ。行き方と食べ方など。

食べ放題のムーカタレストラン、ニンジャへ行くことになった。 場所は、サウスパタヤ店。 ブ

記事を読む

クイチャーイ (3)

クイチャーイは揚げニラ饅頭。他の味もあるよ。タイの変わった屋台お菓子シリーズ。

少し変わった屋台を発見した。 ガラスケース内に、饅頭のようなものが陳列してある。大

記事を読む

ナムトックム (5)

ナムトックムーは、豚肉の血と脂がしたたるハーブ和えサラダ。一度は食べておきたいイサーン料理。

パタヤは、イサーンからの出稼ぎたちであふれる町。 通りを歩けばイサーン屋台にぶつかる。

記事を読む

アドステア

アドステア

pheromon-club
ウォーキングストリート新規OPENゴーゴー、フェロモンクラブとバイパス訪問レポート

パタヤを一ヶ月ほど留守している間に、新しいゴーゴーバーが2軒オープンし

walking-street-201612
2016年12月タイ、バンコク・パタヤ夜遊びスポットの現状

ここ数日間、バンコクとパタヤの夜遊びの現状を調査してきた。 国王

pattaya
約100日のアジア周遊旅行とパタヤ沈没生活の出費報告書

香港からスタートして、パタヤ沈没でゴールした今回の旅行。 全日程

nana-to-donmuang-airport-4
日本帰国と3ヶ月に渡る長期海外旅行の振り返り。そしてまたパタヤへ。

沈没日記36最終回 帰国日である。 エアアジア便で日本

magic-food-park-donmuang-airport-5
ドンムアン空港第3のフードコート、MAGIC FOOD PARK。

なにかと物価の高いドンムアン空港にあって安い食事どころといえば、マ

→もっと見る

PAGE TOP ↑