パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

2018年パタヤ発チェンマイ・プーケット周遊旅行 タイ地方都市グルメ

プーケットでもケバブ。レバノン式ケバブがうまかった。

投稿日:


プーケット旅行記

プーケット・パトンビーチ滞在中に目についたのがケバブ屋台。
パタヤでもおなじみのやつですな。

プーケットケバブ (6)

プーケットケバブ (3)

プーケットのケバブはアラブ系の人たちが直々に調理しているような印象。
彫りの深い男たちが肉を削っております。

SPONSOR LINK



レバノン式ケバブ

プーケット初日 (28)ソイサンサバイ

Soi Sansabai周辺にケバブ屋が多い。
軽く5,6店舗はあったと思う。

特にソイ入口付近にあるケバブ屋は新しくて人目を引いてきた。

プーケットケバブ (1)

他にもいつか。

プーケットケバブ (2)

が、一番気になったのが、これ。

プーケットレバノン式ケバブ (1)

Lebanese Kebabと書いてある。つまりは、レバノン式ケバブ。
レバノン料理レストラン「East And West Restaurant」併設のケバブ屋台のようだ。

プーケットレバノン式ケバブ (3)

地図

チキンケバブが100バーツとパタヤ標準価格の60バーツよりはかなり高め。
でも気になるので買ってみた。

プーケットレバノン式ケバブ (2)

生地で包むスタイルのケバブ。ドネルケバブもしくはシャワルマってやつですな。

プーケットレバノン式ケバブ (4)

まず、生地がうまい。パタヤの一般的なケバブより少し薄めだけど、弾力がありつつ柔らかい。下味もしっかりついている。

食べかけのところ
プーケットレバノン式ケバブ (5)

具材は、鶏肉に野菜少々。具の量はパタヤのケバブのほうが多いだろう。
ソースがうまかった。特に指定はしなかったが、単純なケチャップとマヨネーズ味ではなく、バーベキューソースっぽい独特のもの。

生地、具材、ソースのバランスが素晴らしい。
これまで食べてきたケバブの中で一番うまかった。
本場トルコでも何度かケバブを食べたことがあるけれど、それよりもうまい。
ちょっと感動してしまった。

これは昼間に食べた。
で、夜になり、別のケバブも試してみたくなり、Soi Sansabai入り口にある新しいケバブ屋へ。

プーケットケバブ (9)

こちらもチキンケバブが100バーツ。

作っているところを見てみると、かなり雑。作り置きしておいたものをさっと包んだような雰囲気。

部屋に持ち帰り。

プーケットケバブ (10)

生地の包み方が甘い。ゆるゆるだ。丸めるというより平べったく覆っている。

アンヘレスやペナン島のケバブと似たような感じ。

関連記事:アンヘレスでケバブを食べる。フィリピンではSHAWARMA(シャワルマ)と呼ぶ。
関連記事:【ペナン島B級グルメ食べ歩き第二弾】ラクサ、インドカレー、ケバブ、海南鶏飯、サテ、APOMなどなど。

中身を見てみる。

プーケットケバブ (11)

具も野菜も少なめ。味も今ひとつ。ソースはやっつけマヨネーズ系。
うん、これはダメだね。不味くはないけれど、昼間のレバノン式に比べると全然イケていない。
期待度が高かっただけに残念な結果に終わった。

まとめ

プーケット、パトンビーチでケバブを食べるなら、Soi Sansabai内にあるレバノンケバブ屋台へどうぞ。
うまいっす。

SPONSOR LINK

-2018年パタヤ発チェンマイ・プーケット周遊旅行, タイ地方都市グルメ

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.