パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

パタヤホテル宿泊レポート ホテル情報

友人宿泊ホテル、P プラス ホテル(P Plus Hotel)。新築で立地も便利。

投稿日:


先日、日本から友人がタイへやってきた。
パタヤは2泊。
毎回ころころとホテルを変えるのが信条のようで、今回も新規ホテルに投宿。
それが、Pプラスホテル。ソイエキサイトにある新築ホテルだ。
ちょっと見学させてもらった。

SPONSOR LINK



P プラス ホテル(P Plus Hotel)

外観
Pプラスホテル P PLUS HOTEL (2)

Pプラスホテル P PLUS HOTEL (1)

夜はこんな感じ
Pプラスホテル P PLUS HOTEL (28)

オープンしたのは2017年7月頃。まだまだ真新しい新築ホテル。
当初はソフトオープンで、徐々に宿泊できる棟が増えていった。
大型ホテルで、3棟に分かれており、友人が宿泊したのは、3号棟。屋上にP Plus Hotelの看板が光っている棟だ。たぶん一番新しい。

ロビーは一つだけ。

Pプラスホテル P PLUS HOTEL (25)

無駄に広い。団体客が来ても大丈夫。

Pプラスホテル P PLUS HOTEL (24)

ロビーからすぐのところにスイミングプール。

Pプラスホテル P PLUS HOTEL (3)

プール脇を抜けて、さらに奥へ進むと3号棟。

通路脇には泉。

Pプラスホテル P PLUS HOTEL (9)

3号棟エレベーター
Pプラスホテル P PLUS HOTEL (4)

廊下
Pプラスホテル P PLUS HOTEL (22)

新築で綺麗なのだが、よく見ると、施工時のアラが目立つ。
これは他のタイのホテルやアパートでも同様。
全体的にはまだまだ綺麗だ。

スタジオキングベッド部屋内部

いわゆるダブルベッドルーム。

Pプラスホテル P PLUS HOTEL (21)

Pプラスホテル P PLUS HOTEL (20)

綺麗ですな。新築だから当たり前だが、普通に綺麗。床はフローリングタイプ。
でも、ちょっと狭いかなあ。

友人いわく、1人で過ごすならちょうどいいコンパクトさだが、2人で過ごすと手狭に感じたとのこと。まったく同感。

ベッド脇にも窓があり、採光は十分。部屋は狭めだけど、閉塞感はない。

ライティングデスク、電気ポッド、インスタントコーヒーあり。

Pプラスホテル P PLUS HOTEL (14)

椅子はオシャレ家具系。

Pプラスホテル P PLUS HOTEL (15)

クローゼット内にセーフティボックスあり。

Pプラスホテル P PLUS HOTEL (13)

テレビは壁掛け液晶タイプだが、映りは今ひとつ。NKKワールド視聴可能。

Pプラスホテル P PLUS HOTEL (16)

バルコニーは激狭仕様。

Pプラスホテルバルコニー

でも、洗濯物干しが置いてあり、地味に便利。

7階から望むサードロード方向の景色
Pプラスホテル P PLUS HOTEL (18)

見晴らし良好。

この方角にバーはなく、夜はとても静かだったとのこと。
が、気になるのは、大きな空き地。ここでは定期的に野外コンサートが開催される。その場合は、夜0時くらいまで大音量で音楽が流れるはずだ。

ホテル敷地とソイエキサイトを見下ろす。

Pプラスホテル P PLUS HOTEL (17)

浴室内はコンパクトにまとまっている。バスタブなし。

Pプラスホテル P PLUS HOTEL (12)

Pプラスホテル P PLUS HOTEL (11)

洗面台にはドライヤー設置。
洗面台のコップはIKEA製。

Pプラスホテル P PLUS HOTEL (10)

たぶん、室内のおしゃれ椅子もIKEA。
アメニティは多くない。シャンプーもなかった。

室内は禁煙。

Pプラスホテル P PLUS HOTEL (19)

タバコはバルコニーで。灰皿なし。

スイミングプールとレストラン

Pプラスホテル P PLUS HOTEL (5)

昼間はファランのおじいさんたちがのんびり日光浴。

スイミングプールそばにタオルが常備してある。

Pプラスホテル P PLUS HOTEL (23)

レストラン
Pプラスホテル P PLUS HOTEL (6)

3号棟にフィットネスジムあり。

Pプラスホテル P PLUS HOTEL (7)

どうやら宿泊客でも有料のようだが、はっきりしない。

夜、プールサイドでカフェを飲む。

Pプラスホテル P PLUS HOTEL (26)

隣のレストランでオーダー可能。たしかアイスコーヒーで50バーツほど。

Pプラスホテル P PLUS HOTEL (27)

すると、団体バスが続々と到着。
全部中国人グループ。
がんがん乗り付けてくる。
大きな荷物を持っておらず、おそらくは、日中の観光から戻ってきたと思われる。
まあ、うるさいこと。
夜のプールに飛び込む人もいて、従業員に怒られていた。夜間は遊泳禁止だ。

宿泊した友人いわく、夜は12時くらいまで中国人たちが廊下を歩きまわる音とドアを叩きつける音がうるさかったそうだ。
朝は早く起床して、集団で朝食を取り、またバスでどこかへ消えていったとのこと。
日中のホテルでは、中国人団体を見かけず。

日中はホテルで過ごし、夜遊びに出かけて、深夜から朝方にホテルに戻れば中国人団体客と会わずにすみそう。

朝食は友人も食べおらず、詳細不明。とにかく中国人だらけだったとのこと。

なお、レストランの裏手から出入り可能。

Pプラスホテル P PLUS HOTEL (8)

ソイエキサイトとソイブッカオを結ぶ裏道へ通じてる。
そのまま、レセプション前を通らずに、各棟エレベーターへ行ける。
おそらくレストランの閉店する夜10時半くらいまでは通行可能のはず。

友人はゲストを連れ込んでおらず、実際のジョイナーフィーとIDカード預けの有無は不明だが、このセキュリティ状態では、ほぼ間違いなく、JF無料でしょう。

地図と周辺施設

地図

ソイブッカオまでは徒歩1,2分。LKメトロまでは裏口を通ると2,3分で行けそう。
ブッカオやLKを訪れた経験のある人なら、まったく問題ない立地。初めてでもたぶん大丈夫。
ソイブッカオで南行きソンテウに乗れば、ウォーキングストリートまで1本。
ビーチからは離れるが、夜遊び派には便利な立地。

昼間から遊ぶなら、徒歩30秒とかからずにエキサイトクラブへ行ける。

パタヤソンクラン2018年2日目 (4)

隣のソイであるソイチャイヤプーンは、パタヤ屈指の魔境。怪しすぎるマッサージ屋がうじゃうじゃ並んでいる。

パタヤソンクラン2018年2日目 (1)

食事も近所で取れる。

日本語メニュー付きの食堂「ヌアン」はホテルから目と鼻の先。

ソイエキサイト脇道食堂ヌアン (1)

関連記事:ソイエキサイト脇道の食堂「ヌアン」は日本語メニューあり。味良し、使い勝手良し。

ソイエキサイト内のカフェも合わせてどうぞ。

関連記事:ソイエキサイトのBake n' Brew。テラス席が気持ちいいカフェベーカリー。
関連記事:ザ・コンチネンタル(THE CONTINENTAL)。ソイエキサイトにある手頃なベーカリーカフェ。パン1個9バーツから。

ソイブッカオの名無し食堂もお忘れなく。

ブッカオ名無し食堂リニューアル (7)

関連記事:ソイブッカオ名無し食堂のおすすめメニュー紹介

感想

プラス点
・新築で部屋は綺麗
・夜遊びなら立地が便利。ソイブッカオ、LKメトロ至近。
・夜中は静か

マイナス点
・部屋がやや狭い。1人で過ごすなら、ちょうどいい。
・とにかく中国人団体客が多い。でも日中はいない。夜も比較的早く寝る。朝はうるさい。
・通常時の夜は静かだが、部屋の向きによってはソイエキサイト空き地でコンサート開催時はうるさそう。

宿泊料金と予約先

1泊1100バーツほどで予約できたとのこと。
立地条件を考えれば、新築ホテルとしてのコスパは悪くないと思う。

P プラス ホテル(P Plus Hotel)予約先

アゴダ
エクスペディア
ホテルズドットコム
ブッキングドットコム

まとめ

とにかくチャイニーズ軍団につきる。
その中国人団体客をうまく避けられれば、そこそこ快適に過ごせる印象。
部屋は綺麗だ。ちょっと狭いくらいが落ち着くという人にはいいかも。
個人的にはこの立地はおすすめできるし、部屋も悪くないと思う。でもやっぱり、最大の懸案は中国人グループです。

綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2018年(9月16日更新)

SPONSOR LINK

-パタヤホテル宿泊レポート, ホテル情報

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.