*

ジョークとジョーク。タダでいいから連れて帰ってと言うバービア嬢。

35日目

暑い。
日中の日差しがきつくなってきた。
1月は歩いていても軽く汗ばむ程度だったのが、今では5分も歩けば汗が吹き出してくる。
寒季が終わり、暑季が始まりそうな勢い。

タイ語で11月から2月くらいの寒季のことを「ナーナーオ」と言う。
もちろん日本人の感覚からすれば、バンコクパタヤあたりは決して寒くないけれど、タイ北部ではかなり冷え込むこともあり、凍死者が出ることすらある。
暑季は「ナーローン」だ。文字通り、ひたすら暑い。3月以降の雨が降らないけど、暑い時季。
雨季は「ナーフォン」でいけるはず。雨がよく降りだしたら、雨季と呼ぶのだろう、たぶん。

昼食はジョーク

さて、昼食は炎天下の中を少し歩いて、サードロードへ。
ソイエキサイトのサードロード沿いにある食堂。
ソイレンキーから移転してきた店だ。

ソイエキサイト食堂2

久々にジョークを注文してみた。40バーツ。
ジョークというのはお粥のこと。

具材は豚を選択。
普通の豚肉とモツ系が少々。

ジョーク1

ジョークは元々薄味に作られているので、お好みで醤油や酢を入れて味を作る。
温泉卵のような絶妙なゆで加減の卵がいい感じだ。

ジョーク2

うーん、いろいろ調味料を加えてみたものの、味はいたって普通。
ジョークは真っ昼間の炎天下に食べてもありがたみを感じられないな。
むしろかなりの違和感がある。
真夏のビーチに革ジャンとブーツ姿で現れるくらいの違和感。
ジョークはやっぱり、飲み歩いたあとの深夜か、二日酔いの朝に食べるものだ。
真夏のビーチにはアロハシャツとビーサンがお似合いのように。

あと、ジョークにつきものなのがショウガ。かなり強い辛味と酸味なので、わたしは苦手。
「マイサイキン」と注文しておこう。
パクチーも入っているので、苦手な人は「マイサイパクチー」とオーダーするのも忘れずに。

タダで良いよと言うバービア嬢

夜。

またまた部屋を出るのが遅くなった。
夜10時ころ外出。

Rコンレジデンス近くのクィティアオ屋で晩飯。
センレックムーナムトック。

クイティアオナムトック

40バーツ。
悪くはないけど、ソイボンコットのクイティアオのほうが美味しい。

関連記事:ソイボンコットにあるオススメのクィティアオ屋。ナムトックのスープが絶品なり。

いや間違いなく、あっちのほうが上だ。
でも、夜わざわざボンコットまで行くのは面倒だ。ここで我慢する。

たまたま屋台で出くわした知り合いのバービア嬢と食べる。
わたしがちょこちょこと顔を出しているバービアで働いている。
年齢は20代後半かな。顔は、かなり好みからハズレており、まずペイバーはありえない。
ブスといえば失礼にあたるけど、けっして美人ではない。ややブスといったところか。
でもなぜか気に入られていて、よく声をかけられる。
クイティアオ屋のテーブルで無理やり電話番号交換させられた。

しかも、「タダでいいから連れて帰って」と言われる。(このくだりは英語で会話している。)
いや、無理っす。
タダでも無理っす。

もう一人、新人のバービア嬢も同席していた。
我々の英語がわからず、タイ語に通訳して内容をきかせてもらっていた。
タダでいいと聞くと、信じられないといった表情で首を横に振る。
いやいや、ただのジョークだよ、たぶん。

そんな話をしながらも、そのバービア嬢のバービアへは寄らずにスルー。
他のバービアへ飲みに行く、逃げ腰のわたしであった。

 

馴染みのバービアへ。
まずはビール。

そばで座っているバービア嬢たちのつまみは、相変わらず虫料理である。
写真を撮らせてもらったけど、正体は不明。
セミっぽいんだけどなあ。
タイ語の名前も聞いたけど、おぼえられなかった。

虫料理

正体不明の虫は無視して、コンビニで買ってきたかっぱえびせんをつまみにする。
ビールには虫よりもえびせんでしょと、無心にほお張りながら飲む。

「タダでいい」と言っていた、ややブスのバービア嬢から電話がかかってくるかなと、不安と期待が入り混じった感情で待っていたけど、入電はなかった。
ブス専ではないので、やっぱり一安心。

ビール2本、140バーツでチェックビン。

この日は、ほとんど何もせず寝る。

朝飯代:買い置きの食パンとハムで、一食10バーツくらい。
昼食代:ジョーク40バーツ
晩飯代:クイティアオ40バーツ
おやつ:10バーツ
飲み代:140バーツ
計:240バーツ

安上がりの一日だった。
これで無料のバービア嬢がついてくれば最高だったんだけど。
申し訳ないけど、美人限定でお願いします。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

18歳バービア嬢M

18歳バービア嬢攻防戦。ママさんとの熾烈な戦いに勝利せよ。

20日目 夕方、所用のため友人らと合流。 用事を終えて、路上でたむろしていると、すぐ近くにあ

記事を読む

ムーカタとチムチュム

ムーカタとチムチュムで大宴会atハリウッド前。男女6人鍋物語の結末やいかに。

13日目 ムーカタとチムチュムで大宴会 夜。 友人2人とその連れ女性たちと食事へ行くことになっ

記事を読む

ドンムアン空港 (8)

さらばパタヤ、さらばタイ女性たち、また会う日まで。日本帰国。

51日目 本日は帰国日。 名残惜しいが、パタヤともお別れだ。 どうせ2,3ヶ月もすれば戻っ

記事を読む

バービア嬢Sちゃん

部屋へ泊まりにきたバービア嬢がベッドシーツにシミを作った理由とは?

(36日目夜の部つづき。注意。当記事後半には、人によっては不快に感じるような内容が含まれております。

記事を読む

マリブゴーゴー

LKメトロのマリブとソイダイアナのバービア群。あと、パタヤの出張マッサージサービスについて。

37日目 おもらし嬢を見送ってから、一人でソイブッカオの市場へ。 昼食はぶっかけご飯

記事を読む

ソイ7シルバースター

読者さんとパタヤ夜遊びめぐり。LKメトロからウォーキングストリートまで。

(40日目つづき。夜の部) 以前より連絡を取り合っていた読者さんと、ようやく時間の都合が合った

記事を読む

焼き鳥とカオニャオピン

中華弁当と焼き鳥屋台。バービア嬢から逆ぺイバーを迫られる。

38日目 昼飯は中華弁当 食選びに面倒になった時、重宝するのがコンビニ弁当。 意外とメニューも

記事を読む

マリーンシーフード2

パットママーとマリーンシーフード

沈没生活6日目 パットママームー 本日の昼食はパットママームー。 昨日と同じ屋台で注文した。

記事を読む

パレスゴーゴー

ウォーキングストリートのゴーゴーバーめぐり。新規オープンのパレスほか。

(5日目つづき) ホテルの部屋へ戻る友人たちを尻目に、一人でゴーゴーバーめぐりすることに。

記事を読む

ビアガーデン夜景

ウォーキングストリートのビアガーデンで最後の晩餐。なおも一人寝が続くパタヤの夜。

14日目 朝から少し下痢気味。 連日連夜のビール漬けがたたっているようだ。 特に昨晩の大宴

記事を読む

アドステア

Comment

  1. 高原です より:

    こんにちわ
    ソイエキサイトのお粥と
    ソイボイコットンのお店
    はしごしました
    おいしかったです
    となりのステーキ屋も気になりますね
    今日もめちゃ暑い
    ステーキ屋は今午後二時くらいですか
    三人お客様います
    こちらの店は僕含めて二人
    さて、どこにいこうかな。。

    • pattayan night より:

      ボンコットのステーキ屋、夜9時過ぎに行ったら、すでに閉店していました。
      11時閉店って書いてあるのに。次回に持ち越しです。

  2. 高原です より:

    安宿街なので
    閉店はやいのでは
    朝も早くからやってそうなかんじかも
    しれませんね
    サードロード
    ソイブッカオのラーメン屋今度行ってみます。

  3. sawa より:

    余計なことかも知れませんがその59bの
    ステーキ屋の100m程先にあるタイ飯屋の
    ビフテキ(60b)は結構いけます、
    7-11の路地を挟んだ手前隣の店で
    ちょっと分かりずらいんですが中は2店舗になっており手前側です、牛のレバー刺しもあります(恐)
    良く休むようです。
    横から失礼しました。

    • pattayan night より:

      ビフテキ60バーツは安いですね。
      なんとなく場所はわかりますんで、今度訪ねてみます。
      貴重な情報ありがとうございました。

アドステア

Sutus court room (2)
ソイブッカオの老舗格安ホテル、Sutus Court(サタスコート)宿泊レポート

ソイブッカオのかなり有名なホテル、Sutus Court。

Soi Kho pai Japanese Restaurant Curry (6)
ソイコーパイのローカル向け日本料理食堂で、エビ天ぷらカレーを食べる。79バーツ。

テパシット通りからソイコーパイ(Soi Thep Prasit 6

VELVET CLUB SOI BONGKOT (1)
ソイボンコットの新しいジェントルマンズクラブ、VELEVET CLUB訪問レポート

VELVET CLUB ソイボンコットに新しいジェントルマンズクラブ

Chicken steak kai gata
パタヤタイの39バーツステーキ屋再訪。ポークカツとカイガタと白身魚フライ。

おそらくパタヤ最安値であろう39バーツステーキ屋がパタヤタイのスク

Thaniya street (2)
タニヤの日本カラオケ遊びふたたび

沈没日記2 ほんの10日ほど前に、はじめて遊んだタニヤの日本カラ

→もっと見る

PAGE TOP ↑