*

やっぱり味の落ちたブッカオの名無し食堂

公開日: : 最終更新日:2015/02/11 2015年1月~3月パタヤ沈没日記 ,


友人らとブッカオの名無し食堂で昼食を取ることにした。

名無し食堂

ソイブッカオ沿い、ちょうどソイLKメトロの向かい側にあるローカルな食堂である。
特に屋号がついていないところから、勝手に「名無し食堂」と命名している。
おそらくは24時間営業で、夜中でも普通に開店しており、つねに客足の絶えない人気店だ。
おもな客層はファランとタイ人、それに日本人が少々といった感じ。
料理メニューがそこそこ豊富で、値段もリーズナブル。
屋台は不衛生だから遠慮したいという人も、ここならまずまず清潔っぽい。
そりゃあ味は高級レストランにはかなわないけれど、決して悪いわけじゃない。むしろ、おいしいほうだと思う。
まあ、トータルで考えるとコストパフォーマンスに優れており、ブッカオ界隈においては、外国人も利用しやすいローカル食堂の代名詞的存在となっている。

関連記事:ホイトートとソイブッカオのおすすめ名無し食堂
関連記事:友人最後の晩餐は、ブッカオ名無し食堂でガイパッポンカリー

わたしもそれなりに利用してきた。
が、前回、定番料理のガパオムーを注文して、明らかに味が落ちていたのである。

で、今回も味をチェックするための、同じガパオムーカイダーオを注文。
はたして今回はどうか。

名無し食堂のガパオ

やっぱりダメだった。
確実に味が落ちている。

友人も同じものを注文。
この友人も名無し食堂歴は長い。
パタヤ滞在中は毎日通うほどだった。
今回数カ月ぶりの利用。
一口食べての感想は、「味が落ちたな」と、わたしと同じもの。

今回のコックも前回と同じおじさん。
おばさんコックが作るほうがうまいのかも。

それでも、具もご飯の量も多くて、決してマズイわけじゃない。
一皿50バーツで腹一杯になることができる。
やや量の少ない屋台の持ち帰りで50バーツ払うなら、ここのガパオを選択してもいいかなってレベル。

 

あとは、ヤムウンセンタレーをちょろっとつまむ。
ヤムがサラダ、ウンセンが春雨、タレーが海すなわちシーフードのことだ。
合わせると、海鮮春雨サラダとなる。

名無し食堂のヤムウンセンタレー

これは、至ってノーマルな味。
標準タイ人仕様なので、かなり辛いけど。

別の友人はカオパット(焼き飯)を注文。
これは大ハズレ
ご飯がベシャベシャで、まるで炊き込みご飯のようになっていた。
ご飯に焼き色が付いていて、おこげ状態。このおこげだけは美味しかった。
でも、それって焼き飯じゃないし。
カオパットを以前食べた時はもっとまともな味だったのになあ。

うーん、やっぱり全体的に味が落ちたな。
一時的なものだと思いたい。
それでも連日、ファランやタイ人で大賑わいだけど。
やっぱり安くて便利なものだから、みんな集まってくるようだ。
が、人気にあぐらをかいて、肝心の味のレベルが落ちると、いきなり客足も落ちかねないぞ。

姉ちゃんの接客もひどいぞ。注文してもウンともスンとも返事しないし。
安食堂に高度な接客レベルを求めるのがそもそも筋違いだけど、せめて返事くらいはしてほしい。
兄ちゃんは今まで通りだけど。

でも、わたしは勝手に応援している。
やはり節約型長期滞在者には力強い味方であることに変わりはない。
がんばれ、名無し食堂。

別のコックが厨房で鍋をふるう時間帯に再度調査してみたい。

まあ、こんな安食堂の味がどうだのこうだのと、なんてチンケなことを言うのだとお思いの人もいるかもしれないけれど、節約型長期滞在者にとっては、けっこう深刻な問題なのであります。

関連記事

パレスゴーゴー

ウォーキングストリートのゴーゴーバーめぐり。新規オープンのパレスほか。

(5日目つづき) ホテルの部屋へ戻る友人たちを尻目に、一人でゴーゴーバーめぐりすることに。

記事を読む

ビラボンで宴会2

タイ女性5人と日本人1人で宴会するLKメトロの夜

(45日目つづき。夜遊び編) バービアで少々飲む サードロード散策を終えて、なじみのバービアへ。

記事を読む

マリーンシーフード2

パットママーとマリーンシーフード

沈没生活6日目 パットママームー 本日の昼食はパットママームー。 昨日と同じ屋台で注文した。

記事を読む

ギンザゴーゴー

ヤムガイセッブと連夜のウォーキングストリート。ギンザとリビングドール1。

パタヤ沈没19日目 前日は深夜遅くまでゴーゴーバーを放浪していたため、起床は昼ごろ。 食事を

記事を読む

ビアガーデン夜景

ウォーキングストリートのビアガーデンで最後の晩餐。なおも一人寝が続くパタヤの夜。

14日目 朝から少し下痢気味。 連日連夜のビール漬けがたたっているようだ。 特に昨晩の大宴

記事を読む

フルーツ屋台

パタヤラストナイトもバービア。でも水と栄養ドリンクとフルーツで過ごす。

50日目 パタヤ滞在残り一日。 パタヤの夜を楽しめるのも今日が最後。 でも悲しいかな下痢に

記事を読む

読者投稿サムネイル

【読者情報】ノースパタヤの日本人カラオケ「ガーデン」はパタヤ版テーメー?

読者さんがペイバーしたという日本人カラオケの詳しい情報を教えてもらった。 店名は「ガーデン(G

記事を読む

焼き鳥とカオニャオピン

中華弁当と焼き鳥屋台。バービア嬢から逆ぺイバーを迫られる。

38日目 昼飯は中華弁当 食選びに面倒になった時、重宝するのがコンビニ弁当。 意外とメニューも

記事を読む

ハッピーアゴーゴー

二日連続のウォーキングストリートゴーゴーバーめぐりは、久しぶりの再会の連続だった。

(6日目つづき) タイ彼女がホテルに戻ってフリーとなった友人と、ゴーゴーバーへ行くことになった

記事を読む

AISショップ

スマフォをめぐる攻防戦。Fちゃんが田舎へ帰ってしまう。

沈没生活4日目 目が覚めるとFちゃんは、どこかへ出かけていた。 LINEでメッセージが入る。

記事を読む

アドステア

Comment

  1. 高原です より:

    おはようございます。10月に何度か伺いました。ガイパッポンカリーおいしかったです80b
    ガバウカイダーオ言いましたが卵忘れられました
    スープもつきませんでした40b
    お粥は量があって美味しかったですよ
    40bかな
    忘れました。
    ブッカオとパタヤタイのところの屋台のカオマンガイ美味しいみたいです。夕方~夜です。私はたべていませんが。
    また美味お店等教えて下さい。
    ではまた

    • pattayan night より:

      去年の10月はわたしも食べましたが、ガパオも普通においしかったですね。卵を追加すると10バーツですね。
      スープは、カオマンガイ用ですが、頼めば無料で付けてくれますよ。
      カオトムとガイパッポンカリーは今回食べてませんね。一人で食べるには、ちょっと量が多いです。
      パタヤタイ交差点のカオマンガイは有名ですね。といいつつ、まだ食べたことないですが。

  2. AOKI より:

    この名無し食堂は有名というか?ライバル店が無いので超人気店ですね。
    通称「ファラン貧民食堂」と言われています。
    10時間以上も飛行機に乗って、夕食に50Bの焼き飯ではリゾート気分が吹っ飛びます。

    この食堂では、夫婦(頭の薄いオジサンと大型体型のオバサン)と20代半ばのスリムな姉ちゃんがコックとして腕をふるっています。

    ウェイトレスは田舎の娘で、サービス業の「サ」の字も知らないので、あんなものでしょう。

    ここは、水は無料ですが、セルフサービスです。

    味が落ちた、ようですが、ハイシーズンで客が多過ぎるのが原因でしょう。
    また元に戻りますよ。

    「ガパオムーカイダーオ」と書いてますが、この発音で通じますか?

    「パッカパオ ムーサップ カイダオ ドゥアイ」ということが多いですが。

    写真を見ると、唐辛子が全く入っていませんね。少しだけ(ニィノイ)入れてもらうと美味しいと思います。

    この食堂の「カオパット」がタイ米らしくなく、べチャべチャなのは毎度のことです。

    本来のパサパサなカオパットを食いたければ、セントラルパタヤ通りにある「デンダム」へ行かれてください。
    デンダムの「カオパットクン」は本当に美味しいです。60B?
    スペシャル・カオパットは95B?

    • pattayan night より:

      ファラン貧民食堂。たしかにそんな感じですね。満員で座れないこともありますし。
      アジアの食堂の雰囲気を手軽に味わいたい外国人にとっては利用しやすいでしょうね。

      金行を挟んだ隣の食堂も少し流行り始めてますね。クィティアオがメインだと思いますが。
      通り沿い(特にLKメトロ周辺)に店舗型のローカル食堂が少ないんで、客が集まりやすいようです。

      この食堂では、「ガパオムーカイダーオ」で充分通じますよ。
      ただ、一見の屋台で注文するときは、「ガパオムーサップ カイダーオドゥアイ」と注文します。冒頭のパッは省略します。
      いつも「アオペッニッノイ」です。けっこう唐辛子入ってますよ。ナンプラーもかけます。

      パタヤカンのデンダムは何度も行ってます。昔住んでいたアパートから近かったもので。たしかにどの料理もおいしいですね。
      セントラルロードを渡るのが億劫になり最近はご無沙汰ですが。

アドステア

nana-burger-bangkok-2
今さらながら、あえてナナバーガーを食べる

ナナバーガー。 熱心なバンコクリピーターには説明不要。 ナナプ

moonlightplace-pattaya-hotel-6
ソイハニーの隠れ家的ホテル、ザ ムーンライト プレイス (The Moonlight Place)宿泊レポート

ソイハニーイン(略してソイハニー)は、何かといかがわしい通りだが、

pheromon-club
ウォーキングストリート新規OPENゴーゴー、フェロモンクラブとバイパス訪問レポート

パタヤを一ヶ月ほど留守している間に、新しいゴーゴーバーが2軒オープンし

walking-street-201612
2016年12月タイ、バンコク・パタヤ夜遊びスポットの現状

ここ数日間、バンコクとパタヤの夜遊びの現状を調査してきた。 国王

pattaya
約100日のアジア周遊旅行とパタヤ沈没生活の出費報告書

香港からスタートして、パタヤ沈没でゴールした今回の旅行。 全日程

→もっと見る

PAGE TOP ↑