パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

グルメレポート 日本食

【パタヤでたこ焼き】ローカル食堂ラーメンチャンピオンでたこ揚げと揚げ餃子

投稿日:


たこ焼きが好きだ。
海外滞在中だろうが日本にいようが、ふいにたこ焼きが食べたくなる瞬間がある。
これはもう性のようなものでどうしようもない。

バンコクなら、日本そのままの味のたこ焼きが気軽に食べられる。
が、ここはたこ焼き不毛の地、パタヤである。
さて、どうするか。

もちろん、パタヤであっても、日本人経営の居酒屋あたり(シャカリキとかね)に行けば、たこ焼きが食べられるのは知っている。でも、値段的にも気分的にも遠慮しておきたい。
また、8番ラーメンやFUJIレストランやすき家にもたこ焼きというメニューがあるのも知っている。

8番ラーメン餃子セット (3)

でも何か違う。
やはりローカル向けの安価でおいしいたこ焼きが食べたい。

SPONSOR LINK



ラーメンチャンピオンのたこ焼きと焼き餃子

パタヤのローカル向け日本食の代表的存在といえば、サードロードにあるラーメンチャンピオンだ。

過去に何度か取り上げた。

関連記事:ローカル日本食レストラン・ラーメンチャンピオンのカツカレーは、具だくさんで79バーツ

最近、微妙に場所を移転して綺麗になった。

地図

現在の外観
ラーメンチャンピオン (1)

店内も広々。
以前は屋台に毛の生えた程度だったが、より店舗らしくなった。とはいえ、まだ食堂レベルだけど。

ラーメンチャンピオン (6)

メニューは若干新しくなっている。相変わらずタイ語表記のみだが、写真が鮮明になったのでわかりやすい。
本来はカツカレーを食べるつもりで訪れた。

ラーメンチャンピオン (3)
ラーメンチャンピオン (2)

が、飛び込んできたのは、たこ焼きである。
心が揺れ動いた。
55バーツである。コスパは悪い。
でも、食べたくなったものはしょうがない。

気づいたときには、メニューを指差して「タコヤキ」とオーダーしていた。
さすがに、少ないだろうと、餃子もついでにオーダー。これまた55バーツ。
たこ焼きと並んで、発作的に食べたくなるものの一つが焼き餃子なのだった。

たこ焼き

ラーメンチャンピオンのたこ焼き

はい、たこ焼きです。
たこ焼きは全部で4つ。
たっぷりソースがかかっていて、まるで海にようにたまっている。さらにマヨネーズもどっぷりかかっている。

たこ焼きという名称だが、実際には、冷凍ものを油で揚げているのだろう。かりかりに揚がっている。
かりにたこ焼き用の鉄板を使っていても、大量で油で揚げるように作るのがタイスタイルのたこ焼きだ。
これはもうしょうがないところ。
でも、たこ焼き自体の味は問題なし。外はかりかりだし、中はふわふわ。
まさにたこ焼き。タコが入っているかは正直どうでもいい。

が、ソースが甘い。もちろん、マヨネーズも甘い。
カレーですら甘くなるローカル日本食食堂である。これがタイ人受けする味なのだろう。
覚悟はしていたが、やはり裏切られたような気分。
たこ焼きは普通においしいだけに、残念。

パタヤのたこ焼きシリーズ記事

これは、CPの冷凍食品。

Takoyaki (5)

冷凍食品ながらも、生地の味はしっかりしている。ソースもやや辛め。

関連記事:タイの冷凍たこ焼き。意外とダシがきいていて、しっかりとたこ焼きしている。

 

テパシットのウィークエンドナイトマーケットには2軒のたこ焼き屋が出ている。

Pattaya normal takoyaki (3)

一つはいかにもローカル向けの生地がいまいちのたこ焼き。ソースとマヨネーズは甘い。

Pattaya takoyaki (4)

もうひとつは、エイリアンのごとき容貌をした巨大たこ焼き。生地も味もうまいが、なんかちょっと違う。でも、ソースは辛さがあっておいしい。

関連記事:パタヤでたこ焼き!ナイトマーケットの巨大イカ入りたこ焼きはまるでエイリアン。

なお、パタヤタイのワットチャイモンコン前の屋台群にも、たこ焼き屋が出ている。
おそらく、テパシットのナイトマーケットに出店しているのと同系列の店。

ワットチャイモンコン前のたこ焼き屋台 (1)

一皿40バーツ。
選べる具材も味も一緒だった。

ワットチャイモンコン前のたこ焼き屋台 (3)

やっぱり、粉っぽくてあまりおいしくない。

餃子

ラーメンチャンピオンの餃子

さて、続いては餃子。
こちらも、焼いてませんな、揚げてます。
揚げ餃子自体は好きです。
たしか、すき家でも揚げ餃子だったはず。また、バンコクの七星ラーメンでも揚げ餃子だった。

関連記事:パタヤ初進出のすき家で牛丼とカレーを食べてみた。追加でラーメンと餃子もね。

ローカル日本食店にありがちな、焼きの甘い焼き餃子に比べると、しっかりと火が通っていて、むしろありがたいくらい。
具もしっかりしている。
が、やっぱり、タレが甘い。
どうしても餃子のタレまで甘くなってしまうのか。
いや、文句は言うまい。

ちょっとの甘さを我慢すれば、餃子もたこ焼きもけっこうおいしくいただけた。

焼き餃子なら、8番ラーメンがやっぱり無難かなあ。

8番ラーメン餃子セット (4)

やや焼きが足らないけど、実に無難な焼き餃子。

関連記事:タイの8番らーめん実食レポート。ラーメンと餃子のセットが148バーツ。

結論
やはり、パタヤで安くてうまくて本格的なたこ焼きは難しい。

ああ、でも、おいしいたこ焼きと焼き餃子が食べたい。
高級品なんて望みません。ただただ、普通のたこ焼きと焼き餃子が食べたい。

SPONSOR LINK

-グルメレポート, 日本食

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.