*

タイの8番らーめん実食レポート。ラーメンと餃子のセットが148バーツ。

公開日: : グルメレポート


8番らーめん (9)

現在、タイ国内で110店舗を展開中の8番らーめん。

れっきとした日本生まれのラーメンチェーン店。

石川県が発祥の地で、北陸や中部地方でチェーン展開しているようだ。
日本ではまったく知らなかったが、タイではあちこちで見かける。むしろ、タイで初めて知ったラーメン屋だ。
大きなショーッピングモールには必ずといっていいほどテナントが入っている。
1992年にタイへ初進出して以来、現在では110店舗まで拡大(2015年9月25日現在)。

すごい勢いで、びっくりする。
タイには、クィティアオがあるし、黄色麺のバミーも日常的に食べているんで、ラーメンにはまったく抵抗がないだろうけど、ここまでウケるとはね。

SPONSOR LINK

パタヤの8番らーめん

さて、パタヤには、セントラルフェスティバル、トゥッコム、ノースパタヤのビッグC内に8番ラーメンがある。ひょっとして他にもあるかも。

今回訪れたのは、セントラルフェスティバル店。5階だったかな。

8番らーめん (10)

時刻は夜7時前。

店内は半分ほどの客入り。
客の数よりも店員の数のほうが多いくらい。

メニュー
8番らーめん (11)

ラーメン類
8番らーめん (1)

8番らーめん (2)

セットメニュー
8番らーめん (4)

点心
8番らーめん (3)

わたしは、ぎょうざセットを注文。

他にも友人が、五目ラーメンと炒飯と焼きそばを頼んでいた。

五目ラーメン

8番らーめん (5)

ぎょうざセットは、定番の8ちゃん麺と焼き餃子とコーラのセット。148バーツ。

まずは、8ちゃん麺から。

8番らーめん (8)

なんとシンプルな日本風の醤油ラーメンであることか。きわめてオーソドックスな醤油ラーメン。
あっさりしていて、実に普通。
いや、普通としか表現のしようがない味だ。
決してまずくはない。つるりと完食できてしまう。
うまいか、まずいか、二者択一で問われると、うまいと答えるしかない。

ただし、量はかなり少ない。麺の量も少なめで、具は小さな焼き豚、メンマ、海苔、8の字入りのナルトだけ。

ついで、餃子。

8番らーめん (7)

ちょっと焼き加減が甘いかな。
皮はもっとパリパリに焼かないとダメだ。

中身はいたって普通の餃子。
クセはまったくない。
これまた、普通としか表現しようがない。

日本のラーメン餃子セットの平均像を表現してみましたというレベル。

それと、炒飯も少し食べさせてもらった。

8番らーめん (6)

これまた、見事なまでに日本のラーメン屋の焼き飯の味だ。
もちろん、炒め加減や使用している米の違いで、なんとなく全体的な食感や風味はわずかに落ちる。
でも、これが日本のチャーハンだと言われても、特に文句はない。ザ・焼き飯の味。

トータルでの感想。

ふつう

いや、もうしわけないが、これ以上の感想が出てこない。

わたしは入ったことはないけれど、タイで日本人経営の日本式ラーメン店は、一杯200バーツくらいするもの。
それに比べれば、8番ラーメンは安い。
単品ラーメンなら63バーツ。
餃子セットでも148バーツだ。
日本食レストランとしては、実に庶民的な価格。
こりゃあ、日本食にあこがれをもつ一般的なタイ人からも支持されるはずだ。

バミーに200バーツはなかなか出せないけど、63バーツくらいならタイ人にだって普通に払える。
味もそこそこいける。
店内もローカル食堂に比べれば、はるかに清潔感にあふれ、雰囲気もいい。
見事な経営戦略だなあ。

店員の数が無駄に多くて、半数以上が手持ち無沙汰にしているけど、これはタイでは一般的。
サービスなんて特に求めないけど、普通に応対してくれた。

自分から積極的にリピートすることはないだろうけど、どうしても日本のラーメンや餃子や焼き飯の味が恋しくなったら、また訪れる可能性はある。
セットで148バーツなら、節約型長期滞在者でも捻出できる額だ。
日本円で500円くらい。日本国内でも、このセットがワンコイン500円なら、充分利用価値のあるレベル。もっとうまいラーメンは他にもたくさんあるだろうけど、値段に見合っていることは確かだ。

いやはや、それにしても、すべてが普通だったなあ。
ま、ある意味、タイでは普通にすべてが食べられるのが特別なのかも。

SPONSOR LINK

関連記事

蓮の実 (1)

珍味?タイの屋台で売られている蓮の実を生で食べてみた。パックブア。

タイでは、いろんな野菜や果物が屋台で売られている。 トラックに満載された果物が売られていること

記事を読む

屋台のカオニャオマムアン (2)

今が旬!一度食べると病みつき?カオニャオマムアンは、もち米にマンゴーをのせた甘くておいしいタイ名物お菓子

タイは、5月前後がマンゴーの季節。 甘くておいしい完熟マンゴーが1kg100バーツ(310円)

記事を読む

パタヤカンとセカンドロード交差点近くのカオマンガイ (3)

セカンドロードとパタヤカン交差点近くのカオマンガイ屋。鶏肉もスープも味は良し、でも値段に難あり。

今回紹介するカオマンガイは、2年か3年ほど前に一度食べたことがある。 味はそこそこ良か

記事を読む

jumbo-sushi-7

JUMBO SUSHIは、定食50バーツの日本料理食堂@サードロードソイ15

晩飯を求めて、サードロードをふらふら歩いていると、小さな食堂を見つけた。 近づいて

記事を読む

フライデイFRYDEY最新 (1)

FRYDAYのフィッシュアンドチップスが値上げ。110バーツへ。でもうまい。

当ブログで何度か登場しているフィッシュアンドチップスの名店「FRYDAY フライデイ」

記事を読む

パタヤタイカオマンガイ (1)

ブッカオとサウスパタヤ交差点にあるカオマンガイ屋台の鶏肉が肉厚かつジューシーでおいしかった。

ソイブッカオとサウスパタヤロード(パタヤタイ)の交差点にあるカオマンガイ屋台に行ってみた

記事を読む

シーフードトムヤムスープクィティアオ屋 (3)

これはうまい。シーフード満載の海鮮トムヤムスープが絶品のクイティアオ屋。

少し前の沈没日記で取り上げたサードロードにあるクイティアオ屋。 満席で座れなかったり、

記事を読む

バーンイサーンムアンヨットのチムチュム

プロンポン近くのイサーン料理レストラン、バーンイサーンムアンヨット

バンコク在住の友人に連れて行ってもらったイサーン料理レストランがこちら。 バーンイ

記事を読む

ホーモックガイ (3)

天秤屋台で購入したホーモックガイサイピー。鶏肉のバナナ葉っぱ包み蒸し。

タイの街角では、いまだに天秤をかついで行商する人がいる。 パタヤでも、ちょこちょこ見かける。

記事を読む

パタヤタイの39バーツステーキ屋 (3)

これがパタヤ最安か?39バーツステーキ屋@パタヤタイ

パタヤタイ(サウスパタヤ通り)をひたすら走っていると、またしてもステーキ屋の看板を発見した。

記事を読む

アドステア

Comment

  1. こ~じ より:

    初めてコメントさせていただきます。
    8番らーめんの地元の者です。

    日本オリジナルは野菜らーめんといって、キャベツやにんじんなどの野菜が麺の上にどっさりのっています。
    10年以上前にバンコクで食べたときはそんな感じだったと思います。
    それが3~4年前にパタヤで食べたときは野菜がなく、スープも早々に冷めてしまいました。たぶん、タイ人の好みに合わせていったのではないかと思います。
    そんな努力がタイ全土で100店舗以上につながっているのではないかと。

    末筆ながら、いつもブログを楽しみにしています。
    これからもよろしくお願いします。

    • pattayan night より:

      コメントありがとうございます。
      タイの8番らーめんもメニューによっては具だくさんのものもあるみたいです。メインはシンプルなラーメンですね。
      タイ人の好みにあわせつつも、日本のラーメンの味は維持してますね。大したもんだと思います。

  2. 芽キャベツ より:

    節約型長期滞在者・・・・・私が当てはまりが 特に食べたいと思いませんね それより美味しいと思われるバーミーを日頃食べているので、1杯30Bで量は少ないですが2杯食べれば満足です。

    • pattayan night より:

      わたしも積極的リピートはないですが、ごくたまに日本の味が恋しくなった時のためですかね。
      8番らーめんの量は、安いバミーと同じくらいか、さらに少ないくらいです。このあたりも、タイ人に合わせているんでしょうかね。

  3. Chezz より:

    8番らーめんはセンタンの6Fですね。

    8番ラーメン(63B)を食うなら、バーミーナムの大盛り(50B)の方が、格段にパフォーマンスがいいですね。
    ただし、バーミーナムも店によってレベルが全く違うので、早く、良い店(行列ができる店)を見つけるのがポイント。

    8番らーめんで食うのは「パイタンチャーシューメン」の大盛り専門です。
    御飯も同時に頼みます。
    チャーシューをご飯に載せて、ラー油と醤油を少し垂らして、焼き豚丼にして食べます。

    近いうちに、センタンに「丸亀製麺」が出店するようです。
    ネットに出てましたが、変わった食い方があるようですね。
    オリジナル「天かす丼」だそうな。
    うどんを注文せず、御飯だけ注文して、天かすとネギをご飯の上にたっぷりかけて、醤油をたらすと、激ウマの「天かす丼」の出来上がり。
    店員に睨まれそうだが、なんだか美味そうな感じがしますね。

    • pattayan night より:

      映画館へ行けるフロアですね。いつも、いちいち階を数えていないもんで。
      コスパは、ローカル食堂のバミーが断然上です。これはどうしようもないですね。うまいクイティアオ屋は、いつもタイ人でにぎわっています。

      チャーシュー丼にする食べ方、うまそうですね。参考になります。
      センタンに丸亀製麺ができるようですが、ココイチやモスバーガーの時みたいに、あっさり撤退しないことを願っています。そういえば、センタンにはペッパーランチも昔ありましたね。天カス丼もよさそうですね~。

アドステア

pheromon-club
ウォーキングストリート新規OPENゴーゴー、フェロモンクラブとバイパス訪問レポート

パタヤを一ヶ月ほど留守している間に、新しいゴーゴーバーが2軒オープンし

walking-street-201612
2016年12月タイ、バンコク・パタヤ夜遊びスポットの現状

ここ数日間、バンコクとパタヤの夜遊びの現状を調査してきた。 国王

pattaya
約100日のアジア周遊旅行とパタヤ沈没生活の出費報告書

香港からスタートして、パタヤ沈没でゴールした今回の旅行。 全日程

nana-to-donmuang-airport-4
日本帰国と3ヶ月に渡る長期海外旅行の振り返り。そしてまたパタヤへ。

沈没日記36最終回 帰国日である。 エアアジア便で日本

magic-food-park-donmuang-airport-5
ドンムアン空港第3のフードコート、MAGIC FOOD PARK。

なにかと物価の高いドンムアン空港にあって安い食事どころといえば、マ

→もっと見る

PAGE TOP ↑