*

ブッカオ常設市場にあるベトナム料理屋のクイジャップユアン


毎度おなじみ、庶民の味方、貧乏旅行者&B級グルメ愛好家御用達のソイブッカオ常設市場である。
その一角には屋根付きの屋台村ないし簡易フードコート的な飲食店コンプレックスがある。

ソイブッカオ常設市場 Buakhao market (1)

ぶっかけ飯屋がとかくクローズアップされがちだが、その他のメニューも充実している。

今回取り上げるのはベトナム料理屋だ。
ここのクイジャップユアンは食べやすい味でけっこういける。

SPONSOR LINK



ブッカオ常設市場のベトナム料理屋

説明不要かもしれないが、念のために、ソイブッカオ市場の地図を。

正式名称不明。ソイブッカオ南端の火金市場と区別するため、毎日開催していることから勝手にブッカオ常設市場と呼んでます。
タイ人相手には、タラートブッカオと言えば通じる。が、たまに火金市場もタラートブッカオと呼んだりするからややここしい。

ソイブッカオ常設市場 Buakhao market (2)

市場に入って右手の屋根付き部分が屋台村になっている。席は自由に座ってよい。

ベトナム料理屋は手前側の列に店を出している。

ブッカオ常設市場のクイジャップユアン (1)

ちょっと文字が隠れているが、Vietnamese foodと英語表記してある。

ブッカオ常設市場のクイジャップユアン (6)

調理台には、揚げ春巻きやベトナム麺が陳列。

ブッカオ常設市場のクイジャップユアン (7)

メニューが写真付きで貼ってあり、わかりやすい。注文は指差しでいける。

クイジャップユアン

気になったのが、これ。

ブッカオ常設市場のクイジャップユアン (2)

Vietnamese Rice Noodle Soupと書いてあるなあ。まあ、クイジャップユアンのことでしょう。
とりあえず、「クイジャップユアン」とだけ告げて、注文した。

クイジャップ(クワイジャップ)とは、タイでは太いねじり麺の入ったモツスープのことだが、これにベトナムを表すユアンを付けると、ベトナム風のクイティアオとなる。
フォーとの違いはよくわからないが、たしかに別物のようだ。
クイジャップユアンは、もちもとした食感の麺とスープが特徴。
ラオスに行くと、同じ料理がカオピヤックという名称になる。
わたしは、タイの普通のクイティアオよりも、クイジャップユアンのほうが好きだ。

5分とかからず、クイジャップユアン到着。

ブッカオ常設市場のクイジャップユアン (3)

どんぶりは大きいが、思ったよりも麺が細い。
ここまで細いクイジャップユアンは初めて見た。

ブッカオ常設市場のクイジャップユアン (5)

ほじくりかえすと、豚骨が入っている。これはクイジャップの定番。同じく定番であるムーヨー(ソーセージ)が細かく刻んで入っている。
あとは、ゆで卵、野菜、薬味。人参が入っているのは珍しいかも。

スープは、かなり薄口。飲みやすい。
ちょっと物足りないので、クイティアオと同じ4種類の調味料で味を整える。

ブッカオ常設市場のクイジャップユアン (4)

薄口といっても、しっかりダシは出ており、あまり無理に調味料は入れなくていいかな。

すっきりしたスープで、まずまずおいしい。スープの粘り感は少なめ。
細麺だが、もちもち感あり。
個人的には、日本のうどんのような太い麺のほうが好みだけど、この麺もなかなかのもの。
人参はしっかり煮込まれていて柔らかい。
ムーヨーとゆで卵は、まあ普通においしい。
そして、豚骨。これが煮込まれすぎていて、肉と骨がぼろぼろ崩れてしまい食べにくい。
が、しゃぶりついてしまうほどおいしい。
細かい骨がスープに落ちてしまうんで、一気にスープを飲むと危険。骨を避けて、ゆっくり飲みましょう。
とにかくスープはおいしいです。
こういったクイジャップユアンは、底のほうに化学調味料が沈殿しているものだけど、ここのスープは最後まですっきりしたまま。
スープだけでもいけますね。

完食です。
お値段並盛りで50バーツ。
ちょっと量は少ない。がっつり食べたい人は大盛り(ピセー)にしたほうがよさそう。

もしくは、二人で訪れて、別途、春巻きをシェアしてもいいかも。

決して特上のクイジャップユアンというわけではない。
が、パタヤ中心部で気軽に食べられるクイジャップユアンとしては申し分ないかと。

サードロードやパタヤタイ方面までいけば、さらに豪勢なクイジャップユアンが食べられます。
でも、スープに関しては、このブッカオ常設市場ベトナム料理屋もけっこういい線いっている。
まだ、クイジャップユアンを食べたことがない人は、一度訪れてみては。

SPONSOR LINK

関連記事

ヤムネーム (5)

ヤムネーム。焼きおにぎりは、激辛サラダと化す。

たまに、屋台や市場で見かける謎の食材がある。 見た目は、焼きおにぎり。 焦げ

記事を読む

ドンムアン空港第2ターミナルマジックフードディストリクト (2)

ドンムアン空港第2ターミナルの新フードコート、MAGIC GARDEN・マジックフードディストリクト

ドンムアン空港第1ターミナル リノベーションを終えて、新装オープンしたドンムアン空港第

記事を読む

Asoke noodle soup (4)

手作りルークチンが名物。アソーク・スクンビットソイ19のクイティアオ屋。

宿泊しているサムズロッジとBTSアソーク駅の間にクイティアオ屋を見つけた。 大きな教会(Gra

記事を読む

チャイヤプーン入り口の屋台 (1)

ソイチャイヤプーン入り口の屋台が安くてうまい。鶏の内蔵とタケノコのガパオ、イワシ入りカオパットなど。

タイ・パタヤでの節約生活には欠かせない屋台。 でも、どうせなら安くておいしい屋台で食事したいも

記事を読む

Buakhao paradise pattaya room (8)

Buakhao Paradiseのブレックファーストとゲストハウス部屋内部見学レポート

ソイブッカオの南側に、昨年後半くらいからだろうか、Buakhao Paradiseなる看板が上が

記事を読む

ソイARのブレックファースト99バーツ (5)

ペルシャ人レストランでイングリッシュブレックファーストを食べる。99バーツ。

パタヤカンのソイ12(通称ソイAR)をずっと進むと、長期滞在向けのホテルやサービスアパートメント

記事を読む

パートンコー屋台 (6)

タイの朝食といえば、パートンコー(揚げパン)。練乳シロップをつけて食べると病みつきの味だ。ソイブッカオでどうぞ。

ソイブッカオのパタヤ市民病院(Pattaya City Hospital)近くで、朝だけ営業して

記事を読む

Yakisoba

パタヤにある日本式焼きそば屋台リニューアル

読者さんから質問をいただきました。 「日本の焼きそばのバイク屋台を見かけたのですが、何かご

記事を読む

moo-pin-3

夜間営業のムーピン屋台@ソイチャイヤプーン入り口

ムーピンとは、タレに漬けた豚肉を串焼きにしたもの。 甘辛いタレと柔らかい豚肉の相性

記事を読む

koh-chang-seafood-restaurant-9

カブトガニも食べられる。タイ・チャン島の安くてうまいシーフードレストラン。

タイ東部の島、チャン島(チャーン島、コチャーン)。 島だけあってシーフードが豊富なのは当たり前

記事を読む

アドステア

アドステア

タイ・パタヤの丸亀製麺のしっぽくうどん (1)
丸亀製麺のしっぽくうどんで日本の田舎を思い出す

用事があってBIG C Extraへ行った際に、ふと気になり、丸亀

ウォーキング夜景 1
【最新2017年版】パタヤ夜遊び相場一覧。ゴーゴーバー、バービア、ソイ6、MP、いくらで遊べるの?

2017年8月最新更新。 大元は2015年4月にアップした記事となり

サイアムビューレジデンス Siam View Residence (7)
サイアム ビュー レジデンス (Siam View Residence)宿泊レポート

パタヤカンのソイ12にあるサイアムビューレジデンスに泊まってみた。

TANTRA タントラ
Tantraレベルアップ、Iron Club再開、Super Girl変わりなし、Windmill復活

8月18日、昨晩のウォーキングストリートの様子をレポート。

ソイユメのカオマンガイ屋 (1)
ノースパタヤバスターミナル近くのおいしいカオマンガイ屋さん@ソイユメ

ソイユメとパタヤヌア(ノースパタヤ)通りの交差点近くにカオマンガイ

→もっと見る


PAGE TOP ↑