*

スーパーガール閉店(?)について思うこと

スーパーガール2

ここ最近、珍しくウォーキングストリートへ顔を出す機会が多い。
すると、夜だというのに、ソイダイヤモンドにあるスーパーガールから灯りが消えているのが気になった。
何度か前を通っても、いつも暗いまま。
普段は開いていてもまったく気にも留めないのだが、さすがに気になる。

スーパーガール1

向かい側のスーパーベイビーは営業中。
店の前で客引きをしている男に聞いてみると、スーパーガールのダンサーたちはベイビーのほうに集まっているとのこと。
店自体が閉まったのか、と聞いてみても、とにかくスーパーベイビーに入れ入れと催促するばかり。
「ミルミル~ミルダケ~」とお決まりの言葉の連呼。

まあ、とりあえず中に入ってみると、ステージ上のダンサーの数は多い印象。
待機ダンサーの姿も複数確認。
昨年の1月に友人のアテンドでスーパーベイビーに入った時よりは、明らかにダンサーの数が増えている。
やはり、ベイビー側に戦力をすべて投入しているようだ。

ちなみに、本当に見るだけにして、すぐに撤退。
「ミルレーオ」と返事すると、コワモテの呼び込みの兄ちゃんが笑っていた。

これが一時的な施策なのか、スーパーガール自体が店じまいをしてしまったのかは、結局わからないままだけど、ハイシーズンのこの時期に店を開けていないってことは、しばらくの復活はなさそうだ。

それにしても、あのスーパーガールが閉店かあ。
ちょっと感慨深いものがある。

 

スーパーベイビーとスーパーガールの二店。
パタヤのゴーゴーバー初心者が必ずと言っていいほど通る道だった。

日本人好みのダンサーをコレでもかと取り揃えていた。
人気嬢は夜8時の開店と同時にすぐに売り切れ状態。
それも納得のレベルの高さだったのだ。

が、その半面、イヤなところもたくさんあった。

早帰りの洗礼。
スレスレ嬢の洗礼。
アレ買ってコレ買っての洗礼。

もちろん、わたしもそうだった。
パタヤ初心者の頃、ベイビーかガールかは忘れたけど、まるでモデルのようにかわいいダンサーをロングでペイバーした。
バーファインとチップは全額先払いだ。
サービスもへったくりもないマグロな一戦を終えたら、「アイムハングリー」と言い残して、さっそうと早帰り。
ロング代のチップが返却されることは当然ない。

でも、別のダンサーは、追加チップなしで翌日の夕方までパタヤの観光地をあちこち連れて行ってくれたりもした。

いい思いもしたし、悪い思いもした。
タイやパタヤでの夜遊び、それにタイの夜の女性たちに慣れてくるにつれ、スーパーベイビーやスーパーガールにはほとんど寄り付くことがなくなった。
英語もタイ語もできないタイ夜遊び初心者の知人をアテンドで連れて行く時くらいなものだった。
(バーファインやチップの上昇が続くパタヤのゴーゴーバーにあって、あまり値上げしていないスーパーグループは、意外とローコストかつ安全に遊べるゴーゴーバーだったりする。)

でも、たまに訪れると、徐々に落ちぶれていっているのがわかった。
まずダンサーの質が落ちていった。
店内に活気がなくなった。

ほんの数年前までは、パタヤのゴーゴーバーといえばスーパーベイビーかスーパーガールだったのに。
栄枯盛衰とはまさにこのこと。

理由はいくつか考えられる。

人気ダンサーの流出が第一。
特にバカラの隆盛の影響は大きいだろう。
スレスレ嬢に嫌気がさした日本人のあいだで悪評判が立ってしまい、日本人があまり行かなくなった。
特にパタヤ常連組の足が遠のいてしまった。
ハッピーアワーの設定がなく、気軽に入れない。
そういった負の要素のスパイラルで客足が鈍化し、ダンサーも減っていく。
そして、ついには、スーパーガールの閉店へ至る。

あの頃の栄光よ、もう一度。
となりそうにない。
人気店を維持するのって大変そうだ。

 

パタヤ好きの友人たちも、スーパーベイビーとスーパーガールをみな通ってきた。
なんというか、この二店には、パタヤという戦場で戦ってきた者たちの、楽しくもあり辛くもある淡い記憶が色濃く対流している。

灯りを消した夜のスーパーガールの前を通るたびに、過去の思い出がフラッシュバックされ、あの頃の若い自分とダンサーの姿と戦友たちが脳裏をかけめぐるのだ。

せいぜいここ7,8年しかウォーキングストリートのゴーゴーバーの動向を見ていないけど、時の流れは早さは実感できる。
新しい店ができては、古い店が淘汰される。

今は王者として君臨するバカラが沈むことだってじゅうぶん考えられるし、パタヤのゴーゴーバー自体がいつまで続くのか誰にもわからない。

今日もパタヤで元気に生きているものは、今日を楽しんで生きるだけ。
パタヤとはそういう街だ。

大幅リニューアル!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年(8月6日更新3軒追加)


関連記事

ウォーキングストリート

おそるべきタイ有引力の法則。タイ中毒者のための処方箋はあるのか?

ゴールデンウィークもそろそろ終了。 期間中にタイで遊ばれた方もすでに帰国している頃でしょうか。

記事を読む

Book of Shimokawa

下川裕治ひさびさのタイ本、「週末ちょっとディープなタイ旅」レビュー。ナタリーも登場するよ。

タイに関するトラベルライターといえば、下川裕治さん。 ガイドブック的ではない、タイの庶民目線か

記事を読む

ボーイズタウンの看板

明るく楽しいレディドリンク&ペイバー撃退方法を考える

ゴーゴーで飲んでいると、ほぼ必ずといっていいほど、営業をかけられる。 レディドリンクを奢って欲しい

記事を読む

タイ結婚式

続・フェイスブックにご用心。ファランからの死刑宣告とタイ女性の自由奔放。

以前、フェイスブックのメッセージでファランから罵詈雑言を浴びせられた件について記事を書いた。

記事を読む

東南アジア周遊ルート地図

夜遊び的東南アジア大周遊旅行を考える

ほぼ、前回の続きのような内容。 下川裕治の「裏国境突破 東南アジア一周大作戦」に触発されたわた

記事を読む

Pattaya beach 2017

ファランもイープンもタイレディの前では平等だし、やっていることも同じだよ

先日、パタヤのローカルレストランでブレックファーストを食べていた時の話。 わたしの横のテーブルに3

記事を読む

スクリーンショット_050916_020340_PM

「世界一周ホモのたび by 熊田プウ助・ サムソン高橋」がおもしろい

バックパッカー系海外旅行ブログやツイッターで話題になっている本がある。 タイトルがいい

記事を読む

LKメトロ

毎月30万バーツ送金、残高ゼロ。はたして日本人とファランはどちらがカモなのか。

前回の沈没日記に登場したソイLKメトロのコヨーテ嬢。 仕事終わりに部屋へ連れて帰って、ショート10

記事を読む

求刑死刑

「求刑死刑 竹澤恒男」 バンクワン刑務所の実態とは?

なにかと話題になっている本を読んでみた。 「求刑死刑 タイ・重罪犯専用刑務所から生

記事を読む

ドリンキングストリートバービア群

パタヤのバービアで若くてかわいい新人バービア嬢は見つかるのか?その探し方。

バービア遊びの醍醐味 バービア遊びの醍醐味としてよく言われるのは、 ・ダイヤの原石探

記事を読む

アドステア

Comment

  1. さる より:

    本当ですか。残念です。

    まあ本当にお客さんがいませんでしたからね。

    仕方ないかな。

    • pattayan night より:

      昨晩も見てきましたが、スーパーガールはやっぱり閉まったままです。
      残念ですが、当然の成り行きのような気もします。

アドステア

ソイ6 soi 6
大喧嘩したのにロング1000バーツでいいからペイバーしてと懇願するバービア嬢をお持ち帰り

パタヤ沈没日記3 ソイブッカオのバービアの話である。 21歳の

R-con bar restaurant breakfast ブレックファースト (6)
R-con Barのイングリッシュブレックファースト120バーツ

ソイブッカオ北側のクランクコーナーに建つのがRコンレジデンスホテル

ソイ8 Soi 8
ソイブッカオ20歳新人バービア嬢を仕事終わりに部屋へ召喚

パタヤ沈没日記2 元ゴーゴー嬢との関係は継続しつつ、日々のバーめ

求刑死刑
「求刑死刑 竹澤恒男」 バンクワン刑務所の実態とは?

なにかと話題になっている本を読んでみた。 「求刑死刑

ドンムアン空港エアアジア (3)
エアアジア増便。大阪・バンコク便が1日2往復へ。ハイシーズン限定。

関空とバンコク・ドンムアン空港を結ぶエアアジアXの直行便が1日2便

→もっと見る


PAGE TOP ↑