*

バンコク・スクンビットソイ33ではじめて夜遊びしてみた。カラオケとかマッサージとかバービアとかバニラとか。

公開日: : 最終更新日:2017/06/12 夜遊び情報

バックパッカーとして最初にバンコクを訪れたのは今から20年前のこと。
スクンビット界隈で遊び始めてからは10年ほどになる。
が、いつもはナナとアソークの間ばかり。あとは地下鉄に乗って、ホイクワンで下車する程度。
そもそもメインはパタヤなんでバンコクはおまけ扱いだった。
ましてや日本人街といわれるエリアは極力避けてきた。タニヤで遊んだのも今年が初めてだ。
そのタニヤが意外と楽しかった。
じゃあ、次はスクンビットの日本人街といわれるプロンポン周辺へ行ってみよう。
そう思い立ち、ソイ33にあるホテルを予約。
宿泊していたソイ15のルアムチットホテルをあとにして、歩いてソイ33へ向かったのだった。

昼と夜の様子をまとめてお届け。

スクンビット・ソイ33

最寄り駅はプロンポン。アソークの隣の駅だが、わざわざBTSに乗るほどのものではない。歩いて向かった。
アソーク通りを越えるには、BTSの連絡通路を渡るのが楽。もしくは地下鉄の通路でもいい。
ルアムチットホテルから徒歩15分弱で、ソイ33へ到着。

Sukhumvit soi 33 (8)

ソイ中へ入っていく。

Sukhumvit soi 33 (9)

パクソイ(ソイの入口)にはモトサイ乗り場やローカル向け屋台が並ぶが、その先は日本語の看板が目立つ。

Sukhumvit soi 33 (7)
Sukhumvit soi 33 (6)

焼き鳥だのラーメン屋だのカラオケだのマッサージ屋だのランドリーだのバニラだの。

Sukhumvit soi 33 (5)

って、バニラってこんなところにあったのね。

昼過ぎだったもので、健全系マッサージ屋とラーメン屋くらいしか開店していない。メインは夜だな。

ホテルはサクラスカイレジデンス。

Sukhumvit soi 33 (2)

日本人向けのホテルのようで、ロビーには日本の新聞が常備されていた。
看板も日本語あり。

Sukhumvit soi 33 (3)

全室ウォシュレットトイレ付きというのがうれしい。ロビーにある公共トイレまでウォシュレットだった。

サクラ スカイ レジデンス (Sakura Sky Residence)をAgodaでチェック

より詳細な宿泊レポートはこちら。
バンコクスクンビットでウォシュレット付き1泊1000円から。日本人向けホテル&カプセルホテル、サクラ スカイ レジデンス宿泊レポート。

隣は、蕎麦屋のあずま。うまそうです。

Sukhumvit soi 33 (21)

ソイ33/1

ひとしきりソイ33を散策してから、隣のソイ33/1へ。

その途上で、古本屋を発見。サンブックスか。昔、外道の細道の投稿でよく見かけた名前だなあ。

Sukhumvit33-1 (2)

ソイ33/1へ入ると、もう一軒古本屋を見つけた。キーブックス。

Sukhumvit33-1 (3)

看板の雰囲気が完全に日本のローカル古本屋だ。

あとはラーメン屋、眼鏡屋、語学学校、日本人バー、不動産屋、弁当屋などなど。

Sukhumvit33-1 (5)

そして、極め付きが日本食材を扱うスーパーマーケット、FUJI SUPER(フジスーパー)だ。

Sukhumvit33-1 (4)

おお、ここが噂に聞こえたフジスーパーかあ。
初めて目の当たりにした。
中に入ると、普通に日本人主婦らしき人たちが食材を求めて買い物しているではないか。日本と変わらない風景だ。日本からの輸入品は多少高いがしょうがあるまい。
弁当まで揃っている。のり弁当が100バーツほどで、タイの物価を考えると高いけれど、日本基準で考えると妥当な金額。
日本並みの給料をもらっている人なら躊躇なく買い物できそう。
かなり食指が動かされたが、ここは見学だけでスルー。
パタヤにもようやくマックスバリュができたが、バンコクのフジスーパーはやはり桁違いだな。でも、パタヤに支店を開いても、たぶん儲からないと思うけれど。

七星ラーメン

またソイ33へ戻る。
ちょうど腹が減ったタイミング。さて何を食べようか。
ローカル向けのクイティアオ屋台にしておこうかとふらふらしていると、ラーメン屋から「いらっしゃいませ~」と声をかけられた。

Sukhumvit soi 33 (20)

七星ラーメンか。
日本のチェーン店のようだが、日本でも食べたことがない。そもそもここ5年以上、日本のラーメン屋へは行っていない。食べるのは東南アジアのローカルラーメン屋ばかり。

七星ラーメンの調理は店先で行っているもよう。
なになに、ネギ鶏そばが80バーツか。日本ラーメン屋にしては激安。
これなら手を出してもいいか。

店内の様子
Sukhumvit soi 33 (16)
カウンター席とテーブル席でわりと広め。でも中途半端な時間なのか客はゼロ。

メニュー
Sukhumvit soi 33 (12)

NANASE、ななせって読むのか。それすら初めて知った。

種類がいろいろあるけれど、一番安いネギ鶏そばにしておく。

Sukhumvit soi 33 (13)

あと、急激に餃子熱が出てきたので、揚げ餃子も追加注文。

Sukhumvit soi 33 (14)

水は有料。15バーツ。独自パッケージの七星ウォーター。

Sukhumvit soi 33 (15)

ネギ鶏そば到着。

Sukhumvit soi 33 (17)

どことなく、天下一品に似た雰囲気。
で、まさに天一系のこってりスープだった。鶏そばというから、もっとマイルドなやつかと思っていたが、これは意外。でも、こってりしているけど、意外と食べやすい。けっこう好きかも。天一よりこってり感は少なめか。

卓上に置かれたワサビとカエシを入れるとおいしいと店員に言われたので、試してみる。

Sukhumvit soi 33 (18)

うーん、たしかにさらにマイルドになって食べやすい味となった。ワサビもカエシも強烈なはずなのに、こってりスープに入れると、お互いに攻撃力を打ち消し合って、マイルドとなるのか。
ざるそばのツユにワサビを入れると、辛さよりもマイルドさが増すのと同じ構造かね。
でも、ざるそばと違って、鶏そばはそのまま食べたほうが好き。

少し遅れて揚げ餃子が到着。
揚げたてそのもので熱々だ。

Sukhumvit soi 33 (19)

タレはついていないが、下味はついているし、こってりスープと一緒に食べるとちょうどいい。
日本と変わらぬ味。

日本のラーメン屋そのまんま。
大変おいしくいただけました。

日本でもラーメン屋に行かないのに、まさかバンコクで食べることになるとはね。

お会計は144バーツ。そこにVATが加わって合計154バーツ。
わたしにしてはとても贅沢な昼食となった。日本円に換算すると500円ほど。日本国内で食べるなら1コインで安いんだけどね。

ファミキッチンのカツカレー

夜暗くなってから再度外出。
ソイ33入口角にはファミリーマートが建っている。
中にはイートインコーナーがあって、その名もFami Kitichen(ファミキッチン)。

Sukhumvit soi 33 (11)

メニューは日本食とタイ料理が半々くらい。
カツカレーを発見。
腹も減ったことだし、ラーメンの次はカツカレーにしてみるか。

料理名の書かれたカードをレジに持っていって支払いすればいいだけ。
あとはレシートを見せると調理してくれた。
カツカレーが60バーツだ。

カツカレー丼のできあがり。

Sukhumvit soi 33 (25)

さすが日本資本のファミリーマート、ちゃんと日本のカレーの味だ。辛さもしっかりある。たぶん日本米を使っている。まさに日本のカレー。
カツは出来合いのもので今ひとつだけど、これで60バーツなら充分でしょう。あえて積極的にリピートしようとは思わないが、腹が空いている時に通りかかったら利用してもいいレベル。
パタヤにもファミキッチン作ればいいのの。でも、たぶん流行らないだろうなあ。

スクンビットソイ33の夜遊び

長い前置きはここまで。
いよいよ夜遊び本番である。

夜のスクンビットソイ33の様子
Sukhumvit soi 33 (1)

ほとんど事前情報無しの飛び込み調査だ。ひたすら聞いて回る。とはいえ、それほど長い距離のあるソイではないんで、歩いても余裕。

マッサージ屋

やたらと目を引くのが、日本人向けマッサージ屋でしょう。

サクラレジデンス前には
Sukhumvit soi 33 (23)

ホテル横には、NEW MASSAGEとDream Heaven Massageが並んでいる。

Sukhumvit soi 33 (4)

サクラスカイレジデンスの部屋の窓から見下ろすと、DOZOというマッサージ屋が見えた。

Sukhumvit soi 33 (24)

他にもいろいろあってソイ33内だけで全部で10軒ほどありそう。日本人向けスペシャルマッサージ屋通りですな。

Sukhumvit soi 33 (26)

このような日本人向けスペシャル系マッサージ屋の店内に実際に入るのがこれが初めてだ。最近、この手の初物が続いていて、なんだか楽しい。

店頭で客寄せしていることもあるが、店内奥で待機しているマッサージ嬢もいる。
店に入ると、ソファーに座って、顔見せタイム。
ママさんからシステムと料金の説明を受けて、指名すればいいだけ。

価格は店によって差異があるが、40分1600バーツ、90分2300から2500バーツってところ。
もちろん始めからスペシャルサービスが込みとなっている。

実にわかりやすい。
完全に対面で指名できるし、パネルマジックとやらの心配なし。しかもポッキリ価格。
日本人に受けるわけだ。もはや、地下鉄に乗ってホイクワンまで行く必要なし。そもそもナタリーはずっと閉まったままだし。

ほどほどに若くて可愛いマッサージ嬢も見かけた。
狭い範囲に固まっているんで、ひたすら見てまわるのが良さそう。でも戻ってきたらもういないという夜遊び定番パターンにハマる可能性も高いだろうが。

選択に渋っていると、値下げを提示してきたママさんもいた。客が少ない時はマケてくれるみたい。

客のほとんどは日本人だが、韓国人や中国人の客も見かけた。ここにも中韓かあ。
さらには黒人系ファランが一人でマッサージ屋を行脚していた。受け入れてくれるんだろうか。

日本カラオケ

全部で7,8軒といったところか。
奥まった路地の先にもある。

Sukhumvit soi 33 (27)

路地の名前が三十三横丁。
たしかにソイ33だけど、そのネーミングはいかがなものか。

完全に日本人向けのカラオケ屋。
飲み代は1時間800バーツの店が多い。タニヤと同じですな。
安いところが、1時間680バーツ。

カラオケ嬢の容姿と若さは、やはりタニヤには劣る印象。
やや年齢層高めか。日本語通用率は高そう。

入店しておらず店内の様子は不明。
連れ出しは可能とのこと。ショート2500、ロング3500だったかな。タニヤと同じです。

バニラ Vanilla

一番気になっていたのがバニラ。

Sukhumvit soi 33 (28)

階段を上がった先が店舗のようだが、階段下で女性陣が待機している。
この時は全部で6人ほど。
システムを尋ねると、女を横につけて一緒に飲むことができて、飲み放題1時間800バーツ。レディドリンクは200バーツとのこと。
カラオケと一緒ですな。
ガールバースタイルもあるそうで、こちらはテーブルチャージが1時間あたり200バーツだか300バーツだか(詳細な金額は失念)かかるとのこと。飲み代放題ではなくて、ドリンクごとの料金。
気になる連れ出し代は、コミコミでショート2100バーツと言われた。つまりバーファインとブンブン代込みの価格。
飲まずにいきなり連れ出すこともできるらしい。わりと安いんじゃないでしょうかね。
6人中2人は、まずまず可愛かったんで、さくっと連れ出してしまうのも良さそう。まあ、そうなると置屋と変わらなくなってしまうけど。

バービア

バービアと呼んでいいのだろうか。でも他に適切な名称が思いつかないんで、バービアとしておく。
いわゆるオープンタイプのバービアではなくて、基本的には店内で飲むスタイル。普通のバーに女性ホステスが少々いるといった感じかな。

わたしが入ったのはここ。

MONET CLUB
Sukhumvit soi 33 (29)

店頭に呼び込みの女性が待機している。
一人でふらっと入店しても大丈夫。
わりとおしゃれで落ち着いた雰囲気の店内。
ビールが150バーツと、なかなかのお値段。

女性陣は全部で5人ほど。
一人だけ若くてかわいいのがいたが、日本人客がずっと横につけて飲んでいた。

ママさんたちとおしゃべりするだけにしておく。
みんなフレンドリー。フルーツも出してくれた。
場所柄か、簡単な日本語は通じるが、しっかり話すのは無理みたい。英語は通じる。
連れ出し可能。話し相手になってくれたバービア嬢に聞いてみると、バーファインは1400バーツと言われた。ほんまかいな。

他にも似たようなバーがいくつか。
MONET CLUBはたまたま日本人客が1人だけだったけれど、他のバーはファラン客メインのようす。
ただのバービアとは雰囲気が少し違うし、ヤリ部屋併設のジェントルマンラウンジとも違うし、なんだろうね、これは。
日本人街として知られるソイ33だが、そこそこファランも多い。
パタヤにもある有名イタリアンレストランのPANPANもあるし、ファラン向けスポーツバーも少々。

そして最後にDemonia

Sukhumvit soi 33 (22)

ま、ここは変態さん御用達の店でしょう。パタヤにあるThe Castleと同系列かな。
わたしはいたってノーマルで平凡な面白みのない趣味の男なんで、中には入っておりません。

なんでもアリだな、ソイ33よ。

なお、ソイ31も少し立寄ってみたが、こちらは日本カラオケ屋がちらほら点在する程度。活気があるのは断然33のほうです。
でも、ソイ31には安くておいしいイサーン料理レストランがある。
関連記事:プロンポン近くのイサーン料理レストラン、バーンイサーンムアンヨット

地図とまとめ

はじめてのスクンビットソイ33とソイ33/1だったが、昼間も夜もすっかり満喫できた。
日本人が集まるような通りや店はずっと敬遠気味だったが、訪れてみるといろいろな発見があっておもしろい。
どちらかというと駐在員や出張者、長期滞在車向けのエリアだろうけど、マッサージ屋などは短期旅行者でも充分楽しめるはず。マッサージ屋は昼間から営業しているだろうしね。
旅行日程が5,6日ほどあるなら、1日くらいソイ33へ寄ってもみたらおもしろいかも。

スクンビット通りを渡って少し歩くと、ソイ22のバービア群もある。
関連記事:クイーンズパークプラザは、バンコク・スクンビットソイ22のバービア群。料金と遊び方。

ソイカウボーイは徒歩圏内ですね。テーメーがすごく微妙な距離。
ナナプラザへはBTS利用でナナ駅下車するかタクシーでどうぞ。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

bachelor-1

すでにクリスマスモード、ソイLKメトロのゴーゴーバー6店舗訪問レポート

ソイLKメトロ内にあるゴーゴーバーを数えてみた。 シュガーシュガー、タッチ、キッス、パラダイス、デ

記事を読む

christmas-eve-pattaya-16

クリスマスイブのパタヤ

メリークリスマスfromパタヤ。 少し遅れたが、クリスマスイブのパタヤの様子です。 ソイ

記事を読む

HONEY1MP

深夜便で帰国する時のパタヤ・バンコクの時間の過ごし方と遊び方

はじめてパタヤを訪問するという読者の方から、質問をいただいた。 深夜便での帰国となるのでフライ

記事を読む

Thepprasit soi8

テパシット・ソイ8のローカル置屋の現状レポート2017年5月

昨晩の夜8時過ぎ、テパシットソイ8のローカル置屋をのぞいてきた。 過去レポートはこちら。 ⇒

記事を読む

夜のワットチャイモンコンタンブン (2)

明日は禁酒日(ヴィサカブーチャ)。お相手探しはお早めに。

明日5月20日は、タイの祝日。 ヴィサカブーチャ (仏誕節)と呼ばれる仏教の祝日であり、禁酒日とな

記事を読む

shark-1

【ウォーキングストリート】新規ゴーゴー店フロッグクイーンとシャーク復活

年明け以来、ひさしぶりにウォーキングストリートを訪れてみると、いくつか変化があった。 簡単にレポー

記事を読む

Lady love

GW終盤のパタヤ・ソイLKメトロのゴーゴーバー訪問レポート

昨晩12時頃、ソイLKメトロを訪問してきた。 カレンダー上のゴールデンウィークは終盤戦

記事を読む

読者投稿サムネイル

【読者投稿】タイギャルお勧め土産ベスト5

あちこちのタイブログに精力的に顔を出しておられる読者ヨッシーさんから長文のコメントを頂きましたので、

記事を読む

Walking street 201706 (2)

【2017年6月】ウォーキングストリートのゴーゴーバー7軒まとめてレポート

ラオスからパタヤに戻ってきて数日。 2日間にわけて、ウォーキングストリートのゴーゴーバーを訪問して

記事を読む

サファイアクラブ

【近況報告】最近訪れたゴーゴーバーたち

8時間ドライブしたり、同じ女性に5日間軟禁されたり、カブトガニ食べたり、パタヤマフィアにみかじめ料を

記事を読む

アドステア

アドステア

Yakitori Nongkhai (1)
ノンカーイは意外なグルメタウン。赤提灯日本式焼き鳥屋台とカオニャオマムアンで舌鼓。

ラオス・イサーン旅行記16 (15「タイビザ取得後、国際バス

Tree town steak lungyai (7)
TREE TOWN PATTAYA内の39バーツステーキ屋は風前の灯火か

ソイブッカオ北側の空き地にできたTREE TOWN。

Vientiane to Thailand Bus (8)
タイビザ取得後、国際バスでビエンチャンからノンカイへ

ラオス旅行記15 ラオンダオホテル1でたっぷり朝食を取っ

Pattaya soi6 (2)
規制強化中、パタヤ・ソイ6の現状。18時前でもオープンしているのか。

パタヤのソイ6。 昼過ぎからバーがオープンして、妖艶な女性たち(一部

La ong dao hotel1 (27)
ビエンチャンで夜遊び。ラ オン ダオ ホテル 1 (La Ong Dao Hotel 1)に泊まって併設置屋からお持ち帰り。

ラオス旅行記14 (13「ビエンチャンでガイヤーンと山盛りカオニ

→もっと見る

PAGE TOP ↑