*

プロンポン近くのイサーン料理レストラン、バーンイサーンムアンヨット


バンコク在住の友人に連れて行ってもらったイサーン料理レストランがこちら。

バーンイサーンムアンヨット (3)

バーンイサーンムアンヨット

タイ語表記:บ้านอีสานเมืองยศ

英語表記:Baan E-Sarn Muangyos

従業員に発音を聞いてみると、バーンイサーンはわかるが、後半が難しい。
ムアンヨ、とか、ムアンヨッ、もしくは、ムアンヨットかなあ。
英語表記の最後のsが気になるが、とりあえず、バーンイサーンムアンヨットとしておきます。

場所は、スクンビットのソイ31の少し奥のほう。
BTS駅プロンポン駅からは歩いて10分弱か。アソーク駅からも歩いて行ける。
少し歩く必要はあるけれど、バンコク中心部でとても便利な立地だ。
わたしは初めて知ったけれど、現地では有名なレストランみたい。
味は本格的で、価格は良心的。おすすめのイサーン料理レストランだ。

SPONSOR LINK

バーンイサーンムアンヨット

入り口
バーンイサーンムアンヨット (4)

店頭には、生簀が置いてある。
バーンイサーンムアンヨット (2)

踊り食いでもするのかな。

店内の様子
バーンイサーンムアンヨット (1)

店内は、わりと広め。
テーブル数は多いが、客足も多くて、時間帯によっては満席になることも。
わたしは夜7時前に訪れたが、運良く待たずに座れた。あとから来る客は満席のため断られていたほど。
客層は、タイ人がメインだが、日本人やファランも決して少なくない。
特にこのプロンポン地区は日本人駐在員が働いていたり住んでいたりするエリアなので、仕事帰りと思しき日本人の方が目についた。

店内はエアコンが効いていて快適。
イサーン料理レストランは郊外型のオープンレストランが多いんで、単純にエアコンが効いているのはありがたい。

メニュー

バーンイサーンムアンヨットメニュー (6)

料理の種類は豊富。
イサーン料理なら、ほとんど揃っているだろう。

ありがたいことに、英語と日本語が併記してある。

バーンイサーンムアンヨットメニュー (1)

チムチュムは、英語名でHOT POT、日本語名でタイしゃぶ、となっている。まあ、チムチュムのほうがわかりやすいけど。

バーンイサーンムアンヨットメニュー (3)

さすがにソムタムは、そのままソムタムですな。
ソムタムプーパラーは60バーツと、エアコンが効いているレストランにしては安い設定。

ページ数多数のため一部だけ掲載しておきます。まあ何でもあります。

バーンイサーンムアンヨットメニュー (2)

バーンイサーンムアンヨットメニュー (5)

ドリンクメニュー
バーンイサーンムアンヨットメニュー (4)

ここには掲載されていないようだけど、ビールはピッチャーでも注文できる。

テーブルとピッチャー
バーンイサーンムアンヨット (5)

今回実際にオーダーした料理を紹介していこう。

コームーヤーン(メニュー番号94、豚トロ焼き)

コームーヤーン@バーンイサーンムアンヨット

イサーン料理レストランでは、コームーヤーンが欠かせない。
豚の喉肉を焼いたもの。(あれ? 英語表記では肩肉になっているなあ。まあたぶん、これのことでしょう、コームーヤーンは。)
メニューの日本語表記にあるように、豚トロ焼きだ。
カオニャオとの相性が抜群である。

写真を撮り忘れたが、カオニャオはちまき風に包んであって、雰囲気良し。味も良し。20バーツ。

おいしいもんだから、コームーヤーンは追加でもう一皿頼んでしまった。

ヌアヤーン(メニュー番号93、牛肉焼き)

ヌアヤーン@バーンイサーンムアンヨット

これは、牛肉に味を染み込ませて焼いたもの。タイの牛肉なんで固いことが多いけど、アタリを引くと、むちゃくちゃうまい。
今回はいたって普通。コームーヤーンのほうがいいかな。

まずは、焼肉とカオニャオとビールで楽しみつつ、仕上げは鍋といきましょう。

チムチュム

バーンイサーンムアンヨットのチムチュム

オーソドックスな豚肉とイカエビがセットになったチムチュムを注文した。
メニュー番号007の「肉&魚介類タイしゃぶセット」だったはず。

鍋と七輪と食材が運ばれてくる。

野菜、豚肉、イカ、エビ、生卵など。

自分で鍋奉行してもいいけれど、よくわからなければ、店員がぜんぶ仕切ってくれるんで、慣れていない人でも安心です。

バーンイサーンムアンヨットのチムチュムはおいしいですね。
特にダシがうまい。
きちんとハーブの香りがしているけれど、ハーブ自体はすでに取り除いてあって食べやすい。
こぶみかんの葉とかレモングラスは、食べるにはちょっと邪魔なんで。
肉と魚介と野菜から出る旨味とダシの風味が混ぜ合わさり、最後に残ったスープがたまらなくおいしい。
ずっと飲んでいたくなる味です。

 

お会計は、全部で600バーツ。

コームーヤーン2皿、ヌアヤーン、カオニャオ2、チムチュム、ビールピッチャー。
一人300バーツとなかなか良心的価格。

まとめと地図

バンコク中心部にあって立地はいい。
味も良いし、値段も安い。
エアコンが効いていて店内は快適。
店員の接客も気持ちいい。
人気店なのも納得。

地図

プロンポン駅からでもアソーク駅からでも行けるが、わずかにプロンポン駅のほうが近いような気がする。
ソイカウボーイからは何とか徒歩圏内かな。

グーグルマップ表記では、Soi Sawatdiと書かれてあるのが、スクンビット31です。

営業時間は、夕方5時から朝4時まで。

なお、友人の話では、バーンイサーンムアンヨットはソイ33にもう一店舗出したが、ほどなく閉店してしまったとか。
グーグルマップには、まだソイ33店も掲載されているけど。

そんなわけで、それなりに清潔かつ涼しい店内で、安くておいしい本格的イサーン料理が食べたいのなら、バーンイサーンムアンヨットはおすすめです。
コームーヤーンとカオニャオとチムチュムは是非とも味わってほしいですね。

SPONSOR LINK

関連記事

コンチネンタルベーカリーカフェ (8)

ザ・コンチネンタル(THE CONTINENTAL)。ソイエキサイトにある手頃なベーカリーカフェ。パン1個9バーツから。

欧米人が集うパタヤには、カフェがとても多い。 コーヒーだけでなく、パンも販売している店もたくさ

記事を読む

ラーメンチャンピオンのカツライス (2)

ラーメンチャンピオンでカオムートートと注文するとカツライスが出てきた

カツ丼が食べたくなった。 海外滞在中でも日本食へのこだわりは、ほとんどない。 これまで海

記事を読む

Chester's frird chicken harbor pattaya (3)

タイのチェーン店「Chester’s チェスターズ」のフライドチキン

Chester'sは、タイ国内でわりと頻繁に見かけるフライドチキン系のファストフード店。 タイ全土

記事を読む

イサーン屋台 ラーブムー(3)

ラーブムー。ソイレンキー入り口のイサーン屋台がうまい。

ナムトックムーにつづいて、イサーン料理のご紹介。 今回は、ラーブムー。 ラー

記事を読む

ナムトックム (5)

ナムトックムーは、豚肉の血と脂がしたたるハーブ和えサラダ。一度は食べておきたいイサーン料理。

パタヤは、イサーンからの出稼ぎたちであふれる町。 通りを歩けばイサーン屋台にぶつかる。

記事を読む

central-marina-food-park-khao-soi-1

セントラルマリーナ(ノースパタヤビッグC)のフードコートでカオソーイを食べる

先日、とりあえず改装工事を一段落させて、オープンしたばかりのCentral Marina(セント

記事を読む

Gaen Moogata (18)

蟹がうまい!シーフードも食べ放題のゲーンムーガタ、199バーツ

パタヤのムーガタシリーズ最新作。 初訪タイの知人のために、タイに来たらムーカタを食ってもら

記事を読む

lk-chicken-1

LK Chickenの唐揚げは、夜食とおつまみに最適。1個15バーツ。

LKメトロのソイダイアナ側入り口近くのファミリーマート前に新しい唐揚げ屋ができている。 看板に

記事を読む

buriram-railway-station-6

ソース二度づけ禁止!?ブリラム駅前の立ち食い串揚げルークチンは1本3バーツ

なぜかは知らないが、ブリラムにはルークチン屋が多い。 ルークチンとは、魚な豚肉をミンチにし

記事を読む

ぶっかけ飯屋1

長期貧乏滞在者の強い味方。ブッカオ市場のぶっかけ飯屋。

【ブッカオの市場】 タイ語で市場はタラートという。 ソイブッカオには大きな市場が2つある

記事を読む

アドステア

アドステア

Walking street 201706 (1)
【6/23 昨晩のウォーキングストリート】ゴーゴーは午前3時に一斉閉店。一部ディスコのみ営業継続。でも大して影響ないよ。

今週頭に当局からウォーキングストリート各店へ発布された警告を受けて、ウ

Yakitori Nongkhai (1)
ノンカーイは意外なグルメタウン。赤提灯日本式焼き鳥屋台とカオニャオマムアンで舌鼓。

ラオス・イサーン旅行記16 (15「タイビザ取得後、国際バス

Tree town steak lungyai (7)
TREE TOWN PATTAYA内の39バーツステーキ屋は風前の灯火か

ソイブッカオ北側の空き地にできたTREE TOWN。

Vientiane to Thailand Bus (8)
タイビザ取得後、国際バスでビエンチャンからノンカイへ

ラオス旅行記15 ラオンダオホテル1でたっぷり朝食を取っ

Pattaya soi6 (2)
規制強化中、パタヤ・ソイ6の現状。18時前でもオープンしているのか。

パタヤのソイ6。 昼過ぎからバーがオープンして、妖艶な女性たち(一部

→もっと見る

PAGE TOP ↑