*

今回初のペイバーは、20歳新人バービア嬢

沈没日記7

そんなわけで、バービア新人嬢を探すべく夜な夜なパタヤを徘徊。
それほど気合は入っていない。たまたま出会えればそれでよし。いなければダラダラ飲むだけ。なんなら飲まずに部屋に帰ってもいい。
短期滞在の頃の毎日が勝負的な気合はすでになくなっている。すべてはめぐり合わせしだい。今日がダメなら明日。明日がダメなら来週という具合だ。

と、ふらふらとソイ7とソイ8を巡回してみることに。

まずは、ソイ7のセカンドロード側からイン。

Soi7
ついで、ビーチロード側からソイ8へ。

Soi8
典型的なソイ7&8めぐりコース。

うーむ、特に目ぼしいのが見つからないなあ。
おっと、色白スレンダー娘を発見。
まわりのおばさまバービア嬢たちもしきりに彼女をすすめてくる。日本人の好みをよくわかってらっしゃるね。

とりあえず店頭に座って軽く飲むか。
しれっと彼女の近くに座る。
まずは、おばさまたち相手に軽くおしゃべり。
ついで、色白娘とも軽くトーク。
色白だけどやはりイサーン出身。パタヤへ出てきて一週間だという。20歳。子供なし。英語は苦手でタイ語オンリー。まあ、ありがちな新人嬢ですな。
スタイルは細い。が、胸は小さめで、お腹がちょっと出ている。
間近で見てもやはり日本人受けしそうな顔立ちだ。かなり童顔。でも、ちょっと化粧が下手かな。
ドリンクの催促なし。
ビリヤードに誘ったところで、ようやくドリンク進呈となった。

新人だけあって、ビリヤードが下手。
あかん、勝負にならん。
手加減したつもりだが、あっさりと勝ってしまう。

席に戻って、まったり飲む。
胸へのタッチは拒否しない。むしろ積極的に開陳してくれた。バービアの店内でそこまでやるか。実にあっけらかんとしている。
たしかに胸は小さい。でも子供がいないだけあって、フアノムはシーチョンプーだ。

ペイバーしたいなあ。
天真爛漫で性格は良さげだが、ベッドの上でのサービスはあまり良くないような気がする。
特に根拠はないが、この手の新人嬢はそんなもの。
でも、たまにはペイバーするのも良し。

このバービアはバーファイン400バーツ
最近、パタヤのバービアはバーファイン400バーツに値上げした店が多い。ずっと300Bをキープしていたバーも400Bとなっている。もちろん300Bのバーもまだまだ残っているが、500バーツのバーも増えてきたんで、平均すると400バーツになったかも。
ゴーゴーバーに比べるとまだまだ安いのだが、500バーツ以上となると、あまりバービアの旨味がなくなってくるよなあ。
とはいえ、300と400ではそれほど違いは気にならない。
さくっとロングでペイバー決定。チップの額面は事前相談なし。

 

部屋へ連れてかえり、交互にシャワー。
「アプナムドゥアイ(一緒にシャワーを浴びる)」は拒否された。

Beer bar lady

体は綺麗。肌はつやつや。手のひらもすべすべしている。実家は農家ではなさそう。
ジューブは拒否せず。ディープなやつもオッケー。
が、オムは拒否された。「オムマイペン(オムできない)」だそうな。
それではパタヤのバービアで生き残っていけないぞと思ったが、無理強いはできない。
半ば予期はしていたので、これまたしょうがない。
ブンブンの感度はまずまずでしたな。

事後、一緒に寝る。深夜2時くらい。

翌朝6時すぎに体を揺すられた。
もう帰るという。
いやいや、もうちょっと一緒に寝ようよと言うと、大人しく従う彼女。すぐに寝息を立てていた。
結局、目を覚ましたのは午前10時過ぎ。

さて、寝起きのもう1発と思ったが、あっさり拒否された。
しつこく粘ってもいいけれど、なんだか面倒になり放流することに。

チップはいくらほしいと尋ねると2000Bとの返事。
ソイ7とソイ8界隈のバービアだと、ロング2000Bは通常価格だ。特に20歳前後の若いバービア嬢ならそれが相場。
が、やっぱりロングは2回戦がお約束でしょう。
事前になんの取り決めもしていなかったけれど、そこはパタヤのロングでのペイバーというもの。特に事情がないかぎり2回戦デフォルト。これはわかってほしい。
1000でもいいような気がするが、事情を説明してから1500Bを渡すと、彼女はあっさりと納得していた。

宿の下までお見送りしてバイバイ。

決してアタリではないが、大ハズレでもないペイバーとなった。
こういった新人嬢はあと1ヶ月もすれば、よりサービスも向上していくことでしょう。
性格的にはわりと良さそうだし、しばらく様子見といったところ。
ド新人はスレてないのはいいけれど、サービスに期待が持てない。
働き出して1ヶ月か2ヶ月くらいがちょうどいいような気がする。

パタヤ滞在1ヶ月半にして、ようやくの初ペイバー。
特に感動はなかったが、たまには、正攻法で遊ぶのもいいものだ。
次回はたぶん1ヶ月後だな。
新たな出会いがあれば、あっさり予定変更するけどね。

大幅リニューアル!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年(8月6日更新3軒追加)


関連記事

walking-street-new-year-eve-2

20歳の元ゴーゴー嬢が部屋にやってきてブンブン

沈没日記3 前々回のパタヤ沈没時に仲良くなったゴーゴー嬢がいる。 20歳でスタイルもルックス

記事を読む

Ekamai bus (2)

パタヤ沈没生活開始

パタヤ沈没日記1 (バンコクはトランジット滞在。テーメーとソイカ。からの続き) バンコク

記事を読む

Bar beer

父親のバービアで息子がペイバー。ファラン親子のバービア物語。

沈没日記2 パタヤ2日目。 食事はソイニュープラザで 昼飯はソイニュープラザの屋台へ。定番

記事を読む

スクリーンショット_050317_094526_PM

バービア嬢にカネを貸し、ゴーゴー嬢と遊んで、最後はカラオケ嬢とブンブン

沈没日記4 Dアパートメントに宿泊中のとある一日。 昼飯はソイニュープラザ内のクイッティ

記事を読む

Pattaya soi7

スレてない新人バービア嬢を探せ。19歳初日宿無しと遭遇。

沈没日記6 パタヤのバービアめぐりの醍醐味の一つが、田舎から出てきたばかりの新人嬢を探すことに

記事を読む

Hat

ひたすら続くノーペイバー生活。でもブンブンはする。

沈没日記5 そういえば、このパタヤ沈没日記を全然書いていなかった。 というのも、ろくに夜遊び

記事を読む

Ginza (2)

パタヤラストナイト~パタヤ沈没生活前半戦終了

沈没日記9 元ゴーゴー嬢とはじめてのロングを過ごしてから迎えたのが、パタヤ滞在最終日の朝。

記事を読む

Bangkok airport (2)

バンコクはトランジット滞在。テーメーとソイカ。

パタヤ沈没日記バンコクトランジット編 (マニラからバンコクまで片道90ドル、TG625便搭乗レ

記事を読む

Air asia FD1030 (10)

バンコクからルアンパバーンへ。エアアジアFD1030便搭乗記。

ラオス旅行記1 タイからラオスへ行くことにした。 いつもはビエンチャン止まりのことが多い

記事を読む

Walking street

カスタマーからギック、そしてフェーンへ昇格?

沈没日記8 今滞在でもっとも一緒に過ごす機会が多いのが、20歳の元ゴーゴー嬢。

記事を読む

アドステア

アドステア

ラーメンチャンピオンのたこ焼き
【パタヤでたこ焼き】ローカル食堂ラーメンチャンピオンでたこ揚げと揚げ餃子

たこ焼きが好きだ。 海外滞在中だろうが日本にいようが、ふいにたこ

Ginza ギンザ
【昨晩のウォーキングストリート】アイアンクラブ火事閉店、ギンザとミスティーズ訪問

昨日8月14日のウォーキングストリートの様子。 月曜日の

インスタントジョーク Instant jok (4)
インスタントジョーク(粥)とコーンスナックを組み合わせると、なんちゃってコーンポタージュへ進化する

タイのお粥はジョークと呼ぶ。 雑炊(カオトム)との違いは、米粒の

Bachelor バチェラーの門 (1)
【昨晩のLKメトロ】天蓋付きバチェラーと、アラーム付きカオス

日本はお盆休み真っ盛りで日本人がめっきり増えたパタヤ。 昼間のソイブ

Green bottle breakfast グリーンボトルのブレックファースト (5)
食べ放題の朝食。GREEN BOTTLEのビュッフェブレックファースト。

先日、ボススイートパタヤに宿泊した際、朝食を取ったのがホテルのすぐ

→もっと見る


PAGE TOP ↑