*

日本人長期滞在者御用達、ダイアモンド シティ プレイス ホテル (Diamond City Place Hotel)宿泊レポート

公開日: : 最終更新日:2017/08/07 パタヤホテル宿泊レポート, ホテル情報


パタヤタイ(サウスパタヤ)にあるダイヤモンドシティプレイスホテルに泊まってみた。
ウォーキングストリートへも近く、周囲にはスーパーもあり、とても便利な立地。
さらに一番安いグレードの部屋にもバスタブが付いていて、日本人利用者の多いホテル。どうやら日本人長期滞在者も多いようで、まさにパタヤ長期滞在入門的ホテルといえよう。
長期割引きプランもあるが、普通にホテル利用しても安いんで利用価値は高い。

SPONSOR LINK



ダイアモンド シティ プレイス ホテル (Diamond City Place Hotel)

ホテル入口
Diamond city place hotel (5)

レストラン脇を抜けると、駐車場と駐輪場があって、奥左手がレセプションとなっている。

Diamond city place hotel (4)

レセプション
Diamond city place hotel (1)

チェックインは午後2時から。
12時過ぎに訪れると、しばらく待ってくれと言われた。
ロビーでじっと座っていると、アップグレードした上、鍵を渡された。ちょっとラッキー。

Diamond city place hotel (9)

レセプション横に客室へ至るドア
Diamond city place hotel (2)

日中は開放されているが、深夜時間帯はロックされる。どうやら24時から朝6時まではレセプションが無人になるようだ。
ルームキーに青いトークンのようなものがついてくるんで、このトークンをかざせば解錠できる。

エレベーターあり。
Diamond city place hotel (3)

スタンダードキングベッド(バルコニー付き)部屋内部

予約したのはスタンダードルーム。
スタンダードにはいくつか種類があるようだが、最初に案内されたのは、アップグレードされたほう。
現地での名称は、Standard Diamond
Agodaのグレード名でいうと、「スタンダードキング ベッド(バルコニー付き) (Standard King bed with Balcony)」にあたるようだ。

最初にこのアップグレードされた部屋に泊まり、気に入ったので延泊を申し出る。すると、元々の一番下のグレードに部屋にチェンジするように言われた。

まずは、アップグレードされたスタンダードキングベッドから。

Diamond city place Standard diamond (1)

Diamond city place Standard diamond (2)

Diamond city place Standard diamond (4)

部屋はまずまずの広さ。かなりの築年数があるようで、各所は傷んできているが、なんとか清潔に保たれている印象。決して汚くはない。

ダブルベッドの両脇にサイドテーブルと照明。コンセントもある。

Diamond city place Standard diamond (5)

TVは旧型のブラウン管。ほとんど見ていないが、ちゃんと映った。

TVの下に小型冷蔵庫。中には無料の水が2本。

Diamond city place Standard diamond (14)

窓際に、丸テーブルと椅子2脚。ちょっとした食事に便利。

Diamond city place Standard diamond (3)

ライティングデスクもあり。椅子は背もたれがなくて使いにくい。丸テーブル付属の椅子で代用した。
昼間は外の明かりが入ってくるが、夜になると照明が暗くて、キーボードがかなり打ちにくかった。

クローゼット内にセーフティボックスあり。収納スペースもたっぷりある。

Diamond city place Standard diamond (6)

エアコンは旧式の大型。

Diamond city place Standard diamond (8)

効き目はいいが、少々音がうるさい。
エアコンは壁固定式で、やや調整が面倒。

Diamond city place Standard diamond (7)

バルコニー

おそらくすべての部屋にバルコニーが付く。

Diamond city place Standard diamond (15)

ここはかなり傷んでいる。

Diamond city place Standard diamond (16)

部屋は3階の東向き。景観が少しはのぞめる。

正面に見える鉄塔は、サードロードとパタヤタイ通り交差点近くにあるCATのもの。その横にはガソリンスタンドがあって、レンタルバイク派には便利。

Diamond city place Standard diamond (17)

ホテル下は駐車場になっているが、あまり車の出入りは激しくなく、夜はとても静かだった。

なお、室内に灰皿が置いてあり、室内でも喫煙可能なようだけど、わたしはバルコニーで吸っていました。

バスタブ付き浴室

Diamond city place Standard diamond (9)

浴室はリノベーションされているようで、わりと綺麗。

特に洗面台は広くて快適。

Diamond city place Standard diamond (12)

アメニティはしょぼい。小さな石鹸と袋入りシャンプーくらい。あとは自分で揃えるしかない。

Diamond city place Standard diamond (13)

スタンダードルームでもバスタブ付き。
シャワーもバスタブ内で浴びることになる。シャワーカーテン付きなので、洗面台の床がずぶ濡れになることはない。

Diamond city place Standard diamond (10)

部屋によって、湯量や水圧に少し差があった。
最初の部屋は、ややぬるめ。水圧も低くて、湯をためるのに時間がかかった。
ルームチェンジ後の水圧はばっちり。それなりの勢いで熱湯が出た。熱々の風呂につかることができた。
部屋による当たりハズレがあるのは、格安ホテルや中級ホテルでは当然のこと。高級ホテルでも似たようなものなんで、これはしょうがない。

スタンダードシティビュー

こちらは延泊後の本来のグレードの部屋。
現地での呼び名は、Standard Cty。Agodaの登録名は、「スタンダード シティビュー キングルーム (Standard City View King Room)」のはず。

3階から2階の部屋へ引っ越した。

DIamond city place room (2)

DIamond city place room (3)

部屋内部と浴室内の作りは、ほぼ一緒だった。どちらも30平米で部屋の広さは同じ。

浴室には、もちろんバスタブ付き。

DIamond city place room (5)

違いは、ベッドのサイドテーブル上の照明が片一方しかない点。

DIamond city place room (1)

最大の違いは、バルコニーからの景観だろう。

DIamond city place room (4)

こちらは、隣の建物の壁しか見えない。
当然ながら日差しも悪い。
おそらく、この点が、価格の差にも反映されているのだろう。

あと、たまたまかもしれないが、スイミングプール近くの部屋で、プールで騒ぐアラブ系客が少しうるさかった。これは部屋の問題ではないが。

スイミングプール

2階奥にスイミングプールあり。

Diamond city place hotel (7)

びっくりするほど小さなプール。泳ぐような雰囲気ではない。水浴び場かよ。

Diamond city place hotel (8)

ビーチチェアはそれなりに並んでいるものの、あまり利用価値はなさそう。プールがあるだけマシというレベル。

レストランの朝食

パタヤタイ通り沿いにレストランあり。
朝食付きプランなら、ここで食べられる。

Diamond city place breakfast (2)

クーポンは2枚もらえる。
午前7時から12時まで。他のホテルよりかなり遅くまで提供してくれる。

Diamond city place breakfast (3)

アメリカンブレックファースト、コンチネンタルブレックファースト、オリエンタルブレックファーストの3種類。
注文は、用紙にチェックを入れるタイプ。英語やタイ語の会話が苦手な人でも大丈夫。

Diamond city place breakfast (1)

アメリカンブレックファーストを選択。オレンジジュース、トースト、ストロベリージャム、ソフトボイルドエッグ、ベーコン、ホットココアにチェックを入れた。

ソフトボイルドエッグがおもしろい。

Diamond city place breakfast (5)

かろうじて白身の一部が固まっているだけ。ほぼ生に近い。実に食べにくい。
これはやめたほうがいいかも。

Diamond city place breakfast (4)

あとはいたって普通。

オリエンタルにすれば、カオトム(雑炊)が食べられます。
二日酔いの時はこちらでどうぞ。

室内は禁煙。外のテラス席なら喫煙可能。

Diamond city place breakfast (6)

普通に朝食を注文すると69バーツから89バーツ。
朝食付きプランにすると、クーポンを2枚もらえるんで、二人で食べる予定があれば、あらかじめ朝食付きプランにしたほうがお得。
組み合わせは豊富なんで、数日程度なら飽きないかな。

Wi-Fi無料

Wi-Fiは基本無料。

ブラウザを開いてログインするタイプ。

スクリーンショット_040717_015122_PM

ログイン名とパスワードはレセプションに掲示してある。
切断はなかったが、PCを開くたびに、再ログインする必要あり。

通信速度計測結果がこちら。

スクリーンショット_040717_021655_PM

下りで1メガに到達していない。
それほど早くないけれど、YouTubeが何とか見られる。
もっと早い速度が希望なら追加プランあり。
が、普通にネット・サーフィンするだけなら、無料回線でも充分でしょう。
大量の画像をアップロードするブログの更新も無料回線でいけました。

ジョイナーフィー無料

JF無料。
IDカードチェックと預けあり。
が、夜中(24時から6時)はレセプションが無人となり、その際はスルー可能。
駐車場に警備員は常駐しているが、IDカードチェック要求はなかった。

地図と周辺施設

パタヤタイのサードロード寄りの立地。
目の前の通りをソンテウが走っており、ウォーキングストリートまでは、ほんの数分の距離。徒歩でも行けるが、15分近くかかるかも。人によっては、徒歩圏内です。
ウォーキングストリートからの帰り道は、パタヤタイとセカンドロード交差点付近に待機しているソンテウに乗ればいい。
ソイブッカオ入口までは徒歩3分ほど。そこからソンテウに乗れば、LKメトロも余裕で行ける。
ソイブッカオ入口角にあるカオマンガイとカオモッガイの店はおいしい。

関連記事:ブッカオとサウスパタヤ交差点にあるカオマンガイ屋台の鶏肉が肉厚かつジューシーでおいしかった。
関連記事:カオモッガイ@ソイブッカオとパタヤタイ交差点のカオマンガイ屋

コンビニはすぐ近くにあり。ファミリーマートとセブンイレブンが並んでいる。

さらに、フレンドシップスーパー、トゥッコク(地下にTOPSスーパー)があって、買い物にはまったく苦労しないはず。

ホテル近くにローカル食堂がいくつかあり。
道路向かいのバミー屋は、そこそこおいしいです。

関連記事:バミーギアオは、ワンタン入りバミーナム@パタヤタイソイ18

宿泊料金と予約先

4月の宿泊時の料金は、1泊600バーツほどだった。

5月下旬の料金を調べてみると、以下の通り。

スクリーンショット_051717_031739_PM

朝食なしプランで1泊536バーツ。朝食付きで596バーツ
ローシーズン真っ只中とはいえ、こんなに安くていいのだろうかというくらい安い。
ハイシーズンでも、700から800バーツほどだろうか。
この価格でバスタブ付きなのは破格かも。

マンスリープランあり。
提示された料金表がこちら。昨年までのものだが、同じ価格とのこと。

Diamond city place hotel (10)

ローシーズンが3月から10月まで、ハイシーズンが11月から翌年2月まで

Standard City:ローシーズン10500B、ハイシーズン12600B
Standard Diamond:ローシーズン12900B、ハイシーズン15000B

電気代別途必要。1ユニット7バーツ。ホテルとしては安いほうだ。ほどほどにエアコンを使えば1ヶ月1000バーツほどで収まりそう。旧式エアコンだけに意外と電気を食いそうなんで、頻繁に使っていると思いの他、高くなるかも。
水道代は固定料金で1ヶ月450B。これはちょっと高いか。たぶん、バスタブがあるせいかな。

部屋の清掃は毎日。ただし、リネンの交換は週に2回となっている。まあ、充分でしょう。

契約時にデポジットが必要。家賃1ヶ月分+家賃1ヶ月分の先払い。
おもしろいのは日本円でもデポジットが払えること。問題なければ、そのまま日本円で返ってくるそうだ。
またクレジットカードでもデポジットが払えて、この場合はタイバーツのキャッシュで返金されると書いてある。クレジットカードのポイントやマイルがタダでたまりそうだな。
本当に日本円やクレジットカードが使えるかは現地でご確認のほどを。

1番安い部屋だと、家賃10500Bに水道代450Bで10950B。これに電気代を1000Bちょっと加えて、だいだい12,000バーツとなる。
1泊400バーツですな。
バスタブ付きのそこそこ広い部屋のホテル暮らしで1泊400バーツは悪くないです。いや、むしろお得。
どうりで日本人長期滞在者の定番ホテルとなるわけだ。

ゆくゆくはパタヤで長期滞在を考えている人は、まずはこういった定番ホテルでお試し宿泊してみましょう。
短期利用でもまったく問題なく快適に過ごせます。

ダイアモンド シティ プレイス ホテル (Diamond City Place Hotel)予約先

アゴダ

エクスペディア

ホテルズドットコム

じゃらん

ブッキングドットコム

まとめ

決して綺麗な部屋ではないが、普通に使えるレベル。
部屋はそこそこ広い。窮屈感はない。
とにかく安い部屋でもバスタブが付いているのが日本人に人気の理由だろうか。特に年配の日本人男性の利用者が多い模様。わたしが宿泊した時も、いかにも長期滞在らしきゴルフバックを抱えた日本人年長者を見かけた。

より広くて綺麗なサービスアパートメントなら、すぐ近所にあるピンツリーがおすすめ。
バスタブはないが、リビングと寝室に別れていて、キッチンまで付いている。スイミングプールがないかわりにフィットネスジムが付いている。

関連記事:広くて快適、リビングとキッチン付き、ピンツリー サービス アパートメント (Pintree Service Apartment)宿泊レポート

SPONSOR LINK

関連記事

e-out-fitting-pattaya-5

センタン徒歩1分。E アウトフィッティング ブティック ホテル パタヤ (E-Outfitting Boutique Hotel Pattaya)宿泊レポート

以前に紹介したEアウトフィッティングブティックホテル。 セントラルフェスティバル目の前の好立地

記事を読む

Ruamchitt Travelodge Hotel (17)

バンコク・スクンビットソイ10、ルアムチット トラベルロッジ ホテル宿泊レポート

旅の始まりに利用したバンコクのホテルについて宿泊レポートを書くのを忘れていた。 まずは、スクン

記事を読む

サワディサンシャイン (1)

朝食付きで1泊250バーツから。ローシーズンパタヤのお得な長期滞在ホテル。

シルバーウィークで日本人旅行者が増えてきたとはいえ、基本的にはローシーズンで客の少ないパタヤ。

記事を読む

アットマインドプレミアスイーツホテル室内 (10)

新築で清潔!洗濯機付と日本語TV放送あり。アットマインドプレミアスイーツホテル宿泊レポート@パタヤカン

パタヤの新築ホテル、アットマインドプレミアスイーツホテルに宿泊してみた。 場所はパタヤカンのソ

記事を読む

ボススイーツパタヤ Boss suites pattaya hotel (25)

ボス スイーツ パタヤ (Boss Suites Pattaya)宿泊レポート。旧名ダイアナイン。

ソイダイアナ(セカンドロードソイ13)入り口にある老舗ホテル、ボススイーツパタヤホテルに泊まって

記事を読む

basaya-beach-resort-hotel-pattaya-33

バサヤビーチホテル&リゾート宿泊レポート。パタヤ中心部の格安リゾートホテル。

パタヤカンのビーチ側にあるバサヤビーチホテル。 ここはパタヤ初心者の頃からずっと気

記事を読む

Hotel Zing superior room (4)

タップラヤー通り沿いの格安ホテル、ホテル ジング (Hotel Zing)宿泊レポート

パタヤとジョムティエンビーチを結ぶ大通りが、Thapparaya(タップラヤー、タッパヤー)通り

記事を読む

イーアウトフィッティングホテル (2)

ホテル日替わりコースへ。E アウトフィッティング ブティック ホテル パタヤを調査。

明日からは、いつもの定宿をチェックアウトして、パタヤのホテルを転々とする予定。 今回のパタヤ沈

記事を読む

Talai Suites (1)

タニヤ夜遊びに最適な格安ホテル、タライ スイート (Talai Suites)宿泊レポート

タニヤ通りから歩いてすぐのところにあるタライスイートホテル(ゼンルームズスラウォン)に泊まってみ

記事を読む

LKプレジデント (10)

LKグループの新築ホテル、LK Presidentが営業開始。ホテル部屋内部の様子をレポート。

ずっと工事中だったLKグループの新築ホテルがようやく完成し、営業にこぎつけている。 ひ

記事を読む

アドステア

アドステア

バチェラー4周年 Bachelor (1)
オフィス7周年パーティとバチェラー4周年パーティ

8月16日のLKメトロの様子です。 時刻は深夜0時過ぎ。

Pangpond cafeのカイガタ (1)
サードロードのちょいおしゃれカフェでアラビカ種コーヒーとカイガタ

サードロードとパタヤカンの交差点近くに新しいカフェができている。

ラーメンチャンピオンのたこ焼き
【パタヤでたこ焼き】ローカル食堂ラーメンチャンピオンでたこ揚げと揚げ餃子

たこ焼きが好きだ。 海外滞在中だろうが日本にいようが、ふいにたこ

Ginza ギンザ
【昨晩のウォーキングストリート】アイアンクラブ火事閉店、ギンザとミスティーズ訪問

昨日8月14日のウォーキングストリートの様子。 月曜日の

インスタントジョーク Instant jok (4)
インスタントジョーク(粥)とコーンスナックを組み合わせると、なんちゃってコーンポタージュへ進化する

タイのお粥はジョークと呼ぶ。 雑炊(カオトム)との違いは、米粒の

→もっと見る


PAGE TOP ↑