*

バミーギアオは、ワンタン入りバミーナム@パタヤタイソイ18

公開日: : グルメレポート ,


最近、ちょこちょこと夜食を取りに行っているのが、パタヤタイとサードロード交差点近くにあるバミー屋台。
パタヤタイのソイ18の入り口にある。

ここは以前、カオムーデーンとカオムークロップ屋台として紹介したところ。
ダイヤモンドシティプレイスの道路向かいにある屋台だ。

パタヤタイムーデーンバミー屋台 (2)
カオムークロップとカオムーデーン屋台。バミーとワンタンスープもあるよ。

営業は夜からだが、いつもタイ人客で賑わっている。

SPONSOR LINK

バミーギアオとバミーナム

やはり売れ筋はバミー。
タイ人も深夜のラーメンが好きなようだ。

ワンタンも有名なようで、ワンタンスープを頼んでいるタイ人も多い。

まずは定番のバミーナムを注文。「バミーナム」とだけ告げた。

パタヤタイバミーナム (2)

焼豚(ムーデーン)がたっぷり入っている。
スープは、日本並とはいわないが、そこそこ熱い。ぬるいスープの多いタイのクイティアオ屋台で、熱いスープは嬉しい。

パタヤタイバミーナム (3)

麺は、やや太めかなあ。食べごたえはある。
並盛り(タマダー)で40バーツだった。

ついで、ワンタン麺を注文。「バミーギアオ」と告げた。これは、大盛り(ピセー)となる。

パタヤタイバミーナム (2)

一見、ただのバミーナムと同じだが、焼豚の下にワンタンが隠れている。

パタヤタイバミーナム (1)

このワンタンが大きくて、具もしっかり詰まっている。

熱いスープとワンタンと麺の相性がいい。

麺の湯がき加減が、正直、今ひとつかなあ。
もうちょっと丁寧に処理してほしい。

大盛りで50バーツ。
並盛り40バーツとの違いは、ちょっとだけ麺の量が増えているだけか。それとも、ワンタンも多く入っているのかな。
腹が減っている時は、大盛り(ピセー)で頼んだほうがいいでしょう。

ワンタンと焼豚がおいしいんで、全体的にはそこそこイケます。
バミーギアオがおすすめ。
餃子やワンタン好きなら、きっと気に入るでしょう。
大絶賛するほどの味では決してないけれど、無難においしいバミー屋台です。

地図

パタヤタイ(サウスパタヤロード)沿いに屋台が出ている。

パタヤタイバミーナム (1)

店内は広めで、席には困らない。
また無料の飲水は、お茶になっていて日本人には嬉しいところ。

サードロードの少し手前側で、ブッカオからは比較的行きやすいか。
パタヤタイ付近に滞在している人は、飲んだあとのシメにどうぞ。
ウォーキングストリートからの帰り道に立ち寄ってもいいね。深夜までやってます。

SPONSOR LINK

関連記事

central-marina-food-park-khao-soi-1

セントラルマリーナ(ノースパタヤビッグC)のフードコートでカオソーイを食べる

先日、とりあえず改装工事を一段落させて、オープンしたばかりのCentral Marina(セント

記事を読む

FRYDAYのフィッシュバーガー (2)

FRYDAYのフィッシュバーガー&チップス、99バーツ

以前紹介したフィッシュ・アンド・チップスの名店「FRYDAY」。 場所は、ソイニュープラザ内で

記事を読む

ウドンターニーのラーメン屋台 (1)

ウドンでラーメン。ウドンターニーの日本ラーメン屋台の赤のれんが郷愁を誘うのだ。

ウドンでうどんは以前ご紹介した。 今回はウドンでラーメンである。 それも、タイスタイルのラー

記事を読む

パタヤのムーガタセーチュアン (3)

セーチュアン。199バーツでシーフード焼き放題のムーガタ屋。

以前少しだけ紹介したサードロードに新しくできたムーカタ屋。 ここは、199バーツでシーフードが食べ

記事を読む

Takoyaki (4)

タイの冷凍たこ焼き。意外とダシがきいていて、しっかりとたこ焼きしている。

わたしは関西出身。 無性にたこ焼きが食べたくなることがある。 それはタイ、パタヤにいても同様

記事を読む

ソイエキサイト脇道食堂のムーガティアム (2)

酷暑のタイ・パタヤ。夏バテ防止にニンニクと唐辛子入りの料理を食べよう。ムーガティアム、パックブンファイデーン、ソムタム。

暑季まっさかりのタイ王国。 パタヤももちろん暑い。 とにかく暑い。ひたすら暑い。 日中は拷

記事を読む

クイチャーイ (3)

クイチャーイは揚げニラ饅頭。他の味もあるよ。タイの変わった屋台お菓子シリーズ。

少し変わった屋台を発見した。 ガラスケース内に、饅頭のようなものが陳列してある。大

記事を読む

queen-vic-breakfast-6

THE QUEEN VICのブレックファスト105バーツ@ソイハニー

セカンドロードのソイ11(ソイハニー)は、いかがわしい通りでもあり、長期滞在系ファランのたまり場

記事を読む

ホーモック屋台

ホーモックプラーは、ちまき風の蒸し魚。プラーサワイとプラーチョン(雷魚)。

ちまきのような料理が並ぶ屋台。 パタヤの街角では、ちょこちょこと見かける。 タイ

記事を読む

カオカイジアオ@カオソーイ食堂 (2)

カオソーイ食堂のカオカイジアオは、豚肉ステーキ付き。ナムプリックと一緒に食べるとうまい。

少し前に紹介したサードロードにある、カオソーイが食べられる食堂。 ⇒パタヤでカオソーイ

記事を読む

アドステア

Comment

  1. Silver Bullet より:

    日曜の深夜、2時半くらいにワットチャイモンコンマーケットの前を通ったら道に出ている屋台群の中に行列の出来てる屋台がありました。
    行列の店は旨いのが世界の定番なので並んでるみるとカオカームーがよく売れてました。
    椅子に座ってカオカームーを一つ頼んで食べたら旨かったです、今までパタヤで食べたカオカームーで一番。

    昨日も食べたくて22時くらいに行ったら、まだ通りには屋台は出てませんでした。
    バカラで少し飲んで12時半くらいに戻ってきましたが屋台群の中にカオカームーの店はありませんでした。

    仕方無いので近くの屋台でボンジリをタレで焼いた焼き鳥を買ってホテルに戻りましたが、これまた旨かったです。

    ちなみに土曜の夜にバカラでロングでペイバーしただけで、他の日は独り寝の夜です。
    どうも連れて帰りたい娘が見つかりません。
    土曜のレディが完璧だったのでどの子も見劣りしてしまってw

    • 千夜一夜 より:

      ワットチャイ前の屋台群はいつもにぎわっていますね。どこの屋台もお客さんが多いです。
      さっそく、カオカームーを食べてみますね。
      霜降り和牛焼肉を食べたあとに、筋だらけの安い肉の牛丼は、なかなか食べようとは思えないものです。まあ、どちも持ち味があるんで、別腹で楽しみましょう。

アドステア

D Xpress apartment (9)
ソイブッカオ近くのサービスアパート、D エクスプレス アパートメント宿泊レポート。屋上プール付き!

ソイブッカオとサードロードの間にあるサービスアパートメントに泊まっ

Prajanban foods (12)
カオトムプラジャンバンは、いつも安定したおいしさ。カエルも食べてみたよ。

日本から友人がパタヤへ遊びに来たら、必ず立ち寄るタイ料理レストラン

J Club (4)
日本を意識したジェントルマンズクラブ、J CLUB訪問レポート。CLUB 4クローズ情報。

けっこう前から看板は見かけていたJ CLUB。 店舗は完

Gaen Moogata (18)
蟹がうまい!シーフードも食べ放題のゲーンムーガタ、199バーツ

パタヤのムーガタシリーズ最新作。 初訪タイの知人のために、タ

Working girl (1)
パタヤソイ6のゴーゴーバーめぐりをしてみた。ドールズ、ワーキングガール、パッション。

ちょっと気が向いたので、夕方6時半頃にソイ6へ。 ちょう

→もっと見る

PAGE TOP ↑