*

バミーギアオは、ワンタン入りバミーナム@パタヤタイソイ18

公開日: : グルメレポート ,


最近、ちょこちょこと夜食を取りに行っているのが、パタヤタイとサードロード交差点近くにあるバミー屋台。
パタヤタイのソイ18の入り口にある。

ここは以前、カオムーデーンとカオムークロップ屋台として紹介したところ。
ダイヤモンドシティプレイスの道路向かいにある屋台だ。

パタヤタイムーデーンバミー屋台 (2)
カオムークロップとカオムーデーン屋台。バミーとワンタンスープもあるよ。

営業は夜からだが、いつもタイ人客で賑わっている。

SPONSOR LINK

バミーギアオとバミーナム

やはり売れ筋はバミー。
タイ人も深夜のラーメンが好きなようだ。

ワンタンも有名なようで、ワンタンスープを頼んでいるタイ人も多い。

まずは定番のバミーナムを注文。「バミーナム」とだけ告げた。

パタヤタイバミーナム (2)

焼豚(ムーデーン)がたっぷり入っている。
スープは、日本並とはいわないが、そこそこ熱い。ぬるいスープの多いタイのクイティアオ屋台で、熱いスープは嬉しい。

パタヤタイバミーナム (3)

麺は、やや太めかなあ。食べごたえはある。
並盛り(タマダー)で40バーツだった。

ついで、ワンタン麺を注文。「バミーギアオ」と告げた。これは、大盛り(ピセー)となる。

パタヤタイバミーナム (2)

一見、ただのバミーナムと同じだが、焼豚の下にワンタンが隠れている。

パタヤタイバミーナム (1)

このワンタンが大きくて、具もしっかり詰まっている。

熱いスープとワンタンと麺の相性がいい。

麺の湯がき加減が、正直、今ひとつかなあ。
もうちょっと丁寧に処理してほしい。

大盛りで50バーツ。
並盛り40バーツとの違いは、ちょっとだけ麺の量が増えているだけか。それとも、ワンタンも多く入っているのかな。
腹が減っている時は、大盛り(ピセー)で頼んだほうがいいでしょう。

ワンタンと焼豚がおいしいんで、全体的にはそこそこイケます。
バミーギアオがおすすめ。
餃子やワンタン好きなら、きっと気に入るでしょう。
大絶賛するほどの味では決してないけれど、無難においしいバミー屋台です。

地図

パタヤタイ(サウスパタヤロード)沿いに屋台が出ている。

パタヤタイバミーナム (1)

店内は広めで、席には困らない。
また無料の飲水は、お茶になっていて日本人には嬉しいところ。

サードロードの少し手前側で、ブッカオからは比較的行きやすいか。
パタヤタイ付近に滞在している人は、飲んだあとのシメにどうぞ。
ウォーキングストリートからの帰り道に立ち寄ってもいいね。深夜までやってます。

SPONSOR LINK

関連記事

24時間営業のクイティアオとクイジャップユアン食堂 (3)

24時間営業のクイティアオ&クイジャップユアン食堂

サードロードに24時間営業のクイティアオ屋を見つけた。 場所は、サードロードのソイ15角のファ

記事を読む

ホルモン焼肉屋台 (1)

ホルモン焼肉屋台。油っこいけど、ビールのあてにどうぞ。

焼き鳥屋台に比べると数は少ないけれど、パタヤでちょこちょこ見かけるのが、この屋台。

記事を読む

ユアドンのカツ丼 (1)

パタヤカンの新しい日本食屋台「YOUR DON」のカツカレーとカツ丼を食べてみた

先日、パタヤカンを昼間に走行している時に見かけたこの屋台。 そういえば、新しく日本

記事を読む

ジョーレストランのブレックファスト朝食 (3)

JO RESTAURANTのブレックファスト79バーツ@ソイハニーイン

パタヤのファランな朝食シリーズです。 友人の宿泊しているベイブリーズホテルを訪れた際に気に

記事を読む

レインボーゲストハウスの朝食ブレックファスト (3)

レインボーゲストハウスレストランの大皿ブレックファスト99バーツ

パタヤのファランな朝食シリーズ。 朝食の付いていないホテルに宿泊しているか、ホテルの朝食時間に

記事を読む

豚のトン焼 (1)

ししゃもフライと豚のタン。ミミガーも買えるよ@ブッカオ常設市場。

庶民の台所といえば、市場(タラート)。 パタヤの中心部では、パタヤタイのワットチャイモンコン向

記事を読む

i-rovers-pattaya-breakfast-3

ソイLKメトロ、i-roversのブレックファーストがうまい。スモール99B、大盛り129バーツ。

ソイLKメトロは、ファラン向けのゲストハウスが何軒も並んでいる。 1階部分はバー&レストランに

記事を読む

ブッカオ名無し食堂のガパオムー

【定点観測】ブッカオ名無し食堂のガパオムーサップ

ソイブッカオの中ほど、LKメトロ近くにある食堂。 毎度おなじみブッカオの名無し食堂だ。

記事を読む

ジョーク

タイの朝食にはお粥を。ジョークとガオラオ屋台@ソイニュープラザ。

タイの定番朝食といえば、ジョーク。 お粥のことだ。 ごはん粒の形がなくなるほどに煮込んで

記事を読む

ジョムティエンナイトマーケット (2)

ジョムティエンのナイトマーケットは、シーフードからファラン飯まで何でも揃う屋台街

ジョムティエンのビーチロードを走行していると、ナイトマーケットに遭遇した。 こんな場所があった

記事を読む

アドステア

Comment

  1. Silver Bullet より:

    日曜の深夜、2時半くらいにワットチャイモンコンマーケットの前を通ったら道に出ている屋台群の中に行列の出来てる屋台がありました。
    行列の店は旨いのが世界の定番なので並んでるみるとカオカームーがよく売れてました。
    椅子に座ってカオカームーを一つ頼んで食べたら旨かったです、今までパタヤで食べたカオカームーで一番。

    昨日も食べたくて22時くらいに行ったら、まだ通りには屋台は出てませんでした。
    バカラで少し飲んで12時半くらいに戻ってきましたが屋台群の中にカオカームーの店はありませんでした。

    仕方無いので近くの屋台でボンジリをタレで焼いた焼き鳥を買ってホテルに戻りましたが、これまた旨かったです。

    ちなみに土曜の夜にバカラでロングでペイバーしただけで、他の日は独り寝の夜です。
    どうも連れて帰りたい娘が見つかりません。
    土曜のレディが完璧だったのでどの子も見劣りしてしまってw

    • 千夜一夜 より:

      ワットチャイ前の屋台群はいつもにぎわっていますね。どこの屋台もお客さんが多いです。
      さっそく、カオカームーを食べてみますね。
      霜降り和牛焼肉を食べたあとに、筋だらけの安い肉の牛丼は、なかなか食べようとは思えないものです。まあ、どちも持ち味があるんで、別腹で楽しみましょう。

アドステア

pheromon-club
ウォーキングストリート新規OPENゴーゴー、フェロモンクラブとバイパス訪問レポート

パタヤを一ヶ月ほど留守している間に、新しいゴーゴーバーが2軒オープンし

walking-street-201612
2016年12月タイ、バンコク・パタヤ夜遊びスポットの現状

ここ数日間、バンコクとパタヤの夜遊びの現状を調査してきた。 国王

pattaya
約100日のアジア周遊旅行とパタヤ沈没生活の出費報告書

香港からスタートして、パタヤ沈没でゴールした今回の旅行。 全日程

nana-to-donmuang-airport-4
日本帰国と3ヶ月に渡る長期海外旅行の振り返り。そしてまたパタヤへ。

沈没日記36最終回 帰国日である。 エアアジア便で日本

magic-food-park-donmuang-airport-5
ドンムアン空港第3のフードコート、MAGIC FOOD PARK。

なにかと物価の高いドンムアン空港にあって安い食事どころといえば、マ

→もっと見る

PAGE TOP ↑