*

コラート2日目。今日も元気な60歳のS氏

元バービア嬢の実家へ

翌日は、ピマーイ近くにあるK氏の彼女の実家へ。
タクシー4人乗り。
さらに実家近くで、彼女の母親をピックアップして5人乗りに。
ドライバーを入れたら総勢6人である。普通のセダンなのに。

ピマーイ遺跡近くのレストランで食事。
これまたイサーン料理。毎日毎日ソムタムである。

それから実家へおじゃまする。
わたしは二度目の訪問だ。

バービア嬢実家1

まあ、家の外見は、はっきり言ってぼろい。
でも、中に入ると意外とこざっぱりしているんだけど。

家に招待してくれたものの、特にすることもなく、だらだら過ごす。
その間、K氏は、彼女の母親から耳元でずっと「テンガーン テンガーン(結婚、結婚)」とささやかれ続けたそうな。
ま、結局別れたんだけど。

参照記事:イサーンへ。バービア嬢の実家へ遊びに行く

再びコラート市内へ戻る。

元気ラーメンとさくらんぼと怪しいマッサージ屋

夜は、男3人でチャオパヤーイン前の大通り、チョムスランヤート通りを散歩。

日本語でラーメンの文字を発見。
たぶん、ここ。ゲンキラーメン。

さっそく、日本式ラーメンを食べてみた。
全然期待していなかったけど、これがうまかった。

「トンコツラーメン」と注文したつもりが、「トンカツラーメン」が出てきたのはご愛嬌。
まさか、普通のラーメンにトンカツが丸ごと一個入っているなんて、予想していなかったよ。
でもスープの味はトンコツ風味なのだから、なおさらよくわからん。

そのスープも単純なトンコツ味ではなくて、微妙に他の味が混ざっている。
日本で出店しても、普通にやっていけそうなレベルだった。
コラートに行った際は要チェックだ。
今もやっているかどうかは知らないけど。

それから、ラーメン屋の近くにある日本式カラオケラウンジをのぞいてみる。
店名は忘れたけど、日本語で看板が上がっている店。

グーグルマップで調べてみると、たぶん、ここ。「さくらんぼ」という店名。

意外とかわいい子がいた。
でも日本語はほとんど通じない。
ママさんからシステムを教えてもらう。
一時間600バーツくらいだったような。
連れ出しの有無ははっきりしないけど、もし可能だとしても連れ出し代や女性へのチップで3000バーツくらいはかかりそう。
行ったことはないが、タニヤと変わらない価格帯なのかな。
長期滞在貧乏のわたしはともかく、短期旅行の金持ち二人も、「高いなあ」と遠慮することに。
この二人も基本的にパタヤのバービア専門なので、夜遊びにそれほどカネは使わないスタイルだ。
ちなみに、店内には作業着姿のままの日本人客が何組が座っていてた。
コラート近辺には日本企業の工場が多いから、こういった店の需要が少なくないんだろうね。

一番元気なのは60歳

帰り道、60歳を越えて精力旺盛なS氏は、わたしが教えた怪しいマッサージ屋でちゃっかり一発やっていた。
昨日は古式按摩のおばちゃんと一発。今日は二十歳過ぎの若い子と一発。
おじいちゃんと呼んだら失礼なんだろうけど、年齢のわりには一番元気だ。
若い頃からの鍛え方が違うのかね。

コラートのスペシャル付き怪しいマッサージ屋はこちらの記事を参照のこと
関連記事:コラートふたたび。怪しいマッサージ屋はやはりブンブン付きだった。

わたしは、チャオパヤーイン前にあるオープンパブみたいなレストランでしっぽりとビールを飲んだ。
ウェイトレスにちょっかいを出してみたものの、あっさり撃沈。
つれないなあ。

さて、チャオパヤーインの1階には日本料理屋「姉御」がある。
その姉御が閉店後、店の前の路上にはピックアップトラックが常駐。
トラックのまわりにはちょっと怪しげな女性たちとお目付け役の男が一人、ずっとたむろしている。
これがコラート名物、チャオパヤーイン前の立ちんぼ軍団である。
近づくと、お目付け役の男が声をかけてくれる。
お持ち帰りはもちろんチャオパヤーインへ。

で、マッサージ屋からすっきりした顔で戻ってきたS氏と、その立ちんぼ軍団をチェックしてみた。
全部で5人くらい。
年齢層は20代前半から半ばくらいかな。
お目付け役の男がいわく、ショートで1000バーツ。

S氏は興味津々の様子だ。
あんた、さっき抜いてきたばかりでしょうに。
とにかく元気な人だ。
でも、さすがにこの日はこれで打ち止め。
部屋へ帰って寝ましょう。
わたしももちろん一人寝。

これにて、3度目のコラート滞在終了。

ちなみに、わたしのホテル代食事代などはすべてK氏とS氏持ちだった。
ありがたや。

まあ、コラートを案内するという役目は充分果たせたかな。

大幅リニューアル!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年(9月20日更新3軒追加)


関連記事

khonkean

コンケーンへ

昨晩は、コラートのMPバビロンの泡姫オイちゃんとの約束をすっぽかされた。 タイではよくある

記事を読む

chiangrai-tower

チェンライへ。チェンライの夜遊びスポット、リトルパッポン。

チェンマイには、たった一泊しかしなかった。 もっとゆっくりしていけばいいものを、なんか、もう満足し

記事を読む

DAY&NIGHT1

タンブンのあとは、連れ出し置屋でブンブンinウドンタニー

(「ウドンタニーでタンブン」からの続き) タンブンの次は、もちろんブンブンである。 仏様への

記事を読む

myanmar-flag

メーサイとタチレク。タチレクの置屋めぐりをしてみた

本日はメーサイとタチレクに挑む。 どちらも初訪問の土地だ。 昔、バックパッカーをやってい

記事を読む

ルアンパバーン2

ルアンパバーンの置屋でラオっ娘とイケナイ遊び。ルアンパバーン夜遊び情報。

世界遺産の町、ルアンパバーン ルアンパバーンかルアンプラバーンか、まあどっちでもいい。

記事を読む

ウドンタニー・バービア嬢

ウドンタニー置屋めぐり。バービアでペイバー。でも最後は別の女性と一夜を過ごす。

ウドンターニーの置屋めぐり ウドンターニー滞在二日目。 アットホームアットウドンのベッドは実に快

記事を読む

バタム島置屋嬢1

バタム島はロング派の聖地なのか?

スラバヤから一気にバタム島へ ドリーを体験できて、スラバヤはもう満足。 商業都市だけに、長居

記事を読む

showgirls

最後のパタヤアパート沈没生活

サメット島から帰ってからも、2ヶ月ほどパタヤのアパート沈没生活を続けた。 もう完全に惰性で過ごして

記事を読む

chiangmai-doisuthep

パタヤからチェンマイへ。チェンマイ観光少しだけ。

パタヤ発タイ・ラオス夜遊び周遊旅行。 まず、夜行バスでパタヤからチェンマイへ向かう。 パタヤから

記事を読む

コラートバスターミナル

三度目のコラートへ。ローカルレストランとゴーゴーバー探訪。

モーチットからバスでコラートへ モーチットのチケット売り場がタイ語表記ばかりで、少々わかりづらい。

記事を読む

medi8サイドバートップ300×250

medi8サイドバートップ300×250

ソイ7バービア Soi 7 beer bar
ファランに囲われ、イサーンへ帰るバービア嬢

パタヤ沈没日記4 数年前から仲良くしているバービア嬢がいる。

ソイブッカオ常設市場ぶっかけ飯 (3)
【新版】ソイブッカオ常設市場のぶっかけ飯

貧乏節約型長期滞在者の心強い味方といえば、ソイブッカオにある常設市

ソイ6 soi 6
大喧嘩したのにロング1000バーツでいいからペイバーしてと懇願するバービア嬢をお持ち帰り

パタヤ沈没日記3 ソイブッカオのバービアの話である。 21歳の

R-con bar restaurant breakfast ブレックファースト (6)
R-con Barのイングリッシュブレックファースト120バーツ

ソイブッカオ北側のクランクコーナーに建つのがRコンレジデンスホテル

ソイ8 Soi 8
ソイブッカオ20歳新人バービア嬢を仕事終わりに部屋へ召喚

パタヤ沈没日記2 元ゴーゴー嬢との関係は継続しつつ、日々のバーめ

→もっと見る


PAGE TOP ↑