パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

2017年フィリピン旅行記

マニラ国際空港とマニラ市内を結ぶエアポートバスは快適で便利

投稿日:


マニラ市内(エルミタ)からマニラ国際空港へ向かう。

わたしはマニラ市内滞在はこれが初めて。
マニラへはアンヘレスからフライザバスでやって来たので、マニラ空港は利用していない。
マニラ空港と市内との行き来についてはよくわからない。
事前に軽く調べてみたが、タクシーを使うのが一般的なようだ。電車や地下鉄の乗り入れはない。
そのタクシーもぼったくりや改造メーターや、へたするとホールドアップ強盗に遭う危険性すらあると脅かされていた。
まあ、しょうがないか。慎重にタクシーを選ぶとしよう。

と考えていたら、プエルトガレラからマニラへ戻る途中、シーカットツアーの添乗員にエアポートバスが便利だよと教えてもらった。
一人150ペソで、出発はエルミタのロビンソン。
シーカットツアーが発着するシティステートタワーホテルから余裕の徒歩圏内。
こりゃあいいわと飛びついたのだった。

で、実際に利用してみたら快適なことこの上なし。
これまで各国の空港で利用してきたエアポートバスの中でもトップクラス。いや、ナンバーワンかも。それくらい快適。

SPONSOR LINK



UBE EXPRESS

正式名称は、「UBE EXPRESS」というようだ。
UBEは、The Ulitimate Bus Expressの略。究極のバス急行か。

Manila UBE airport bus (3)

車体には、UBE EXPRESのロゴと、PREMIUM AIRPORT BUSの文字。
ま、普通にエアポートバスで通じます。

マニラ・エルミタ地区でわたしが実際に乗車したのは、ロビンソンデパートの出入り口付近。

Manila UBE airport bus (2)

ロビンソン前のロータリー出口付近に黒いバスが止まっている。これがエアポートバスだ。

Manila UBE airport bus (1)

地図

プエルトガレラ行きバスのシーカットが出発するシティステートタワーホテルと、アンヘレス行きのフライザバスが出発するスワグマンホテルの場所もそれぞれ記しておいたので参考までに。

ロビンソンはとにかくでかいので、時間には余裕をもって向かいましょう。
ロビンソンには入り口がいくつかある。スターバックスのある出入り口のほうね。
わたしは迷いまくったので、ロビンソン入り口のガードマンに訪ねてたどり着くことができた。

出発時刻は、2時間に1本。
6時、8時、10時、12時、14時、16時、18時、20時、22時、24時

Manila Airport bus

15時前に訪れると、すでにバスは停車していたが、出発は1時間後だと言われた。
そのまま車内で待機することも可能。

ロビンソン内のUCCコーヒーで暇つぶししてから、16時前に再訪して乗車。

女性係員が待機していて、その場でチケットを購入する。

料金は150ペソ。

チケット現物
Manila UBE airport bus (4)

マニラ空港は国内線も含めると4つのターミナルがある。
自分の利用するターミナルを聞かれる。わたしはタイ航空利用でターミナル1。実際のところ、ターミナルは事前に調べていなかったので、利用航空会社を告げると係員が教えてくれた。
あと、フライト出発時間も聞かれた。

チケットには第3ターミナル行きと書いてあるが実際には第1で降りた。

車内は広い。

Manila UBE airport bus (5)

大きなスーツケースを置くスペースもたっぷりある。
座席もゆったりしている。座り心地良好。足ものばせる。
ビジネスクラスかよ、ここは。

Manila UBE airport bus (6)

乗客はまばら。
後方に3,4人乗っていただけ。
前方はわたし一人。邪魔者なし。

エアコンの効き目はばっちり。
さらに無料Wi-Fi付き。
このWi-Fiが早い。マニラで使った無料Wi-Fiでは一番早かったかも。
道中はスマフォを繋げて、さくさくブラウジング。
これなら、ロビンソン内で時間つぶしせずに、車内待機しておいてもよかったな。

出発前に女性係員は下車。
ドライバー一人で運行。

16時ちょうどにバスは出発。
マニラ中心部では軽く渋滞するが、思ったよりひどくはない。
途中下車や乗車は一切なく、そのまま空港直行。

16時半には空港が見えてきた。

Manila UBE airport bus (7)

16時35分、マニラ国際空港(NAIA)第1ターミナルへ到着。

Manila UBE airport bus (8)

エルミタからの所要時間は35分だった。

Manila UBE airport bus (10)

降りた場所は第1ターミナルの出発フロアーの入り口前。とても便利。

ああ、35分だなんてもったいない。
もっと乗っていたかった。
これだけ快適なエアポートバスは、ほんと初めてかも。

Manila UBE airport bus (9)

バスは、このあと第2、第3、第4と順番にターミナルをまわっていくようだ。
第1ターミナルより遠くのターミナルへ行く人は、時間的余裕をみておいたほうがよさそう。けっこう渋滞するらしいんで。
フライトに間に合うかどうかは、バス乗車時に係員が教えてくれるだろうけど。

UBE EXPRESSの料金・ルート・時刻表

あとになってから、マニラエアポートバスについて調べてみた。

公式ホームページがこちら。

http://www.ubeexpress.com/

以下、UBE EXPRESS HPより引用。

ルート

わたしが利用したロビンソンルート以外にも4つのルートがあるようだ。全部で5ルート。

Image

・Entertainment City Route
・Robinsons Route
・Makati Route
・Grand Prix Route
・Atrium Route

パサイ地区とを結ぶグランプリルートはけっこう使えそう。ビクトリーライナーの駅そばだし、アンヘレス行きのファイブスターバスターミナルも近い。

ルート途上のバス停にきちんと停車してピックアップしてくれるかは不明。

時刻表

Image

Entertainment City RouteとGrand Prix Routeが30分に一本。
それが以外は2時間に1本だ。(おそらくすべて偶数時間)

運行本数が少ないのがネック。

運賃

HPによれば、本来の定価は300ペソ
セブパシフィック航空のEチケットがあれば割引きとかいろいろ書いてあったが、2017年3月末時点では、一律150ペソだった。

HP上での予約は、この記事執筆中の4月18日現在は受け付けていない。

どうにも不安定なシステムなのが気がかり。

マニラ空港からは?

残念ながら、わたしは利用しておらず、詳細不明。
おそらく各ターミナルの到着フロア出口付近にバス停があるはずだ。

目的地行きのバスの出発時間とうまく噛み合えば利用価値大。

まとめ

とにかく、これほど快適なエアポートバスはこれまた味わったことがないレベルだった。
料金的には150ペソなら問題なし。330円ほどだ。
エルミタあたりから空港までのタクシーは昼間は500ペソとか言われるんで(交渉すれば安くなるし、メーター利用なもっと安いはず)。
ただし、定価の300ペソは距離を考えるとバスにしては高い。本数が少ないのもネック。
それでもこの快適性と安全性には代えがたいものがある。特にマニラに不安を覚える初心者ならなおさらだ。
乗客が少なく、いつ廃止となるか不明瞭。
利用できるうちは利用しちゃいましょう。

SPONSOR LINK

-2017年フィリピン旅行記
-, ,

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.