パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

2017年フィリピン旅行記

プエルトガレラのサバンビーチってこんなところ。街歩き、ホテル、食事、両替、ダイビングなどなど。

投稿日:


プエルトガレラ旅行記2

(「マニラからプエルトガレラへの行き方。シーカット(Si-kat)利用での往復。」からの続き)

プエルトガレラのサバンビーチに初上陸。
やはりはじめての土地は気分が高揚する。どれだけ海外旅行を繰り返してきても、これは変わらない。
しかもビーチリゾート地ともなればなおさらである。

Si-kat Manila to Puertogalera (30)

雲が出ているものの、いい天気。

ビーチ沿いのが狭い遊歩道を歩いて、まずはホテルへ。

Sabang beach puerto galera (1)

1泊目だけは予約しておいた。

サバンイン(SABANG INN)

Sabang Inn hotel (1)

船着き場から5分もかからない。ビーチは目の前。立地はいいね。
2階の奥の部屋だったがバルコニーからかろうじて海が見える。

部屋にはサブベッドとキッチンまで付いている。長期滞在向けですな。

荷物を置いてから、プエルトガレラ・サバンビーチを散策。

Sabang beach puerto galera (2)

狭い街だ。すぐに見てまわれる。
地図も不要だろう。
現地で30分もうろうろすれば全体が理解できるレベル。
まとめて紹介してみます。

1ペソは2.2~2.3円くらいで計算してください。

SPONSOR LINK



サバンビーチ(SABANG BEACH)

Sabang beach puerto galera (37)

サバングじゃないよ、サバンだよ。
サバンビーチは、それほど綺麗とは言えない。
バンカーボートが発着するんで、水が汚れている。
ビーチで泳げなくもないが泳いでいる人はほぼ見かけない。

ダイビングショップの経営者に話を聞いてみると、磯のほうまで行けば泳げるとのとこ。
(ビーチで泳ぐなら、隣のラ・ラグーナビーチがおすすめ)

サバンビーチは基本的にダイビングの出発点として使われているみたい。

Sabang beach puerto galera (28)

ビーチにテーブルを並べて営業しているレストランもある。(夕方以降)

Sabang beach puerto galera (23)

海上には、フローティングバーとビキニバーが浮かんでいる。

Sabang beach puerto galera (39)

送迎用の小型ボートがあって、声をかければ運んでくれるみたい。

Sabang beach puerto galera (18)

サバンビーチの街並み

繁華街は狭い。あっという間に見終わる。

中央に海から山へ向かって大通りが1本走っている。

Google Mapでいうところの、マクファデン・スカイウェイ。

Sabang beach puerto galera (8)
これがサバンビーチの目抜き通り。

といってもすぐに上り坂になって終了。

Sabang beach puerto galera (10)

途中にゲートがある。

Sabang beach puerto galera (9)

中央通りを挟んで、細い路地の繁華街。

Sabang beach puerto galera (5)
Sabang beach puerto galera (13)

Sabang beach puerto galera (14)

途中から屋根付きのアーケードとなり、マッサージ屋やディスコが並ぶ。バーも多い。

 

すぐにディスコが見つかったが、これは夜に最調査。

Sabang beach puerto galera (4)

アーケード繁華街から脇道に入ると、ローカル路地に抜けられる。

Sabang beach puerto galera (22)

Sabang beach puerto galera (30)

崖沿いの細い道に民家や食堂が密集して建っている。まるで立体迷路みたい。

Sabang beach puerto galera (29)

こういった場所はわくわくするなあ。
ちょっと歩いてみたが、危険はなさそう。

サバンビーチのコンビニと食事どころ

コンビニはないが、あちこちにあるサリサリストア(雑貨店)で充分まかなえる。

ローカルフード屋台少々。

Sabang beach puerto galera (6)

唐揚げを買ってみた。
1個35ペソ。77円かあ、ちょっと高い。

Sabang beach puerto galera (12)

唐揚げ屋の前にはフルーツシェイク屋台。

Sabang beach puerto galera (40)

マンゴーシェイク45ペソ。うまい。これで100円ならオッケー。

横では鉄板焼きのシシグといったフィリピン料理のファストフードも扱っている。
ここは利用しやすい。

Sabang beach puerto galera (26)

シシグを食べてみた。75ペソ。165円。

Sabang beach puerto galera (27)

シシグとは、豚肉と玉ねぎをみじん切りにして甘辛く炒めたフィリピンの定番料理。
目玉焼きを潰してぐちゃぐちゃにして食べるとうまい。
ご飯はべちゃべちゃでダメですね。

ハンバーガーやホットドックの露店が目につく。

Sabang beach puerto galera (31)

ハンバーガー1個25ペソくらい。約55円。

ハンバーガー
Sabang beach puerto galera (25)

ホットドックを焼いているところ
Sabang beach puerto galera (33)

巨大ホットドックの出来上がり。チーズたっぷりだ。

Sabang beach puerto galera (34)

これで、50ペソ。110円。食いごたえあり。味は並。

ハンバーガー屋台はディスコが並ぶ路地の中で営業しているんで、小腹が空いたときに最適です。

コーヒーが飲みたくなったら、自販機でどうぞ。

Sabang beach puerto galera (32)

たった5ペソ。11円です。
5ペソコインを入れて、Coffeeと書かれたボタンを押すだけ。ホットチョコレートも売ってます。

当然のように、外国人観光客向け洋食中心のレストランは多い。ホテル併設のレストランももちろんある。

ビーチ沿いのレストランはやはり気持ちがいい。海を眺めながらのんびりしましょう。

あとは、ひたすら韓国料理レストランだらけ。

一軒だけ日本食っぽい店を見つけた。居酒屋かね。

Sabang beach puerto galera (20)

どうやらダイビングショップを兼ねている模様。
たぶん、日本人経営かなあ。詳細不明。

看板あり(IZAKAYA PALM DIVERS)
Sabang beach puerto galera (43)

他のダイビングショップでも日本語可と書かれた店があった。

Sabang beach puerto galera (16)

ダイビング

と、このように、多くの観光客はダイビング目当て。
ホテルのほとんどはダイビングショップを兼ねている。

ビーチ沿いにホテルが建っていて、ホテル目の前からボートが出発するみたい。

Sabang beach puerto galera (35)

1日4ダイビングできるようだ。

Sabang beach puerto galera (19)

ま、わたしはダイビングをしないのでよくわかりませんが。

講習もあるようで、ホテルのプールが練習場がわり。
よって、ホテルのプールもあまり泳ぐのには適していないようだ

Sabang beach puerto galera (36)

ダイビングをしない人向けに、アイランドホッピングシュノーケリングツアーなんてものもある。
ビーチを歩いていると、客引きが寄ってきて、ボートに乗らないかと誘ってくる。
好きな島やシュノーケリングポイントをめぐってくれるそうだ。
時間も好きなだけオッケーとか。
料金は1500ペソくらいから。
料金やプランも含めてきっちりと事前交渉しておきましょう。

レンタルバイク

ビーチを抜けると、すぐに丘というか山になっている。

移動するならレンタルバイクが便利そう。

Sabang beach puerto galera (11)

レンタルバイクは1日400ペソ、半日300ペソとのこと。
山の上までツーリングしたら気持ちよさそうだ。
今回は諦めるが、次回は実行してみよう。

ジープニーも運行されているし、バイクタクシーもある。
より綺麗なホワイトサンドビーチへ行くには、ジープニー、バイクタクシー、レンタルバイクでどうぞ。

両替屋

中央通り沿いに両替屋が数軒あった。
ウェスタンユニオンの看板を掲げている店が2軒。でもレートは悪い。

Sabang beach puerto galera (7)

それよりも良かったのが、この雑貨屋軒両替屋。

Sabang beach puerto galera (41)

ウェスタンユニオンが4370ペソ。こっちは4430ペソ。(前日のマニラ・エルミタの両替所は4500だったので、マニラよりはレートが悪い。)
プエルトガレラで両替するなら、この雑貨屋へ。先にマニラで済ませるほうがベター。

サバンビーチのホテル

船着き場から見て、左手(東側)に比較的安いホテル。右手(西側)に高めのホテルが並んでいる印象。
節約派は左手(東側)へ。東側はホテルとレストランくらいしかなくて夜はとても静かだ。わたしが泊まったサバンインもこの東側にある。
1泊3000円台。

サバング イン ビーチ リゾート (Sabang Inn Beach Resort)をAgodaでチェックする

このあたりには、ホテル予約サイトで扱っていないゲストハウスも多い。
1泊1500ペソから2000ペソほど。

At Can's Inn
Sabang beach puerto galera (38)

Ocean Dream Lodge
Ocean dream lodge sabang beach (1)
テラスバルコニーにソファーが置いてあり、海を眺めることができる。

Ocean dream lodge sabang beach (5)

西側のビーチ沿いにもホテルが並ぶ。
こちらはやや高めのしっかりしたホテルが多い。

別記事にて詳しく紹介する予定。

船着き場とサバンビーチ沿いにホテルが密集しており、ホテル探しは難しくない。
なるべく船着き場から近いほうが楽。

プエルトガレラ・サバンビーチ地図

地図はほぼ不要ですが、簡易地図だけ作っておいた。

まとめと感想

以上、ざっとしたサバンビーチのご紹介でした。
本当に狭いですよ。
パタヤやプーケットのようなビーチリゾート地の規模を想像していくと、拍子抜けすること間違いなし。
まあ、このとてつもないコンパクトさが逆に新鮮です。寂れているわけじゃないけれど、日本の田舎の海水浴場をちょっとだけ彷彿とさせます。

昼間は暑い。とにかく暑い。
ビーチを歩く人もまばら。

朝と昼はダイビングする人が多い。
空き時間は、ホテルのロビーでトランプをしている韓国人をよく見かけた。

とにかく韓国人が多い。あとは欧米人。

中国人のグループも見かけるが、日中はボートに乗っていて、夜はどこにいるものやら、あまり目立った存在ではない。ディスコにもあまり姿を現さない。さっさと寝て、昼間にがっつり行動するようだ。

看板には漢字も多い。

Sabang beach puerto galera (15)

日本語かと思いきや、中国語ですな。

日本人のダイバーもそれなりに訪れているみたいだが、個人行動が多いんで、これまた目立たない。

でも、地元の人は親日的で、物売りなんかは多少の日本語が通じる。

Sabang beach vendor

定番の観光地マグネットや真珠やアクセサリーなんかを売ってます。真珠はブラックパールです。
真珠は、中国語読みでも「シンジュ」だそうな。韓国語読みは「チンジュ」とか。プエルトガレラでフィリピン人から中国語と韓国語の読みの違いを教わるとは思ってもいなかった(正しいかどうかは知らんけど)。
お返しに、「マグネット=じしゃく」と教えておきました。あと、日本語の数字も教えたんで、価格交渉は日本語でいけるかもね。
船着き場付近に出没する夫婦の物売りに会ったら、よろしく。

ダイビングが目的でないなら、日中はひたすらぼーっと過ごすのがいいですね、ここでは。
あくせく動いてもすることがないし、こののんびりとした時間の中で、ただひたすらビーチを眺める。そんな過ごし方がいいです、プエルトガレラでは。

SPONSOR LINK

-2017年フィリピン旅行記
-,

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.