*

アンヘレス・プリメタのブレックファーストはポテト付き

公開日: : アンヘレス情報


アンヘレスのプリメタ地区滞在時に、ちょっと困ったのが朝食。

ファラン向けのブレックファーストが好物なのだが、あまり見あたらない。
ジプニーでフィールズアベニューまで出れば、フィリーズなど有名店がある。
が、プリメタはよくわからない。
洋食系レストランは点在しているが、ブレックファーストを全面に押し出している店がない。

SPONSOR LINK

PUZZLE CAFEのブレックファースト75ペソ

そんな中、見つけたのが、小さなカフェレストラン。
名前は、Puzzle Cafe。

灯台下暗しとはいったもので、投宿しているフェニックスホテルのすぐ近所にあった。

地図

車で隠れて見にくいが、これがPuzzle Cafe。

Puzzle cafe angeles (1)

店内は意外と広い。そして意外と客が多い。車に乗った欧米人単独ないしフィリピン女性とのカップルがほとんど。
リタイア組のファランが常連客なんでしょう。

朝食メニュー
Puzzle cafe angeles (3)

いろいろ細かく分かれているが、どれもコーヒーはセットになっていないようだ。

選んだのは一番安いPuzzle Cafe Special、75ペソ。
コーヒーは別途オーダー。ホットコーヒーが55ペソ。おかわり自由とのこと。

卵2つ、トースト、ポテトのセットだ。
卵はスクランブルエッグを指定した。

コーヒーと一緒に運ばれてきた。

Puzzle cafe angeles (4)

トーストは全粒粉パンかな。安っぽい食パンとはちょっと違って、おいしい。
スクランブルエッグは普通。
なんといってもポテトだ。じゃがいも好きにはたまらない。パタヤで食べるブレックファーストにもたまにポテトが含まれているが、アンヘレスのブレックファーストではどこでもポテトが付いてくる。単純に嬉しい。
ここのポテトは、ベイクドポテトか。ジャーマンポテトのベーコン無しみたいな感じ。
意外とトーストに合う。
これで75ペソ。165円。
満腹にはなれないけれど、まったりとした朝食にはちょうどいいくらいの量。

コーヒーは大きめのマグカップに注がれていて、これ1杯で充分。
おかわり自由だけど、そんなにいらないかな。

表のテラス席は喫煙可能。
隣のファランは、コーヒーとタバコをたしなみながら、ペイバーバックを読みふけっていた。

ブレックファーストとコーヒーを合わせて130ペソ。

内容的にはフィリーズのほうが上だろけど、あっちは午前10時までの限定価格。

Phillies Sports Grill&Barの朝食ブレックファスト (4)(やっぱりポテト付き)

関連記事:【アンヘレスの朝食】Phillies Sports Grill&Barで大盛りブレックファースト125ペソ

パズルカフェは、たぶんオールデイブレックファーストでしょうね。
のんびり起きてから、のんびり訪れるには、ちょうどいい。
プリメタではのんびりやりましょう。

フェニックスホテルのブレックファースト

フェニックスホテルはレストラン併設。
しかも24時間営業。
困ったときは、ホテル内で食べてしまえばいい。ちなみに、ルームサービス代も無料。

アンヘレスからマニラへ向かう日の朝食は、ホテルのレストランで済ませることにした。

店内の様子
Phoenix hotel restaurant angeles (3)

バーカウンターの他、テーブル席も多数あり。
プールサイドで食べることもできて、喫煙可能だ。

ブレックファーストメニュー
Phoenix hotel restaurant angeles (2)

種類豊富だが、やはりコーヒーはセットに含まれていない。フィリピンはこの方式が多いな。

選んだのは、Poached Eggs on Toast-with home fries。135ペソ。

決め手は価格の安さと、ホームフライが付いてくることだ。
ホームフライとは、まあポテトフライのことです。
やはりポテトがないとフィリピンのブレックファーストとは言えまい。

コーヒーは別途注文。60ペソ。

Phoenix hotel restaurant angeles (4)

おかわり自由ではないけれど、これまた充分な量。

ポーチドエッグのトーストのせwithポテトの登場。

Phoenix hotel restaurant angeles (1)

シンプルだ。実にシンプル。
トーストはやや小さめながら、味はしっかりしている。フィリピンのパンはけっこううまいかもしれない。まああくまで欧米人向けレストラン限定だろうけど。
卵は半熟。
そしてやっぱりポテト。
ここのホームフライは、まさにホームメイドのポテトチップスのよう。
薄切りにしたじゃがいもを油で揚げている。さらにスライスしたタマネギ付き。
塩をかけて食べると、これがうまい。
うーん、このホームフライだけでも普通にオーダーしたいくらいだ。

パンよりもポテトだな。

ブレックファーストとコーヒーを合わせると195ペソ。

Phoenix hotel restaurant angeles (5)

食後は、プールサイドでコーヒーを飲みながら一服。

プリメタも悪くないなあ。
名残惜しいが、マニラへ向かうとしよう。
そろそろフライザバスが迎えに来る時間だ。

SPONSOR LINK

関連記事

スコアバーズホテルアンヘレス (5)

【アンヘレスのおすすめホテル】スコアバーズホテル SCORE BIRDS滞在レポート

アンヘレス滞在中、クラーク空港からシンガポールへのフライトの待ち時間に利用したのが、スコアバーズ

記事を読む

フィリピンタバコ (2)

フィリピン・アンヘレス市中で買うタバコは安い。免税店よりもお得だよ。

フィリピンのタバコの値段は? フィリピンで売られているタバコは安い。 メビウスが75ペソで買えた

記事を読む

Halo halo angeles (1)

フィリピンのローカルぶっかけ飯とハロハロ

フィリピン・アンヘレスのプリメタ地区滞在。 このあたりは、ローカルな住人が多くて、外国人向けの

記事を読む

アンヘレスのぶっかけ飯チキンカレー (1)

アンヘレスでも、ぶっかけ飯を喰らう。チキンカレーで60ペソ。

東南アジアの安いローカル食事といえば、ぶっかけ飯である。 これはタイでもカンボジアでもフィリピ

記事を読む

スクリーンショット_071916_035942_AM

アンヘレス最寄りのクラーク空港発着国際線一覧。日本から香港乗り継ぎでクラークまで行く方法。

日本からアンヘレスへ向かうには、まずマニラ空港へフライト。マニラ空港から直接タクシーで2時間ほど

記事を読む

Phillies Sports Grill&Barの朝食ブレックファスト (5)

【アンヘレスの朝食】Phillies Sports Grill&Barで大盛りブレックファースト125ペソ

アンヘレスで朝食付きプランのホテルに滞在していないと、少し困るのが朝食。 ジョリビーやマクドナ

記事を読む

クラーク空港SIMカード販売所 (2)

クラーク(アンヘレス)空港内の両替所、SIMカード販売所、ATMについて

クラーク空港へのフライト到着後、入国審査を終え、税関を抜けると、ちょっとした販売フロアとなっ

記事を読む

アンヘレスフリーペーパー (2)

アンヘレス旅行で手に入れると便利なフリーペーパー。地図と簡単な会話帳付き。

アンヘレスのフィールズアベニュー界隈は狹いエリアなんで、ほとんど地図は不要だけど、簡単な地図があれば

記事を読む

Eurotel angeles room (3)

アンヘレスの格安ホテル、ユーロテル アンへレス (Eurotel Angeles)宿泊レポート

アンヘレス初日のホテルとして選んだのがユーロテルアンヘレス。 フィリピン各地にある系列ホテルの

記事を読む

アンヘレスウォークアバウトホテル前ホットドッグ屋 (2)

【アンヘレスのグルメ】ウォークアバウトホテル前のホットドッグ&ハンバーガー屋

軽い朝食を求めて、ウォーキングストリート内をうろうろして見つけたのが、この屋台。

記事を読む

アドステア

アドステア

Nongkhai to Udonthani Bus (6)
ノンカーイからウドンターニーへはロットゥ(ミニバン)で

ラオス・イサーン旅行記18 ノンカーイは1泊だけですます。

Pattaya klang Thai food (2)
タイローカル屋台初心者におすすめ。カオカームー、カオマンガイ、クイティアオ、何でも揃ってそこそこ美味しい屋台@パタヤカン。

パタヤカン(セントラルパタヤロード)のセカンドロードからソイブッカ

Nongkhai Night life (2)
ノンカーイの夜遊び2017年。バンガロー置屋からラオっ娘を持ち帰り。

ラオス・イサーン旅行記17 (16「ノンカーイは意外なグルメタウ

Walking street 201706 (1)
【6/23 昨晩のウォーキングストリート】ゴーゴーは午前3時に一斉閉店。一部ディスコのみ営業継続。でも大して影響ないよ。

今週頭に当局からウォーキングストリート各店へ発布された警告を受けて、ウ

Yakitori Nongkhai (1)
ノンカーイは意外なグルメタウン。赤提灯日本式焼き鳥屋台とカオニャオマムアンで舌鼓。

ラオス・イサーン旅行記16 (15「タイビザ取得後、国際バス

→もっと見る

PAGE TOP ↑