*

【アンヘレスの朝食】Phillies Sports Grill&Barで大盛りブレックファースト125ペソ

公開日: : グルメレポート


アンヘレスで朝食付きプランのホテルに滞在していないと、少し困るのが朝食。
ジョリビーやマクドナルドでも気軽に食べられるけど、もっと本格的な朝食が食べたいとなると、ファラン(欧米人)向けのレストランでブレックファーストを取ることになる。

ホテル付属のレストランだとかなり割高。
たとえばココモスレストランだと、クラシックブレックファストで295ペソ。日本円で660円くらい。フィリピン式ブレックファストでも195ペソもする。
ちょっと高い。

なるべく安くておいしい朝食を求めて、見つけたのがこちら。

Phillies Sports Grill&Bar
Phillies Sports Grill&Bar (2)
朝十時までの限定となるが125ペソだ。
たぶんアンヘレス好きなら知っていて当然かもしれないが、初心者向けにきちんと記事にしておきます。

SPONSOR LINK

Phillies Sports Grill&Barのブレックファスト

Phillies Sports Grill&Bar (3)

看板に朝食メニューがずらりと書いてある。
午前3時から10時まで。
コーヒーのおかわりが1杯無料とある。

店内の様子
Phillies Sports Grill&Bar (4)
中央にビリヤード台。
スポーツバーになっていて、あちこちにTVモニターが設置されていて、海外のスポーツ中継を流している。F1もここで見ることができる。

Phillies Sports Grill&Bar (1)
2階もあるようだが未見。

店内で出されたメニュー
Phillies Sports Grill&Barの朝食ブレックファスト (2)

SCRAMBLED EGG & BACON

まずは、SCRAMBLED EGG & BACONを注文してみた。

ベーコンの焼き加減をたずねられる。ミディアムとかウェルダンとかクリスピーとかね。
ミディアムを選択。あとは、コーヒーで。

料理の手際は早い。5分もたたずに到着した。

Phillies Sports Grill&Barの朝食ブレックファスト (4)

向きを変えてもう一枚。
Phillies Sports Grill&Barの朝食ブレックファスト (5)

ポテトが目立ちますな。
メニューにphilly friesと書いてあるのが、大ぶりのポテトフライのことだ。

トーストは並の大きさ。スーパーで売られているような既成品なので特に味については不問。バターとジャムが付いてくる。
ミディアム焼きのベーコンは、肉厚で食べごたえあり。これはおいしい。
ポテトはとにかく量が多いけど、これまた絶妙な揚げ加減でうまい。

Phillies Sports Grill&Bar (5)

テーブルの上には、各種調味料が置いてあるので、HEINZのケチャップをかけて食べましょう。

コーヒーは薄味のアメリカンコーヒー。どっしりして濃厚なコーヒー好きには物足りないかも。
わたしはしっかりおかわりしましたが。
「Can I have one more coffee」とでも簡単に言えばオッケーです。まあ、綺麗に言いたければ、「Could I have another cup of coffee」とどうぞ。通じれば何でもいいです。

これだけでお腹いっぱいになれましたね。
コーヒーもおかわりできて満足。
やや割高なアンヘレスの朝食事情にあって、この味と量で125ペソはお得。

AUSSIE BREAKFAST

気に入ったので、後日、再訪。
今度はAUSSIE BREAKFASTを選択。
これは、卵焼きのせトーストセットとなる。

まず卵の焼き方を聞かれる。
サニーサイドアップ(目玉焼き)とかフライドエッグ(両面焼き)とかね。わたしは、フライドエッグにした。
ベーコンは、クリスピーでオーダー。

Phillies Sports Grill&Barの朝食ブレックファスト (1)

スクランブルエッグ&ベーコンとは違って、焼きトマトが付いてきた。わずかにビタミン補給できる。
ポテトフライがどっちゃり付いてくるのは同じ。
クリスピーベーコンは、さすがにカリカリすぎる。噛みやすいビーフジャーキーみたいになっている。ミディアムがおすすめ。

2種類しか食べていないが、他のメニューもどれもおいしそうだ。
ほぼ山盛りポテトが付いてくるので、ポテト好きとしてはうれしいところ。

 

Wi-Fi無料で、通信速度も繋がりも良好。アンヘレスのホテルではぶちぶち切断されることも多いんで、これはありがたい。

Phillies Sports Grill&BarのWi-Fiパスワード

パスワードは手書きしてくれた。頭のPは、大文字なので注意のほどを。小文字にしたら繋がりません。

一日中オーダー可能なブレックファストメニューがこちら。
Phillies Sports Grill&Barの朝食ブレックファスト (3)

卵、ソーセージ、ベーコンのセットが295ペソとけっこうなお値段となる。
やはり10時までに入店するのがベター。

コーヒーだけなら、65ペソ。深夜は85ペソとなる。
ビールが、同じく75ペソと95ペソ。
昼間からだらだらビールを飲んでいるファラン多数だ。

地図

フィールズアベニュー沿いで、ウォーキングストリートの入り口を出て、わずかに歩いたところ。立地条件はいい。

アンヘレスでがっつりブレックファストが食べたくなったら、ここでしょうね。
安くておいしいです。

SPONSOR LINK

関連記事

tuktuk-noodle-soup-2

トゥクトゥク屋台のクイジャップユアンを年越しうどんがわりにした

年が明けても、年越しそばは食べられずじまい。 いや、関西人のわたしとしては、そばよりもうどんが

記事を読む

ルアットムークンシーのクイティアオ

もつスープのルアットムークンシーで、あえてクイティアオを食べてみる

パタヤカンにある有名なモツスープ(クイジャップ)のレストラン、ルアットムークンシー。 数年前に

記事を読む

nana-burger-bangkok-2

今さらながら、あえてナナバーガーを食べる

ナナバーガー。 熱心なバンコクリピーターには説明不要。 ナナプラザ愛好家には言わずもがな。

記事を読む

8番らーめん (9)

タイの8番らーめん実食レポート。ラーメンと餃子のセットが148バーツ。

現在、タイ国内で110店舗を展開中の8番らーめん。 れっきとした日本生まれのラーメ

記事を読む

カイパロー・ムーパロー (1)

カイパローは、タイ版の豚の角煮と煮玉子。ソイメイドインタイランドの食堂でぶっかけ飯30バーツ。

ソイメイドタイランドで飲んでいると、小腹がすいてきた。 近くに食堂がある。 そこで軽くテイク

記事を読む

パタヤタイの豚骨トムヤムクイティアオ (1)

豚骨入りトムヤムクイティアオは、男の迫力で辛くてうまい@パタヤタイ

うまそうな店を求めてパタヤタイのワットチャイ市場裏側のソイを走っていると、ふと目に止まったのが、

記事を読む

パートンコー屋台 (6)

タイの朝食といえば、パートンコー(揚げパン)。練乳シロップをつけて食べると病みつきの味だ。ソイブッカオでどうぞ。

ソイブッカオのパタヤ市民病院(Pattaya City Hospital)近くで、朝だけ営業して

記事を読む

サードロードステーキ屋のチキンステーキ (3)

サードロードの人気ステーキ屋で肉厚チキンステーキを喰らう

少し前の話となるが、またしてもステーキが食べたくなった夕暮れ時のこと。 やはりパタヤの

記事を読む

ヌアヤーンとナムトックムーのダブル焼き肉丼

ヌアヤーンとムーヤーンのダブル焼き肉丼うまし

ある夜のこと。 食事中の友人たちから誘いを受ける。 食べきれないくらい量があるんで、食べに来

記事を読む

しゃぶし (1)

Shabushiは359バーツで寿司としゃぶしゃぶ食べ放題の店。シャブシ。

oishi系列店であるShabushi。 看板には「しゃぶしゃぶの寿司」と掲げている。

記事を読む

アドステア

アドステア

Bachelor (2)
【LKメトロ】カオスは混沌、レディラブは盛況、バチェラーは門職人

先週訪問したLKメトロのゴーゴーバー3軒のレポート。 一週間で3軒だ

no image
ザ LD ブティック宿泊レポート。サードロードなら新築で広い部屋のホテルが700バーツ。

Agodaのパタヤのホテル地図をチェックしていると、見慣れぬホテル

Drinking street
ノースパタヤで軽くバービアめぐり。ドリンキングストリートとソイ3バービア群。

沈没日記4 友人二人はパタヤ4日目。 3日目の昨晩、初パタヤの

D Xpress apartment (9)
ソイブッカオ近くのサービスアパート、D エクスプレス アパートメント宿泊レポート。屋上プール付き!

ソイブッカオとサードロードの間にあるサービスアパートメントに泊まっ

Prajanban foods (12)
カオトムプラジャンバンは、いつも安定したおいしさ。カエルも食べてみたよ。

日本から友人がパタヤへ遊びに来たら、必ず立ち寄るタイ料理レストラン

→もっと見る

PAGE TOP ↑