*

【アンヘレスの朝食】Phillies Sports Grill&Barで大盛りブレックファースト125ペソ

公開日: : グルメレポート


アンヘレスで朝食付きプランのホテルに滞在していないと、少し困るのが朝食。
ジョリビーやマクドナルドでも気軽に食べられるけど、もっと本格的な朝食が食べたいとなると、ファラン(欧米人)向けのレストランでブレックファーストを取ることになる。

ホテル付属のレストランだとかなり割高。
たとえばココモスレストランだと、クラシックブレックファストで295ペソ。日本円で660円くらい。フィリピン式ブレックファストでも195ペソもする。
ちょっと高い。

なるべく安くておいしい朝食を求めて、見つけたのがこちら。

Phillies Sports Grill&Bar
Phillies Sports Grill&Bar (2)
朝十時までの限定となるが125ペソだ。
たぶんアンヘレス好きなら知っていて当然かもしれないが、初心者向けにきちんと記事にしておきます。

SPONSOR LINK

Phillies Sports Grill&Barのブレックファスト

Phillies Sports Grill&Bar (3)

看板に朝食メニューがずらりと書いてある。
午前3時から10時まで。
コーヒーのおかわりが1杯無料とある。

店内の様子
Phillies Sports Grill&Bar (4)
中央にビリヤード台。
スポーツバーになっていて、あちこちにTVモニターが設置されていて、海外のスポーツ中継を流している。F1もここで見ることができる。

Phillies Sports Grill&Bar (1)
2階もあるようだが未見。

店内で出されたメニュー
Phillies Sports Grill&Barの朝食ブレックファスト (2)

SCRAMBLED EGG & BACON

まずは、SCRAMBLED EGG & BACONを注文してみた。

ベーコンの焼き加減をたずねられる。ミディアムとかウェルダンとかクリスピーとかね。
ミディアムを選択。あとは、コーヒーで。

料理の手際は早い。5分もたたずに到着した。

Phillies Sports Grill&Barの朝食ブレックファスト (4)

向きを変えてもう一枚。
Phillies Sports Grill&Barの朝食ブレックファスト (5)

ポテトが目立ちますな。
メニューにphilly friesと書いてあるのが、大ぶりのポテトフライのことだ。

トーストは並の大きさ。スーパーで売られているような既成品なので特に味については不問。バターとジャムが付いてくる。
ミディアム焼きのベーコンは、肉厚で食べごたえあり。これはおいしい。
ポテトはとにかく量が多いけど、これまた絶妙な揚げ加減でうまい。

Phillies Sports Grill&Bar (5)

テーブルの上には、各種調味料が置いてあるので、HEINZのケチャップをかけて食べましょう。

コーヒーは薄味のアメリカンコーヒー。どっしりして濃厚なコーヒー好きには物足りないかも。
わたしはしっかりおかわりしましたが。
「Can I have one more coffee」とでも簡単に言えばオッケーです。まあ、綺麗に言いたければ、「Could I have another cup of coffee」とどうぞ。通じれば何でもいいです。

これだけでお腹いっぱいになれましたね。
コーヒーもおかわりできて満足。
やや割高なアンヘレスの朝食事情にあって、この味と量で125ペソはお得。

AUSSIE BREAKFAST

気に入ったので、後日、再訪。
今度はAUSSIE BREAKFASTを選択。
これは、卵焼きのせトーストセットとなる。

まず卵の焼き方を聞かれる。
サニーサイドアップ(目玉焼き)とかフライドエッグ(両面焼き)とかね。わたしは、フライドエッグにした。
ベーコンは、クリスピーでオーダー。

Phillies Sports Grill&Barの朝食ブレックファスト (1)

スクランブルエッグ&ベーコンとは違って、焼きトマトが付いてきた。わずかにビタミン補給できる。
ポテトフライがどっちゃり付いてくるのは同じ。
クリスピーベーコンは、さすがにカリカリすぎる。噛みやすいビーフジャーキーみたいになっている。ミディアムがおすすめ。

2種類しか食べていないが、他のメニューもどれもおいしそうだ。
ほぼ山盛りポテトが付いてくるので、ポテト好きとしてはうれしいところ。

 

Wi-Fi無料で、通信速度も繋がりも良好。アンヘレスのホテルではぶちぶち切断されることも多いんで、これはありがたい。

Phillies Sports Grill&BarのWi-Fiパスワード

パスワードは手書きしてくれた。頭のPは、大文字なので注意のほどを。小文字にしたら繋がりません。

一日中オーダー可能なブレックファストメニューがこちら。
Phillies Sports Grill&Barの朝食ブレックファスト (3)

卵、ソーセージ、ベーコンのセットが295ペソとけっこうなお値段となる。
やはり10時までに入店するのがベター。

コーヒーだけなら、65ペソ。深夜は85ペソとなる。
ビールが、同じく75ペソと95ペソ。
昼間からだらだらビールを飲んでいるファラン多数だ。

地図

フィールズアベニュー沿いで、ウォーキングストリートの入り口を出て、わずかに歩いたところ。立地条件はいい。

アンヘレスでがっつりブレックファストが食べたくなったら、ここでしょうね。
安くておいしいです。

SPONSOR LINK

関連記事

ヒルトンパタヤ・ホライズン (7)

HILTON PATTAYAの屋上ラウンジ「HORIZON ホライズン」

つい先日、ヒルトンホテルパタヤの屋上にあるラウンジ「HORIZON」に行ってみた。 ここから眺

記事を読む

ラーメンチャンピオンのカツカレー (1)

ローカル日本食レストラン・ラーメンチャンピオンのカツカレーは、具だくさんで79バーツ

パタヤのカツカレー カツカレーが好きだ。 海外では、わざわざ日本食を食べようとはあまり思わな

記事を読む

スルメ屋台 (1)

【まとめ】タイ屋台料理・おつまみ編。タイ語や注文の仕方も。

タイと言えば、屋台料理。 安くてうまいB級グルメの宝庫だ。 その中でも、酒のアテや肴としても

記事を読む

カオパットトムヤムマハーサムット (3)

カオパットトムヤムタレー。シーフード入りトムヤム味の焼き飯。

サードロードにあるシーフード満載のトムヤムクイティアオで有名となった「マハーサムット」。

記事を読む

名無し食堂横クィティアオ屋追加バミー (1)

【追記】ブッカオ名無し食堂横のクィティアオがうまい。激辛トムヤムスープがおすすめ。

最近、とんとご無沙汰になったブッカオ名無し食堂。 その2軒隣に、以前からクィティアオ屋がオープ

記事を読む

イーノENO (1)

タイのコンビニで買える胃腸薬、ENO FRUIT SALT(イーノフルーツソルト)は6秒で効く?

調味料が多く、油っこいタイ料理は胃腸に負担がかかるもの。 さらに連日連夜飲み歩きしていると、さ

記事を読む

ヤムネーム (5)

ヤムネーム。焼きおにぎりは、激辛サラダと化す。

たまに、屋台や市場で見かける謎の食材がある。 見た目は、焼きおにぎり。 焦げ

記事を読む

小鳥の丸焼き (3)

小鳥(うずら)の丸焼き実食レポート。ノッククラダーヤーン。

バービアでのすぐ近くに屋台が通りかかった。 最近、ブッカオからセカンドロード方面でよく見かける

記事を読む

buriram-railway-station-6

ソース二度づけ禁止!?ブリラム駅前の立ち食い串揚げルークチンは1本3バーツ

なぜかは知らないが、ブリラムにはルークチン屋が多い。 ルークチンとは、魚な豚肉をミンチにし

記事を読む

パタヤタイの39バーツステーキ屋 (3)

これがパタヤ最安か?39バーツステーキ屋@パタヤタイ

パタヤタイ(サウスパタヤ通り)をひたすら走っていると、またしてもステーキ屋の看板を発見した。

記事を読む

アドステア

アドステア

take-away-breakfast-5
TAKE AWAYレストランのブレックファースト125バーツ@ソイブッカオとソイニュープラザ交差点

ソイニュープラザのソイブッカオ側交差点角にあるレストラン、TAKE

ノヴァエクスプレスホテルパタヤ (4)
パタヤ新築ホテル情報2016年12月(更新)

《更新情報》 〈リンク切れを修正しました〉 2016年

walking-street-201612
バカラ、ハッピー、ギンザ、パレス、ランウェイなど、パタヤ最新ゴーゴーバー訪問レポート

ここ数日、珍しく熱心にウォーキングストリートへ日参してきた。 いくつ

royal-qd-suite-hotel-8
ソイイエンサバイの格安ホテル、ロイヤル Q&D スイーツ ホテル (Royal Q&D Suites Hotel)宿泊レポート

Soi Yensabaiとは、パタヤタイにあるソイのこと。セカンド

pattaya-songteow
バンコクからパタヤへ。パタヤのソンテウで初めて20バーツ請求された話。

沈没日記2 バンコク2泊はあっという間に終了。 都会は便利

→もっと見る

PAGE TOP ↑