*

アンヘレス初日のバーファインは23歳新人嬢。母乳が出るほどフレッシュ。

アンヘレス夜遊び日記1

そんなわけで、関空から香港を経由してクラーク空港に到着。
すぐさまタクシーに乗って、フィールズアベニューのホテル、Eurotelにチェックインしたのが午後10時過ぎ。

Eurotel hotel Angeles
今朝は午前5時起床だったので少々眠たいが、シャワーを浴びて目を覚ます。
いや、こんな欲望まみれの街で眠たいとか言っている場合ではない。

夜10時半。
さっぱりしたところで外出。
フィールズアベニューのゴーゴーバーなら深夜遅くまで営業している。焦る必要なし。

ジョリビー

まずは腹ごしらえ。フィリピンの飯といえば、ここ。

Jolibee Angeles city (1)

そう、Jolibee(ジョリビー)だ。
決してうまいわけでも上質なわけでも体にいいわけでもないが、なぜか無性に食べたくなるのがジョリビー。不思議だ。あと、日本人の物価感覚からすれば安いしね。

スペシャルミールとやらで99ペソ。
ハンバーガーとポテトとスパゲッティとコーラがセットになっている。

Jolibee Angeles city (2)

ハンバーガーはバンズがぱさぱさ。肉はぺらぺら。
ミートソーススパゲッティはインスタント丸出し。
ポテトはまずまず。

うーん、ジャンキーだ。

両替レートは、おおむね1万円=4500ペソ。つまり1ペソ=2.2円
99ペソなら、220円となる。

これだけ食べて220円は安い。まあ、現地の人の感覚では、そこそこのごちそうなのかもしれないが。

うまいとかまずいとか言う前に、フィリピンに来たらジョリビーは食べておかないとね。

アンヘレスのウォーキングストリート

Angeles walking street (1)

午後11時。
やって来ました、ウォーキングストリート。
パタヤじゃないよ、アンヘレスのウォーキングストリートだよ。

Angeles walking street (3)

パタヤとは桁違いの人通りの少なさ。
大道芸人もおらず、とても歩きやすい。
呼び込みも大人しい。
ED薬売りが少々つきまとってくるが、それほどしつこくない。
ウォーキングストリート内にはストリートチルドレンもほぼいない。

でも、ゴーゴーバーはたくさん。

Angeles walking street (2)

大箱から小箱まで各種揃っている。
片っ端からのぞいていけばいい。

遊び方は、タイのゴーゴーバーと同じ。
店に入る。席に座る。ドリンクをオーダーする。ステージ上や待機中のダンサーを指名して席に呼ぶ。気に入ったらバーファインを払って連れ出す。あとはホテルの部屋でソクソク(ブンブンでも通じる)という流れ。

自分の飲み代はサンミゲルライトが110ペソ前後。
コーラが90ペソとか、そのあたり。
瓶ビールの飲み代はパタヤのゴーゴーバーより安い。バンコクのゴーゴーバーと比較するとさらに安い。

レディドリンクが2種類ある。
シングルとダブル。シングルがソフトドリンク系、ダブルがビールとかテキーラとか。
ウォーキングストリート近辺のゴーゴーバーでは、シングル150ペソ、ダブル300ペソ。
黙っていると、ほぼ自動的にダブルでのレディドリンク進呈となる。

300ペソ=660円
バーツに直すと、200バーツ
レディドリンクはやや高い設定。
ただし、シングルだと100バーツ相当なんで、わりとリーズナブルかな。

タイのゴーゴーバーと異なり、バーファインは全込み価格。連れ出し代とダンサーへのブンブン代の対価が一緒になっている。言ってみれば、タイのゴーゴーバーでママさんに全額前払いするのと同じこと。
また、ショートとロングの区別がない。
きっちりコミュニケーションをとって事前交渉しておけば、朝まで一緒にいてくれる。
もちろん、朝までの約束を取り付けていても、急に早帰りされることもあるが。

で、アンヘレスのウォーキングストリートのゴーゴーバーでのバーファイン相場は3000ペソだ。
もはや協定価格みたいなもの。値引き交渉不可。
一部例外はあるだろうけど、どこでも3000ペソ。(プリメタ地区は別価格)

つまり6600円
タイバーツに直すと、2000バーツ
これでペイバー代とお手当込みなんだから、確かに安い。しかもロング可能だし。

パタヤのウォーキングストリートだと、バーファイン1000バーツ、ショートのチップ2000バーツあたりが相場。合計3000バーツ。ペソに直すと、4500ペソ。

料金の差は一目瞭然。

ま、あとは自分好みの相手が見つかるかどうかですな。

顔の好みは人それぞれなんで、論評は避けます。
でも、腹がぽっこり出ている割合は、フィリピンのほうが断然上ですね。
胸や鼻の改造率は、断然タイのほうが上。アンヘレスで働くダンサーたちの改造率はかぎりなく低い。
ステージ上の見た目では、パタヤのウォーキングストリートのほうが間違いなく上です。
化粧もタイ人のほうがうまいかも。

でもやっぱり最後は個人の好みだし、自分好みの一人が見つかれば、どこでも同じこと。
ひたすら探しましょう。

バーホッピングと変な日本語

そんなわけで、ひたすらバーめぐり。
バーホッピングという言い方をする。

一人で訪れても大丈夫。
ビールを飲んでいると、GRO(ホステスみたいな存在。何の略かは知らない。ペイバー可能。)やウェイトレスやママさんが絡んできてくれる。
おばさんGROやママさんの中には、元ジャパゆきさんもいて、普通に日本語で会話可能。わからないことがあれば日本語で質問できる。

また、ほぼすべてのダンサーたちは英語が普通に話せる。
決して全員が流暢な英語を操るわけではない。中には学校へちゃんと通えなかったような人もいて英語が下手くそな場合もあるけれど、まあ、大方の日本人旅行者よりは話せるし、問題ないでしょう。
コミュニケーションという点では、タイよりもハードルは低いですね。
英語話者にとっては、これほど楽な東南アジアの夜遊び場は他にないかも。

ちなみに、日本語が話せないダンサーでも、みんな「チ○チ○タベル」だけは確実に知っている。びっくりするほど通じる。意味も知っている。浸透率100%と言っても過言ではないくらい。

「ダイジョウブ」も通じるかな。

会話に困ったら、とりあえず「チ○チ○タベル、ダイジョウブ?」と言っておけば、間が持つ。

とまあ、そんな感じでバーホッピングしていく。

ARCADIA(アルカディア)

Angeles gogo bar (3)

キャプテンハーロックみたいな名前だが、以前は別の屋号だったような。
中型店。
中央のステージで20人くらいがダンスしている。で、時々ぐるぐると立ち位置を変えてくれるんで一人ひとりを判別しやすい。
これくらいがちょうどいい。

BAR NANA(バーナナ)

Angeles gogo bar (4)

バナナにひっかけてある。
ナナプラザは関係ない。

ステージ上にはダンサーが一桁台といった感じの小箱系。
アンヘレスでは、むしろこういった小箱系のほうが多いかも。

ステージとの距離が近いし、選びやすいのは大箱よりも小箱系だと思う。

Champagne(シャンペーン、シャンパーニュ)

Angeles gogo bar (2)

パタヤのソイLKメトロの同名店とは、たぶん関係ない。
いらっしゃいませの日本語の字体がちょっと怪しいが、歓迎されるのは嬉しい。

MONSOON(モンスーン)

Angeles gogo bar (1)

このあたりから、酔いがまわってきて、ほとんど中の様子を覚えていない。
パタヤと違って、店の名前の中身の様子がなかなか一致しないんだよなあ、アンヘレスは。記憶に残りづらい。

23歳の新人ダンサーをバーファイン

それそろ相手を見つけねばとテキトーに入ったゴーゴーバーでバーファインした。
別に隠す目的ではないけれど、本当にどの店か覚えていない。
ウォーキングストリートを出て、プリメタ地区へ向かう道の途中のある小箱系のどこかだ。
キャメロットの隣あたりかなあ。

お相手は23歳。
顔は並だが、スレンダーな体型が気に入った。身長は170cm近くある。
働き出してまだ2週間ほどの新人とのこと。
子ども一人。

フィリピンの夜の女性たちの多くが子持ち。
子持ち率は非常に高い。
もちろん、中にはノーベイビーの女性もいるけど、少数派。
子どもの有無をあまりにも気にしていたら、なかなか相手が決まらないかも。

ま、疲れもあったし、さくっとペイバー決定。
ここもバーファインは3000バーツだった。

ホテルは、すぐ近くのユーロテル。バーから歩いて3分くらい。

さくっとコトを始める。
脱がしてみてもスレンダー。珍しく腹も出ていない。

Angeles bar lady

まだ新人嬢らしく不慣れなところはあるけれど、しっかりチ○チ○タベルは実践してくれた。

子どもはまだ赤ん坊らしい。
よって、母乳が出るそうだ。
ちょっと吸ってみると、微妙に甘い。

月亭可朝の歌を思い出した。

♪お父ちゃんのもんのとちがうのやんで~

あまり吸わないでおこう。そんな趣味はない。

事後、ショートで帰ることなく、そのままロングで。
寝る時に素っ裸のまま抱きついてくる確率はタイよりフィリピン女性のほうが上かな。
ロングの場合はほぼ100%近い確率かも。
このあたりが、日本人のおっさんの心を鷲掴みにして、フィリピン詣をする人が絶えない理由かもなあ。

翌朝7時頃起床。
きっちり2回戦目もこなしてくれた。

バーファインには連れ出し代の対価は含まれているが、心付けとしてのチップは別。
もちろん、心付けなんで、あげるあげないは自由。
サービスが悪ければゼロもありうるが、一般的にはタクシー(トライシクル)代として100ペソとか200ペソくらいをあげれば良さそう。
500や1000はあげすぎだと思うけど、チップなんで人それぞれ。
お好きにどうぞ。
わたしは上記のように100ないし200です。
チ○チ○食べなかったり、ロングの約束なのにショートで帰っていく場合は当然ゼロ査定で。

こうして、アンヘレス初日のバーファインは終了。
日本から同日乗り継ぎでクラークまでやって来ても、充分遊べることがわかった。
夜10時到着だもんね。余裕で遊べます。
劣悪なマニラ空港も慢性渋滞と治安激悪のマニラ市内もスルーして、直接クラークへ行けばいい。
この旅行ルートはおすすめです。

大幅リニューアル!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年(8月6日更新3軒追加)


関連記事

Manila Ermita bars (16)

はじめてのマニラ夜遊び。エルミタの連れ出し置屋バーとマカティの民家置屋。

マニラ夜遊び日記2 LAカフェのあと、何かを求めてエルミタをうろうろ。 まあ雑然

記事を読む

Si-kat Manila to Puertogalera (17)

マニラからプエルトガレラへの行き方。シーカット(Si-kat)利用での往復。

プエルトガレラ旅行記1 マニラは一泊だけですませて、さっさとプエルトガレラへ向かう。

記事を読む

Si-kat Manila to Puertogalera (30)

プエルトガレラのサバンビーチってこんなところ。街歩き、ホテル、食事、両替、ダイビングなどなど。

プエルトガレラ旅行記2 (「マニラからプエルトガレラへの行き方。シーカット(Si-kat)

記事を読む

Angeles perimeter bars (4)

プリメタとウォーキングストリート、アンヘレスでひたすらゴーゴーバーめぐり

アンヘレス夜遊び日記4 アンヘレス滞在3日目となった。 ダニエラズプレイス前のサリサリス

記事を読む

Si-kat Puertogarela to Manila (7)

プエルトガレラからマニラへの道。エルミタのロビンソンで暇つぶし。

プエルトガレラ旅行記7 早くもプエルトガレラを立つ時がやってきた。 やはり2泊だけではも

記事を読む

Sabang beach to lalaguna beach (22)

プエルトガレラ、ラ・ラグーナビーチへの散歩

プエルトガレラ旅行記4 プエルトガレラ・サバンビーチ滞在2日目となった。 本

記事を読む

Centauro

連夜のウォーキングストリートバーホッピング

アンヘレス夜遊び日記3 滞在しているダニエラズプレイスで仮眠から覚める。 すでに辺りは暗くな

記事を読む

Manila UBE airport bus (3)

マニラ国際空港とマニラ市内を結ぶエアポートバスは快適で便利

マニラ市内(エルミタ)からマニラ国際空港へ向かう。 わたしはマニラ市内滞在はこれが初めて。

記事を読む

Sabang beach disco kady (4)

サバンビーチのディスコでバーファイン。まったりロングで過ごす。

プエルトガレラ旅行記5 今回のプエルトガレラ滞在はわずか2泊だけ。 当初は3泊しようと思って

記事を読む

Sabang beach breakfast (8)

サバンビーチで海を眺めならブレックファースト

プエルトガレラ旅行記6 プエルトガレラ最終日の朝。午前7時半。 本日はマニラへ戻る。

記事を読む

アドステア

アドステア

サイアムビューレジデンス Siam View Residence (7)
サイアム ビュー レジデンス (Siam View Residence)宿泊レポート

パタヤカンのソイ12にあるサイアムビューレジデンスに泊まってみた。

TANTRA タントラ
Tantraレベルアップ、Iron Club再開、Super Girl変わりなし、Windmill復活

8月18日、昨晩のウォーキングストリートの様子をレポート。

ソイユメのカオマンガイ屋 (1)
ノースパタヤバスターミナル近くのおいしいカオマンガイ屋さん@ソイユメ

ソイユメとパタヤヌア(ノースパタヤ)通りの交差点近くにカオマンガイ

バチェラー4周年 Bachelor (1)
オフィス7周年パーティとバチェラー4周年パーティ

8月16日のLKメトロの様子です。 時刻は深夜0時過ぎ。

Pangpond cafeのカイガタ (1)
サードロードのちょいおしゃれカフェでアラビカ種コーヒーとカイガタ

サードロードとパタヤカンの交差点近くに新しいカフェができている。

→もっと見る


PAGE TOP ↑