*

おもしくて一気読み。「フィリピンパブ嬢の社会学」中島弘象。

公開日: : エッセイ

最近各所で高評価の新書、「フィリピンパブ嬢の社会学」(中島弘象)を購入してきた。

Book of Philipin pub (2)

軽く読みだしたら、あまりにもおもしろいもんだから、ほぼ休憩なしのノンストップで読了した。

社会学と題したタイトルとは裏腹に、実際は軽いタッチで描かれたノンフィクション・エッセイみたいな文体。

当初は研究対象としていたフィリピンパブ嬢と恋愛関係となり、そのまま国際結婚へ至るというお話。

Book of Philipin pub (1)

その間のエピソードがいちいちおもしろい。

契約不履行を主張するため、フィリピンパブ嬢を管理する元締めのところへ乗り込むくだりは、どきどきしつつも、どこかユーモラス。

そして、なんといっても、フィリピンの実家へ里帰りした時の様子が一番興味深い。

出稼ぎ嬢からお金をむしり取る家族たち。
そして、ぞろぞろと現れる謎の親戚たち。彼らは、お小遣いを受け取るまで家に居座りつづけるのだ。

はい。このブログを読んでいるようなタイ好きフィリピン好きの人なら、似たような事例はいくらでも聞き及んだことがあるに違いない。または、自分で直接体験したこともあるかも。

わたしのまわりで起こった実例はこんな感じだ。

タイで仲良くなった女性と将来一緒に済むために、彼女の故郷に土地を購入して家を建てた。定年後は、そこで自分も暮らすつもりだ。が、休暇のたびに、自分で建てた家を訪れてみると、リビングには見知らぬ親戚の人が出入りしている。あげくのはてに、自分の寝室にまで親戚とやらが住みだしてしまい、ついには居場所がなくなった…

フィリピン女性のために、資金を提供して、フィリピンの実家近くにサリサリストア(雑貨屋)を開業させてやる。ちょっとでも現金収入が得られるようにするためだ。でも、その店にやって来るのは、自称親戚たちばかりで、彼らはお金がないからツケで商品を持ち出していく。もちろんツケの支払いがなされることはない。結局、なんの儲けにもならずに閉店…

これくらいは、まだ可愛いもの。
もっとひどい例はいくらでもある。

このような状況を見て、怒りと呆れを感じる著者。日本人なら誰もが抱く感情だろう。
なんで、ここまで面倒をみなければいけないのだと。

そんな疑問を素直にフィリピンパブ嬢にぶつける著者。
このあたりのくだりは、非常に考え込まされる内容だ。
是非とも、実際に読んでいただきたい。

学問的な意味での社会学ではないけれど、これも立派な、そしてリアルな社会学だ。
机上の論理ではなく、肌感覚での社会考察である。

でも、社会学的な硬派な内容の文章も交えてもよかったかな。中公新書の歴史書みたいな感じでね。
さくっと読むには最適だが、もうちょっと重厚さも欲しいところ。
いや、そのあたりは次回作に期待しておこう。

とにかく、フィリピンパブにかぎらず、タイや東南アジア夜遊び好きの人なら、とても楽しく読めるはず。
そして、自分の立場に置きかえて、考え込んでほしい。

読み物としてすぐれているんで、2時間もあれば読了できます。

同種の本には、こんなものもある。

ボーイとして勤務していたフィリピンパブで出会ったフィリピン女性と結婚した話だ。
彩図社文庫という出版元で、さらに軽いタッチで描かれている。
こっちは、おそらく90年代あたりの話。
「フィリピンパブ嬢の社会学」は比較的最近の話で、日本のフィリピンパブ事情がおおきく変遷しているのがわかるだろう。

SPONSOR LINK

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

ソイダイアナバービア群

金儲けは二の次さ。趣味と暇つぶしで働くバービア嬢たち。

パタヤには無数のバービアがある。 大げさではなくて、本当に数えきれないほどだ。 営業届け

記事を読む

コヨーテ嬢

パタヤの洪水とコヨーテ嬢の思い出

最近の大雨で、パタヤはここ10年で最悪の洪水に見舞われたらしい。 ビーチロードには、急遽、排水

記事を読む

Amazon cafe

2016年、当ブログを通じて売れたAmazon商品ランキング

え~、当ブログにはAmazonアソシエイトを利用したアフィリエイトリンクを張っております。 売上げ

記事を読む

スクリーンショット_050916_020340_PM

「世界一周ホモのたび by 熊田プウ助・ サムソン高橋」がおもしろい

バックパッカー系海外旅行ブログやツイッターで話題になっている本がある。 タイトルがいい

記事を読む

バービア嬢N

パタヤでアパート暮らしをしていると、夜の嬢が勝手に部屋に来るようになる

徐々にパタヤ滞在が長くなるにつれ、夜の生活も少しずつ様変わりしていくことになる。 元々

記事を読む

gay-pride

ゲイの知り合いがパタヤへやって来た

少し前の話。 知り合いがパタヤへ遊びに来た。 この人は、もう定年をすぎて悠々自適の生活を

記事を読む

東南アジア周遊ルート地図

夜遊び的東南アジア大周遊旅行を考える

ほぼ、前回の続きのような内容。 下川裕治の「裏国境突破 東南アジア一周大作戦」に触発されたわた

記事を読む

ザ・シー閉店

THE SEA(ザ・シー)閉店で思うこと

ダイアモンドアーケード内を歩いていると、電気の消えている店があった。 ザ・シー(THE

記事を読む

パタヤ新年LKメトロ花火

パタヤの大みそかは、打ち上げ花火と爆竹で大騒ぎ

年末年始の休暇を利用して、現在、パタヤへ遊びに行っている人も多いでしょう。 わたしは日本で大人しく

記事を読む

コンビニのペットボトル

セマクテ?シンメチョーダイ?キクアノネ?ミヤビ。タイで耳にするよくわからん日本語。

パタヤに限らず、タイで遊んでいると、変な日本語にでくわす機会が多い。 商品名が奇妙な日本語表記して

記事を読む

アドステア

アドステア

Pattaya klang karaoke street
パタヤの日本カラオケ屋通り調査報告。サクラ、エリコ、キューピッド3店を調べてきた。

パタヤカン(セントラルパタヤロード)沿いに、日本カラオケ屋が3軒密集す

Steak Surprise (10)
リニューアルしたステーキ屋SURPRISEの170gハンバーガー

BBQポークリブのおいしい店として紹介したことのあるSURPRIS

Duannaming hotel pattaya (14)
ソイブッカオおすすめホテル、ドゥアンナミン(ドゥアンナムイン)は居心地良好のままだった

以前、ソイブッカオのおすすめ格安ホテルとして紹介したドゥアンナミン

Ginza
ギンザ閉店?と数年ぶりのワッツアップ(What’s Up)訪問

昨日の深夜、ウォーキングストリートを訪れた。 時刻は26時過ぎ。

Moogata puang
チムチュムとムーガタの有名店、プアン

その昔、ソイブッカオ沿いの空き地にプアンというチムチュムとムーガタ

→もっと見る

PAGE TOP ↑