*

バンビエンは若いリア充ファランの溜まり場だった。でも置屋もあるよ。

ルアンパバーンで2泊してから、バンビエンに向かった。
ルアンパバーンからバスに揺られること6時間。
ひたすら山道を走る。

バンビエンへの山道

山間の景色はすばらしい。
ようやくバンビエンにたどり着く。

バンビエン

バンビエンヴァンヴィエンワンウィエン、まあいろいろと呼び方はある。
面倒なのでバンビエンとしておく。

バンビエンは風光明媚な沈没スポットとして欧米人バックパッカーから大人気の町だ。
わたしも10数年まえに訪れたことがある。
その時からすでに欧米人バックパッカーが多かった。
ただ、町自体はとても狭くて、ゲストハウスも少なかった。
夜9時にもなれば、町は真っ暗だった。

で、今回久しぶりに訪れたバンビエン。
ファランバックパッカーたちがさらに増えていた。
ゲストハウスやファラン向けのレストランもさらに増えていた。
夜になっても、あちこちで酒を飲んでファランが大騒ぎ。

あっちを向いてもファラン、こっちを向いてもファランだ。
しかも若いカップル同士や集団で遊びに来ている。
まさに若いリア充ファランバックパッカーの溜まり場と化していた。

バンビエン

おっさんが夜遊び目的に来るところじゃなさそう。
でも、街中を歩いていると、日本語の看板が掲げられた日本食レストランが突然現れたりと、油断できない。
日本人の沈没者もいるようだ。

でも基本はファランだなあ。
レストランも意外と高いし。
欧米人からすれば安いんだろうけど。

リア充ファランばかりなので、ちょっとうんざり。
わたしには、パタヤに巣食う沈没系ファランおやじたちのほうがしっくりくる。

たしかにバンビエンの山と川はすばらしい。

vang-vieng1

バンビエン4

でも、どうにも居心地が悪い。

結局、夜遊びすることもなく普通に一泊するだけで終わった。
何しに来たんだろう。

バンビエンの置屋

しかし、こんなリア充ファランの町にも、ちゃんと夜遊びスポットというか置屋があるようだ。

何もせずに一泊した翌朝。
たまたま、世界一周中だという若い日本人旅行者に出会って、ちょこっと旅行話。
すると、自分探しの純粋まっすぐ君かと思いきや、話は女遊びの方向へ。
とんでもない美少女が4時間で2000バーツでオッケーだそうな。
でも、貧乏旅行者の彼にはその金銭的余裕がない。
ああ、やりてえ」としきりにぼやいていた。

ぜひ、やりたまえ。
今やっとかないと後悔するよ、きっと。

世界一周エロトラベル。最高じゃないか。
きみのような若者が増えてくれば、たぶん、日本の未来は明るいな。

その彼は、ラオス人の若い男と一緒だった。
何やらそのラオス人が女性を手配してくれるらしい。

む、ちょっと惹かれるぞ。
なんでも近くに置屋があって、そこから女性を斡旋できるとか何とか。

4時間で2000バーツはとても中途半端な金額設定だと思うけど、その美少女とやらはとても見てみたい。
若い日本人男子から見ても美少女ということは、おっさんから見れば、そりゃあもう腰が抜けるくらいの上玉であるに違いない。
2000バーツはもったいない。
でも置屋へ直接行けば、一発1000バーツくらいだろう。
腰が抜けるくらい、やりまくりたいところだ。

ああ、しまった。
もうすでにビエンチャン行きのバスのチケットを手配してしまった。
出発はこのあとすぐ。
手遅れだ。
もう一泊すればよかった。

そんなわけで、バンビエンの置屋には行けずじまい。
でも、トゥクトゥクドライバーに頼めば連れて行ってくれるはずだ。
たぶん、ショートで1000バーツくらいでしょう。
バンビエンに幻の美少女を探しに出かけてみては。

バンビエンのホテルを検索

川沿い付近にゲストハウスや中級ホテルが山ほどある。
日がな一日、川の流れを見ながらビールを飲んでチルアウトするのがバンビエンの正しい過ごし方のようです。

Agodaでチェック

Booking.comでチェック

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

laos-flag

タイ・ラオス周遊夜遊び旅行スタート

パタヤのアパートで数週間生活してから、アジア遠征に出かけることにした。 なかなか重い腰

記事を読む

万里の長城

日本~北京~パタヤ~コラート

北京へ まだまだ続くアジア夜遊び紀行。 日本への一時帰国を挟んで、ふたたびパタヤへ。 もち

記事を読む

ウドンタニータンブン1

ウドンターニー郊外の寺でバービア姉さんとタンブン

混乱の一夜が明けた。 隣に寝ているバービア姉さんは、きっちり朝6時に起床した。 わたしも起こされ

記事を読む

ルアンパバーン2

ルアンパバーンの置屋でラオっ娘とイケナイ遊び。ルアンパバーン夜遊び情報。

世界遺産の町、ルアンパバーン ルアンパバーンかルアンプラバーンか、まあどっちでもいい。

記事を読む

チェンコン・フエサイ国境1

ラオス上陸。チェンコンからフエサイ、そしてスローボートでルアンパバーンを目指す。

メコン川を渡ってラオスへ チェンセーンから一気にラオスまで移動することにした。 まずは、ソンテウ

記事を読む

ラオス国際バス

ビエンチャン発ウドンターニー行き。やはりバービアは落ち着く。

さらばラオス、ただいまタイランド ワンダーランドでラオス最後の夜遊びを終えた翌朝。 昼前にホ

記事を読む

ナコンチャイエアー乗り場

パタヤのアパートへ帰還。タイ・ラオス周遊夜遊び旅行終わり

コラートからパタヤへ コラートには2泊した。 とりあえず満足だ。 そろそろパタヤが恋しくな

記事を読む

コインランドリー

パタヤアパート生活の実態。何もしない典型的な一日を紹介。

だらけきったパタヤでのアパート生活。 その実態を少し紹介してみよう。 起床。朝飯。洗濯。昼飯

記事を読む

chiangmaigirl

チェンマイの夜遊びスポット。チェンマイのゴーゴーバーは寂れていた。

さくっとチェンマイ観光を終えて、ホテルで一休み。 日が暮れはじめた。 夜遊び開始である。

記事を読む

バンドン2

バンドゥン(バンドン)の置屋街はまさに魔窟だった。地図あり。

バンドゥン(バンドン)へ さっさとジャカルタに見切りをつけ、次なる目的地へ。 向かったのは、バン

記事を読む

アドステア

アドステア

Huawei P9 lite (4)
SIMフリースマホはこれで決まりでしょ、HUAWEI P9 LITE。タイでもばっちり4Gが使えます。

日本を出発する直前に、新しいスマートフォンに買い替えた。 以前使

FRYDAY breakfast (6)
FRYDAYがブレックファーストを始めた。昼2時からなのに朝食とはこれいかに。

当ブログで頻繁に登場するFRYDAY。 ソイニュープラザにあるフ

Robin's nest guesthouse pattaya (16)
LKメトロ至近、ソイダイアナのロビンズネストゲストハウス宿泊レポート

ソイダイアナイン(普通は略してソイダイアナ)にあるロビンズネストに

Ekamai bus (2)
パタヤ沈没生活開始

パタヤ沈没日記1 (バンコクはトランジット滞在。テーメーとソイカ

Asoke noodle soup (4)
手作りルークチンが名物。アソーク・スクンビットソイ19のクイティアオ屋。

宿泊しているサムズロッジとBTSアソーク駅の間にクイティアオ屋を見

→もっと見る

PAGE TOP ↑