*

レディボーイにひっかかり、目当てのバービア嬢をイケメンファランにさらわれた夜

沈没日記18

仕事中に抜け出したコヨーテ嬢を部屋に連れて帰ってから数日経過。
コヨーテ嬢からの連絡もないことだし、別の相手を探すことにしよう。

18歳バービア嬢は人気

まずは、すでに何度か相手をしている18歳バービア嬢が働くバービアへ。
出勤率は悪いようだが、働きに出ると、若くてスレンダーなものだから、客が付くことが多い。
この時は、ファランがべったり張り付いていた。50歳くらいのおじさんファラン。

たまたま、18歳バービア嬢の隣しか席が空いておらず、彼女の横に座る形となった。バービア嬢を挟んで、その向こうにファラン客。
たまに18歳がわたしに話しかけてくる。こちらもタイ語で受け答え。
すると、タイ語がわからないファランが不安がって、彼女に「彼はなんて言ってるんだ?」と英語で質問していた。
ファランは18歳にご執心のようだ。レディドリンクを次々と進呈している。
ファラン客の嫉妬を買うのは得策ではない。ここは、おとなしくしておいて、彼女のレディドリンクゲットを邪魔しないでおこう。
こっそりとLINEで「またあとで来る」とメッセージを送っておいて、チェックビン。

ソイ7のバービアにて

ついで、ソイ7とソイ8をぐるぐるまわるというコースへ。
やっぱり、パタヤのバービアといえば、ソイ7ソイ8が出発点にして、大定番。
週に1度はまわっておきたいところ。

soi 7

ソイ7を通りかかると、道路に出て客引きしているバービア嬢が目をひいた。わりと美人顔。
とりあえず、軽く挨拶だけしておき、他もあたる。
ソイ8もまわってみるが今ひとつ。
先ほどのソイ7のバービアに戻る。
笑顔でお出迎えしてくれた。

Soi7 beer bar

バーに入っていき、一緒に座る。
さくっとレディドリンクを奢った。
で、明るい照明のもと、目の前で相対すると、妙に胸騒ぎがする。
たしかに綺麗な顔立ちはしている。でも、どこかおかしい。

鼻にかかるような甘ったるい声を聞いて確信を得る。

ああ、やっちまった。
レディボーイだよ。

気づくのが15秒遅かった。
というか、わたしの目もそうとう曇ってきたな。
まあ、気づいただけマシかな。
ペイバーしていたら大惨事を迎えるところだった。

さくっと飲み干して、チェックビン。

他のバービア群は明らかオカマキャラが多いけど、ソイ7と8には、わりと綺麗めなレディボーイが潜んでいるんで要注意。

21歳バービア嬢

あちこちバービアをめぐるが、これといって収穫なし。
18歳バービア嬢のバービア前を通りかかると、まだファランが張り付いている。こりゃあダメだな。

ついで、以前から気になっているバービア嬢の元へ。
21歳、子どもなし。ややプンプイながら、バービアとしては合格レベルのルックス。
ちゃんと一緒に飲んだことはないが、挨拶くらいはする間柄。

少し前に、昼間のソイブッカオの常設市場でばったり出くわしたことがある。

ブッカオ市場のぶっかけ飯 (1)
ぶっかけ飯屋の真ん前でおかずを選んでいると、彼女から声をかけてきた。
友人と一緒に住んでいて、昼飯に買出しにやって来たとのこと。
完全ノーメイクの無防備状態。一瞬、誰だかわからなかった。
まあ、イサーンの素朴な顔立ちで、これはこれで悪くない。

ブッカオ近辺に住んでいるバービア嬢ゴーゴー嬢は多い。
昼間にブッカオ常設市場で出くわすこともしばしば。
すっぴん顔なんで、気づかないこともあるけどね。
セントラルフェスティバル(センタン)での遭遇率も高し。
確実に誰かに見られていると考えておくべし。

21歳バービア嬢は、その後イサーンへ帰省していたが、またパタヤのバービアに復帰している。
ひさしぶりの再会となった。
今日が復帰初日だそうな。
田舎帰りの出稼ぎ嬢は、たいがい太ってしまうもの。彼女も例外ではなく、「毎日飯食べてビール飲んでばかり」で腹が出たと笑って、お腹をぽんぽん叩いている。
「ムアンガン ムアンガン(一緒一緒)」とわたしも自分の腹の肉をもみもみする。

そんな感じで、レディドリンクをおごることもなく、てきとうに世間話をしていた。
時刻はすでに深夜2時前。
他には飲むだけの常連ファラン客だけ。
これは他にペイバーされる心配はなさそう。

自分のドリンクを飲み干したところで、ペイバーを切り出そうと思っていた。

が、その矢先、新しい客がやってきた。
しかも、若いイケメンファラン3人組だ。たぶん、20代後半くらいかなあ。顔もスタイルもいい。

おいおい、こんな場末のバービアに、イケメンファランがやって来るんじゃないよ。
ウォーキングストリートのディスコにでも行っといてくれよ。

バービア嬢たちは狂喜乱舞。耳をつんざかんばりの黄色い嬌声が響き渡る。
タイガールの声の大きさ半端なし。せっかく治療したばかりの耳がまた痛くなった。

わたしが狙っていたバービア嬢も満面の笑顔。
すぐさまイケメンファランの一人にべったりと張り付いてしまった。
しかもファランたちはレディドリンクを躊躇なく進呈していく。飲めや騒げやの宴会スタート。
バービア嬢たち、みんな、楽しそうだなあ。

わたしの出る幕なし。
そりゃあ、若いイケメンファランのほうがいいに決まっているよね。若いけど、金払いもいいし、ケチで腹の出た日本人のおっさんなんてお呼びじゃないよね。
いいんだ、いいんだ。

さっさとレディドリンクを奢ってから、ペイバー交渉しておけばよかった。
レディボーイへのドリンクを進呈が無駄だったなあ。予算配分が狂ってしまった。
すべては後の祭り。

こそこそととチェックビンして、逃げるようにしてバービアを出る。

最後にもう一度、18歳バービア嬢の元へ。
が、彼女の姿はなかった。ファラン客もいない。
さてはペイバーされてしまったか。おっさんファランにも負けたか。

もういいや。
今日はダメな日。タイミングが悪い。
何をやってもダメなことばかり。どうせダメなら、酒のんで寝よか。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

beer-bar-new-year-party-5

ハッピーニューイヤー。パタヤ年越しの模様。

沈没日記年越し特別編 あけましておめでとうございます。 パタヤの大晦日から新年にかけ

記事を読む

pattaya-songteow

バンコクからパタヤへ。パタヤのソンテウで初めて20バーツ請求された話。

沈没日記2 バンコク2泊はあっという間に終了。 都会は便利で洗練されているけれど、どうに

記事を読む

ビールとスルメ

18歳ナーラックバービア嬢をペイバー。これぞバービア遊びの醍醐味。

沈没日記4 さて、パタヤ初回のペイバーは22歳新人嬢だっが、次なるお相手候補は決まっていた。

記事を読む

sukiya-pattaya-11

ついにオープン。パタヤ初進出のすき家で牛丼とカレーを食べてみた。セントラルマリーナ。

ノースパタヤのセントラルマリーナ(Central Marina)に、ようやくすき家がオープンした

記事を読む

p1170958

沈没日記スタート。まずはバンコク2泊から。

沈没日記1 最初に とりあえず、ここから今回の新しいパタヤ沈没日記の第1回目とする。 今回

記事を読む

Thaniya (2)

はじめてのタニヤ日本カラオケ遊びで大当たりを引く

沈没日記30 パッポンのすぐ隣にある通りがタニヤだ。 BTSサラデーン駅の目の前。駅構内

記事を読む

Chocolate Cream coronet

体調快復後、24歳バービア嬢をもう一度ペイバー

沈没日記21 体調はすっかり良くなった。 体が軽くなり、心まで軽やか。 ここ数日、ずっ

記事を読む

Pattaya Sign

年末年始パタヤ沈没生活2ヶ月の出費報告書

沈没日記番外編 恒例となったので、沈没生活で使った費用の報告をしておきます。 2ヶ月

記事を読む

Walking Street 201701 (2)

年始めブンブンは20歳コヨーテ嬢。仕事を抜け出して部屋にやって来る。

沈没日記16 日記進行上ディレイしているが、ようやく年が明けた。 大晦日や新年の様子は、

記事を読む

walking-street-1

3連戦最後は、元有名ゴーゴーバー在籍嬢をお持ち帰り

沈没日記6 連戦を終えた。 さすがに3連戦は無理だ。 この日は、のんびりとバーをめぐる予定

記事を読む

アドステア

アドステア

Tree town steak lungyai (7)
TREE TOWN PATTAYA内の39バーツステーキ屋は風前の灯火か

ソイブッカオ北側の空き地にできたTREE TOWN。

Vientiane to Thailand Bus (8)
タイビザ取得後、国際バスでビエンチャンからノンカイへ

ラオス旅行記15 ラオンダオホテル1でたっぷり朝食を取っ

Pattaya soi6 (2)
規制強化中、パタヤ・ソイ6の現状。18時前でもオープンしているのか。

パタヤのソイ6。 昼過ぎからバーがオープンして、妖艶な女性たち(一部

La ong dao hotel1 (27)
ビエンチャンで夜遊び。ラ オン ダオ ホテル 1 (La Ong Dao Hotel 1)に泊まって併設置屋からお持ち帰り。

ラオス旅行記14 (13「ビエンチャンでガイヤーンと山盛りカオニ

Asana hotel pattaya (20)
ウォーキング徒歩5分。バスタブ付き新築ホテル、アサナ ホテル&レジデンス(Asana Hotel & Residence)内部見学レポート。

パタヤタイ(サウスパタヤ)のトゥッコム斜め向かい、ソイ24を少し中

→もっと見る

PAGE TOP ↑