パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

2016~2017年末年始パタヤ沈没日記

年始めブンブンは20歳コヨーテ嬢。仕事を抜け出して部屋にやって来る。

投稿日:2017年1月19日 更新日:

沈没日記16

日記進行上ディレイしているが、ようやく年が明けた。

大晦日や新年の様子は、別途、日記特別編や夜遊び情報として記事にしてある。

beer-bar-new-year-party-5

関連記事:大晦日直前のウォーキングストリートとバービアの様子。争奪戦必至。
関連記事:ハッピーニューイヤー。パタヤ年越しの模様。

この時期は、もう新規開拓とか、お相手探しなんて、まるで考えていなかった。
ひたすら飲んで食って騒ぐだけ。
各所でパーティをやっていて、訪れるたびにフリーフードが振る舞われる。

定番の豚の丸焼きのほか、パスタなんかもあって、バカ食いである。

party food pasta (2)

楽しいもんだから酒も進む。

そういえば、どこぞのバービアで一緒に飲んだ見知らぬファランのおじいさんからビジネスカードを渡された。

SEA ZONE

パタヤ在住歴25年か30年のノルウェー人とか言っていたなあ。
ひょっとして、SEA ZONEのマネージャーとかボスなのか。
このおじいさん、バービアで数千バーツ使っていたような。

連日の暴飲暴食で正月明けは、ほぼ死にかけの状態だった。

関連記事:元日のパタヤは、さながら祭りのあと

酒も女もマイアオ。

翌2日は、体力も徐々に回復。

日本の味が若干恋しくなり、新しくできたすき家へ行ったりもした。

牛丼とカレーでさらに回復。

関連記事:ついにオープン。パタヤ初進出のすき家で牛丼とカレーを食べてみた。セントラルマリーナ。

よし。
そろそろ、やりたくなってきた。

仕事抜け駆けコヨーテ嬢

と、絶妙なタイミングで、20歳コヨーテ嬢から連絡が入った。
ルックス、スタイル、サービスと三拍子そろった優良嬢だ。好みはそれぞれだろうが、わたしの中では、間違いなく1軍レベルにある。
年始めのブンブン相手としては、これ以上の人材はいない。

携帯電話を壊したとかで、毎回、友だちの携帯電話を借りていて、ディスプレイに表示される着信番号が違う。
タイ人の特徴なのか、名乗らずにいきなり話し出すものだから、最初は誰かわからない。
タイ人同士だと、声だけで判断しているのだろうか。タイでオレオレ詐欺が流行らないように祈る。

Walking Street 201701 (2)

彼女はゴーゴーバーで10日雇用モデルクラスコヨーテとして働いている。
最初に知り合ってから、これで3軒目だ。
正月価格のせいか、バーファインは2500だそうな。
払えるわけがない。

いくらチップが1000Bでいいといっても合計3500B。無理ゲーである。

が、彼女のほうも、バーファインが高額なのは承知のこと。
そこで、思いもよらない提案をされた。

なんと、仕事の休憩時間にバーを抜け出して、部屋へ来ることができるというではないか。
もちろんバーファインは不要だ。
1時間ほどなら問題ないそうだ。

こんな方法ってアリなのか!?

バーファインがいらないから、チップは2000B欲しいと言われる。
元々、トータル2000Bなら払えるという名目で交渉していたので、これは妥当な要求だろう。
このかきいれ時にあって、1軍嬢がトータル2000Bを受け入れてくれるなら御の字と言うべき。

 

指定された時間と場所に迎えに行く。
バーの近くはさすがに見つかるとまずいらしく、少し離れた場所。
無事に合流を果たして、すぐにバイク二人乗りで部屋へ連れて帰る。

おお、本当に、この方法が使えるのか。
知らんかった。

時間もないことだし、さくっとコトを始める。
大晦日から正月にかけて、ゴーゴーバーはすごく忙しかったそうだ。
ドリンクも大量に飲んだようで、かなりお疲れ気味の様子。声がかすれている。

でも、手抜きは一切無し。

上から下までみっちり舐めてくれる。
感度も良好。

やっぱりすごいな、この女は。

なんでこんなアクロバチックな方法を取りながらも、バーファイン無しの安いチップで応じてくれるのか。
年末年始限定の短期旅行者なら、平気でペイバーしてくれるだろうに。
ま、余計な詮索はしないでおこう。

というわけで、年始めのブンブンは大満足で終了。
このピークシーズンにあっても、トータル2000Bで遊ぶことができた。
飲み代もかからず、まずまず安上がりでしょう。

玄関までお見送りしてバイバイ。
帰りはバイタクでウォーキングストリートの職場までとんぼ返りしていった。

 

やっぱり、ちょっとせわしない。
でも異常な高値のバーファインを回避する方法としては有効かな。

バーファインを回避するには、仕事終わりに直接部屋へ来てもらうのが常道だけど、問題は仕事終わりが午前4時で、部屋に来るのが早朝になってしまうこと。
しかも、来る来るサギで、実際に来ないことも多数。眠たい目をこすりながら早朝まで待っていて、結局、無駄骨に終わってしまうケースは多い。
仕事休憩中に抜け出す方法なら、その場で確実。
わざわざ部屋へ連れて帰るよりは、近場のショートタイムホテルを使うほうがいいかも。
部屋代がもったいないけど、これなら移動時間がかからない。

まあ、そもそも、どこのゴーゴーバーでも応用可能な方法とも思えないし、客の方から提案するような方法でもないけどね。
それとなく、そっちの方角へ話を進めてみれば、うまくいくかも。
超ショートタイム遊びでせわしないのはやむをえまい。
時間を気にせずゆっくり一緒に過ごしたいなら、普通にペイバーしたほうが断然いいです。

大幅リニューアル!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年(9月20日更新)


-2016~2017年末年始パタヤ沈没日記
-

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.