*

ハッピーニューイヤー。パタヤ年越しの模様。


沈没日記年越し特別編

あけましておめでとうございます。

パタヤの大晦日から新年にかけての様子を軽くレポートします。
今年はカウントダウンコンサートや花火打ち上げが中心となっており、いつもとは少し様子が異なるが、それでも大盛り上がりでしたね。
楽しい街ですパタヤは。

SPONSOR LINK

昼間は快晴と渋滞

pattaya-sky

昼間のパタヤは、快晴そのもの。絶好の天候。

すでに各所で渋滞が始まっている。

pattaya-second-road

セカンドロードは、パタヤカンの信号を起点に長い車列。パタヤタイの近くまで続いている模様。

ソイブッカオは、ソイダイアナとソイレンキーとの変形十字路を中心に、いつもよりひどい渋滞。

これは、夜が思いやられる。

ちょうどバンコクから友人がパタヤへ向かっているとの連絡を受けた。
高速は空いていたが、スクンビット通りに入ると渋滞が激しいとのこと。

夕方6時頃のソイLKメトロ

lk-metro-1

まだ祭りの前といった雰囲気。

ディスティニーのスプレー殴り書きハッピーニューイヤー
lk-metro-2

ソイブッカオはがっつり渋滞中。

大雨でスタート

午後8時頃、ちょうど出かけようとした矢先に大雨が降ってきた。
これは完全に想定外。

昼間はあれだけピーカンだったのに。

この1ヶ月でまともに雨が降ったのは初めてのこと。
まあ、あまり因縁めいた話は好きじゃないけれど、今年は派手に遊ぶなっていう天の意志なのかね。

30分ほどでようやく雨が止んで、外出。
普段はバイク移動だが、大渋滞と深酒が予想される。徒歩移動だ。

まずバービアで軽く乾杯。
ガディアム(かんしゃく玉)を投げ合ってお祝い。

beer-bar-new-year-party-1

フリーフードで腹をふくらませる。

ウォーキングストリートへ

夜10時頃、ウォーキングストリートを目指すことに。
やはりウォーキングはのぞいておかないとね。

ビーチロードは案の定、大渋滞。
車はのろのろ運転だ。ソンテウに乗るより、歩いたほうが確実に早いレベル。

pattaya-traffic-jam-2

ビーチ側の遊歩道をさくさく歩きたいが、ここも歩行者で渋滞気味。

はい、ウォーキングストリート到着。

walking-street-new-year-eve-2

実は、パタヤで年越しするのはこれが3回目。
でも、大晦日にウォーキングストリートを訪れたことはなかった。

予想はしていたが、ものすごい人だかりだ。
歩くのも大変。

walking-street-new-year-eve-1

人混みの中でも、泡スプレーを発射する人もいて、さらに混乱に拍車がかかる。

ゴーゴーバーはあまりパーティっぽいことはしていないようだが、店によっては豚の丸焼きを用意していた。

walking_street_new_year_eve_3

とりあえず、どこかのゴーゴーバーに入ってみようかな。
まずビーチクラブへ。
これだけの人出だからきっと満員だろうと思いきや、意外と空いている。普通に席を確保できるレベル。
ばらまきしている客もいて、盛り上がりはそこそこ。

ついで、スタッフに知り合いがいるのでバイパスへ。
新年の挨拶をしておく。
こっちはもっと空いている。
客が5,6人といったところか。ただ、リンガベルする客もいて、それなりに盛り上がっている。

ゴーゴーバーによりけりだろうけど、ウォーキングストリート内の人混みに比すると、店内はそうでもないようだ。
この時期は、外国人以外にもタイ人観光客も多いし、タイ人は基本的にはゴーゴーバーに入らないんで、どうしてもこういう傾向になるのかな。

それでも人混みにうんざりしてきたんで、ウォーキングストリートをあっさりと後にする。

pattaya-traffic-jam-1

ウォーキングストリート近くからソンテウに乗車。当初の渋滞はそれほどひどくなかったが、途中で完全にストップ。
これは歩いたほうが早い。

バービアでカウントダウン

beer-bar-new-year-party-2

ソイ10バービア群では、ステージを組んでパーティをやっていた。

やっとこさバービアへ戻る。

ほどなくしてカウントダウン開始。

一斉にクラッカーやら泡スプレーやら乱射されて大盛り上がりだ。
飾ってある風船を割って、ばんばん音を鳴らす。

泡スプレーの撃ち合いが強烈だ。

beer-bar-new-year-party-3

もうわけのわからない狂騒状態。楽しいねえ。

beer-bar-new-year-party-4

みんな泡だらけ。

こらあ、カメラに向けて噴射するなあ~

beer-bar-new-year-party-5

このバカ騒ぎがパタヤだよなあ。

でも、本来なら、これに加えて、爆竹と花火が加わるのだ。騒ぎはもっと激しい。

(以前の年越し花火)
パタヤ新年LKメトロ花火
公式の花火打ち上げは中止となっているものの、個人的に誰かしら花火を打ち上げるものだと予測していたが、結局、花火の打ち上げはほぼゼロだったように思う。みんなきちんと守ったようだ。
爆竹にもまったく出会わなかった。
以前の年越しでは、路上で思いっきり、爆竹を鳴らしていたものだが。

(以前の爆竹)
パタヤ新年ソイ7爆竹

まあ、それでも、盛大なバカ騒ぎには違いない。
タイ人もファランも日本人も人種や国籍に関係なく泡だらけになりながら新年を祝う。
いやあ、楽しい楽しい。
こんなお祭り騒ぎは大好きだ。

まだパタヤで年越しをしたことがない人は、ぜひとも味わってもらいたい。
バカになれるよ。
ま、パタヤは年がら年中お祭り騒ぎみたいな街ですが、ソンクラーンともども、年越しは格別の騒ぎっぷりですな。

結局、バカ騒ぎは朝方まで続いたとさ。
もうふらふらです。

そんなわけで、新年となりました。
今年も当ブログをよろしくおねがいします。

SPONSOR LINK

関連記事

yum mama talay (4)

パタヤラストナイトはダブルヘッダーですっぽかしを食らう

沈没日記27 2016年11月下旬からスタートしたパタヤ沈没生活もいよいよラストナイトを迎える

記事を読む

soi 7

レディボーイにひっかかり、目当てのバービア嬢をイケメンファランにさらわれた夜

沈没日記18 仕事中に抜け出したコヨーテ嬢を部屋に連れて帰ってから数日経過。 コヨーテ嬢から

記事を読む

massage room in soi chaiyapoom (3)

ソイチャイヤプーンで若々しいマッサージ嬢からスペシャルなお誘い

沈没日記23 パタヤのスペシャルマッサージ屋 パタヤには、無数のマッサージ屋がある。 健全なタ

記事を読む

beer bar party food

24歳新人バービア嬢をロングでペイバーするも…

沈没日記19 21歳バービア嬢をイケメン若ファランにさらわれた翌日。 今日こそは誰かをペイバ

記事を読む

pattaya-hotel

パタヤ沈没の歴史がまた始まる。初戦は22歳新人バービア嬢。

沈没日記3 いつものパタヤ沈没生活のはじまりであった。 昼はローカルなタイ飯で腹

記事を読む

sukiya-pattaya-11

ついにオープン。パタヤ初進出のすき家で牛丼とカレーを食べてみた。セントラルマリーナ。

ノースパタヤのセントラルマリーナ(Central Marina)に、ようやくすき家がオープンした

記事を読む

walking-street-20170101-2

元日のパタヤは、さながら祭りのあと

沈没日記元旦特別編 夜通し遊んだパタヤの年越し。 酒と泡とスプレーまみれ。 わたし

記事を読む

Bangkok to Japan (4)

パタヤ沈没生活2ヶ月終了。日本帰国へ。

沈没日記31 パタヤ沈没生活&バンコク滞在少々を終えて、いよいよ帰国の日。 タイ滞在2ヶ

記事を読む

Pattaya Sign

年末年始パタヤ沈没生活2ヶ月の出費報告書

沈没日記番外編 恒例となったので、沈没生活で使った費用の報告をしておきます。 2ヶ月

記事を読む

buakhao-market-food

食費1日100バーツで過ごしつつ、ロング1000バーツ提示を断る。これぞキーニャオスタイル。

沈没日記7 (沈没日記6からの続き) 怒涛の三連戦を終えた。 元ゴーゴー嬢を見送ってか

記事を読む

アドステア

アドステア

VELVET CLUB SOI BONGKOT (1)
ソイボンコットの新しいジェントルマンズクラブ、VELEVET CLUB訪問レポート

VELVET CLUB ソイボンコットに新しいジェントルマンズクラブ

Chicken steak kai gata
パタヤタイの39バーツステーキ屋再訪。ポークカツとカイガタと白身魚フライ。

おそらくパタヤ最安値であろう39バーツステーキ屋がパタヤタイのスク

Thaniya street (2)
タニヤの日本カラオケ遊びふたたび

沈没日記2 ほんの10日ほど前に、はじめて遊んだタニヤの日本カラ

Nantra Silom hotel (13)
パッポン・タニヤ近くの格安ホテル、ナントラ シーロム ホテル (Nantra Silom Hotel)宿泊レポート

シーロムのソイ8にあるナントラシーロムホテルに泊まってみた。 B

Airasia KIX (4)
急遽タイへ行く理由とシーロム滞在

沈没日記1 はじめに 2017年2月の沈没日記の開始とする。

→もっと見る

PAGE TOP ↑