パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

2016~2017年末年始パタヤ沈没日記

元日のパタヤは、さながら祭りのあと

投稿日:


沈没日記元旦特別編

夜通し遊んだパタヤの年越し。
酒と泡とスプレーまみれ。

わたしもすっかり二日酔い。
外出する元気もなく、日中はだらだら過ごすのみ。なかば抜け殻状態だ。

こんな時、日本ならば、初詣に出かけるなり、お雑煮でも食べるところだが、あいにくパタヤではなかなか厳しい。
二日酔いだし、年越しそばがわりにうどんを食べたかったが、これまたパタヤでは厳しい。日本人経営の日本料理レストランへ行けばいいのだが、そんな気力も体力もなく、コンビニで、カップラーメンと餃子を食べるのみ。
13バーツのママーではなくて、25バーツのちょっと高めの日本風カップ麺にしたのが、せめてもの贅沢である。

instant-noodle-gyoza

寂しい元旦だ。
「笑ってはいけない」を見たかったなあ。あ、紅白にピコ太郎って出演したのかね。

SPONSOR LINK



昼間のLKメトロ

ちょっとだけ外出する。
昼間のLKメトロを見てきた。

lk-metro-2

午後1時半。すっかり落ち着いている。

が、地面には、祭りのあとの残骸が多数残されている。

lk-metro-1

片付けるにはまだ早いようだ。
みんなまだ寝ている。

TTカレンシーのレートは、年末からずっと1万円=3025バーツのままだった。

t-t-currency

年始が明けるとどうなることやら。

元日深夜のパタヤ

夜12時過ぎ。日付は変わったが、ようやく夜の街へ繰り出す気力が少しだけ湧いてきた。

walking-street-20170101-4

まず、ソイ6へ。
まだまだ営業している。
が、呼び込みの声に元気はなく、みんなバーの店先でだるそうにしている。
元々閉店間際の時間帯のソイ6なんてこんなものだが、残っているソイ6嬢の数はかなり少ない。
綺麗どころはみなペイバーされてしまったか、もう部屋に帰ってしまったのだろう。

ソイ7とソイ8へ。
やはり呼び込みの声に元気がない。
一様にお疲れモードだ。

知り合いのバービアへ立ち寄ってみた。
ママさんはじめバービア嬢たちに、いつもの元気さがない。
口をそろえて「ヌアイ ヌアイ(疲れた疲れた)」の連呼。
ファランたちの騒ぎっぷりも大人しい。

最後に、念のため、ウォーキングストリートへ寄ってみた。
すでに深夜3時をまわっている。

walking-street-20170101-1

さすがに人通りは少なめ。

すかすかのウォーキングストリートである。

あれ?
いつもは溢れかえっている屋台が一台も見当たらない。
3時からは屋台や車両の進入が解除されるはずだが。
どうやら警察ないし軍による規制が行われているようだ。
歩きやすくていいね。

walking-street-20170101-3

通りには警官の姿も多い。
アフリカン系の女性が警察に尋問されていた。
年末年始特別警戒中ってことかな。

通行人が少ないんで、路面がよく見える。

walking-street-20170101-5

おびただしい数のスプレー痕がへばりついている。

あのスプレー、けっこう強力なんだよなあ。なかなか剥がせない。
わたしのサンダルにもずっとへばりついたままだし。

まだ営業しているバーはあるけれど、呼び込みの声はここでも元気がない。
みんなすっかりおつかれモードだ。

知り合いのゴーゴースタッフと出くわしたので話を聞いてみると、客が少ないんでもう閉店するという。

深夜3時半のウォーキングストリートの様子
walking-street-20170101-2
かなり寂しくなった。
もういいでしょ。
みんな帰って寝ましょう。
これにてパタヤの元日は終了となった。

SPONSOR LINK

-2016~2017年末年始パタヤ沈没日記

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.