*

パタヤアパート生活の実態。何もしない典型的な一日を紹介。

だらけきったパタヤでのアパート生活。
その実態を少し紹介してみよう。

起床。朝飯。洗濯。昼飯

アパート3

起床はずるずると午前10時か11時頃。
夜中に1時から2時までバービアで飲むことがおおいので、そのぶん、起床も遅い。

暑季では、エアコン無しで寝るのはつらい。
窓には網戸がついている。
窓を開けっ放しでも蚊は入ってこないはずだが、建付けの悪いタイのアパート。
隙間から蚊が侵入してくる。
よって窓はきちんと閉めて眠る。
すると暑い、寝苦しい。
しかもわたしの部屋は最上階で、日中、屋根に蓄積した熱でなかなか室温が下がらない。
エアコンをつけて寝ることが多かった。
電気代がもったいない。

起床後は、遅い朝食。
前日に買っておいたパンと牛乳のみで簡単にすませる。

それから、窓の外の天気を見る。
天気がよければ、布団を干す。
廊下側に陽が当たるので、廊下の壁に直にかけて日干し。
他の住人もそうしていた。

それから、洗濯。
アパートの一階にあるコインランドリーを利用。
1回20バーツ。
安い。
このランドリーショップのオーナーはファランで、いつもペイバーバックを読みふけっていた。
手持ちの10バーツコインが無いときは、そのファランに言って両替してもらう。

コインランドリー

全自動洗濯機だが、少々旧式なのか、脱水まですべて終わるには時間がかかる。
だいたい30分から40分くらい。
その間は、部屋に戻って時間を潰すか、近所に昼食を買いに行く。

昼食は、屋台で買うことが多かった。
アパートの近所に、いつも焼き鳥と一品料理系の屋台が出ていた。
焼き鳥はローカル価格の1本5バーツ。ただし少し小さめ。
鶏肉や豚肉のほか、カエル焼きも売っている。たぶん10バーツ。
カエルは何度か食べたことあるけど、まあ、味は鶏肉とさほど変わらない。
ただ骨が多くて、単純に食べにくい。
いつも焼き鳥5本とカオニャオ5バーツで済ませていた。
合計30バーツで、けっこうお腹がふくれて満足だ。

洗濯のしない日は、ビックCエクストラのフードパークもよく利用した。
冷房が効いていて快適だし、それほど混んでいないのも利点。

bibcextraフードコート

しかも同じようなメニューでもセントラルフェスティバルのフードコートよりも10バーツほど安いのだ。
ありがたい話である。

さて、洗濯機がまわり終わると、洗濯物をベランダに干す。
ベッドのシーツを洗濯した時は、廊下に干していた。

南国タイの直射日光は強烈だ。
シーツくらいあっという間に乾く。
ベランダに干した洗濯物が乾くのも早い。

簡単に部屋の掃き掃除をすませておく。

さて、することがなくなった。

話し相手もいない。
孤独な一人部屋。

昼間の暇つぶしあれこれ

DSでゲーム

利用したのはトゥッコムのゲーム屋さん。
日本のDSソフトを30タイトルほど格安で入手できた。
まあ、なんでも揃っているので、飽きればすぐに交換できる。
逆に安すぎて、本気で遊ぼうという気力がなくなるほどだった。
ゲームは最高の暇つぶしだ。

DVD鑑賞

洋楽のライブ映像が見たくなって、まずDVDプレイヤーを購入。
ビッグCエクストラの電気屋で1000バーツくらい。
ソフトの購入は、例によって、トゥッコム。
6本で600バーツと破格値だ。
ファランが多い街だけに、ソフトの品揃えもファラン向け。
わたしにはちょうどいい。
ストーンズAC/DCやらラモーンズやら、これまで見たくとも高くて買えなかったソフトを一気に購入した。
日本のものはまったく見かけない。
あ、ラウドネスはあったような。

トゥッコムに関しては以下の記事も参照してください。

参考:トゥッコムとブッカオ市場

英字新聞

パタヤで日本の新聞を入手するのは、ちょっと面倒だし、値段も高い。
そこで、英字新聞を購読するようにした。
英語の勉強にもなるし、パタヤの情報も入手できると一石二鳥だ。
よく買うのは、Pattaya Mail。
記事も読みやすいし、タイ以外のニュースやコラムも多い。
毎週毎週読んでいると、パタヤに関するニュースくらいなら、辞書いらずで読めるようになった。
あとは、マクドナルドやコーヒーショップに置いてあるバンコク・ポストやネーションもよく読む。

英語のペイバーバック

英字新聞と同じ流れ。
これについては、あらためて記事を書きます。

夜遊び

と、そんな感じでだらだら過ごしていると、ようやく日が暮れ始める。

まだ夜遊びに出かけるには早い。

まずは食事。
屋台で買って帰ることもあれば、食堂で済ますことも多い。
基本、ローカルフードで一食40バーツほどだ。

4月はそうでもなかったが、5月6月となるにつれ、雨が多くなった。
夕方から夜中まで降り続くことも珍しくなく、そうなると夜遊びどころじゃない。
短期滞在なら傘でも何でもさして出歩くところだが、アパートに沈没していると、もう面倒になってくる。

12時頃に雨が止んだら、ちょろっとバービアで飲んでおしまいなんてことも多かった。

雨さえ降らなければ、たまにウォーキングストリートにも顔を出していた。

今ではまず考えられないけど、この当時はたまにゴーゴーでもペイバーしていたなあ。
RHINOというウォーキングストリートのかなり奥にあるゴーゴーバーの19歳を何度か持ち帰っていた。
LKメトロのゴーゴーバーでも何度かペイバーしていた。
あとは、ソイ7のいまは無きCLINICでも当たりを引いた覚えがある。
カネ持ってたね、当時のわたし。

まあ、でも昔も今も基本はバービア。
毎日ペイバーするわけでもないので、せいぜい3杯くらい飲んでおしまい。

で、1時か2時くらいには切り上げて、帰宅。
就寝。

これが典型的なパタヤでの沈没アパート生活だった。

昼前に起床。
洗濯。
ゲーム、DVD、読書で暇つぶし。
夜、雨が降ってなければ、ゴーゴーバー&バービアめぐり。
寝る。

まさに人生最大のだらけた生活。

途中、パタヤからアジア遠征に出かけたり、一時帰国もしていたけど、足掛け6ヶ月ほどアパートで暮らした。

まあ、長い人生、こんな生活を一度くらいしてみたっていいよね。

確実にダメ人間へと堕落していくけど!
 
↓老いも若きもタイや東南アジアで長期滞在したい人におすすめの二冊。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

batam1

さらばバタム島

バタム島2日目 バタム島滞在二日目である。 せっかくここまで来たことだし、もう一泊だけしてみ

記事を読む

バービア嬢2

バービア嬢に送金するファラン。その金でお寿司を食べる日本人。

これもアパート滞在時に、とても仲良くなった女性の話。 元々はソイ7のバービアで知り合った。

記事を読む

khonkean

コンケーンへ

昨晩は、コラートのMPバビロンの泡姫オイちゃんとの約束をすっぽかされた。 タイではよくある

記事を読む

サメット島旅行代理店

サメット島へ一緒に行くタイガールを探せ

サメット島行きの準備 コラートからパタヤへ戻る。 もちろん、K氏は彼女連れ。 S氏とわたしは一

記事を読む

flag-155928_640

インドネシア編スタート。ジャカルタの夜遊びスポットを捜索するも…

ジャカルタ到着 スワンナプーム空港からタイ航空でジャカルタまでフライト。 同じ東南アジアだか

記事を読む

バタム島置屋嬢1

バタム島はロング派の聖地なのか?

スラバヤから一気にバタム島へ ドリーを体験できて、スラバヤはもう満足。 商業都市だけに、長居

記事を読む

スワンナプーム空港

アパートを解約して帰国。アジア夜遊び旅行の終わり。

半年以上にわたったパタヤ沈没生活とアジア夜遊び旅行も、終わりの時が近づいてきた。 そろそろ本格

記事を読む

ビエンチャン・ワンダーランド

ワンダーランド置屋ゲストハウスで遊んでみた。ビエンチャン夜遊び情報(地図付き)。

タイビザ取得とビエンチャン観光 ビエンチャン滞在二日目。 早起きして、タイのツーリストビザ取

記事を読む

ソンクランバービア嬢

パタヤで初めてのソンクラーンを体験。ペイバー不可嬢連れ出し作戦

ゴーゴー嬢ボーちゃんとのプチ同棲生活を解消し、独り身となったわたし。 ここからは、新たな相手を

記事を読む

チェンコン・フエサイ国境1

ラオス上陸。チェンコンからフエサイ、そしてスローボートでルアンパバーンを目指す。

メコン川を渡ってラオスへ チェンセーンから一気にラオスまで移動することにした。 まずは、ソンテウ

記事を読む

アドステア

アドステア

Pattaya soi7
スレてない新人バービア嬢を探せ。19歳初日宿無しと遭遇。

沈没日記6 パタヤのバービアめぐりの醍醐味の一つが、田舎から出て

Pattaya klang karaoke street
パタヤの日本カラオケ屋通り調査報告。サクラ、エリコ、キューピッド3店を調べてきた。

パタヤカン(セントラルパタヤロード)沿いに、日本カラオケ屋が3軒密集す

Steak Surprise (10)
リニューアルしたステーキ屋SURPRISEの170gハンバーガー

BBQポークリブのおいしい店として紹介したことのあるSURPRIS

Duannaming hotel pattaya (14)
ソイブッカオおすすめホテル、ドゥアンナミン(ドゥアンナムイン)は居心地良好のままだった

以前、ソイブッカオのおすすめ格安ホテルとして紹介したドゥアンナミン

Ginza
ギンザ閉店?と数年ぶりのワッツアップ(What’s Up)訪問

昨日の深夜、ウォーキングストリートを訪れた。 時刻は26時過ぎ。

→もっと見る

PAGE TOP ↑