*

パタヤアパート生活の実態。何もしない典型的な一日を紹介。

だらけきったパタヤでのアパート生活。
その実態を少し紹介してみよう。

起床。朝飯。洗濯。昼飯

アパート3

起床はずるずると午前10時か11時頃。
夜中に1時から2時までバービアで飲むことがおおいので、そのぶん、起床も遅い。

暑季では、エアコン無しで寝るのはつらい。
窓には網戸がついている。
窓を開けっ放しでも蚊は入ってこないはずだが、建付けの悪いタイのアパート。
隙間から蚊が侵入してくる。
よって窓はきちんと閉めて眠る。
すると暑い、寝苦しい。
しかもわたしの部屋は最上階で、日中、屋根に蓄積した熱でなかなか室温が下がらない。
エアコンをつけて寝ることが多かった。
電気代がもったいない。

起床後は、遅い朝食。
前日に買っておいたパンと牛乳のみで簡単にすませる。

それから、窓の外の天気を見る。
天気がよければ、布団を干す。
廊下側に陽が当たるので、廊下の壁に直にかけて日干し。
他の住人もそうしていた。

それから、洗濯。
アパートの一階にあるコインランドリーを利用。
1回20バーツ。
安い。
このランドリーショップのオーナーはファランで、いつもペイバーバックを読みふけっていた。
手持ちの10バーツコインが無いときは、そのファランに言って両替してもらう。

コインランドリー

全自動洗濯機だが、少々旧式なのか、脱水まですべて終わるには時間がかかる。
だいたい30分から40分くらい。
その間は、部屋に戻って時間を潰すか、近所に昼食を買いに行く。

昼食は、屋台で買うことが多かった。
アパートの近所に、いつも焼き鳥と一品料理系の屋台が出ていた。
焼き鳥はローカル価格の1本5バーツ。ただし少し小さめ。
鶏肉や豚肉のほか、カエル焼きも売っている。たぶん10バーツ。
カエルは何度か食べたことあるけど、まあ、味は鶏肉とさほど変わらない。
ただ骨が多くて、単純に食べにくい。
いつも焼き鳥5本とカオニャオ5バーツで済ませていた。
合計30バーツで、けっこうお腹がふくれて満足だ。

洗濯のしない日は、ビックCエクストラのフードパークもよく利用した。
冷房が効いていて快適だし、それほど混んでいないのも利点。

bibcextraフードコート

しかも同じようなメニューでもセントラルフェスティバルのフードコートよりも10バーツほど安いのだ。
ありがたい話である。

さて、洗濯機がまわり終わると、洗濯物をベランダに干す。
ベッドのシーツを洗濯した時は、廊下に干していた。

南国タイの直射日光は強烈だ。
シーツくらいあっという間に乾く。
ベランダに干した洗濯物が乾くのも早い。

簡単に部屋の掃き掃除をすませておく。

さて、することがなくなった。

話し相手もいない。
孤独な一人部屋。

昼間の暇つぶしあれこれ

DSでゲーム

利用したのはトゥッコムのゲーム屋さん。
日本のDSソフトを30タイトルほど格安で入手できた。
まあ、なんでも揃っているので、飽きればすぐに交換できる。
逆に安すぎて、本気で遊ぼうという気力がなくなるほどだった。
ゲームは最高の暇つぶしだ。

DVD鑑賞

洋楽のライブ映像が見たくなって、まずDVDプレイヤーを購入。
ビッグCエクストラの電気屋で1000バーツくらい。
ソフトの購入は、例によって、トゥッコム。
6本で600バーツと破格値だ。
ファランが多い街だけに、ソフトの品揃えもファラン向け。
わたしにはちょうどいい。
ストーンズAC/DCやらラモーンズやら、これまで見たくとも高くて買えなかったソフトを一気に購入した。
日本のものはまったく見かけない。
あ、ラウドネスはあったような。

トゥッコムに関しては以下の記事も参照してください。

参考:トゥッコムとブッカオ市場

英字新聞

パタヤで日本の新聞を入手するのは、ちょっと面倒だし、値段も高い。
そこで、英字新聞を購読するようにした。
英語の勉強にもなるし、パタヤの情報も入手できると一石二鳥だ。
よく買うのは、Pattaya Mail。
記事も読みやすいし、タイ以外のニュースやコラムも多い。
毎週毎週読んでいると、パタヤに関するニュースくらいなら、辞書いらずで読めるようになった。
あとは、マクドナルドやコーヒーショップに置いてあるバンコク・ポストやネーションもよく読む。

英語のペイバーバック

英字新聞と同じ流れ。
これについては、あらためて記事を書きます。

夜遊び

と、そんな感じでだらだら過ごしていると、ようやく日が暮れ始める。

まだ夜遊びに出かけるには早い。

まずは食事。
屋台で買って帰ることもあれば、食堂で済ますことも多い。
基本、ローカルフードで一食40バーツほどだ。

4月はそうでもなかったが、5月6月となるにつれ、雨が多くなった。
夕方から夜中まで降り続くことも珍しくなく、そうなると夜遊びどころじゃない。
短期滞在なら傘でも何でもさして出歩くところだが、アパートに沈没していると、もう面倒になってくる。

12時頃に雨が止んだら、ちょろっとバービアで飲んでおしまいなんてことも多かった。

雨さえ降らなければ、たまにウォーキングストリートにも顔を出していた。

今ではまず考えられないけど、この当時はたまにゴーゴーでもペイバーしていたなあ。
RHINOというウォーキングストリートのかなり奥にあるゴーゴーバーの19歳を何度か持ち帰っていた。
LKメトロのゴーゴーバーでも何度かペイバーしていた。
あとは、ソイ7のいまは無きCLINICでも当たりを引いた覚えがある。
カネ持ってたね、当時のわたし。

まあ、でも昔も今も基本はバービア。
毎日ペイバーするわけでもないので、せいぜい3杯くらい飲んでおしまい。

で、1時か2時くらいには切り上げて、帰宅。
就寝。

これが典型的なパタヤでの沈没アパート生活だった。

昼前に起床。
洗濯。
ゲーム、DVD、読書で暇つぶし。
夜、雨が降ってなければ、ゴーゴーバー&バービアめぐり。
寝る。

まさに人生最大のだらけた生活。

途中、パタヤからアジア遠征に出かけたり、一時帰国もしていたけど、足掛け6ヶ月ほどアパートで暮らした。

まあ、長い人生、こんな生活を一度くらいしてみたっていいよね。

確実にダメ人間へと堕落していくけど!
 
↓老いも若きもタイや東南アジアで長期滞在したい人におすすめの二冊。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

ラオス国際バス

ビエンチャン発ウドンターニー行き。やはりバービアは落ち着く。

さらばラオス、ただいまタイランド ワンダーランドでラオス最後の夜遊びを終えた翌朝。 昼前にホ

記事を読む

chiangmaigirl

チェンマイの夜遊びスポット。チェンマイのゴーゴーバーは寂れていた。

さくっとチェンマイ観光を終えて、ホテルで一休み。 日が暮れはじめた。 夜遊び開始である。

記事を読む

MP嬢 (1)

コラート2日目。MPバビロンで入浴

コラート滞在も2日目となった。 それにしても、昼間にすることがない、この町は。 クランプラザ

記事を読む

ボロブドゥール

はじめてのインドネシア・シンガポール夜遊び旅行まとめ。ジャワ島横断の予算は?

インドネシアとシンガポールをめぐる今回の夜遊び旅行。 ルート、予算、夜遊びについてまとめてみた。

記事を読む

ナコンチャイエアー乗り場

パタヤのアパートへ帰還。タイ・ラオス周遊夜遊び旅行終わり

コラートからパタヤへ コラートには2泊した。 とりあえず満足だ。 そろそろパタヤが恋しくな

記事を読む

サメット島アオパイビーチ

パタヤからサメット島へ。昼はアオパイビーチ、夜はサイケオビーチ。

パタヤからバンペー埠頭へ ちょっとした波乱があったものの、無事にサメット島行きの朝を迎えた。 忙

記事を読む

myanmar-flag

メーサイとタチレク。タチレクの置屋めぐりをしてみた

本日はメーサイとタチレクに挑む。 どちらも初訪問の土地だ。 昔、バックパッカーをやってい

記事を読む

スワンナプーム空港

アパートを解約して帰国。アジア夜遊び旅行の終わり。

半年以上にわたったパタヤ沈没生活とアジア夜遊び旅行も、終わりの時が近づいてきた。 そろそろ本格

記事を読む

ソンクランバービア嬢

パタヤで初めてのソンクラーンを体験。ペイバー不可嬢連れ出し作戦

ゴーゴー嬢ボーちゃんとのプチ同棲生活を解消し、独り身となったわたし。 ここからは、新たな相手を

記事を読む

MP嬢 (7)

MP嬢と2泊3日の欲望ホテル暮らし

コラートへ逆戻り ろくに夜遊びをしないまま、コンケーンで一泊。 朝、コンケーンのホテルをチェ

記事を読む

アドステア

アドステア

Udonthani Fried egg Khaikata (1)
ウドンタニー名物料理のカイガタは、パンも付いて35バーツ

ラオス・イサーン旅行記19 (18「ノンカーイからウドンターニー

Walking street 20170626 (6)
規制強化には開店繰り上げで対抗。ウォーキングストリートのゴーゴーバー開店時間調査。

当局の強い指導により、閉店時間が午前3時となったウォーキングストリート

Nongkhai to Udonthani Bus (6)
ノンカーイからウドンターニーへはロットゥ(ミニバン)で

ラオス・イサーン旅行記18 ノンカーイは1泊だけですます。

Pattaya klang Thai food (2)
タイローカル屋台初心者におすすめ。カオカームー、カオマンガイ、クイティアオ、何でも揃ってそこそこ美味しい屋台@パタヤカン。

パタヤカン(セントラルパタヤロード)のセカンドロードからソイブッカ

Nongkhai Night life (2)
ノンカーイの夜遊び2017年。バンガロー置屋からラオっ娘を持ち帰り。

ラオス・イサーン旅行記17 (16「ノンカーイは意外なグルメタウ

→もっと見る

PAGE TOP ↑