*

18歳ナーラックバービア嬢をペイバー。これぞバービア遊びの醍醐味。

沈没日記4

さて、パタヤ初回のペイバーは22歳新人嬢だっが、次なるお相手候補は決まっていた。
前回のパタヤ滞在時に何度か部屋に泊まりに来た妖艶系ブリラム嬢である。

関連記事:家賃の支払いに困ったバービア嬢から直接営業。ロング1000B。
関連記事:妖艶ブリラム嬢がまた部屋にやって来てお泊り

どうにもはっきりしないが、特定のバービア専属で働いているわけではなさそう。
おそらく、サイライ(サイラーイ)と呼ばれるフリーランスだろう。
仕事に出るも出ないも自由というわけだ。こちらとしても、直接部屋へ呼べばバーファインがかからず、何かと好都合。

彼女に連絡してみると、絶好のタイミングでヘルプ要請が来た。
実家への仕送りをしたいから助けてほしいというもの。
よろこんで助けましょう。

が、彼女のほうに急用が入ってしまったり、わたしがバービアで酔っ払ってしまったりと、なかなかスケジュールがうまく噛み合わない。

うーん、あの妖艶かつ濃厚なサービスは何度でも味わいたいところなのだが。

若いバービア嬢

まあ、しょうがない。そのうち会えるだろう。
と、夜な夜なバービアで呑んだくれる日々が続く。

すると、とあるバービアでいかにも若いバービア嬢に遭遇。
幼い顔立ちは明らかに10代のものだ。
パタヤのバービアの年齢層は高いが、ごくまれに10代が紛れ込んでいる。こういった逸材を発掘するのがバービアめぐりの楽しみというもの。

そのバービアは以前からちょこちょこ通っており、キャッシャーとは知り合いだ。
特に気兼ねなく立ち寄る。

若いバービア嬢には、すでにファラン客がついていた。
すぐ近くの席だったので、英語での会話が聞こえてくる。
ファランが年齢を尋ねると、彼女の答えは20歳というもの。
うむ、見た目よりは上だなあ。
ちなみにファランは50代くらいか。

わたしが彼女に色目を使っているのを見越したキャッシャーが、「ハイドゥームマイ(ドリンクあげますか?)」と聞いてくる。

「トンニー ミー ルーカー(今、客がいるでしょ)」とわたしが遠慮して断ると、キャッシャーは「マイペンライ」と押してくる。
まあ、キャッシャーがそう言うなら、かまわないか。
オッケーと返事をすると、キャッシャーが彼女に話を振った。
ちょうどファランの奢ったレディドリンクが空になっている。
彼女はすぐにわたしの横の席に移ってきた。

間近で見ると、化粧っけのなさも相まって、20歳には見えない幼さだ。
わたしは決してそっち方面には興味はないが、これはこれでそそるものがある。

あらためてタイ語で年齢を尋ねると、今度は19歳だと答えた。おいおい、本当はいくつなんだよ。
子どもはいないという。
田舎からパタヤへ出てきてすでに数ヶ月ほど経つそうな。意外とキャリアが長いのね。でも、ちょこちょこ田舎へ帰っているし、店も変わっているらしい。
普段は飲むだけでペイバーは断っているとか何とか。本当かね。

彼女がスルメを欲したので、おつまみとして買ってあげる。

ビールとスルメ

スルメをかじるうら若き乙女もいいものだ。おじさんが欲するものは、イカ臭い行為なのは言うまでもない。

次いでビリヤード勝負。
彼女はけっこう上手かった。
1勝2敗で負け越してしまった。まさか、10代の小娘の不覚を取るとは。

ペイバー決定

まあ盛り上がったから、それでいい。わたしの勝負はこれからだ。
ペイバー不可というが、ここは押しの一手あるのみ。
ナムソム(オレンジジュース)が飲みたいという彼女の声を拒絶して、テキーラカオ(透明のテキーラのことね。テキーラローズと区別するためにテキーラカオと呼ぶ)を追加投入。
あまり酒が強くないという彼女。酔わせてしまえば、こっちのものだ。
さらに、「ナーラックジャンルーイ(むっちゃかわいい)」「チョープマーク(大好き)」とおだてまくる作戦を展開。

あとはノリで決める。
「パイドゥアイガン(一緒に行こうか)」と最後に誘う。
「パイナイ?」と聞いてくる彼女には、もちろん「パイ ホーン ラーゴー ブンブン(部屋へ行ってからブンブン)」と即答。
一瞬戸惑いの表情を浮かべる彼女に間隙を与えず、即バーファインを支払う。

「パッ!(行くぞ!)」

まあ、実際のところは、これが初めてのバーファインなんてことはないだろう。
学生アルバイトでもなければ、ほぼペイバーは可能だ。どんなに若くてもね。
本当にペイバー不可なら、断固拒否するはずだしね。

さくっとわたしの部屋に連れて帰る。
わたしの宿では提示不要なのだが、念のため、IDカードの有無を尋ねると、「マイミー」との返事。部屋に忘れてきたとか。
で、本当は18歳なのと付け加えた。
もう知らん。18歳という言を信じることにしておこう。

別々にシャワーを浴びてから、ベッドへ。
うーん、さすがは子どもがいない18歳。彼女が子どもみたいなものだ。肌のハリが、20代の経産婦とは段違い。若いって素晴らしいね。
でも、というか、予測通りだが、安定の半冷凍マグロだった。
ま、そんなもんでしょう。
18歳に過剰なまでの濃厚サービスを求めるほうが間違っている。
先の22歳バービア新人嬢の時と同じく、こんなものは、肉体的満足感よりも精神的充足感を得るための行為だ。
つまり完璧なまでに自己満足の世界。

彼女はショートで帰るという。
ロングが好ましいが、最初から無理は禁物だろう。自分よりはるかに年上の見知らぬ外国人のおっさんといきなり一晩を一緒に過ごすなんて、やはり無茶な注文というものだ。
ショート遊びを受けてくれただけでも良しとしなければ。
チップは基本相場の1000Bにちょっとだけおまけして渡しておいた。

それにしても、あの若さとルックスなんだから、ゴーゴーバーで働けば、この2,3倍は稼げるだろうに。
うまく化粧してやれば、1軍として通用しそうな気もする。
ショートで2500か3000でも売れると思うんだがなあ。もったいない。
まあ、いろいろ事情があるんだろう。
そのおかげで、こっちは安いチップで遊ぶことができるわけで、どうかこのままでいてほしい。

バービアめぐりの醍醐味

これぞ、パタヤのバービアめぐりの醍醐味だ。
本当にごくまれにこのようなダイヤの原石が潜んでいる。
数年前まではちょこちょこと原石が見つかったものだが、ここ1,2年で急激に難しくなってきたように思える。
なかなか見つからない。見つかったと思いきや、アルバイト学生だったりして、ペイバーを断られることが多い。

でも、まだイケるね。
とにかく足が棒になるまで歩き回って探し出し、仲良くなり、あとはノリ一発で交渉すれば、何とかなる。

バービアでかわいい子を見たことがない、ペイバーなんか無理だと言っている人は、単に努力が足りないか、コミュニケーション能力が足りないか、ひたすら面食いかのいずれかであろう。

まあ、面倒ならば、人気ゴーゴーバーへ行けばいいだけの話。時間の使い方や遊び方やカネの使い方なんかは人それぞれだ。
別にバービアの原石探しが偉いわけでも何でもない。労力のわりに見返りが少ないのが常。しょせんは自己満足の世界である。好きに遊べばいい。

とりあえず、バービア好きはこんな遊び方や楽しみ方をしているっていう実例でした。
いやあ、えがったえがった。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

yum mama talay (4)

パタヤラストナイトはダブルヘッダーですっぽかしを食らう

沈没日記27 2016年11月下旬からスタートしたパタヤ沈没生活もいよいよラストナイトを迎える

記事を読む

walging street 2012

思い出深いゴーゴー嬢と数年ぶりに再会した話

沈没日記14 ウォーキングストリートをぶらぶらしていると、とあるゴーゴーバー前で呼び込み嬢に声

記事を読む

Walking street

深夜4時、18歳バービア嬢が部屋にやって来てブンブン

沈没日記15 夜遊びパターンは、20歳コヨーテ嬢と18歳バービア嬢のローテンションとなりつつあ

記事を読む

walking-street-201612

20歳コヨーテ嬢をふたたびペイバー

沈没日記13 サービス、ルックス、若さと三拍子そろった20歳のゴーゴー嬢。 10日雇用コヨー

記事を読む

hot-pot-chim-chum-2

10代ギャル2人とチムチュム深夜3時

沈没日記12 (沈没日記11数年ぶりにウォーキングストリートのゴーゴーバーでペイバー敢行。ショ

記事を読む

Thai seven eleven Takoyaki modoki (3)

体調復活までの3日間。薬、コンビニ飯、KFC、たこ焼きもどき、パスタ。

沈没日記20 夜中に急変した体調は最悪の状態へ。 数度の嘔吐と下痢である。 ちょっと熱

記事を読む

Walking Street 201701 (2)

年始めブンブンは20歳コヨーテ嬢。仕事を抜け出して部屋にやって来る。

沈没日記16 日記進行上ディレイしているが、ようやく年が明けた。 大晦日や新年の様子は、

記事を読む

スクリーンショット_020317_123312_AM

マイミータンのカラオケ嬢からおこづかいをせびられてブンブン

沈没日記25 20歳コヨーテ嬢がいきなり部屋にやって来た翌日のこと。 今度は、カラオケ嬢から

記事を読む

pattaya-hotel

パタヤ沈没の歴史がまた始まる。初戦は22歳新人バービア嬢。

沈没日記3 いつものパタヤ沈没生活のはじまりであった。 昼はローカルなタイ飯で腹

記事を読む

walking-street-201612

数年ぶりにウォーキングストリートのゴーゴーバーでペイバー敢行。ショート1000B。

沈没日記11 (沈没日記10田舎へ帰る元ゴーゴー嬢とお別れのブンブンからの続き) 12月

記事を読む

アドステア

アドステア

The cube hostel Silom (1)
シーロムにあるモダンなゲストハウス、ザキューブホステルに泊まってみて感じるバンコク宿事情の変遷

シーロムといえば、バンコクの一等地だ。 オフィスビルが立ち並ぶ一

Sala daeng khao soi (1)
サラデーンのローカルフードコートでカオソーイ

シーロムにあるTHE CUBE HOSTELに泊まっていた時のこと

Pattaya Sign
出費報告と日本帰国時あれこれ。性病検査は忘れずに。

沈没日記15(おまけ) あまり意味はないですが、恒例の出費報告を

Airasia Dongmueang Kiosk (2)
日本帰国。ドンムアン空港エアアジアの自動チェックイン機を使ってカウンターをスルーしてみた。

沈没日記14(最終回) 本日は日本へ帰国するだけ。 起

Thaniya karaoke lady
最後はタニヤ嬢とブンブンしておしまい

沈没日記13 (12からのつづき) じゃんけんに勝利してゴーゴ

→もっと見る

PAGE TOP ↑