*

家賃の支払いに困ったバービア嬢から直接営業。ロング1000B。

パタヤ沈没日記24

この日は、昼間からずっとパソコンとにらめっこ。
帰国までの予定を決めねばならない。
帰国便のチケット、第二次イサーン遠征のチケット、ホテル予約などをすべて済ませた。
かなり疲れたが、同時にかなりすっきりした。
あとは、流れに乗って、遊べばいいだけ。

家賃足りないよ営業

イサーン遠征に出かける前にペイバーした23歳妖艶系ブリラムバービア嬢がいる。

bar-beer-lady

関連記事:23歳妖艶系ブリラムバービア嬢をペイバー

しばらく音沙汰がなかったが、急にLINEで連絡が入った。

アパートの家賃が払えないからヘルプしてほしいという要請だ。
つまりは直接営業。
月末や月初めになると増えてくる。
これも、典型的なタイあるあるですな。

友人とルームシェアしているので、家賃は折半。あと1000バーツほど必要という。
ほんと、彼女たちはぎりぎりの生活をしているなあ。
計画的に出費するという考えはないのかね。
ま、そのおかげで、こっちは安いチップで遊べるわけだが。

23歳バービア嬢。ブリラム出身だ。
顔もスタイルもサービスも良好なので、またお相手したいと思っていた。
ノーブンブンが数日続いており、タイミング的にもちょうどいい。新規バービア嬢を開拓するのも面倒だ。これは、絶好の機会。

バービア嬢といってもフリーランスとして働いているらしく、今日はバービアに出勤しないため、バーファインは不要。直接、部屋に来られるそうだ。
ロング1000バーツの約束で決定。
深夜0時くらいに合流することになった。

ブリラム嬢お持ち帰り

バービアで飲んでから、彼女に連絡。
彼女のアパート下までバイクで迎えに行った。

約2週間ぶりの再会となった。

ちょっと雰囲気が変わったかな。明るくなった。
バービアで働いている時は煽情的なドレスを着ていたので妖艶に見えた。今は、プライベードモードで、普段着。サンダルなんて、60バーツくらいのやつだよ。
こっちもええなあ。

bae-beer-lady-sandal

とはいえ、彼女に色恋営業の要素はまったくない。
あたりさわりのない会話をしてから、シャワー。

それから、即ベッドイン。
でも、サービスに手抜き無し。
さすがブリラム嬢だ。
これまた濃厚なブンブンとなった。
やっぱり、ブリラム嬢はええなあ。

なんでも昨晩は飲みすぎて、今日は体調が悪いそうだ。
ことが終わると、彼女はすぐに寝入ってしまった。

beer-bar-lady-2

翌朝。
昼前になっても彼女は起きてこない。
よっぽど疲れているみたい。

ようやく起きてきたので、2回戦目を挑もうとしたが、疲れているから勘弁してほしいと断られた。

まあしょうがないか。
昨晩で満足したし、無理強いはよそう。

お代は、約束通り1000バーツ。ご飯代として100バーツをプラスした。
1回戦だけとはいえ、バーファインいらずでロング1000はお得だね。

今日はどうするのかと聞いてみると、友達から新規顧客のファランを紹介してもらい、顔見せするとか。
ファランが気に入ったくれたら、そのまま一緒という流れだそうな。

まあ、なかなかプロフェッショナルなことで。
お仕事がんばってほしい。

またアパートまで送ってあげて、バイバイ。
早く家賃を払いに行きなさい。無駄遣いするんじゃないよ。

おカネがなくなったら連絡してね~
次回はロングできっちりブンブン2回してくれたらチップ1500だからね~

わたしがそう言うと、彼女はにっこりと微笑んで、アパートに消えていった。

困ったときは持ちつ持たれつ。
こういった関係の優良嬢はキープしておこう。


関連記事

kasetsin-5

【パタヤ散策】KASETSINはハイソなエリア。でもジェントルマンズラウンジもある。

パタヤ沈没日記26 ちょっと用事があって、ジョムティエンビーチ方面へ。 それから、プラタムナ

記事を読む

surin-to-pattaya-bus-16

スリンからパタヤへ帰還。第1次イサーン遠征終了。

イサーン遠征編10 スリンからどこへ行くか? スリンの夜。 次の行動先を考えていた。 元

記事を読む

chewing-tobacco

いつものパタヤ沈没だらだら生活。フィンランド人と噛みタバコ。

パタヤ沈没日記23 24歳スリン嬢には見切りをつけて、しばらくはダラダラ過ごすことに。 次な

記事を読む

buriram-train-staiton-5

地球の歩き方に載っていないブリラムの歩き方。おすすめホテルも。

イサーン遠征編5 ブリラムである。 アルファベット表記なら、Buriram。日本語読みは

記事を読む

soi-lk-metro

妖艶ブリラム嬢がまた部屋にやって来てお泊り

パタヤ沈没日記30 激太りした姿で再会したバービア嬢とのブンブンから数日たったある日のこと。

記事を読む

korat-to-buriram-2

コラートからブリラムへ。バスでの行き方やコラートのバスターミナルについて。

イサーン遠征編4 コラートは2泊で切り上げ、次なる土地を目指す。 イサーンを東へ進むこと

記事を読む

korat-yamo-6

コラートの観光って?クランプラザ新館、ヤーモー像、ターミナル21などなど

イサーン遠征編3 コラート2日目の朝。 シリホテルのレストランで朝食を取ってから、ホテル

記事を読む

nana-to-donmuang-airport-4

日本帰国と3ヶ月に渡る長期海外旅行の振り返り。そしてまたパタヤへ。

沈没日記36最終回 帰国日である。 エアアジア便で日本へ戻る。 14時15分ドンム

記事を読む

smkbus-pattaya-7

パタヤからコラートへの行き方とSMKバス。コラートからパタヤへの帰り方も。

イサーン遠征編1 パタヤからイサーン方面への遠征が決まった。 まずはコラートだ。

記事を読む

welcome-to-koh-chang-1

チャン島旅行のはじまり

パタヤ沈没日記7(チャン島編) チャン島行きの発端 沈没日記の舞台はパタヤから一気にチャン島

記事を読む

アドステア

アドステア

nana-to-donmuang-airport-4
日本帰国と3ヶ月に渡る長期海外旅行の振り返り。そしてまたパタヤへ。

沈没日記36最終回 帰国日である。 エアアジア便で日本

magic-food-park-donmuang-airport-5
ドンムアン空港第3のフードコート、MAGIC FOOD PARK。

なにかと物価の高いドンムアン空港にあって安い食事どころといえば、マ

therme-cafe
テーメーカフェでさくっと連れ出してタイの最後を締めくくる

沈没日記35 バンコクのホテルにチェックインを済ませて、スクンビ

miami-hotel-bangkok-22
バンコク創業50年の歴史の重みを噛みしめろ。マイアミホテル宿泊レポート。

1965年。時はまさにベトナム戦争の真っ只中。東南アジアは混沌の極

pattaya-to-bangkok-10
パタヤからバンコクへ無難かつ王道の方法で移動

パタヤ沈没日記34 すべてをクリアーにして、日本へ戻る。

→もっと見る

PAGE TOP ↑