*

23歳妖艶系ブリラムバービア嬢をペイバー

公開日: : 最終更新日:2016/10/21 パタヤ沈没日記2016年8月~ , ,

パタヤ沈没日記18

少し気持ちも落ち着いた。
これ以上、気を揉んでもしかたない。
気を取り直して、新しい出会いを求めていこう。

いつものように馴染み系のバービアや、ゴーゴーバーを軽くはしご。

beer-bar-complex

それから、強欲ママさんと勝手にあだ名をつけているママさんのバービアへ立ち寄ってみた。

ここでは、何度も新人嬢を紹介してもらっている。
それどころか、バービアで働いていない18歳やら、熟女バービア嬢の実の娘の学生も紹介してもらった。

関連記事:18歳バービア嬢攻防戦。ママさんとの熾烈な戦いに勝利せよ。
関連記事:まさかの18歳新人が再降臨でペイバーする
関連記事:19歳現役女子大生バービア嬢をペイバー

他にもペイバー歴あり。

なにかとうるさいババアなのだが、わたしのことを見かけると、強引に相手をあてがってくれる素敵なママさんである。
こういうママさんは大事にしておかないと。

実質ボスのファランとも顔馴染みとなっていて、軽く挨拶。

で、強欲ママさんがさっそくバービア嬢をあてがってきた。

20歳新人とのこと。パタヤへ来て、まだ3日目。
もちろんイサーン出身。顔は少々田舎っぽくて、色黒。でも美人顔だし、スタイルは細い。
英語はさっぱりで、タイ語のみ。スレ臭はゼロ。
パタヤとタイ語に慣れてきた日本人パタヤリピーターが狙うのは、決まってこういうタイプだ。
もちろんわたしもその一人である。

さすが、ママさん。日本人の趣味をよくわかってらっしゃる。

が、20歳の機嫌がどうにも良くない。タイ語で話しかけても上の空。
どうやらファイデーンの真っ最中で、虫の居所が悪いようだ。
生理が終わったら、また話をしましょう。

と、ママさんが次に連れてきたのが、23歳のちょっと大人な雰囲気をたたえたスレンダーバービア嬢。
大人というより妖艶系だ。
ブリラム出身。
来ましたブリラム。パタヤ好きの間では評判の高いブリラム嬢である。サービスと性格に期待が持てる。
このバービア嬢は、パタヤでの経験はそこそこあるようで、常に英語で話しかけてくる。まあ、別に英語でもタイ語でもどっちでもいい。
絶妙な間合いで、スキンシップをはかってくるブリラム嬢。
柔らかな指先が股間に触れるか触れないか。
天性の男殺しだ、ブリラム女は。いや、知らんけど。

わたしが半ばメロメロになっているのを見計らって、強欲ママさんがずかずかとやってくる。

やさぐれた声で、「バーファイン?」と、とどめを差す。

はい、バーファインします。

強欲と呼んでいるが、バーファインは300バーツと標準価格。嬢へのチップの相場指定は、ロング1500とこれまた標準価格。ドリンクのタカリもしてこない。全然強欲じゃないんだけど、いつもママさんの圧倒的な勢いに飲まれてしまう。
このバービアに来ると、毎回誰かを連れて帰る羽目になるのだ。
ありがた迷惑な話やで。

 

さくっとお支払い。

さくっとホテルへ連れて帰る。

bar-beer-lady

23歳のブリラム嬢には子どもが一人いるそうだが、スタイルは崩れていない。
腰のクビレもある。

そして、さすがはブリラム嬢、ねっとりとまとわりつくような濃厚サービスだった。
あくまでベッドの上だけだが、熱烈な恋人プレイを演じてくれる。
こりゃあ、参ったね。
大当たりだ。

用事があるとかでショートでお帰りに。
わたしは本来ロング希望だが、すっかり大満足してしまい腰砕け状態。
ゆっくりと一人寝でもかまわない。
にっこりとチップ1000Bを進呈して、お互い満足。
実に楽しくも平和的かつ享楽的なペイバーとなった。

やっぱり強欲ママさん、恐るべし。
また、いい子を紹介してください。

 

なお、この時宿泊していたホテルは、パタヤカンのソイ12にあるマーチホテルだった。

march-hotel-pattaya-5

関連記事:マーチホテル (March Hotel)宿泊レポート。ほぼ新築で清潔、コスパ高し。

部屋は綺麗で、間接照明が少々ロマンチック。かなり好評でしたね。隣の工事は夜間休止なので問題なし。
JF無料でID預けあり。

また、パタヤカンソイ12入り口の道路向かいのカシコーン銀行横には、BELLA EXPRESSというホテルがある。

ここはインドアラブ系目当てのフリーランサーたちが夜な夜な現れることで有名。

bella-express-hotel

この夜も、インドかアラブかわからないけれど、男たちが女漁りをしておりました。
フリーランサーのレベルは推して知るべし。


Gダイアリーは休刊となりました。これが最終号。電子書籍版のみ。

紙媒体の最終号はこちら。最新の最強マップを切り取って使いたい人は、品切れ前に購入しておきましょう。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

kasetsin-5

【パタヤ散策】KASETSINはハイソなエリア。でもジェントルマンズラウンジもある。

パタヤ沈没日記26 ちょっと用事があって、ジョムティエンビーチ方面へ。 それから、プラタムナ

記事を読む

soi9

検問、逮捕、投獄、突然の終焉

パタヤ沈没日記16 (15からの続き) ある日のこと。 夕方頃、彼女は友人のところへ行

記事を読む

mama-kimuchi

さらに続くだらだら同棲生活も、徐々に不満がたまる

パタヤ沈没日記15 ようやく友人が帰国。 深夜便だったため、夕方まで付き合う。 ジ

記事を読む

pattaya-beach-night

仲の良かった元ゴーゴー嬢がバービアのママさんになっていた

パタヤ沈没日記17 予期せぬ形でカラオケ嬢とは終焉。 ずっと同じ宿に泊まっていたが、事件

記事を読む

therme-cafe

テーメーカフェでさくっと連れ出してタイの最後を締めくくる

沈没日記35 バンコクのホテルにチェックインを済ませて、スクンビット沿いをうろうろ。 TER

記事を読む

busterminal

カラオケ嬢と再会して、またもやキーキアットな生活が始まる

パタヤ沈没日記14 バンコクの友人はパタヤに2泊して帰っていった。 滞在中は2泊とも同じ

記事を読む

カラオケ嬢とママー1

出所してきたカラオケ嬢と再会。一晩を過ごす。

パタヤ沈没日記33 パタヤ最終日の本当に最後の最後。 明日帰国の旨を女性陣にメール送信し

記事を読む

prajanbaan-5

カオトムプラジャンバーンとガオライサイサームで連夜の宴会

パタヤ沈没日記13 バンコクから友人が来ると、決まって訪れるタイ料理レストランがある。

記事を読む

thai-food-7

ぐーたらイサーン娘との怠惰な同棲生活。その食事ぶりは?

パタヤ沈没日記3 もはやパタヤ沈没生活は、ぐーたらイサーン娘とのただの同棲生活と化してきた。

記事を読む

beer-bar-lady-2

20歳新人バービア嬢をペイバー

パタヤ沈没日記19 23歳の妖艶系バービア嬢をペイバーした翌日。 彼女の働くバービアへもう一

記事を読む

アドステア

アドステア

Pattaya klang karaoke street
パタヤの日本カラオケ屋通り調査報告。サクラ、エリコ、キューピッド3店を調べてきた。

パタヤカン(セントラルパタヤロード)沿いに、日本カラオケ屋が3軒密集す

Steak Surprise (10)
リニューアルしたステーキ屋SURPRISEの170gハンバーガー

BBQポークリブのおいしい店として紹介したことのあるSURPRIS

Duannaming hotel pattaya (14)
ソイブッカオおすすめホテル、ドゥアンナミン(ドゥアンナムイン)は居心地良好のままだった

以前、ソイブッカオのおすすめ格安ホテルとして紹介したドゥアンナミン

Ginza
ギンザ閉店?と数年ぶりのワッツアップ(What’s Up)訪問

昨日の深夜、ウォーキングストリートを訪れた。 時刻は26時過ぎ。

Moogata puang
チムチュムとムーガタの有名店、プアン

その昔、ソイブッカオ沿いの空き地にプアンというチムチュムとムーガタ

→もっと見る

PAGE TOP ↑