*

妖艶ブリラム嬢がまた部屋にやって来てお泊り

パタヤ沈没日記30

激太りした姿で再会したバービア嬢とのブンブンから数日たったある日のこと。

今回のパタヤ沈没生活中、すでに2回お相手しているブリラム嬢から連絡が入る。

彼女は、23歳で、ルックスもスタイルも上々。サービスも良し。

1回目は普通にペイバー。
2回目はアパートの家賃が払えず、お小遣いほしさにわたしの部屋に泊まりに来た。

でも、ビジネスライクな雰囲気が強くて、お互いに恋愛感情らしきものはまったくない。
こういう関係は気楽でいい。

そのうちまた連絡があるだろうと思っていた矢先に、LINEでメッセージが届いた。

「今晩あたりどう?」と。

バービアでは働いておらず、バーファインは不要という。

ふむ。
タイミング的にはそろそろだし、彼女のことは嫌いではない。
割り切った関係は実にすがすがしい。

夜9時の合流を提案すると、「ふふ、あなた、何回ブンブンする気なの?」と笑われた。
いやいや、2回で充分ですが。

まあ、たしかに夜9時は早いかな。
12時に変更。
きっちり2回ブンブンする約束も取り付けた。

わたしはそれまで飲み歩くことに。

なじみのバービアで楽しく飲んでいると、あっという間に時間が過ぎる。
ついで、LKメトロのゴーゴーバー、TOUCHへ。

soi-lk-metro

だらだらとダンサーたちを鑑賞していると、ブリラム嬢から催促のメッセージが頻繁に入る。
ああ、もう12時過ぎているな。

けっこう時間は守るタイプみたいだね、彼女。
ダンサーを一通り見終わったところで、TOUCHを出る。

ブリラム嬢のアパートまで迎えに行くと、彼女が登場。

まあ、派手なピンク色のシャツを着ているではないか。
国王崩御の服喪期間中だけど、いいのかなあ。

まあパタヤだしいいかと、わたしの部屋に連れて帰る。

beer-bar-lady

挨拶もそこそこ、夜のビジネス開始。
いい。
やっぱり、ブリラム嬢はいい。

さすがに3度目となると、情が湧いてきたかも。
これまでより以上の熱のこもったブンブンとなった。

事後、わたしは早々に寝る。
彼女は、フェイスブックでずっと遊んでいるようだ。ファランの客が多いらしく、メッセージのやりとりに忙しいみたい。
まあ、なかなか熱心なことで。

 

翌朝。
わたしが起床しても、もちろん彼女は絶賛爆睡中。
コンビニで、サンドイッチとコーヒーを買ってきて、ひっそりと朝食を取る。

2時間ほど経ってから、ようやく彼女も目を覚ました。

前回のアパート家賃ちょうだい時は、朝の2回戦目を拒否されたが、今回はきっちりと仕事をこなしてくれた。

うん、いいね。
ビジネスライクな面は強いけど、言われたことはきっちり守る。

いやあ、こういう相手が一番いいのかも、タイで夜遊びするなら。
なんの気苦労もないや。

しばらくお話してから、彼女を部屋までお見送り。
ロング2回戦ということでパタヤ定番価格のチップ1500Bを渡して、バイバイ。

バーファインもかからず安く遊べるし、その上、サービスも良し。
後腐れもまったくない。

これで相手を好きになってしまうと、ずぶずぶとハマってしまうことになる。
まあ難しいところだが、好きになる一歩手前くらいでとどまっておき、お互いの利益とタイミングが合致した時に会うようにすれば、それこそお互いにハッピーになれる。
なるべく誰にも縛られず自由に、それでいてカネのかからない長期滞在の遊び方としては、これがベストなのかもなあ。

次回もまたお願いします。


関連記事

chang-island-bar-beer-lady-1

チャン島2日目は、アルバイトバービア嬢をペイバーしてお持ち帰り

沈没日記10(チャン島編4) バービア嬢と朝食 チャン島二日目の朝は、20歳バービア嬢とともに迎

記事を読む

cabaret-1020867_640

パタヤのローカルマフィアにみかじめ料を払いにいった話

沈没日記5 これは、カラオケ嬢がわたしの部屋で寝込んでいる時のこと。 なんだか深刻な顔で

記事を読む

busterminal

カラオケ嬢と再会して、またもやキーキアットな生活が始まる

パタヤ沈没日記14 バンコクの友人はパタヤに2泊して帰っていった。 滞在中は2泊とも同じ

記事を読む

surin-33

スリンってこんなところ。観光、ラックムアン、ホテル情報。

イサーン遠征編8 スリン(Surin)の街を散策してみた。 お隣のブリラム(Buri

記事を読む

soi9

検問、逮捕、投獄、突然の終焉

パタヤ沈没日記16 (15からの続き) ある日のこと。 夕方頃、彼女は友人のところへ行

記事を読む

smkbus-pattaya-7

パタヤからコラートへの行き方とSMKバス。コラートからパタヤへの帰り方も。

イサーン遠征編1 パタヤからイサーン方面への遠征が決まった。 まずはコラートだ。

記事を読む

beer-bar-complex

23歳妖艶系ブリラムバービア嬢をペイバー

パタヤ沈没日記18 少し気持ちも落ち着いた。 これ以上、気を揉んでもしかたない。 気を取り

記事を読む

smk-bus-1

前売りチケットを買って無理やりパタヤ脱出へ

パタヤ沈没日記20 カラオケ嬢の事件から1週間近くが経過した。 彼女から何の音沙汰もない

記事を読む

buriram-bamboo-bar-beer-1

ブリラムの夜遊びはどうなっているのか?犬と象に気をつけろ!

イサーン遠征編6 ブリラーム嬢を求めて サービス満点、性格良し、人懐っこい、明るい、と何かと評判

記事を読む

korat-yamo-6

コラートの観光って?クランプラザ新館、ヤーモー像、ターミナル21などなど

イサーン遠征編3 コラート2日目の朝。 シリホテルのレストランで朝食を取ってから、ホテル

記事を読む

アドステア

アドステア

nana-to-donmuang-airport-4
日本帰国と3ヶ月に渡る長期海外旅行の振り返り。そしてまたパタヤへ。

沈没日記36最終回 帰国日である。 エアアジア便で日本

magic-food-park-donmuang-airport-5
ドンムアン空港第3のフードコート、MAGIC FOOD PARK。

なにかと物価の高いドンムアン空港にあって安い食事どころといえば、マ

therme-cafe
テーメーカフェでさくっと連れ出してタイの最後を締めくくる

沈没日記35 バンコクのホテルにチェックインを済ませて、スクンビ

miami-hotel-bangkok-22
バンコク創業50年の歴史の重みを噛みしめろ。マイアミホテル宿泊レポート。

1965年。時はまさにベトナム戦争の真っ只中。東南アジアは混沌の極

pattaya-to-bangkok-10
パタヤからバンコクへ無難かつ王道の方法で移動

パタヤ沈没日記34 すべてをクリアーにして、日本へ戻る。

→もっと見る

PAGE TOP ↑