*

パタヤからバンコクへ無難かつ王道の方法で移動

公開日: : 最終更新日:2016/12/03 パタヤ沈没日記2016年8月~


パタヤ沈没日記34

すべてをクリアーにして、日本へ戻る。
その前に1泊だけバンコクへ立ち寄ることにした。

日本帰国便はエアアジアを利用予定。
出発が14時15分なので、パタヤからでも充分間に合う時間帯だが、慌ただしいのは遠慮したい。
パタヤからドンムアン空港までは、バスを乗り継いだりとけっこう時間がかかる。

関連記事:【最新版まとめ】パタヤからドンムアン空港への行き方

早起きは避けたいところ。
それに、バンコクの様子もたまにはのぞいておきたいので、最近は帰りにバンコクへ立ち寄るようにしている。

SPONSOR LINK

パタヤからバンコク・ナナへの道のり

以前にも詳しいまとめ記事を書いてある。

関連記事:パタヤからバンコクへバス移動する方法:2016年6月最新版。パタヤ市内のソンテウ乗り継ぎ方法も。

すでに熟知している人が大半だろうけど、最新情勢の確認の意味も込めて、パタヤからバンコクへの道のりを端的に記しておこう。
初心者向けなので、知っている人は以下の内容はすべてスルーしてほしい。

目的地はスクンビットのナナないしアソークだ。

パタヤ中心部からソンテウ、バス、BTSを乗り継ぐ方法を取る。
まあ、ほどほどに安く上げるにはこれが無難な行き方だろう。

まず、ホテルのあるソイブッカオからセカンドロードへ徒歩で移動。

午前11時45分、セカンドロードでノースパタヤ方面へ向かう乗り合いソンテウに乗車する。10バーツ。

pattaya-to-bangkok-10

ノースパタヤのドルフィンロータリーで下車。

pattaya-to-bangkok-1

セカンドロードを走るソンテウは、基本的にここが終点となる。(もちろんナックルア行きはそのままナックルアへ向かうし、ドルフィンロータリーで左折してビーチロードへ進むソンテウもある。)

横断歩道を渡りつつ、ロータリーを半周して、ノースパタヤロードへ移動。

pattaya-to-bangkok-2

11時53分。ここに止まっているソンテウに乗り込む。

このソンテウは満員になったところで出発するので、少し待つ必要がある。これは運次第だ。

注意点としては、ナックルア方面から流しの乗り合いソンテウがノースパタヤロードに入ってくるが、このソンテウに乗ってはダメだ。これは、ノースパタヤロードを少し進んだ先でUターンしてビーチロードへ向かうもので、バスターミナルへは行ってくれない。

5分ほど待ったところで、満員となりソンテウ出発。
12時08分、ソンテウがバスターミナルへ到着。10バーツ。

バスターミナル1

この方法で、パタヤ中心部からノースパタヤのバスターミナルまで合計20バーツで移動することができる。
バイタクだと60バーツくらいが相場。

窓口でエカマイ行きの切符を購入する。
108バーツ。

ノースパタヤバスターミナル (2)

この時は、12時40分発のチケットが買えた。だいたい30分待ちといったところか。
運が良ければ、5分後のチケットが買えることもあるし、混雑時はへたすると2時間待ちもありうる。特にタイの連休時と重なると要注意だ。

pattaya-to-bangkok-3

ターミナル奥にある食堂で、軽い昼飯を取る。
ぶっかけ飯屋にて、おかず1品とご飯で30バーツ。

pattaya-to-bangkok-4

飯を食べていると放送が流れて、40分発のバスを10分繰り上げるというではないか。
慌てて飯を平らげる。忙しいなあ。

すぐに乗車時間となった。
エカマイ行きは、一番右手が乗り場。
荷物を預ける場合は、係員が荷物にタグをつけて、引換券を渡してくれる。(とはいえ、引き取りの際に引換券の提示はないんで、ほぼ無意味だが。)

車内の様子。
pattaya-to-bangkok-5

座席番号は指定されている。
何度も言及されていることだが、自分のすわる席の後ろに書いてある番号が自分のシート番号なのでお間違えなきよう。
バス車内には必ず一人や二人は間違えて座っている人がいるんで、お互いに注意しましょう。
ちなみに、最後尾のシートだけは、壁に番号が書いてありますな。
39番と40番が、ほとんどのバスで一番うしろの席となる。

結局、バスは予定より5分早く出発。

出発後、1時間半ほどでバンコク市内のスクンビット通りへ入る。
ここからは市内の渋滞にはまって、そこそこ時間がかかる。

預け荷物がなければ、ウドムスックあたりで下車するほうが早い。
ウドムスックからBTSに乗り換えて、アソークないしナナ駅まで移動すればスムーズだ。

預け荷物があれば、素直に終点のエカマイまでどうぞ。

pattaya-to-bangkok-6

今回到着したのは午後2時35分。
所要時間はちょうど2時間だった。

おおむね2時間から2時間半ほど見ておけばいいと思う。
大渋滞に嵌まる3時間以上かかることもあるかな。

エカマイバスターミナルから歩いて1分でBTSエカマイ駅へ。

pattaya-to-bangkok-7

アソークまで25バーツ、ナナまでは28バーツだ。pattaya-to-bangkok-8

今回はスクンビット・ソイ13にあるホテルに宿泊予定のため、ナナ駅で下車する。
エカマイからナナまでは10分ほど。

ナナ駅からソイ13までは徒歩5分もかからない。

pattaya-to-bangkok-9

午後3時、無事に宿泊予定のマイアミホテルに到着。

午前11時45分にパタヤのソンテウに乗車してから、約3時間15分の道のりだった。
運が良ければ3時間を切れるだろうし、へたすると4時間以上かかることもある。もう運次第なんでなんとも。
まあ、パタヤを昼前に出れば、夕方からゆっくりバンコクで過ごすことはできるでしょう。

費用
パタヤのソンテウ:20バーツ
パタヤからエカマイへのバス:108バーツ
エカマイ駅からナナ駅までのBTS代:28バーツ
合計:156バーツ

タクシーを使うと、パタヤからバンコク市内までは1300から1500バーツくらい。
約10分の1の費用で移動できる。

これ以上安く上げるには、鉄道を利用する方法もある。

関連記事:バンコク(ドンムアン空港・ファランポーン駅)からパタヤへ列車で行く方法

この記事の逆をたどればいい。ファランポーン駅からは地下鉄でアソークまで行ける。
電車賃は激安だが、パタヤ市内から鉄道駅までのバイタク代が80バーツくらいかかるはずで、それほど安くはならないし、列車の本数が少なすぎて現実的には利用価値がない。

また、バンコク市内での移動にローカルバスを利用すれば、安くすることもできる。ローカルバスは渋滞に嵌まること必死だし、初心者にはわかりづらい。素直にBTS利用がベター。
さらには、パタヤからバンコク行きのロットゥーを利用して、ローカルバスに乗り換える方法もあるが、荷物が多いと無理だし、初心者にはとうていおすすめできない。第一、ロットゥーは怖いよ。

そんなわけで、昔も今も、パタヤからバンコク市内のナナやアソークへ移動するには、今回の方法がもっとも無難かつ王道ですな。

SPONSOR LINK

関連記事

soi9

検問、逮捕、投獄、突然の終焉

パタヤ沈没日記16 (15からの続き) ある日のこと。 夕方頃、彼女は友人のところへ行

記事を読む

buriram-to-surin-6

ブリラムからスリンへ

イサーン遠征編7 犬と象の夜間歩きに辟易したのでブリラム脱出を決意。 次なる目的地は、ブ

記事を読む

chewing-tobacco

いつものパタヤ沈没だらだら生活。フィンランド人と噛みタバコ。

パタヤ沈没日記23 24歳スリン嬢には見切りをつけて、しばらくはダラダラ過ごすことに。 次な

記事を読む

korat-to-buriram-2

コラートからブリラムへ。バスでの行き方やコラートのバスターミナルについて。

イサーン遠征編4 コラートは2泊で切り上げ、次なる土地を目指す。 イサーンを東へ進むこと

記事を読む

kasetsin-5

【パタヤ散策】KASETSINはハイソなエリア。でもジェントルマンズラウンジもある。

パタヤ沈没日記26 ちょっと用事があって、ジョムティエンビーチ方面へ。 それから、プラタムナ

記事を読む

ソイニュープラザバービア群

昔部屋から追い出したバービア嬢と再会。ついついペイバーしてしまう。

パタヤ沈没日記29 24歳バービア嬢からの連絡を無視すること数日間。 ついに連絡が途絶えた。

記事を読む

beer-bar-complex

23歳妖艶系ブリラムバービア嬢をペイバー

パタヤ沈没日記18 少し気持ちも落ち着いた。 これ以上、気を揉んでもしかたない。 気を取り

記事を読む

pat-mama

パタヤ沈没生活はじまりのブンブンとヒューカーオ!

パタヤ沈没日記1 アジア周遊旅行を終えて、ようやくパタヤ沈没日記を始める。 はじめに 時間

記事を読む

smk-bus-1

前売りチケットを買って無理やりパタヤ脱出へ

パタヤ沈没日記20 カラオケ嬢の事件から1週間近くが経過した。 彼女から何の音沙汰もない

記事を読む

soi7-kebab

20歳スレンダーバービア嬢をペイパー。古き良きパタヤはまだ生きている。

パタヤ沈没日記31 パタヤ滞在残り日数はあとわずか。 この沈没日記もさらにスピードアップさせ

記事を読む

アドステア

アドステア

nana-to-donmuang-airport-4
日本帰国と3ヶ月に渡る長期海外旅行の振り返り。そしてまたパタヤへ。

沈没日記36最終回 帰国日である。 エアアジア便で日本

magic-food-park-donmuang-airport-5
ドンムアン空港第3のフードコート、MAGIC FOOD PARK。

なにかと物価の高いドンムアン空港にあって安い食事どころといえば、マ

therme-cafe
テーメーカフェでさくっと連れ出してタイの最後を締めくくる

沈没日記35 バンコクのホテルにチェックインを済ませて、スクンビ

miami-hotel-bangkok-22
バンコク創業50年の歴史の重みを噛みしめろ。マイアミホテル宿泊レポート。

1965年。時はまさにベトナム戦争の真っ只中。東南アジアは混沌の極

pattaya-to-bangkok-10
パタヤからバンコクへ無難かつ王道の方法で移動

パタヤ沈没日記34 すべてをクリアーにして、日本へ戻る。

→もっと見る

PAGE TOP ↑