*

コンケーンで見つけた日本ラーメン屋台は、謎仕様に美味いスープですごい


イサーンでは、ふいに日本語の看板やのれんに出くわすことがあり、びっくりさせられる。

ブリラムで見つけた謎のカフェ
buriram-cafe-bbq-1

まあ、これは単なるファッションみたいなものだ。

ウドンターニーにあるラーメン屋台
ウドンターニーのラーメン屋台 (1)
これは、確実に本物。タイ人が経営しているが、味は間違いなく日本仕様。
わたしは、ウドンを訪れる度に必ず食べるようにしている。
関連記事:ウドンでラーメン。ウドンターニーの日本ラーメン屋台の赤のれんが郷愁を誘うのだ。

そして、ウドンの隣県コンケーンで、またしても日本式ラーメン屋台を発見したのだった。
イサーンよ、どうなっているのか。

SPONSOR LINK

コンケーンのラーメン屋台

場所は、トゥッコム北側出口付近。

このあたりに夜になると日本式ラーメン屋台が出現する。すぐにわかるはず。

だって、この外見だもの。

khonkaen-ramen-1

近づくとこうなる。

khonkaen-ramen-9

拉麺の赤提灯が郷愁を誘う。そういえば、日本を出てからもう3ヶ月近くになるなあ。

khonkaen-ramen-10

一応、地図

わたしが滞在しているチャダベランダホテルからは、徒歩2分くらい。
思わずのれんをくぐってしまったよ。

「すごい」が店名なのだろうか。
ちなみに、タイ人の間でも、「すごい」という日本語は浸透してきつつある。
「おいしい」とか「かわいい」とか同様にね。

メニュー
khonkaen-ramen-3

「すごいらめん」という日本語はご愛嬌。
「いちばんすきです」も微笑ましい。
が、それ以外はタイ語オンリー。

直接確認すると、しょう油味と味噌味があるそうな。豚骨は無いと言われた。
どちらも69バーツ。

あと、よくわからない黒い麺もあるようだ。

khonkaen-ramen-2

カーボンがどうのこうのと言っていたが、わたしにはよく理解できなかった。炭を練りこんだ麺なのかね。
あとで調べてみると、日本では黒炭麺という種類があるそうな。知らんかった。
まさかイサーンでそんなトレンドまで知ることになるとは。

なお、サイドメニューでギョウザあり。5個で49バーツ。
khonkaen-ramen-5

醤油ラーメン

まあ、ここは無難に、しょう油ラーメンをオーダーした。

大きな寸胴に熱々のスープが入っていて、麺は別の鍋できっちり茹でているようだ。

khonkaen-ramen-4

10分近く待って、ようやく到着。

khonkaen-ramen-6

ん?
ちょっと待て~い

このスープの色合は、どうみてもしょう油じゃなかろうに。

店員を呼んで確認。
「注文したのは、味噌じゃないよ、しょう油だよ」と告げるが、店主らしき人はこれがしょう油だと言う。

どうにも納得できないが、まずは、スープを一口。
うわ、なんじゃこりゃ。

しょう油だけどしょう油じゃない。
味噌でもないけれど、味噌のような気もする。
なんとも形容しがたい風味なのだ。まさに謎仕様のスープ。

まあ、わたしは日本でも滅多にラーメン屋に行くことがないし、それほど敏感な舌の持ち合わせもない。
でも、これはうまい。
これまた味わったことがない味だ。

味噌醤油味とでも言えばいいのかなあ。でも豚骨もちょっと混じっているような気もするなあ。

具材は、茹で加減が絶妙なゆで卵。
ちょっと薄いがきちんとしたチャーシュー。
メンマに、タイの野菜。
あとは、きざみ海苔、ゴマ。赤いのは、エビ子かな。

麺はやや太めでしっかりした歯ごたえ。

khonkaen-ramen-7

スープと麺とゆで卵のコンビネーションがたまらない。

日本でもタイでもスープを飲む干すことはほとんどないけど、ここのスープは最後まで飲んでしまった。
ただし、最期のほうは、きざみ海苔が底に沈んで溶けてしまっており、味がかなり変わってしまったのが残念。
海苔は一枚物の大きいやつのほうがいいね。自分の好きなタイミングで食べきればいいんで。
まあ、そんなことは瑣末的事項。

大満足の一品だった。

なんで、コンケーンにこんなラーメンがあるんだよ。
びっくりだ。

まさに、すごい

もちろん、日本で1杯1000円もするような行列のできるラーメン屋に比べれば劣るだろう。
でも、69バーツだよ。それもイサーンだよ。
200円ちょっとでこの味なら、大満足と言うべきだ

こんなラーメン屋台がパタヤにあったらなあ。
69バーツなら、週に1,2回は通ってもいいくらいだ。

イサーンの日本ラーメン屋

ウドンタニーのラーメン屋台は、正統派の日本式しょう油ラーメン。実際に店主は日本在住経験あり。

udonthani-noodle-ramen-5

それに対して、コンケーンのラーメンはかなり異質。
でも、これもたしかに日本式ラーメンの味だ。クイティアオや中華圏の雲呑麺ではなくて、確実に日本式ラーメンの風格がある。
というか、この味、日本で店出しても普通に流行りそうな気がする。

屋台を切り盛りしているおばさんに、どうやってラーメンの作り方を覚えたのか、話を聞いてみた。
タイ語のみの会話なのでどうにもはっきりしないが、なんでも自分で勉強したと言っていた。日本のラーメン屋で修行したわけではないらしい。

そういえば、コラートのローカル系日本食レストランで食べたラーメンもちょっと独特だったなあ。
たしか、元気ラーメン。

korat-genki-ramen

ここも、しょう油と味噌と豚骨が混じったような味だった。
ラーメンにトンカツをそのまま乗せていたけど。

日本で修行したことがないイサーン人が、独自研究して編み出した日本式ラーメンは、一風変わったものになるのだろうか。
これ、逆輸入すべきだね。

コラート、コンケーン、ウドンタニーへお越しの方は、ぜひともイサーンご当地仕様の日本ラーメンを味わってほしい。

SPONSOR LINK

関連記事

ヒポポタマスのヒポスムージー

センタン6階のヒポポタマスは、眺めのよいカフェレストラン。フルーツスムージーがおいしいよ。

セントラルフェスティバルパタヤ(通称センタン)の6階の一番ビーチ寄りにあるのが、HIPPOPOT

記事を読む

クールハウスのアメリカンブレックファースト (8)

COOL HOUSEのアメリカンブレックファースト75バーツ

COOL HOUSEは、パタヤカンのビーチそば、先日紹介したPSボーリングプラザ(旧トッ

記事を読む

ボートのトンカツカナーごはん

セカンドロードのBOAT(ボート)レストラン。豚かつとカイラン菜のせご飯。

パタヤではそこそこ有名だけど入ったことがない店舗シリーズです。 今回はBOATレストランを

記事を読む

8番らーめん (9)

タイの8番らーめん実食レポート。ラーメンと餃子のセットが148バーツ。

現在、タイ国内で110店舗を展開中の8番らーめん。 れっきとした日本生まれのラーメ

記事を読む

スパイシーチキンステーキ

サードロードのローカルステーキ屋「ルゥンヤーイ」のチキンステーキ69バーツ

サードロードのノースパタヤ側には、郊外型の広めの店が多いが、パタヤカン寄りにはちょこちょこと小さ

記事を読む

セイラーバーレストランコルドンブルーカツ

セイラーバー&レストランのコルドンブルーは120バーツ。あふれだすチーズとカツの相性がいいね。じゃがバタもうれしい。

ビーチロードのソイ8にあるセイラーバー(Sailor Bar)は、格安でステーキが食べられるレス

記事を読む

サードロード24時間営業クイティアオ屋 (3)

豚骨スープのクイティアオ@サードロードの24時間食堂。ルークチンもおいしい。

以前、紹介したサードロードにある24時間営業の食堂。 その際はクイジャップユアンを食べて、けっ

記事を読む

ブッカオ市場のタレートート (4)

タレートート(ホイトート)。タイ風海鮮お好み焼き。

今日も今日とてソイブッカオの常設市場へ。 何を食べようかと、うろうろわくわくする。

記事を読む

カイパロー・ムーパロー (1)

カイパローは、タイ版の豚の角煮と煮玉子。ソイメイドインタイランドの食堂でぶっかけ飯30バーツ。

ソイメイドタイランドで飲んでいると、小腹がすいてきた。 近くに食堂がある。 そこで軽くテイク

記事を読む

カオカームー (3)

ワットチャイ向かい側の屋台群でカオカームーを食べる。とろとろの豚足がうまい。

ワットチャイ前屋台通り 夜になると、パタヤタイ通りの路上で営業を開始する屋台群がある。

記事を読む

アドステア

アドステア

nana-burger-bangkok-2
今さらながら、あえてナナバーガーを食べる

ナナバーガー。 熱心なバンコクリピーターには説明不要。 ナナプ

moonlightplace-pattaya-hotel-6
ソイハニーの隠れ家的ホテル、ザ ムーンライト プレイス (The Moonlight Place)宿泊レポート

ソイハニーイン(略してソイハニー)は、何かといかがわしい通りだが、

pheromon-club
ウォーキングストリート新規OPENゴーゴー、フェロモンクラブとバイパス訪問レポート

パタヤを一ヶ月ほど留守している間に、新しいゴーゴーバーが2軒オープンし

walking-street-201612
2016年12月タイ、バンコク・パタヤ夜遊びスポットの現状

ここ数日間、バンコクとパタヤの夜遊びの現状を調査してきた。 国王

pattaya
約100日のアジア周遊旅行とパタヤ沈没生活の出費報告書

香港からスタートして、パタヤ沈没でゴールした今回の旅行。 全日程

→もっと見る

PAGE TOP ↑