*

コンケーンで見つけた日本ラーメン屋台は、謎仕様に美味いスープですごい


イサーンでは、ふいに日本語の看板やのれんに出くわすことがあり、びっくりさせられる。

ブリラムで見つけた謎のカフェ
buriram-cafe-bbq-1

まあ、これは単なるファッションみたいなものだ。

ウドンターニーにあるラーメン屋台
ウドンターニーのラーメン屋台 (1)
これは、確実に本物。タイ人が経営しているが、味は間違いなく日本仕様。
わたしは、ウドンを訪れる度に必ず食べるようにしている。
関連記事:ウドンでラーメン。ウドンターニーの日本ラーメン屋台の赤のれんが郷愁を誘うのだ。

そして、ウドンの隣県コンケーンで、またしても日本式ラーメン屋台を発見したのだった。
イサーンよ、どうなっているのか。

SPONSOR LINK

コンケーンのラーメン屋台

場所は、トゥッコム北側出口付近。

このあたりに夜になると日本式ラーメン屋台が出現する。すぐにわかるはず。

だって、この外見だもの。

khonkaen-ramen-1

近づくとこうなる。

khonkaen-ramen-9

拉麺の赤提灯が郷愁を誘う。そういえば、日本を出てからもう3ヶ月近くになるなあ。

khonkaen-ramen-10

一応、地図

わたしが滞在しているチャダベランダホテルからは、徒歩2分くらい。
思わずのれんをくぐってしまったよ。

「すごい」が店名なのだろうか。
ちなみに、タイ人の間でも、「すごい」という日本語は浸透してきつつある。
「おいしい」とか「かわいい」とか同様にね。

メニュー
khonkaen-ramen-3

「すごいらめん」という日本語はご愛嬌。
「いちばんすきです」も微笑ましい。
が、それ以外はタイ語オンリー。

直接確認すると、しょう油味と味噌味があるそうな。豚骨は無いと言われた。
どちらも69バーツ。

あと、よくわからない黒い麺もあるようだ。

khonkaen-ramen-2

カーボンがどうのこうのと言っていたが、わたしにはよく理解できなかった。炭を練りこんだ麺なのかね。
あとで調べてみると、日本では黒炭麺という種類があるそうな。知らんかった。
まさかイサーンでそんなトレンドまで知ることになるとは。

なお、サイドメニューでギョウザあり。5個で49バーツ。
khonkaen-ramen-5

醤油ラーメン

まあ、ここは無難に、しょう油ラーメンをオーダーした。

大きな寸胴に熱々のスープが入っていて、麺は別の鍋できっちり茹でているようだ。

khonkaen-ramen-4

10分近く待って、ようやく到着。

khonkaen-ramen-6

ん?
ちょっと待て~い

このスープの色合は、どうみてもしょう油じゃなかろうに。

店員を呼んで確認。
「注文したのは、味噌じゃないよ、しょう油だよ」と告げるが、店主らしき人はこれがしょう油だと言う。

どうにも納得できないが、まずは、スープを一口。
うわ、なんじゃこりゃ。

しょう油だけどしょう油じゃない。
味噌でもないけれど、味噌のような気もする。
なんとも形容しがたい風味なのだ。まさに謎仕様のスープ。

まあ、わたしは日本でも滅多にラーメン屋に行くことがないし、それほど敏感な舌の持ち合わせもない。
でも、これはうまい。
これまた味わったことがない味だ。

味噌醤油味とでも言えばいいのかなあ。でも豚骨もちょっと混じっているような気もするなあ。

具材は、茹で加減が絶妙なゆで卵。
ちょっと薄いがきちんとしたチャーシュー。
メンマに、タイの野菜。
あとは、きざみ海苔、ゴマ。赤いのは、エビ子かな。

麺はやや太めでしっかりした歯ごたえ。

khonkaen-ramen-7

スープと麺とゆで卵のコンビネーションがたまらない。

日本でもタイでもスープを飲む干すことはほとんどないけど、ここのスープは最後まで飲んでしまった。
ただし、最期のほうは、きざみ海苔が底に沈んで溶けてしまっており、味がかなり変わってしまったのが残念。
海苔は一枚物の大きいやつのほうがいいね。自分の好きなタイミングで食べきればいいんで。
まあ、そんなことは瑣末的事項。

大満足の一品だった。

なんで、コンケーンにこんなラーメンがあるんだよ。
びっくりだ。

まさに、すごい

もちろん、日本で1杯1000円もするような行列のできるラーメン屋に比べれば劣るだろう。
でも、69バーツだよ。それもイサーンだよ。
200円ちょっとでこの味なら、大満足と言うべきだ

こんなラーメン屋台がパタヤにあったらなあ。
69バーツなら、週に1,2回は通ってもいいくらいだ。

イサーンの日本ラーメン屋

ウドンタニーのラーメン屋台は、正統派の日本式しょう油ラーメン。実際に店主は日本在住経験あり。

udonthani-noodle-ramen-5

それに対して、コンケーンのラーメンはかなり異質。
でも、これもたしかに日本式ラーメンの味だ。クイティアオや中華圏の雲呑麺ではなくて、確実に日本式ラーメンの風格がある。
というか、この味、日本で店出しても普通に流行りそうな気がする。

屋台を切り盛りしているおばさんに、どうやってラーメンの作り方を覚えたのか、話を聞いてみた。
タイ語のみの会話なのでどうにもはっきりしないが、なんでも自分で勉強したと言っていた。日本のラーメン屋で修行したわけではないらしい。

そういえば、コラートのローカル系日本食レストランで食べたラーメンもちょっと独特だったなあ。
たしか、元気ラーメン。

korat-genki-ramen

ここも、しょう油と味噌と豚骨が混じったような味だった。
ラーメンにトンカツをそのまま乗せていたけど。

日本で修行したことがないイサーン人が、独自研究して編み出した日本式ラーメンは、一風変わったものになるのだろうか。
これ、逆輸入すべきだね。

コラート、コンケーン、ウドンタニーへお越しの方は、ぜひともイサーンご当地仕様の日本ラーメンを味わってほしい。

SPONSOR LINK

関連記事

Tee laab zeb Tom zab

サードロードの安くてうまいイサーンレストラン、ティーラーブセーブ。おすすめはトムセーブ。

サードロードのおいしいイサーン料理専門店をご紹介。 店名は、ティーラーブセーブ。 看板

記事を読む

ブッカオ名無し食堂のガパオムー

【定点観測】ブッカオ名無し食堂のガパオムーサップ

ソイブッカオの中ほど、LKメトロ近くにある食堂。 毎度おなじみブッカオの名無し食堂だ。

記事を読む

Buakhao paradise pattaya room (8)

Buakhao Paradiseのブレックファーストとゲストハウス部屋内部見学レポート

ソイブッカオの南側に、昨年後半くらいからだろうか、Buakhao Paradiseなる看板が上が

記事を読む

ブッカオ常設ぶっかけ飯屋マッサマンカレー (2)

マッサマンカレーをブッカオ市場で食べてみた

2014年に日本でもプチ流行したマッサマンカレー。 マッサマンとはタイ南部のカレー。世界一うま

記事を読む

パタヤタイのクィティアオ屋 (6)

パタヤタイ、トゥッコム裏手のクイティアオ屋

今回のパタヤローカルグルメレポートはパタヤタイにあるクィティアオ屋。 ここも読者さんからいただ

記事を読む

kebab-soi-lengkee-2

ソイレンキーの新しいトルコケバブ50バーツ。チキンサンドイッチがおすすめ。

ソイダイアナからソイレンキーにかけては、ケバブ屋台が乱立しており、さながらケバブ銀座の様相を呈し

記事を読む

ブッカオ常設市場のナムトックムー (2)

ブッカオ常設市場のナムトックムー屋台

ソイブッカオ北側にある、ブッカオ市場。 ブッカオとパタヤタイ交差点近くに火曜日と金曜日限定で開

記事を読む

セイラーバーレストランのシュニッツェルカツレツ (2)

セイラーバーレストランでシュニッツェル(豚カツ)を食べる

ソイ7とソイ8を歩いていると、急に洋食が食べたくなった。 こんな時は、ソイ8にあるSAILOR

記事を読む

khao-soi-pattaya-third-road-11

サードロードのカオソーイ食堂「ルアンカオプン」に、日本語看板とメニューができていた。マッサマンカレーもおいしいよ。

以前紹介したサードロードのカオソーイ食堂。 カオソーイもうまいし、カイジアオ定食も

記事を読む

イエンターフォー (1)

イエンターフォーのうまいクイティアオ屋@パタヤタイ・ソイ16

イエンターフォーは、クイティアオのスープの一種。 ピンク色のスープが特徴的だ。 紅腐乳(タオ

記事を読む

アドステア

アドステア

Pattaya soi7
スレてない新人バービア嬢を探せ。19歳初日宿無しと遭遇。

沈没日記6 パタヤのバービアめぐりの醍醐味の一つが、田舎から出て

Pattaya klang karaoke street
パタヤの日本カラオケ屋通り調査報告。サクラ、エリコ、キューピッド3店を調べてきた。

パタヤカン(セントラルパタヤロード)沿いに、日本カラオケ屋が3軒密集す

Steak Surprise (10)
リニューアルしたステーキ屋SURPRISEの170gハンバーガー

BBQポークリブのおいしい店として紹介したことのあるSURPRIS

Duannaming hotel pattaya (14)
ソイブッカオおすすめホテル、ドゥアンナミン(ドゥアンナムイン)は居心地良好のままだった

以前、ソイブッカオのおすすめ格安ホテルとして紹介したドゥアンナミン

Ginza
ギンザ閉店?と数年ぶりのワッツアップ(What’s Up)訪問

昨日の深夜、ウォーキングストリートを訪れた。 時刻は26時過ぎ。

→もっと見る

PAGE TOP ↑