*

カラオケ嬢と再会して、またもやキーキアットな生活が始まる

パタヤ沈没日記14

バンコクの友人はパタヤに2泊して帰っていった。

滞在中は2泊とも同じバービア嬢をペイバー。このバービア嬢とはすっかり打ち解けたようで、近いうちにまたパタヤへ遊びに来ると言っていた。
わたしよりも遥かにタイ語が堪能で、タイ女性とのやり取りも経験豊富なんで、行動が早いこと早いこと。さくっとフェーンのような間柄になってしまう。
それはそれで面倒が増えて大変らしいけど。

ノースパタヤのバスターミナルまで、バイクで送っていってバイバイ。
またすぐにパタヤで再会しましょう。

busterminal

なお、バスターミナルからパタヤ中心部へバイクで戻るには、ノースパタヤロードとスクンビットの交差点はUターン禁止なので、裏道を迂回すれば合法的にサードロードとノースパタヤロードの交差点に戻れる。ちょっと面倒くさい。

日本の友人は、全部で12泊。まだあと5日くらい残っている。
こちらはだらだら滞在スタイル。
特定の女性とほどほどの距離感でうまくやりつつ、たまにバタフライ。いいですな。
短期滞在なんで、食事は好きなものを好きなだけというスタイル。これまたいいですな。

カラオケ嬢と再会

さて、カラオケ嬢である。
チャン島から戻ってきて3日後にようやく連絡が取れた。

夕方にわたしの部屋へ。

約1週間ぶりだが、特に再会の喜びを交歓することもなく、淡々としたものだ。
この間、どうやって過ごしてきたのか、お互いに詮索することもなし。
ほんと、どうやって生活していたんだろうね、彼女。
ちょっとは生活費をあげていたけれど、それで足りるはずもなく、たぶん仕事もしていない。
まあ、やっぱり余計な詮索は不要。

再会すれば、そのままシャワーを浴びて、ブンブンとなるだけ。

underwear

こうして、またもや怠惰な生活が始まった。

買い出しの日々

食事の買い出しはもちろんわたしの役目。

おかず屋で、魚とカレーとご飯を購入。

揚げたプラーニンの甘酢ソース掛けとグリーンカレー

fishcurry

ご飯2人前。
これぜんぶで90バーツ。

別の日は、唐揚げとヤムママータレーを買ってこいとの指令。

唐揚げは、パタヤカンにある評判のフライドチキン屋だ。
ここは本当にうまい。衣がさくさくだし、肉はジューシー。

friedchicken

まさかの唐揚げ一個2バーツ?パタヤ至高のフライドチキン。

ヤムママータレーは、ブッカオ常設市場で仕入れてきた。

yammamataley-1

ヤム=あえること。つまりサラダ。
ママー=インスタント麺
タレー=海。つまりシーフード。

野菜やソーセージなど、入れる具材は細かいオーダーが可能だが、面倒なら「サイトゥックヤン(全部入れて)」でオッケー。
シーフードとはいえ、カニは別もの。通常、タレーと注文すれば、エビとイカ入りとなる。

yammamataley-2

これで70バーツ。思ったより安い。屋台のヤムタレーは80バーツから100バーツほどのところが多い。
ひたすら辛いが、味はばっちり。イサーン出身のカラオケ嬢ですら、ひーひー言うほど辛かった。

セブンイレブンのサラパオ
salapao-1

サラパオを買ってこいとの指令。
サラパオ?
ああ、中華まんのことか。中身は、豚のミンチ肉。

salapao-2

ちょっと小ぶりだけど、日本の肉まんと大差なしで食べやすい。

マムアンプリアムとメロン
mango

タイでは熟す前の酸っぱいマンゴー(マムアンプリアオ)を食べることが多い。
とにかく酸っぱい。タイ人でも酸っぱいので、唐辛子と砂糖をまぶして食べる。一つの袋に砂糖と唐辛子をぐちゃぐちゃに混ぜてしまい、これでもかと大量に付けて食べる。
酸っぱいやら甘いやら辛いやら、何が何だか口の中が麻痺してしまいそうになる。
どれか一つの味にすればいいのにと思うが、タイ人にはこれが一番のようですな。

わたしは、大人しくメロン(ケンタループ)を食べます。

 

と、日々の買い出しを命じられつつも、夜は友人に会いに行くという理由でバイバイ。彼女もどこかへ出かけて行く。

で、深夜に彼女と合流して一緒に寝る。
これが典型的なパターン。

もちろん、深夜に帰ってくる予定の彼女が戻ってこないこともある。
深夜2時が3時となり、結局部屋に来るのは翌朝9時とかね。
まあ、このあたりはお約束。
1時間待っても戻ってこなければ、こっちもさっさと寝てしまうのが吉。
真剣に待っていても疲れるだけなんで。
そんなものです。

と、こんな生活が友人帰国まで続く。

特にオチのない記事で申し訳ないが、ほんと、これが現実なもので。
中長期滞在で特定の相手がいるとなれば、こんなもんです。


関連記事

kimuchi

ひたすら食っちゃ寝こそカラオケ嬢の信条。キムチ、ママー、コンビニ飯、サブウェイ。

パタヤ沈没日記2 早朝のコンビニ弁当2箱を平らげて、ご満悦のカラオケ嬢さん。 用事がある

記事を読む

bar-beer-2

ファイデーンな5日間は最後に赤く燃え上がる

パタヤ沈没日記4 カラオケ嬢とのぐーたらな半同棲生活。 その極め付きが、彼女に月よりの使者が

記事を読む

buriram-train-staiton-5

地球の歩き方に載っていないブリラムの歩き方。おすすめホテルも。

イサーン遠征編5 ブリラムである。 アルファベット表記なら、Buriram。日本語読みは

記事を読む

welcome-to-koh-chang-1

チャン島旅行のはじまり

パタヤ沈没日記7(チャン島編) チャン島行きの発端 沈没日記の舞台はパタヤから一気にチャン島

記事を読む

beer-bar-complex

23歳妖艶系ブリラムバービア嬢をペイバー

パタヤ沈没日記18 少し気持ちも落ち着いた。 これ以上、気を揉んでもしかたない。 気を取り

記事を読む

pattaya

約100日のアジア周遊旅行とパタヤ沈没生活の出費報告書

香港からスタートして、パタヤ沈没でゴールした今回の旅行。 全日程は約100日となった。

記事を読む

koh-chang-beerbar-1

チャン島初日夜は、20歳バービア嬢をペイバー

沈没日記9(チャン島編3) チャン島初日。 夜遊び予備調査を終えて、しばし部屋でまったり。

記事を読む

nana-to-donmuang-airport-4

日本帰国と3ヶ月に渡る長期海外旅行の振り返り。そしてまたパタヤへ。

沈没日記36最終回 帰国日である。 エアアジア便で日本へ戻る。 14時15分ドンム

記事を読む

buriram-bamboo-bar-beer-1

ブリラムの夜遊びはどうなっているのか?犬と象に気をつけろ!

イサーン遠征編6 ブリラーム嬢を求めて サービス満点、性格良し、人懐っこい、明るい、と何かと評判

記事を読む

thai-food-7

ぐーたらイサーン娘との怠惰な同棲生活。その食事ぶりは?

パタヤ沈没日記3 もはやパタヤ沈没生活は、ぐーたらイサーン娘とのただの同棲生活と化してきた。

記事を読む

アドステア

アドステア

pattaya-songteow
バンコクからパタヤへ。パタヤのソンテウで初めて20バーツ請求された話。

沈没日記2 バンコク2泊はあっという間に終了。 都会は便利

airport-ais-shop
【タイのスマホ】同じ携帯電話番号を維持しつつ、タイ到着と同時にネットを使う方法。AIS・12CALL、TRUE、DTAC。

タイ訪問時に毎回空港でSIMカードを求めて並んでませんか?

p1170958
沈没日記スタート。まずはバンコク2泊から。

沈没日記1 最初に とりあえず、ここから今回の新しいパタヤ沈没日記

champaign-cyotes-2
オープン初日の新コヨーテクラブ、Champagne Coyotes(シャンペーンコヨーテ)@ソイLKメトロ

ソイLKメトロのソイダイアナ側にあるChampaignの横に、新しいコ

donmuang-airport-3
バンコク・ドンムアン空港深夜到着時の移動方法。タクシー利用でスクンビットまで。

フライトがディレイしたため、ドンムアン空港に到着したが午前0時20

→もっと見る

PAGE TOP ↑