*

カラオケ嬢と再会して、またもやキーキアットな生活が始まる

パタヤ沈没日記14

バンコクの友人はパタヤに2泊して帰っていった。

滞在中は2泊とも同じバービア嬢をペイバー。このバービア嬢とはすっかり打ち解けたようで、近いうちにまたパタヤへ遊びに来ると言っていた。
わたしよりも遥かにタイ語が堪能で、タイ女性とのやり取りも経験豊富なんで、行動が早いこと早いこと。さくっとフェーンのような間柄になってしまう。
それはそれで面倒が増えて大変らしいけど。

ノースパタヤのバスターミナルまで、バイクで送っていってバイバイ。
またすぐにパタヤで再会しましょう。

busterminal

なお、バスターミナルからパタヤ中心部へバイクで戻るには、ノースパタヤロードとスクンビットの交差点はUターン禁止なので、裏道を迂回すれば合法的にサードロードとノースパタヤロードの交差点に戻れる。ちょっと面倒くさい。

日本の友人は、全部で12泊。まだあと5日くらい残っている。
こちらはだらだら滞在スタイル。
特定の女性とほどほどの距離感でうまくやりつつ、たまにバタフライ。いいですな。
短期滞在なんで、食事は好きなものを好きなだけというスタイル。これまたいいですな。

カラオケ嬢と再会

さて、カラオケ嬢である。
チャン島から戻ってきて3日後にようやく連絡が取れた。

夕方にわたしの部屋へ。

約1週間ぶりだが、特に再会の喜びを交歓することもなく、淡々としたものだ。
この間、どうやって過ごしてきたのか、お互いに詮索することもなし。
ほんと、どうやって生活していたんだろうね、彼女。
ちょっとは生活費をあげていたけれど、それで足りるはずもなく、たぶん仕事もしていない。
まあ、やっぱり余計な詮索は不要。

再会すれば、そのままシャワーを浴びて、ブンブンとなるだけ。

underwear

こうして、またもや怠惰な生活が始まった。

買い出しの日々

食事の買い出しはもちろんわたしの役目。

おかず屋で、魚とカレーとご飯を購入。

揚げたプラーニンの甘酢ソース掛けとグリーンカレー

fishcurry

ご飯2人前。
これぜんぶで90バーツ。

別の日は、唐揚げとヤムママータレーを買ってこいとの指令。

唐揚げは、パタヤカンにある評判のフライドチキン屋だ。
ここは本当にうまい。衣がさくさくだし、肉はジューシー。

friedchicken

まさかの唐揚げ一個2バーツ?パタヤ至高のフライドチキン。

ヤムママータレーは、ブッカオ常設市場で仕入れてきた。

yammamataley-1

ヤム=あえること。つまりサラダ。
ママー=インスタント麺
タレー=海。つまりシーフード。

野菜やソーセージなど、入れる具材は細かいオーダーが可能だが、面倒なら「サイトゥックヤン(全部入れて)」でオッケー。
シーフードとはいえ、カニは別もの。通常、タレーと注文すれば、エビとイカ入りとなる。

yammamataley-2

これで70バーツ。思ったより安い。屋台のヤムタレーは80バーツから100バーツほどのところが多い。
ひたすら辛いが、味はばっちり。イサーン出身のカラオケ嬢ですら、ひーひー言うほど辛かった。

セブンイレブンのサラパオ
salapao-1

サラパオを買ってこいとの指令。
サラパオ?
ああ、中華まんのことか。中身は、豚のミンチ肉。

salapao-2

ちょっと小ぶりだけど、日本の肉まんと大差なしで食べやすい。

マムアンプリアムとメロン
mango

タイでは熟す前の酸っぱいマンゴー(マムアンプリアオ)を食べることが多い。
とにかく酸っぱい。タイ人でも酸っぱいので、唐辛子と砂糖をまぶして食べる。一つの袋に砂糖と唐辛子をぐちゃぐちゃに混ぜてしまい、これでもかと大量に付けて食べる。
酸っぱいやら甘いやら辛いやら、何が何だか口の中が麻痺してしまいそうになる。
どれか一つの味にすればいいのにと思うが、タイ人にはこれが一番のようですな。

わたしは、大人しくメロン(ケンタループ)を食べます。

 

と、日々の買い出しを命じられつつも、夜は友人に会いに行くという理由でバイバイ。彼女もどこかへ出かけて行く。

で、深夜に彼女と合流して一緒に寝る。
これが典型的なパターン。

もちろん、深夜に帰ってくる予定の彼女が戻ってこないこともある。
深夜2時が3時となり、結局部屋に来るのは翌朝9時とかね。
まあ、このあたりはお約束。
1時間待っても戻ってこなければ、こっちもさっさと寝てしまうのが吉。
真剣に待っていても疲れるだけなんで。
そんなものです。

と、こんな生活が友人帰国まで続く。

特にオチのない記事で申し訳ないが、ほんと、これが現実なもので。
中長期滞在で特定の相手がいるとなれば、こんなもんです。

大幅リニューアル!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年(9月20日更新3軒追加)


関連記事

chang-island-bar-beer-lady-1

チャン島2日目は、アルバイトバービア嬢をペイバーしてお持ち帰り

沈没日記10(チャン島編4) バービア嬢と朝食 チャン島二日目の朝は、20歳バービア嬢とともに迎

記事を読む

ソイニュープラザバービア群

昔部屋から追い出したバービア嬢と再会。ついついペイバーしてしまう。

パタヤ沈没日記29 24歳バービア嬢からの連絡を無視すること数日間。 ついに連絡が途絶えた。

記事を読む

club4-pattaya-3

クラブ4でパタヤ初のバタフライ。ソイボンコットにカッレブランも移転してきたよ。

パタヤ沈没日記12 チャン島旅行からパタヤへ戻ってきて、数日は友人とだらだら過ごす。 昼

記事を読む

chewing-tobacco

いつものパタヤ沈没だらだら生活。フィンランド人と噛みタバコ。

パタヤ沈没日記23 24歳スリン嬢には見切りをつけて、しばらくはダラダラ過ごすことに。 次な

記事を読む

beer-bar-lady

パタヤ最終日はスレンダー嬢とショート遊び。結婚したいというバービア嬢の結納金はいくら?

パタヤ沈没日記32 いよいよ、パタヤ沈没生活が最終日を迎えた。 途中、チャン島へ行ったり、二

記事を読む

pattaya-beach-night

仲の良かった元ゴーゴー嬢がバービアのママさんになっていた

パタヤ沈没日記17 予期せぬ形でカラオケ嬢とは終焉。 ずっと同じ宿に泊まっていたが、事件

記事を読む

soi7-kebab

20歳スレンダーバービア嬢をペイパー。古き良きパタヤはまだ生きている。

パタヤ沈没日記31 パタヤ滞在残り日数はあとわずか。 この沈没日記もさらにスピードアップさせ

記事を読む

koh-chang-to-pattaya-2

チャン島からパタヤへの長い道のり

パタヤ沈没日記11(チャン島からパタヤへ) 本日でチャン島滞在はおしまい。 また車に乗っ

記事を読む

kimuchi

ひたすら食っちゃ寝こそカラオケ嬢の信条。キムチ、ママー、コンビニ飯、サブウェイ。

パタヤ沈没日記2 早朝のコンビニ弁当2箱を平らげて、ご満悦のカラオケ嬢さん。 用事がある

記事を読む

therme-cafe

テーメーカフェでさくっと連れ出してタイの最後を締めくくる

沈没日記35 バンコクのホテルにチェックインを済ませて、スクンビット沿いをうろうろ。 TER

記事を読む

medi8サイドバートップ300×250

medi8サイドバートップ300×250

ソイ7バービア Soi 7 beer bar
ファランに囲われ、イサーンへ帰るバービア嬢

パタヤ沈没日記4 数年前から仲良くしているバービア嬢がいる。

ソイブッカオ常設市場ぶっかけ飯 (3)
【新版】ソイブッカオ常設市場のぶっかけ飯

貧乏節約型長期滞在者の心強い味方といえば、ソイブッカオにある常設市

ソイ6 soi 6
大喧嘩したのにロング1000バーツでいいからペイバーしてと懇願するバービア嬢をお持ち帰り

パタヤ沈没日記3 ソイブッカオのバービアの話である。 21歳の

R-con bar restaurant breakfast ブレックファースト (6)
R-con Barのイングリッシュブレックファースト120バーツ

ソイブッカオ北側のクランクコーナーに建つのがRコンレジデンスホテル

ソイ8 Soi 8
ソイブッカオ20歳新人バービア嬢を仕事終わりに部屋へ召喚

パタヤ沈没日記2 元ゴーゴー嬢との関係は継続しつつ、日々のバーめ

→もっと見る


PAGE TOP ↑