広告

当サイトは広告を利用しています。リンク先を通じて当サイトに収益がもたらされることがあります。

空港やバス関連

コラートからパタヤへ、バスで7時間の長旅

投稿日:

2023年4月末のラオス・イサーン旅行シリーズ。
ビエンチャンから国際バスでウドンタニーへ移動してのち、ウドンタニーからコラートへはバスで6時間かかった。
コラート滞在を終えて、パタヤへ戻る。
コラートからパタヤへの移動もバス旅となる。
かつては何度も取ってきたルートだが、7年ぶりに使ってみよう。
通常6時間くらいだが、さて今回はいかに。

広告



コラートバスターミナル2でパタヤ行きバスチケット購入

コラート(ナコンラチャシマー)のバスターミナルは2つあるが、パタヤ行きバスが出るのは、コラートバスターミナル2のほうだ。タイ語では、ボーコーソーマイとか呼んだりする。
主要バスはこのバスターミナル2を発着する。

パタヤ行きバスのチケットは、ウドンタニーから到着した際にすでに購入しておいた。
4月末から5月頭にかけてタイは連休中であり、バスは混雑している。
また、パタヤには早めに戻っておきたかった。朝早めのバスを確保しておきたいので、前売り購入が無難と判断。

コラートからパタヤへ行くバスは、いくつかのバス会社が運行している。

チケット販売窓口一番奥にあるナコンチャイコンソン(Nakhonchai Khon Song)は、午前11時30分発と言われる。それより早いバスはない、もしくは売り切れ。
ナコンチャイエアーとは別会社らしいけれど、タイ人の評判は上々。
11時30分発だと、パタヤに着くのが遅くなりそうだ。他を探す。

次にSMKへ。シーモンコンというバス会社だ。

コラート発パタヤ行きバス、またはウボン発パタヤ行きのバスを運行している。SMKのバスに乗ればパタヤへ行ける。
パタヤからコラートへ行く際はいつもSMKを利用していたものだ。

パタヤ行き時刻表
10時10分VIP 12時30分VIP
0時30分1等 1時00分1等

翌日の午前10時10発のバスがあった。VIPバスで、運賃は400バーツ。
パタヤまでの所要時間は6時間とのこと。まあだいだいそんなものだよね。
予定通りにいけば、16時にパタヤに到着できる。
これにしておこうと購入。

チケットに書かれた出発時刻は午前10時。
明日は9時30分にはバス乗り場に来ておいてねえと言われる。

他にも、407というバス会社がパタヤ行きを運行している。
ラヨーン-ノンカイ路線で、コラートとパタヤに立ち寄るという形だと思う。
407のほうが本数は多そうだ。

どうしてもパタヤ行きバスチケットが手にはらない場合は、バンコク・モーチット行きなら簡単に買えるはずだ。モーチットからパタヤ行きのバスに乗り換える方法もある。
でもどうせならばパタヤ直行バスのほうが便利だ。

コラートバスターミナルは英語表記が少ないうえに、英語通用率も低い。
外国人観光客が少ないせいかも。
基本的なタイ語会話ができればいいけれど、ちょっとハードルの高いバスターミナルだ。
まあ、バンコク行きやパタヤ行きなら問題ないでしょう。

コラートからパタヤへのバス乗車

メイフラワーグランドホテルをチェックしたのが午前9時25分。
外は雨だった。

昔はバイタクやトゥクトゥクが近所に待機していたような記憶があるが、見渡すかぎり誰もいない。
たまたま通りかかったトゥクトゥクが戻ってきたくれた。

ボーコーソーマイまで80バーツと言われる。
たぶん適正価格だと思う。
コラートのトゥクトゥクやバイタクはぼったくらない印象。

ターミナル21コラートを横目に、バスターミナルへ。

シーモンコンに乗ると伝えてあるので、バス乗り場の目の前まで行ってくれる。雨の日は助かる。

9時32分、すでにパタヤ行きバスは待機していた。

ウボン発パタヤ行きのバスらしい。

乗り場でチケットを見せると、すぐに席に案内された。
2階建てバスで、席は2階。

1席×2席の計3列シート。
ありがたいことに1人掛けのシートだった。

あとで撮影したシートの様子。

2人掛けシート。

かなりぼろくなっているが、座り心地は悪くない。
本来はマッサージ機能が付いているようだが、全部壊れていた。
まあ、でもシートピッチは広いし、横幅も十分ある。
シーモンコンも407も似たようなものだと思う。
ナコンチャイエアーやソンバットだともっとシートは綺麗で設備も整っている。
中には飛行機のようなモニターがついていたり、USBポートがあったり、無料Wi-Fiがあったりと至れりつくせり。
シーモンコンは何も無し。

無料の水が1本配布された。

以降、スナック類の配布は無し。
VIP席のわりにはちょっとしょぼい

出発

午前10時3分、出発。
雨はもうやんだ。

バスターミナルを出るバスが順番待ち。
さすがはイサーン屈指の巨大バスターミナルだ。

コラート市内を抜けると、田舎道に。

ほどなく、山に入っていく。

山、山、山。

山の稜線が広がる。

急峻な上り坂とうねりまくる道。
道路はかなり整備されて、走りやすくなっている。
でも、非力なバスはなかなか進まない。

トレーラーなどはもっと遅くて、左車線をとろとろと走る。時速10キロとかそんなものかも。
ただでさえパワーのないバスだが、なんとか遅いトレーラーを抜こうとする。でも後ろからはハイパワーのピックアップトラックが猛スピードで抜きにかかる。
なかなかバスは進まない。

コラートとパタヤ方面を結ぶバスはこの山道のせいで、とにかく時間がかかる。
平坦かつ直線的な幹線道路であれば、もっと早くなるのに。

12時45分、どこかのバスターミナルに到着。

グーグルマップで見たところ、プラーチーンブリー県のカビンブリー・バスターミナルらしい。

ここから東へ向かえば、カンボジア国境のアランヤプラテートへ。
西はナコンナーヨック、アユタヤへ。
南へ下って、パタヤを目指す。
地図で見ると、半分近く来たように思えるが、まだまだ先は長い。

15時5分、チョンブリバスターミナルへ。
やっとこさチョンブリ県だ。

でもここからが鬼門。
モーターウェイ7号線ではなく、3号線をひたすら走る。
連休ということで各所で渋滞。

16時15分、シラチャーに到着。

ロビンソン前で下車できる。

パタヤ到着

渋滞に巻き込まれつつ、パタヤに入る。

スクンビット通りでふと横を見ると、407のノンカイ-ラヨーン路線バスが並走している。

このバスでもコラートからパタヤに行ける。

17時15分、パタヤサードロードにあるシーモンコンオフィス前に到着。

地図

いやあ、長かった。
コラートからパタヤまでの所要時間は、7時間15分。

コラートからの山越えと、チョンブリに入ってからの渋滞で時間がかかった。
山道をゆっくり走るのは車窓を見ているだけで気分も落ち着くが、下道の渋滞は精神的にこたえる。
渋滞がなければ6時間でいけたはず。
あと、SMKはあんまり良くないかなあ。途中停車が多めだ。407なナコンチャイコンソンだともう少し早くなるかもしれない。
でも、パタヤとコラートを単純に行き来するならシーモンコンが便利だ。

ちなみにパタヤ発コラート行きの時刻表。

7時30分、11時00分の2本がVIPバスで運行している。
11時のバスに乗れば夕方にはコラートに着けそう。

まとめ

というわけで、ビエンチャンからバスを乗り継いでパタヤまで戻って来た。
ビエンチャンではパタヤ行きのジョイントバスチケットも販売しているが、おそらくは数台のバンとバスを乗り継ぐだけの話だと思う。丸一日かかる行程となる。
けっこうな長距離だが、ウドンタニーとコラートに宿泊して、休み休み行けば、全然大したことはない。
バス乗車で一番疲れるのはコラートからパタヤへの道だ。
陸路でラオスからパタヤへ行ってみたい人はぜひともチャレンジのほどを。

広告

-空港やバス関連

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.